「メルトダウン」とは?

関連ニュース

【IT】インテル製品にノートPCを遠隔操作できる新たな脆弱性発見、フィンランドのセキュリティー企業 既知のCPU脆弱性とは無関係 - 01月14日(日)21:58  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3158383?cx_position=73 【1月13日 AFP】米インテル(Intel)製のハードウエアに企業向けノートパソコンの遠隔操作を可能とする新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。フィンランドのサイバーセキュリティー対策の専門企業Fセキュア(F-Secure)が12日、明らかにした。  Fセキュアの声明によると、この脆弱性は最近見つかったほぼ全てのパソコンやタブレット、スマートフォンで使われているCPUに関する脆弱性「スペクター(Spectre)」や「メルトダウン(Meltdown)」とは無関係。しかし、「大...
»続きを読む
カテゴリー:

【PC】IntelのCPUに新たな脆弱性発見 Spectre/Meltdownとは無関係 - 01月13日(土)18:00  newsplus

インテル製品に新たな脆弱性発見、フィンランドのセキュリティー企業 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/3158383 2018年1月13日 14:18 発信地:パリ/フランス 【1月13日 AFP】米インテル(Intel)製のハードウエアに企業向けノートパソコンの遠隔操作を可能とする新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。フィンランドのサイバーセキュリティー対策の専門企業Fセキュア(F-Secure)が12日、明らかにした。  Fセキュアの声明によると、この脆弱性は最近見つかったほぼ全てのパソコンやタブ...
»続きを読む
カテゴリー:

IntelがCPUの脆弱性「メルトダウン」「スペクター」対策後のパフォーマンス低下の結果一覧を公開 - 01月12日(金)12:05 

「すべてのプロセッサが安全性と高速性を両立できない問題を抱える」とまで表現される、2018年の年頭から大騒動になっている脆弱性問題「Meltdown(メルトダウン)」「Spectre(スペクター)」への対策パッチを当てた場合にどれぐらいPCの性能が変化するのか、Intelが複数環境下でのベンチマーク結果を発表しました。続きを読む...
カテゴリー:

CPU脆弱性対策パッチでAMDマシンが起動しなくなる不具合を受けてMicrosoftが更新プログラムの配布を停止 - 01月10日(水)19:00 

CPUに含まれる脆弱性「Spectre(スペクター)」や「Meltdown(メルトダウン)」の対策のため、各ソフトウェアからセキュリティ更新パッチがリリースされていますが、Windowsの更新プログラムで古いAMD製CPUを使うマシンが起動しないというトラブルが続発しました。旧AMDマシンユーザーからの苦情が殺到した結果、Microsoftは対象となるAMDマシンへの更新プログラムの配布を停止しました。続きを読む...
カテゴリー:

【IT】ウィンドウズPC、CPUの脆弱性対応で動作速度に影響 - 01月10日(水)14:14  newsplus

ニューヨーク(CNNMoney) 米インテルなど半導体大手のCPU(中央演算処理装置)に脆弱(ぜいじゃく)性が発覚した問題で、米マイクロソフトは9日、この問題への対策がコンピューターの動作速度に及ぼす影響について、詳しく説明した。同社がここまで詳しい情報を公表するのは異例。 マイクロソフトは何カ月も前からこの問題への対応に取り組んでおり、3日に脆弱性の存在が公になった後は、ウィンドウズ向けの更新プログラムを配信して対処していた。 この更新プログラムの影響で、全てのウィンドウズPCの動作速度が...
»続きを読む
カテゴリー:

Google副社長、CPUの脆弱性対応を振り返る「この10年で最も困難だった」 - iPhone Mania - 01月13日(土)18:16 

Google副社長、CPUの脆弱性対応を振り返る「この10年で最も困難だった」 - iPhone Mania  Googleの副社長が、CPUの深刻な脆弱性「Meltdown(メルトダウン)」と「Spectre(スペクター)」への対応には、企業を超えた数百人のエンジニアが数カ月にわたって取り組み、「過去10年間で最大で、最も困難だった」と振り返っています。 数百人のエンジニアが企業をまたいで連携し対応 2Google の副社長が、CPUの深刻な 脆弱性 「Meltdown(メルトダウン)」と「Spect...
カテゴリー:

【PC】IntelがCPUの脆弱性「メルトダウン」「スペクター」対策後のパフォーマンス低下の結果一覧を公開 - 01月12日(金)12:59  bizplus

「すべてのプロセッサが安全性と高速性を両立できない問題を抱える」とまで表現される、2018年の年頭から大騒動になっている脆弱性問題「Meltdown(メルトダウン)」「Spectre(スペクター)」への対策パッチを当てた場合にどれぐらいPCの性能が変化するのか、Intelが複数環境下でのベンチマーク結果を発表しました。 今回、Intelが公開したのは、6つの環境下でのSYSMARK 2014 SE・PCMark 10・3DMark Sky Diver・WebXPRT 2015のベンチマーク結果です。ただし、具体的なスコアではなく、本来発揮される性能を100%としたときの相対的な値です...
»続きを読む
カテゴリー:

【Meltdown】AMD CPUはパッチ適用でも性能低下の恐れなし Spectreのみの修正のため(Variant1:CVE-2017-5753) - 01月11日(木)16:39  newsplus

Variant2の対策にはBIOS(UEFI)のアップデートが必要  1月5日掲載の記事を簡単に振り返っておくと,Project Zeroが公表した脆弱性には下の3つがあった。 Variant1(CVE-2017-5753):配列の境界チェックバイパス Variant2(CVE-2017-5715):分岐ターゲットインジェクション Variant3(CVE-2017-5754):不正なデータキャッシュ読み込み  それぞれの概要は先の記事を参照してもらうとして,Variant1と2には「Spectre」(スペクター),Variant3には「Meltdown」(メルトダウン)という識別名が与えられている。 「CPUの脆弱...
»続きを読む
カテゴリー:

インテルのCPU脆弱性問題、パッチを古いWindowsにあてると性能劣化の可能性 - 01月10日(水)16:02 

イメージ インテルのCPUに存在する脆弱性「メルトダウン」と「スペクター」について、Microsoftでは脆弱性に対応するためのパッチを公開しているが、古いバージョンのWindowsでは、パフォーマンスが低下する可能性があるとしている。 本脆弱性では、悪用についての大きな影響は報告されていないが、各メーカーの対応で大きな騒ぎに発展している。Microsoftでは、Windows7やWindows8など、旧世代のWindowsを使用しているユーザーがパッチをあてると、パフォーマンスの低下に気がつくだろうとしている。ただ、今回は、脆弱性が明るみになったことで、早急にパッチを公開したという事情がある。Microsoftでは、今後もセキュリティ強化やユーザーの使用体験を維持するための取り組みを続けるとしており、本件に対する新たなパッチが提供される可能性もある。 発表資料URL:https://cloudblogs.microsoft.com/microsoftsecure/2018/01/09/understanding-the-performance-impact-of-spectre-and-meltdown-mitigations-on-windows-systems/2018/01/10 ■関連記事 ASUA、複数ディスプレイの継目に映像を写し...more
カテゴリー:

CPU脆弱性メルトダウンの対策パッチを導入したEpicのゲームサーバーのCPU使用率が爆上げ - 01月10日(水)09:00 

CPUに内在する脆弱性「Meltdown(メルトダウン)」と「Spectre(スペクター)」の対策では、ソフトウェアアップデートの適用でマシンパフォーマンスの低下が起こり得るとされています。ほとんど影響がないシステムが報告される一方で、オンラインゲーム用の配信サーバーのCPU使用率が大幅にアップするという報告も挙がっています。続きを読む...
カテゴリー:

もっと見る

「メルトダウン」の画像

もっと見る

「メルトダウン」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 炉心溶融...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる