「メンタリティ」とは?

関連ニュース

【サッカー】長友佑都に称賛の嵐…トルコメディア「ファンのアイドル」「ガラタサライの侍」「今季終了後イタリアに戻ってしまう・・・」 - 02月18日(日)17:53  mnewsplus

ガラタサライDF長友佑都に対する称賛が止まらない。 トルコ情報サイト『LIGA Blatt』が、日本代表DFの特集を組んでいる。 1月の移籍市場最終日に、7年過ごしたインテルを離れ、期限付き移籍でガラタサライに加わった長友。 すると、ファティ・テリム監督の信頼を勝ち取り、加入後3試合連続で先発出場を果たしている。 この活躍に、『LIGA Blatt』は「ユート・ナガトモ:テリムの新たな信頼できる男」と題し、特集を組んでいる。 「通常、最終日の移籍は期待できないものだ。しかし、ユート・ナガトモは事情が違う。 新たな左サ...
»続きを読む
カテゴリー:

もしも『千と千尋』のキャラクターたちがLINEをやってたら、きっとこんな感じ!? 4枚 - 02月14日(水)21:02 

もしも『千と千尋の神隠し』の世界に、LINEがあったら…? こあら雲 (@koala_cloud)さんが制作・投稿した、ユニークな「スクリーンショット画像」に注目が集まっています。 【ジブリLINE】千と千尋のバイト事情 pic.twitter.com/iFDkOx5iAx— こあら雲 (@koala_cloud) 2018年2月11日 ハクのマイペースっぷり…(笑)! そしてリンの強靭なメンタリティは、ぜひとも見習いたいところですね( ;∀;) ネットの反応 ●「ヒュー!さすが私の嫁!」wwwwww ●ハクの扱いわろた ●グループLINEの人数が89人(ハク)になってるとこがまた味があるwww ●リンと千尋のやり取りが一番それっぽくてウケるw 素晴らしい作品に、多くのユーザーから称賛の声が寄せられていました!(*´艸`*)
カテゴリー:

「気持ちいい」ことをしていたい。清水文太が語る「僕たちの生き方」 - 02月09日(金)15:00 

MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組『TAKI BITO』。3月28日(水)に放送される第4回のゲストは、スタイリストやモデルとして活躍している清水文太さん。ユニークで印象的なファッションセンスに国内外を問わず注目が集まっている清水さんですが、実はまだ弱冠20歳。今回のキャスティングは、そんな清水さんの活動をひそかに追い続けていたという『TAKI BITO』MC・久志尚太郎の願いで実現しました。はじめましてのふたりは、自己紹介もかねて撮影前に少し話をしてみることに。お互いの生き方について素直に語り合ったところ、たくさんの共通点が見つかったようです。「何やってる人?」って聞かないで 久志:清水さんは、スタイリストとかモデルとか、いろんなことをやってるけど、自分のことを説明するとき、何やってる人だって言ってるの?清水:うーん、何でも屋さんって言うかな。その質問、答えられないんですよ。強いて言うなら「やりたいことやってる」かな。久志:「やりたいことやってる」っていいね。清水:ひとつに決めちゃうと、それに固執することになっちゃう気がする。それも「職人」って感じでいいと思うんだけど、僕は違うかなって。10年後、20年後って、絶対やりたいことが変わってるから、自分で自分の首を絞めたくないんですよね。「若手スタイリスト」って紹介されることもあるんだけど、キャッチー...more
カテゴリー:

【英語の格言を読み解く】ミスを恐れる日本人と失敗を踏み台に未来に向う米国人 - 02月07日(水)18:23 

海外のメディアで報じられたニュースを中心に解説する、無料メルマガ『山久瀬洋二 えいごism』の著者である山久瀬さんはメルマガの中では、偉人たちの名言を引き合いに、日本人と米国人とのビジネスマインドの違いについて比較しています。   名言格言に見る英語圏のビジネス文化とは? 今週のテーマは、「名言格言に見る英語圏のビジネス文化とは」です。 【海外ニュース】Fight fair, but avoid fair fights.訳:フェアに戦え、でも相手と互角には戦うな   【ニュース解説】アメリカ人のビジネスマインドを知る上で、あるビジネススクールの教授が言ったこの一言は参考になります。Fairであること。それは法律を守り、相手を騙したり、陥れたりする策謀を弄せず、正々堂々であれということを意味します。 しかし、avoid fair fights つまりフェアな戦いを避けろという言葉が後半に書かれていることが気になります。 前半の文章と後半とが矛盾しているように見えるだけでなく、後半ではフェアであることを否定しているように思えるからです。 アメリカ人には、握手をするときしっかりと相手の目をみて、握力をもって相手の手をグリップする人が多くいます。手の中に武器を隠していないという証明でもある握手。それをちゃんと握力をもって行うことが、相手とフェアに仕事をすることを暗黙に伝えるメッセージにな...more
カテゴリー:

【サッカー】<W杯優勝経験者シャビ・アロンソから見る日本代表の評価>「対戦相手にとって難しいチーム」「グループリーグ突破は…」 - 02月01日(木)18:48  mnewsplus

30日に来日した元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、囲み取材に応じてロシア・ワールドカップの展望を語った。 6月に控える世界最大のイベント、ロシア・ワールドカップ。スペイン代表としてワールドカップやユーロといったビッグタイトル獲得経験のあるアロンソはどう見ているのだろうか。「優勝を予想するのは難しい」としつつ、こう語ってくれた。 「優勝候補はドイツ、ブラジル、フランス、スペイン、アルゼンチン。あとはサプライズが出てくるんじゃないかなと思う」 また、母国スペインが優勝するために何が必要と考えるか...
»続きを読む
カテゴリー:

台湾地震で改めて浮き彫りになった「日台の絆」に中国が歯ぎしり - 02月15日(木)05:00 

2月6日深夜に台湾を襲ったマグニチュード6を超える大地震。その報に接するやすぐに専門家チームを派遣し自らもお見舞いメッセージを送った安倍首相に対し、蔡英文総統もすぐに感謝を示すなど、日台の変わらぬ絆の深さが見られた反面、中台のギクシャクした関係も浮き彫りになってしまったようです。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では著者で台湾出身の評論家の黄さんが、中国が日台に対して発した災害を政治利用するかのような批判を紹介。さらに今回の地震についてほとんど報道しない日本のメディアの姿勢について苦言を呈しています。 【台湾】花蓮地震で日台の絆を見せつけられた中国の歯ぎしり ● 花蓮県長、捜索打ち切りへ 生存者なしと判断=台湾東部地震 2月6日に台湾東部の花蓮県を襲った震度7級の地震による被害者は、死者17人、負傷者280人超と判明した段階で捜索の打ち切りを決定しました。まずは、亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。 地震発生から、捜索打ち切りまでの一連の出来事を振り返ってみましょう。今回、地震発生からわずか5日で不明者すべての所在を明らかにするほどまでに素早い対応ができたのは、二年前の台湾南部地震の教訓があったと言われています。 台湾南部地震では117名の人が亡くなりました。震度は今回の地震と同等の、マグニチュード6.6...more
カテゴリー:

田中宗一郎と宇野維正が語る2017〜2018年の洋楽シーン前編 - 02月10日(土)14:00 

昨年12月に新創刊した「Rolling Stone JAPAN vol.01』における特集記事のなかでも、とりわけ反響が大きかった「BEST OF THE YEAR 田中宗一郎と宇野維正がナビゲートする2017~2018年の洋楽カルチャー」。2人の人気評論家による3万字超えロング対談を、webでは前後編のノーカット版で掲載する。音楽へのアクセスが容易になっていく反面、リスナーがどこから聴くべきか分からない状況を打破するため、Rolling Stone US版が発表した最新ランキングを参照しつつ、独自の視点&鋭い語り口で2017年を総括。ここにはもちろん、2018年現在の洋楽シーンを知るためのヒントもたくさん散りばめられている。※この対談記事は昨年12月24日発売の「Rolling Stone JAPAN vol.01』に掲載されたものです。本文に入る前に、当企画の制作にあたって田中と宇野がそれぞれ選んだ「2017年の10枚+10曲」を紹介しておこう。Spotifyのプレイリストも用意してあるので、テキストを読み進める際のBGMとしても活用してみてほしい。Selected by Soichiro TanakaALBUM『DAMN.』ケンドリック・ラマー『Common Sense』J・ハス『Big Fish Theory』ヴィンス・ステイプルズ『ラヴ・イン・ザ・フォー...more
カテゴリー:

【サッカー】マテウス氏、ドルトムント香川らの再獲得を批判 強いメンタリティーを持つ選手を - 02月08日(木)19:20  mnewsplus

「(アンドリー・)ヤルモレンコは(ウスマン・)デンベレの代役としてはまだ全然だ。香川、(マリオ・)ゲッツェ、(ヌリ・)シャヒンと元選手を連れ戻すこともおそらくベストな解決策とはならなかった。アンドレ・シュールレを獲得するために投じられた3000万ユーロに触れる必要はないだろう」 「厳しい言葉かもしれないが、彼らは多額の無駄遣いをしたんだ。キャラクターと最高なクオリティーを持つプレーヤーを獲らなければいけない。ドルトムントでは現在、何一つフィットしていないね」 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァ...
»続きを読む
カテゴリー:

ドルトムント、今夏にチーム刷新の可能性も…CEOが指摘する現チームに不足する要素とは? - 02月06日(火)21:03 

「優勝チームのメンタリティーは考えられる限り最高だった」
カテゴリー:

【サッカー】<宇佐美貴史が語るJリーグ復帰>「戻ることを想像すると不安しかない」 - 01月25日(木)22:07  mnewsplus

現地で直撃取材、第5回目のテーマは「他クラブへの移籍とJリーグ復帰の可能性」 写真  MF宇佐美貴史の海外移籍が初めて実現したのは2011年7月だ。ドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンからのオファーを受けてのことだった。翌シーズンにホッフェンハイムへ移籍したが、結果的にその2年間は宇佐美にとって挫折とも言うべき時間となってしまう。  その後、古巣のガンバ大阪に復帰したが、16年夏に彼は再びドイツの地に活躍の場を求めた。アウクスブルクを経て、現在はブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフで闘いの日...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「メンタリティ」の画像

もっと見る

「メンタリティ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる