「メルマガ」とは?

関連ニュース

【書評】なぜ、学生たちは文章を作っただけなのに老人化したのか - 11月21日(火)20:31 

言葉が持つイメージに、私たちは想像以上に影響を受けているようです。今回の無料メルマガ『』では著者の岩下純さんが、とある実験の驚きの結果を紹介しつつ、メンタル面に対する言葉の影響力の大きさを紹介しています。 「知っていると」皆がハッピー 『図解 モチベーション大百科』 池田貴将・著 サンクチュアリ出版 「【書評】なぜ、義母は『お嫁さん』の声だけ聞き取れないのか?」では、高齢者に対する誤解について触れました。 我々もいつかは必ず高齢者になるのですから、特に高齢者の身体的特徴をきちんと理解し準備しておきたいと思います。…が、その前に少なくともメンタル面で老人化したくはありませんね。 池田貴将氏の『図解モチベーション大百科』にこんな実験が載っていました。 学生をいくつかのチームに分けて、文章をつくってもらった。一つのチームだけに、高齢者をイメージさせる単語をまぜた文章をつくってもらった。しわ、白髪、わすれっぽい、杖、孤独。その後、別の場所に移動してもらったら…。 結果、高齢者単語チームだけが移動するスピードが遅かった。 これまでも言葉の影響をたくさん見聞きしてきましたが、これはまたわかりやすい実験ですね。あらためてセルフイメージに与える言葉の影響力を思い知らされます。 何度も書いていますが、日本最高齢90歳のヨガの先生が、若い友達をたくさん作り毎日日替わりでその友達に会いに行くという習慣...more
カテゴリー:

「あえて言おう。お勧めできない点もあると」で商品が売れるワケ - 11月21日(火)19:40 

商品をオススメする時、当然ですがついつい良いところばかり伝えてしまいがち。しかし、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんは、「オススメできない理由を明確に伝えられるようになった方がいい」と言います。その「思わず納得」の理由とは? オススメできない理由が言える人 商品をオススメすることで販売につなげる販売員は、オススメする理由はいくらでも言えます。 「この商品のココがいいんですよ」「これはこんな機能があるからオススメですよ」 お客様の欲しい理由に合わせて、オススメの理由をお伝えすることは割とできる人が多いんです。しかし、逆に、オススメできない理由が言える人はそう多くはありません。オススメできない理由を伝えることは、マイナスに繋がりそうなイメージがあるのか、良いところばかりを伝えてしまうわけです。 ただ、本当にお客様に信用される販売員になりたいのであれば、オススメできない理由を明確に伝えられるようになった方がいいでしょう。なぜなら、そうすることで、オススメできる理由が引き立つからです。 少し極端ですが、例えば、こんなマッサージ屋さんがあったとします。 A「ウチのマッサージは、万人に合わせて施術するので、痛みもなく、疲れていてもすぐに楽になりますよ」 という触れ込みのマッサージ屋さんです。これはオススメできる理由だけ...more
カテゴリー:

働くママが子育てしやすい働き方の条件、1位は? - 11月21日(火)07:30 

カラダノートは11月17日、「子育てをしながら働くこと」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は11月7日~12日、同社が運営する「カラダノートママ部」のメルマガ登録ユーザーで、全国の妊娠中・育児中の女性5,050人を対象に実施したもの。 はじめに「子供ができて家族観は変わったか」を聞くと、78.4%が「変わった」(「変わった」42.0%+「少し変わった」36.4%)と回答した。 「どんなところが変わったと思うか」を質問すると、「子供のことを中心に考えるようになった」(84.1%)が最も多かった。次いで、「親の気持ちがわかるようになった」(66.8%)、「子供ができて責任感が出た」(64.0%)となった。 続いて、仕事をしている人を対象に「仕事に復帰後、家族との過ごし方はどのように変化したのか」を聞くと、1位は「子供中心で家族の予定が決まるようになった」(54.2%)だった。次いで「家族の時間を大切にしようと思うようになった」(48.5%)となった。 また、子育てをするのに「どんな働き方が理想か」を質問すると、1位は「子供の急な体調不良でも早退、遅刻、欠勤がしやすい」(89.3%)だった。次いで2位「子供の行事には休める」(77.2%)、3位「残業が少ない」(58.4%)となった。 【関連記事】 ・「パパ・ママ育休プラス」って知ってる? (1) ・働く男女が最も疲...more
カテゴリー:

老後も働くなら年金をカット。65歳以上を悩ます「年金停止問題」 - 11月21日(火)05:00 

高齢化が進む中、我が国でも高齢者雇用が活発化し、働きたい人たちにとっては明るい兆しが見えつつあります。しかしその一方で、働き過ぎると「年金が停止される」という問題もあるようです。老後の生活に大打撃となりかねないこの制度について、今回の無料メルマガ『』で著者のhirokiさんがわかりやすく解説しています。 進む「高齢者雇用」で、私たちの年金はどうなるのか? 10月27日に厚生労働省が発表した65歳以上の高齢者の雇用状況を見たら、結構企業の高齢者雇用が活発になっています。 ● 65歳以上の高齢者の雇用状況(厚生労働省) まず、65歳以上まで定年を引き上げた会社は前年より2,115社増えて26,592社程になり、また定年を66歳以上に引き上げた会社は1,044社増えて2,757社となりました。定年を廃止した会社は4,064社と変わらず。希望者が66歳以上まで働ける継続雇用は8,895社で前年より1,451社増。 また、70歳以上まで働ける企業(希望者全員じゃないけど70歳以上まで働ける企業)は前年より2,798社増えて35,276社と大幅アップ。希望者全員が70歳以上まで働ける企業は前年より1,154社増えて13,563社。70歳以上定年の企業は前年から134社増えて1,709社。というわけで、これからもますます高齢者雇用が活発になりそうです。 となるとまた年金の問題が出てきますよね。高...more
カテゴリー:

車を売りすぎてギネスブックに載った営業マンがやっていたこと - 11月20日(月)23:00 

毎回「ビジネスに役立つ武器を増やすノウハウ」を教えてくださる、無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』。今回は、著者で現役弁護士の谷原誠さんが、相手に「イエス」と言ってもらえる近道について、心理学のテクニックを交えつつ解説してくださいました。 説得の武器~好意 こんにちは。 弁護士の谷原誠です。 相手に何かを頼み、あるいは説得して、「イエス」を引き出すのに苦労することがあります。 他人から「イエス」を引き出すのに、最も確実な方法は、その相手から好意を持ってもらうことです。私たちは、自分が好意を持っている人から頼まれたら、「ノー」と拒絶することに抵抗を感じるためです。したがって、相手から好意を獲得することが、「イエス」を引き出すための強力な武器になる、ということです。 では、他人から好意を得るには、どうしたらよいでしょうか。アメリカのシボレーという車の販売員で、「ギネスブック」に載った人がいます。その名は、ジョー・ジラード。彼は、シボレーのセールスマンをしていた15年間に車を1万3,001台、1日最高18台という驚異的な販売台数を誇りました。その結果、「ギネスブック」に載ったのです。 そのジョー・ジラードは、あるインタビューに答えて、「自分が好きなセールスマンを見つけること、それに価格。この二つが一緒になれば、誰でも車を買いますよ」と言っています。つまり、車を買って欲しかったら、...more
カテゴリー:

タイムカードの不正打刻で懲戒解雇。会社を訴えたら勝てるのか? - 11月21日(火)20:00 

「タイムカード、ついでに押しておいて」と同僚や部下に頼んだこと、ないでしょうか。今回の無料メルマガ『』で取り上げているのは、そんなタイムカードの「不正打刻」で懲戒解雇となった社員が会社を訴えた裁判。「不正を働いたのだから処分は当たり前」と思いがちですが、どうも一筋縄ではいかないようです。 タイムカードの不正打刻は懲戒事由になるのか 私が以前にいたある会社のある店舗で、出退勤の「不正打刻」が問題になったことがありました。その会社では、出退勤をパソコンのシステムで管理していました。そこで、ある店舗の店長が自分は出勤していないにも関わらず別のスタッフに自分の社員番号をシステムに入力させ、さも出勤しているかのようにみせていたのです。 その手口が実に巧妙でした。その店舗を担当しているマネージャーは、担当エリアの店舗がそれぞれ離れているため当日のシフト表と電話で、各店舗を管理していました(各店舗を定期的に回ってはいましたが)。そこで、その店長はシフト表の自分の欄に架空のシフトをいれ、マネージャーから電話がかかってきたら「店長は今、接客中です」と言わせていたのです。それをたまたま別の目的で抜き打ちで店舗に行った本社の社員がみつけ、「あれ? 店長のシフト入っているけど店長は出勤していないの?」となり、大問題になりました。 会社が一カ所にまとまっていればこのような問題はおきづらいと思いますが、いくつ...more
カテゴリー:

加計学園問題を追及したメディアは本当に「中立」だったのか? - 11月21日(火)17:31 

連日、あらゆるメディアが報道した「加計学園問題」。一連の騒動により安倍政権の支持率は急落、衆院選を急がざるを得ないひとつの要因ともなりました。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、「この問題に関するメディアの報道姿勢があまりに偏っている」とする文藝評論家・小川榮太郎氏の指摘を紹介しています。 偏向するメディアにどう向き合うか 安保法案の時から森友・加計問題に至るまでメディアの報道姿勢はあまりに偏っている。そう指摘するのは文藝評論家の小川榮太郎さんです。 『致知』最新号の「意見・判断」では偏向したメディアの実態と、そこに向き合う私たちの姿勢について述べられています。 意見・判断 小川榮太郎(文藝評論家) 2時間33分46秒に対して、6分1秒と2分35秒。 何の時間を比較したものか、お分かりだろうか。国家戦略特区での獣医学部新設に学校法人加計学園が選ばれた際、安倍総理や官邸の働きかけがあったか否か、いわゆる加計問題を巡り、7月10日に行われた国会の閉会中審査について、すべてのテレビ局で報道に費やされた合計時間の比較である。 2時間33分46秒が、安倍総理や官邸から何らかの働きかけがあったと主張する前川喜平前文部科学省事務次官の発言を放送した時間。 これに対して、そのようなことはなかったとする加戸守行前愛媛県知事と原英史国家戦略特区ワーキンググループ委員の発言は、それ...more
カテゴリー:

働くママが子育てしやすい働き方の条件、1位は? - 11月21日(火)07:30 

カラダノートは11月17日、「子育てをしながら働くこと」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は11月7日~12日、同社が運営する「カラダノートママ部」のメルマガ登録ユーザーで、全国の妊娠中・育児中の女性5,050人を対象に実施したもの。
カテゴリー:

なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか? - 11月21日(火)04:45 

私たちの生活に欠かせない存在となっている100円ショップですが、ビジネスの視点で見ると、商品単価が安い分かなり多くの種類や数を売る必要があります。しかし、主に女性をターゲットにして人気が高い100円ショップ「セリア」は、小売業の「生命線」とも言える客層分析をきっぱりやめたということが大きな話題となりました。メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』の著者でMBAホルダーの理央さんは、100円ショップ「セリア」のこの決断をどう分析したのでしょうか? 客層分析をやめたセリアの英断に学ぶ、これからの「CRM」 今号のテーマは「CRM」。ビッグデータ分析をもとに、顧客関係性とのマネジメントすることで、顧客の動きを予測し、販売促進につなげたり、新製品開発に活かしたりする考え方です。 アマゾンのレコメンデーションや、航空会社のロイヤルティプログラムなどが、CRM活用の代表的な事例です。 年齢性別は顧客分析に必要か? 11月3日の日経MJの一面に、「客層分析、セリアやめるってよ」という記事が載っていました。 記事によると、100円ショップ大手のセリアが、どのような顧客が、いつ、何を、いくら買ったか、という購買データの分析をする中で、「客の性別と年代を集めることをやめた」という内容でした。 顧客データは、再購入・リピートを促すために、必要な要素だと考えられ...more
カテゴリー:

貴方も意図せず加害者に。職場の性的少数者差別が深刻化している - 11月20日(月)22:30 

セクハラ、パワハラ、マタハラなど、職場での差別や不条理な待遇に関する用語が定着しつつありますが、これらに加え新たに「SOGIハラ」という言葉が登場しています。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、まだ多くの人が耳にしたことのない「SOGIハラ」について、わかりやすく解説しています。 SOGIハラ LGBTという言葉を知ってますか? 昨年3月23日の198号でも話題にしましたが、この言葉、やっと覚えたと思っていたら、なにやらまた新しい言葉が出てきて、混乱気味の俺である・・・。 新米 「最近は、性的マイノリティーについて認知度も高まり、LGBTって言葉も広がりましたね」 大塚 「そう?」 所長 「少し前に子供の学校の教科書みて、驚いたよ。LGBTという言葉はもちろん、性のことや結婚の様々な形態まで赤裸々に描かれているんだ」 新米 「大学でもないのに、もう学校でLGBTまで習っているんですか?」 大塚 「今はそんな時代なのね」 E子 「たしかにそうね。でも、社内ではそこまで行ってないわよ。就業規則にも入れるのもまだ珍しいわ」 所長 「うーーん、大企業にはダイバーシティは広まったけど、中小企業は、まだまだだね。当然、LGBTだってまだまだだ…」 E子 「性的マイノリティーが周知され、学生のうちは自分らしく生活できたという人たちは増えたそうですが、会社に入ると、これまでの...more
カテゴリー:

もっと見る

「メルマガ」の画像

もっと見る

「メルマガ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECTメールマガジン...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる