「メロディー」とは?

関連ニュース

ベッキー「お酒は酔うために飲む」「キャラは変えられない」デスメタル風の新曲を熱唱 - 08月20日(日)18:32 

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。8月19日の放送では、前回に引き続き、タレントのベッキーがゲストとして登場。3人がベッキーに歌ってほしい曲を即興で作成した。14歳で芸能界デビューしてから、「ベッキールール」というものを自分自身に課してきたというベッキー。それは、「ドクロを着ない」「黒を着ない」「アイシャドウはブラウン」「メイクはタレ目」など、自身のイメージを守るために必要なもので、これらを守ることで、「いつ見ても変わらない自分でいたかった」のだという。しかし、昨年の髪を切ったタイミングでこれらのルールを「全てとっぱらった」そうで、今回の曲には、そのルールを捨てたベッキーの、これからやりたいことや思いの丈を込めていくことになった。曲の冒頭で、演歌風にベッキールールを歌い上げ、そこからデスメタル風に転調する流れに決定。メロディーを組み上げるヒャダインから、「もう一つくらい何か」とベッキールールを促されると、本人から「玄関開けたら笑顔」と、まさにこれまでのベッキーを象徴するかのようなルールが飛び出し、3人を感心させた。ここで、能町が「私、別名義を考えていて」と切り出...more
カテゴリー:

メロディー・チューバック、歌唱&司会も/神宮花火 - 08月20日(日)18:27 

 歌手のメロディー・チューバック(20)が登場し、会場に集まった観客を盛り上げた。  MCでは「1万2000発上がる花火にパワーをつけましょう」と話し、「STAGE」やゲストとして登場したサンリオキャラクターのマイメロディーと一緒に歌っ…
カテゴリー:

【レポート】『スクメロ』のアイドルユニット、「アプリコット・レグルス」がお披露目―ファンお見送りで秋葉原が騒然! - 08月19日(土)16:08 

8月18日、スクウェア・エニックスの新作スマートフォンアプリ『スクールガールストライカーズ ~トゥインクルメロディーズ~』に登場するアイドルユニット「アプリコット・レグルス」のお披露目イベントに参加してきました。
カテゴリー:

ベボガ!、みきとPサウンドプロデュースの新曲をワンマンで初めて歌う! - 08月19日(土)15:00 

ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)が8月19日、大阪・バナナホールでワンマンライブを開催。みきとPサウンドプロデュースによる新曲を初披露した。 【写真を見る】みきとPは、ベボガ!のサウンドプロデュースを喜んだ 新曲のタイトルは「B.U.S.U -ぶす-」で、メンバーそれぞれの女子特有なコンプレックスやメイクの悩みなどが、包み隠さず大胆に盛り込まれている。 一方で、明るく天真爛漫、“いっぱい悩むけどカワイイをあきらない!”という前向きなキャラクターをそのまま表現。 “カワイイ”が命題ともいえるアイドルにとっては赤裸々でも、誰もが共感し、一緒に曲を楽しみ、一緒に頑張っていきたくなるような、多幸感ある作品となった。 新曲のサウンドプロデュースを担当するみきとPは、「いーあるふぁんくらぶ」や“聴けるラーメン”として話題となった虹のコンキスタドール「LOVE麺 恋味 やわめ」など、様々なジャンルの楽曲提供でおなじみの人物。 みきとPは「今回、ベボガ!さんの作品に携われてとても嬉しかったです。レコーディングもとても楽しかったですし、メンバーのやる気に触発され、自分も最後までテンション高く制作できました。ありがとうございます」と語っている。 そして、新曲「B.U.S.U -ぶす-」を携え、待望の1stアルバムを12月19日(火)にリリースすることも発表された。 【関連記事】 ・【TIF】指原...more
カテゴリー:

復興のメロディー響く - 08月19日(土)09:25 

福島青年管弦楽団が18日夜、バンコクのサイアム・ピックガネーシャ・シアターでコンサートを開いた。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を目指す被災地の思いを乗せたメロディーが会場内に響いた。
カテゴリー:

ベッキー「お酒は酔うために飲む」「キャラは変えられない」デスメタル風の新曲を熱唱 - 08月20日(日)18:29 

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。8月19日の放送では、前回に引き続き、タレントのベッキーがゲストとして登場。3人がベッキーに歌ってほしい曲を即興で作成した。14歳で芸能界デビューしてから、「ベッキールール」というものを自分自身に課してきたというベッキー。それは、「ドクロを着ない」「黒を着ない」「アイシャドウはブラウン」「メイクはタレ目」など、自身のイメージを守るために必要なもので、これらを守ることで、「いつ見ても変わらない自分でいたかった」のだという。しかし、昨年の髪を切ったタイミングでこれらのルールを「全てとっぱらった」そうで、今回の曲には、そのルールを捨てたベッキーの、これからやりたいことや思いの丈を込めていくことになった。曲の冒頭で、演歌風にベッキールールを歌い上げ、そこからデスメタル風に転調する流れに決定。メロディーを組み上げるヒャダインから、「もう一つくらい何か」とベッキールールを促されると、本人から「玄関開けたら笑顔」と、まさにこれまでのベッキーを象徴するかのようなルールが飛び出し、3人を感心させた。ここで、能町が「私、別名義を考えていて」と切り出...more
カテゴリー:

ベボガ!新曲はみきとPプロデュースの「B.U.S.U -ぶす-」 - 08月20日(日)12:56 

ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)が8月22日にリリースする3rdシングル「4文字メロディー」の、カップリングに収められる新曲が「B.U.S.U -ぶす-」であることが明らかになった。
カテゴリー:

世界最大のアイドルフェス「東京アイドルフェスティバル2017」レポ! アイドルってのは、ゴールのないマラソンなんだよ!【後編】 - 08月19日(土)15:00 

世界最大のアイドルフェス、東京アイドルフェスティバル2017(以下、TIF)が東京・お台場で8月4日~6日の3日間にわたって開催された。 アツすぎる祭りの総力リポートを前編、中編でお送りしてきたが、いよいよ後編では最終日6日(日)の様子をお届けっ! * * * * * 【8/6】 ●SKE48[HOT STAGE] かつての勢いが戻ってきたと言われるSKE48が朝イチのステージに登場。多くのファンが詰めかけ、期待感の大きさを伺わせた。メンバーは最新シングル『意外にマンゴー』選抜メンバー。1曲目から『パレオはエメラルド』『賛成カワイイ』『未来とは』と全開パフォーマンスで盛り上げる。そして全員の自己紹介――これほどの人気グループが今さら?という感じもしたが、「初心に帰る」という気持ちの現れだったのか。 中盤は『不器用太陽』『世界が泣いているなら』という聴かせる系の曲を披露。「私たちはアツいだけじゃない!」という幅を見せつける。最後は“可愛さのひとりレアルマドリード”“可愛さの濃縮果汁100%”など様々な異名を持つ小畑優奈センターの...more
カテゴリー:

ジャニーズファンもちゃんと見てるかな「悦ちゃん」4話。岡本健一が見合いに乱入して大暴れ、さすが - 08月19日(土)10:00 

獅子文六原作の土曜時代ドラマ『悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語』。昭和10年の東京を舞台にしたポップな人情ラブコメディーだ。先週放送された第4話は、ドラマの主題歌であり、物語の鍵を握る「パパママソング」誕生までのお話。全8回。フリーランスなのに売れない&書けない……一人娘の悦ちゃん(平尾菜々花)のために、大富豪の令嬢・日下部カオル(石田ニコル)との縁談をキッパリ断った売れない作詞家の柳碌太郎(ユースケ・サンタマリア)。顔なじみのデパートガール・池辺鏡子(門脇麦)の家にお世話になっていた悦ちゃんと碌さんが再会するシーンがグッとくる。最初はちょっと距離があるけど、縁談を断ったことを聞いてパパのもとに飛び込むんだよね。ちょっと大人びた悦ちゃんだけど、このときばかりは子どもの顔だった。しかし、めでたしめでたしとはいかない。カオルさんの持参金はパー、ついでに碌さんが大スランプに陥ると、途端に柳家は困窮して、婆や(大島蓉子)に払う給料どころか、米を買うお金にも困る始末。フリーランスなのに売れない&書けないって自分のことみたいで本当に辛い……。窮した碌さんに助けの手を差し伸べたのが、碌さんに気があるウグイス芸者の春奴(安藤玉恵)。碌さんが書いた詞を自分が買い取るという。喜色満面でオーダーに応える碌さん。しかし、それでも書けないのがスランプってやつだったりする。ああ、辛い……。岡本健一がカッコ悪くて最...more
カテゴリー:

バカリズム×秦基博、共作曲MVは高田里穂とデート気分!?「じわじわ来て」 - 08月19日(土)07:03 

 お笑いタレント・バカリズムが、「バカリズムと」名義でリリースするメジャーデビュー曲『「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する(ハタリズム)』(26日配信)のミュージックビデオが公開された。バカリズムがMCを務める日本テレビ系音楽番組『バズリズム』(毎週金曜 深0:30)発の同曲は、シンガー・ソングライターの秦基博と共作した。 【動画】「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する  「売れる曲ではなく、記憶に残る曲を作る」をコンセプトに、バカリズムが作詞とボーカル、秦が作曲をギター&コーラスを担当。MVの監督は田中のぞみ氏(東京No.1)が務め、女優でファッション誌『non-no』専属モデルの高田里穂が出演する。  美しいメロディーに乗せ、高田が公園で寝転んだり、買い物をしたり、卓球や花火を楽しんだり…。まるで高田とデートをしているかような美しい映像となっているが、バカリズムが手書きした歌詞のギャップがどうにも気にかかる。  バカリズムは「MVは女優さんの空気感や監督さんの世界観が秦さんの曲にとても合っていて、最後までひたすら素敵な映像です。そこに僕の歌詞と歌が加わることで絶妙な違和感が生じています。ぜひ観てじわじわ来てください」と見どころを解説している。  25日放送の『バズリズム』には秦がゲスト出演することが決定。『「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する(ハタリズ...more
カテゴリー:

もっと見る

「メロディー」の画像

もっと見る

「メロディー」の動画

Wikipedia

非破壊検査(ひはかいけんさ、)とは、機械部品や構造物の有害なきず(デント、ニック、スクラッチ、クラック、ボイドなど)を、対象を破壊することなく検出する技術である基礎のきそ、8頁。対象内へ放射線超音波などを入射して、内部きずを検出したり、表面近くへ電流や磁束を流して表面きずを検出する方法に大別される。配管内部の腐食などの検査も非破壊検査に含まれる。

きずの例
1.デント 2.ニック 3.スクラッチ 4.クラック 5.ボイド 層間剥離の例 溶接における溶け込み不足の例 目的

非破壊検査の主な目的を以下に示す。

  • 信頼性を確保する
  • コスト低減
  • 製造技術の改良を促す
  • 「信頼性」は「信頼度」という数値で表現され得る。信頼度は一定期間内に所期の性能を満たすことができる確率であり、100%を上限値に次の式で表される。この信頼性を確保することが最大の目的である。

    信頼度 = 実際に稼動した時間 ÷ 期待された稼働時間

    「コスト低減」は、不意の故障で装置や設備が使用不可能となる事による経済的損失と、それを原因とする事故によって失われる多様な損失を回避する目的を指す。

    「製造技術の改良」は、不具合を正確に知り製造工程へフィード...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる