「メリット」とは?

関連ニュース

現実は厳しかった!夢見てた「親子で川の字」に隠されたリアル #産後カルタ - 01月18日(木)17:30 

子どもが産まれたら、「こんなことをやりたい!」なんて想像しながら、出産後の生活を夢見ていたママもいらっしゃるのではないでしょうか? 楽しい授乳タイムやお風呂タイム、お昼寝……。赤ちゃんと一緒の生活の中で大きな楽しみのひとつが「親子で川の字になって寝る」ことではないでしょうか。幸せな家族の代名詞ともいえる「親子の川の字」。夢を見ていたママたちの、現実の声をお届けします! 冬は天国!湯たんぽならぬ「こたんぽ」がある 『冬は基本寝相がいいけど夏は大変……』 子どもと一緒に寝ることの大きなメリットのひとつが、「こたんぽ」の存在です。体温が高い子どもがいることで、冬のお布団は暖かくなります。子どもを湯たんぽ代わりに抱きしめる筆者のようなママも少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。ママのコメントにあるように、冬の間は子どもも寒いので、あまり布団の中では動かず比較的寝相がいいかもしれません。ママやパパが蹴られて痛い思いをすることは少ないでしょう。愛おしい我が子の天然ゆたんぽ。しかし、現実はそんなに甘くないというママの声も届きました……。 「川の字」なんてありません!子どもの手や足がママやパパを襲う 『三歳児に蹴られた。痛かった!』 『子供の足や手はよく飛んでくるよ。特に夏場に』 『3歳児に毎晩蹴られている』 ママやパパのダメージが大きくなるのは、寝相もダイナミックになる3歳ごろからが多い...more
カテゴリー:

「うしろイン」は快感への近道!? 気持ちよくなる3つのメリット - 01月18日(木)15:45 

 もっともっと、彼を感じられるセックスがしたい! と思いながらも、どんな体位をすればいいのか、お悩みではありませんか? 彼をたくさん感じたいのであれば、「うしろイン」がおすすめです! 一般的には、バック(後背位)と呼ばれ [...]
カテゴリー:

末永遥“完璧を求める”性格に変化「そんな自分はやめよう」 - 01月18日(木)13:54 

 女優の末永遥が、17日のアメブロにて、育児に対する考え方をつづっている。末永は2014年にアテネ五輪柔道銀メダリストの泉浩と結婚し、2017年12月に第一子となる男の子を出産している。  2、3日前から体調不良でインフルエンザを疑っていた末永。妹の職場で流行しており、妹が感染気味であったため、ほぼ確信していたようだが、病院の検査でインフルエンザB型であることが判明した旨を報告した。そして末永は、授乳中に薬を飲むことについて病院で聞いたところ、「俺は平気だと思ってるけどね~」との返事をもらい、「ん?、ならばオススメをしないお医者さんも居るってこと?」と思い、念のためその間は母乳ではなくミルクにしたようだ。  末永は、「でも、言われ方・受取り方、いろんな考え方や選び方がそれぞれあって、それぞれにメリット・デメリットがある訳で、、、。」と注釈をつけながら、自身については「完璧を求めしまいがちな性分。 子育てともなるとそうはいかない!とは思っていて、 妊娠が発覚した時から、そんな自分はやめよう!と決めていました」(原文ママ)とコメント。  続けて、「いろんな考え方など、たくさんたくさん聞いて… 最終的に選ぶのは自分。 なにより子供にとって1番。私たち親子にとって一番。のものを、常に選んでいきたいと思います」「私が思い悩んだり、変に緊張して強ばったりすれば、ダイレクトに子供に...more
カテゴリー:

年金開始、70歳超可能に 政府 - 01月18日(木)12:54  news

政府は17日、中長期的な高齢者施策の指針「高齢社会対策大綱」の改定案を、自民党内閣・厚生労働部会の合同会議に示し、 了承された。公的年金の受給開始年齢を遅らせ、70歳を超えても選べる制度を盛り込むことが柱。60~64歳の就業率目標も引き上げる。 元気な高齢者の就業を促し、年金財政の安定につなげる。 政府は月内に大綱を閣議決定する。その後、厚労省で年金の具体的な制度設計を検討し、2020年までに関連法改正案の 国会提出を目指す。 現行の年金の受給開始年齢は原則65歳で、60~70歳の範囲で選...
»続きを読む
カテゴリー:

「ペットに生肉を食べさせちゃダメ」獣医師たちが警告 - 01月18日(木)12:00 

Image: Gettyimages ペット、そして人間の健康を考えるなら。犬や猫のエサとして生肉を与えることが飼い主たちの間で流行りつつあるようです。これは、すっかり飼いならされた猫と犬の食生活を「彼らが野生だったときのものに近づけるべきだ」というアイデアに基づいています。しかし、ヨーロッパで行なわれた最新の研究によって、市販の生肉製品の中には驚くほどの細菌と寄生虫が見つかり、ペットと飼い主の双方への潜在的な健康リスクをもたらすことが判明しました。昨年、ワシントンポスト紙に掲載された記事には、穀物不使用で肉100%の生ペットフードは市場で急成長している分野の1つだと報じられていました。パレオダイエットのようなものですが、ペット向けです。問題は、一般的なドライフードや缶詰されたペットフードより生肉をベースとした食生活(以下、RMBD)のほうが健康的であることを示す証拠が何もないことです。そして英国獣医師会のジャーナルVet Recordに発表された新たな論文は、こういった食生活は動物と人間、その両方の健康を脅かしかねないと指摘しています。オランダにあるユトレヒト大学のPaul Overgaauw率いる研究チームは市販のRMBD製品に、人畜共通細菌や寄生虫(ヒトと動物のどちらにも感染する細菌と寄生虫)は見つ...more
カテゴリー:

たった1つの理由で欲しくなる「360度カメラ」。 - 01月18日(木)17:01 

もう先に言ってしまいますね、この製品のポイントは両手がフリーになるところです。360度カメラもたくさんの製品が発売されていて、どんどん身近になっているように感じます。今では、iPhoneに取り付ける専用レンズが開発されているほど。でも、スマホよりも簡単に動画を撮ることができるのが「FITT360」です。これは首にかけるタイプになっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に持つ必要がないということ。ビデオを撮るときはサッとボタンを押すだけ防水対策もしてあるようなので、サーフィンやスノボをしているときの躍動感をビデオに残せることでしょう。正直、実際に撮影されたモノを見ると、「めっちゃ綺麗!」と言うのは難しいかもしれません。だけど、サッとボタンを押すだけで録画をしてくれて、両手がフリーになるメリットを考えれば、多くは求めないのが筋。イヤホンジャックが搭載されているので、Bluetoothヘッドセットとしても活躍してくれるとのこと。普段はイヤホンのように使っておいて、旅に行ったときには「360度カメラ」として動画を撮るのが理想的かもしれませんね。Licensed material used with permission by Linkflow(HP), (Kickstarter)
カテゴリー:

某研究グループが「全固体電池」試作に成功 急速充電可能、10円玉大、レアメタル不使用、詳細不明 - 01月18日(木)14:03  newsplus

EV期待の「全固体電池」試作 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20180117/1030001574.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 世界的にEV=電気自動車へのシフトが加速する中、リチウムイオン電池に替わる 次世代の電池として期待される「全固体電池」の試作品の開発に、 長岡技術科学大学などの研究グループが成功したと発表し、EVの性能アップにつながるか注目されます。 「全固体電池」は電気自動車で一般的な「リチウムイオン電池」より、充電時間が大...
»続きを読む
カテゴリー:

【鉄道】「あまりに遅い」 北陸新幹線大阪延伸に財源の壁 開業予定は2046年 - 01月18日(木)12:55  newsplus

 政府の平成30年度予算案に、北陸新幹線の敦賀(福井県)-新大阪間の詳細なルートや駅の位置などを決めるための調査費11億円が盛り込まれた。前年度と同額の予算が計上され、関西の交通インフラ強化に期待がかかるものの、沿線自治体や経済界からは、2046年春と想定される大阪までの全線開業の前倒しを訴える声があがっている。関西の経済界などは政府に早期の全線開業を働きかけていく考えだが、分厚い財源の壁が立ちはだかり、実現への道のりは険しい。(橋本亮)  ■現計画はメリットなし  「あまりにも遅い」  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【いぬねこ うちのこ。】お餅くん(3歳)とトイプードルのぱぴこ&あいす、キジトラのあんみつ/ao*さん - 01月18日(木)12:30 

犬や猫と暮らしながら、子育てをしているママをご紹介する「いぬねこ うちのこ」。第1回目は、3歳の息子さんと2匹の犬、猫と一緒に暮らすao*さんです。トイプードルの「ぱぴこ」と「あいす」は息子のお餅くんが産まれる前から家族。写真が趣味で、個展まで開催されているというao*さん。愛犬、愛猫と一緒に眠ったり、遊んだりする息子さんの愛らしい姿や、保育園のお弁当など、すてきな写真を通して日々の暮らしを綴っています。そんなao*さんに“うちのこのベストショット”と、犬と猫と一緒に暮らしながらする子育てについて、お話を伺いました。ao*さん プロフィール1983年大阪生まれ。愛犬と暮らし始めたことをきっかけに、写真を撮り始める。現在は2014年に誕生した息子や、愛犬愛猫と過ごす日々や成長を記録中。趣味で続けている、フィルムカメラの写真の個展を4月に予定。Instagram:@aoxdays、@aoxfilm■愛すべき「うちのこ」たちをご紹介!犬の甘味ーずと、猫といつも一緒の3歳の男の子・お餅くん 3歳・ぱぴこ 9歳 トイプードル・あいす 7歳 トイプードル・あんみつ 7ヶ月 キジトラ息子のお餅は色白で元気はつらつ、くるくるしたクセ毛がチャームポイントの、3歳の男の子。面白いことが大好きで、いつも顔芸や楽しい踊りで笑わせてくれます。でもまだまだ抱っこが大好きな、甘えん坊。犬のぱぴこは、おっとりマイ...more
カテゴリー:

「お客様」の本質を見極める - 01月18日(木)12:00 

消費者の行動様式は時代に応じて大きく変化します。「消費は美徳」と呼ばれた昭和40年代には、新しい商品は作れば作るほど飛ぶように売れていきました。しかし、デフレという言葉が定着した平成以降、生半可な考えで新商品を出したところで消費者はそう簡単には踊りません。時代の変化を見逃さず、消費者の動きを的確に捉えるには、「お客様の本質」を見極めないといけません。 賢い「生活者の時代」 人口が着実に増加し消費が拡大した時代には、「マスマーケティング(大衆志向)」と「マスプロダクション(大量生産)」のもと、より多くの商品を販売するために商品の領域と種類を拡大することが最善とされていました。価格競争に打ち勝ち、客数を増加し、市場占拠率を高め、「規模のメリット」で「競争優位に立つ」ことが目標となっていたのです。しかし、その考えは人口減少・超高齢化が進む今の時代には通用しません。これからは、必要なものはほとんど保有し、情報を自由自在に使える、賢い「生活者の時代」です。お客様が期待することや困っていることがわからない、お客様の生活者としての顔をイメージできない会社を、お客様は必要としないのです。 お客様の「困っていること」「期待すること」を知る スーパーマーケットに夕方訪れるお客様は、大半がその日の夕食の献立を決めていません。店に来てから、今日は何にしようかと考え始めます。これがお客様の「困っているこ...more
カテゴリー:

もっと見る

「メリット」の画像

もっと見る

「メリット」の動画

Wikipedia

メリット

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる