「メディアミックス」とは?

関連ニュース

爆釣バーハンター:フィッシング玩具「爆釣バーロッド」登場 3DSに装… - 01月18日(木)15:34 

 東映アニメーション、バンダイ、小学館のメディアミックスプロジェクト「爆釣(ばくつり)バーハンター」のフィッシング玩具「爆釣バーロッド」が、バンダイから3月17日に発売されることが明らかになった。任…
カテゴリー:

爆釣バーハンター:東映アニメ、バンダイ、小学館のメディアミックスプロ… - 01月15日(月)12:00 

 東映アニメーション、バンダイ、小学館のメディアミックスプロジェクト「爆釣(ばくつり)バーハンター」のアニメ版が制作されることが15日、明らかになった。東映アニメーションが制作する。 「爆釣バーハン…
カテゴリー:

舞台『けものフレンズ』、新曲を追加してどったんばったん大騒ぎを再演 - 01月12日(金)20:51 

 舞台『けものフレンズ』の公開ゲネプロが12日、東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoで行われた。昨年6月に上演され好評を博したオリジナルストーリーの舞台版に、新曲を追加してさらにスケールアップ。尾崎由香、本宮佳奈、小野早稀らアニメ版と同様のキャストもふたたび集結し、新たな“どったんばったん大騒ぎ”が繰り広げられた。【写真】舞台『けものフレンズ』公開ゲネプロフォトギャラリー 本作は『ケロロ軍曹』などで知られる吉崎観音がコンセプトデザインを手がけた、擬人化された動物たちが活躍するメディアミックス作品。世界のどこかに作られた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」では、神秘の物質「サンドスター」の力で動物たちが次々とヒトの姿をした「アニマルガー」へと変身し、やがて大冒険を繰り広げる。 今回の舞台では、ジャパリパークの記念祭で行われることになったアイドル対決で、サーバル(尾崎)がペンギンアイドルユニット「PPP(ペパプ)」の公式ライバル「サバンナガールズ」を結成。アニメにはわずかしか登場しなかった“フレンズたち”も登場する中で、メンバー集めに奔走する。 オープニングでは、ロイヤルペンギン役の佐々木未来らガウン姿の「PPP」メンバーが登場し、マーゲイ役の山下まみ(13日・14日のみ出演)が、相羽あいな(16日~21日に出演)に代わりイワトビペンギンに扮するという演出から展開。そ...more
カテゴリー:

「ウォーキング・デッド」原作者、スマホ向けRPG「サマナーズ・ウォー」を映画化 - 01月11日(木)22:45 

米人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド」原作者のロバート・カークマンがiPhone、Android向けのスマホゲーム「サマナーズ・ウォー」のメディアミックスで協力することになったと、ハリウッド...
カテゴリー:

【連載中限定】4大週刊少年誌でアニメ化して欲しい漫画は? - 01月07日(日)17:00 

漫画作品のメディアミックスで読者が楽しみにする要素の1つ「アニメ化」、静止画の世界が動画と音声によって表現されるため原作よりもアニメが好き、なんて方もいるそうですね。 そこで今回は「4大週刊少年誌に連載中でTVアニメ化して欲しい漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。 アニメ化を切望されている漫画とは、一体どの作品だったのでしょうか? 1位 約束のネバーランド 2位 鬼滅の刃 3位 古見さんは、コミュ症です。 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『約束のネバーランド』! 孤児院の真実と孤児らの奮闘を描く、『約束のネバーランド』が堂々の1位に輝きました。 週刊少年ジャンプで連載中の本作、本誌では久々のシリアスなダークファンタジー作品という事もあって注目を集めており、多くのファンがアニメ化を望んでいるようですね。 ランキングからも分かるように、その人気はかなりのもので、ストーリーが進んで進行に余裕が出ればアニメ化も十分考えられそうです。 2位は『鬼滅の刃』! 大正時代の人と鬼の戦いを描いた、『鬼滅の刃』が2位を獲得しました。 主人公である炭治郎の一家惨殺、唯一生き残る事ができた妹が鬼と化してしまうショッキングな事件から物語は始まり、彼は文字通り鬼と化した妹を背負いつつ鬼を退治する道に進みます。 3位は『古見さんは、コミュ症です。』! 人付き合いが苦手な美女...more
カテゴリー:

Nintendo Switch版「スナックワールド トレジャラーズ」発売決定!次世代ワールドホビーフェアにも試遊出展 - 01月16日(火)19:27 

勇敢な冒険者「トレジャラー」となって、ダンジョンにもぐろう メディアミックス作品「スナックワールド」のNintendo Switch版が発売決定された。
カテゴリー:

『カードキャプターさくら』新アニメシリーズ、一番くじに登場! 実用雑貨勢揃い - 01月14日(日)15:00 

 『一番くじ アニメ カードキャプターさくら ~クリアカード編~』が、2月10日より、ミニストップ、書店、ホビーショップ、アミューズメント施設、アニメイトなどで順次販売開始となる。景品には、1月から放送中の『カードキャプターさくら ~クリアカード編~』に登場する魔法アイテムをモチーフにした実用雑貨が勢揃いしている。【写真】『一番くじ アニメ カードキャプターさくら ~クリアカード編~』商品ラインナップフォトギャラリー 『カードキャプターさくら』は、女性4名の漫画家からなる創作集団「CLAMP」が手がける漫画。同作をを原作としたテレビアニメ、アニメ映画、ゲームなどこれまでにも様々なメディアミックスを行っている。今年の1月からは、新作テレビアニメシリーズ『カードキャプターさくら クリアカード編』が放送中だ。 今回の一番くじは、『カードキャプターさくら』を題材とした、全6等級23種(うちシークレット1種)の中から、必ずいずれかが当たる“ハズレなしのキャラクターくじ”。新シリーズ『クリアカード編』に登場する魔法アイテムをモチーフにした実用雑貨が多数ラインナップしており、A賞は主人公「さくら」が新シリーズで使用する「夢の杖」をモチーフにしたボールペン。B賞は作中のキーアイテム「クリアカード」をモチーフにデザインしたコンパクトミラーとなっている。 また、C賞にはマスコットキャラクターの「ケロち...more
カテゴリー:

「ウォーキング・デッド」原作者、スマホ向けRPG「サマナーズ・ウォー」を映画化 - 01月11日(木)22:45 

 米人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド」原作者のロバート・カークマンがiPhone、Android向けのスマホゲーム「サマナーズ・ウォー」のメディアミックスで協力することになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。  「サマナーズ・ウォー」は、召喚士となって自分とともに戦ってくれるモンスターを育成し、バトルに挑む戦略ゲーム。2014年6月の発売開始から、すでに世界で8000万ダウンロードされている。  同ゲームを開発した韓国企業のCom2Usは、「サマナーズ・ウォー」を別のメディアに拡大するために、カークマン率いるスカイバウンド・エンタテインメントとパートナー契約を締結。ゲーム以外の「サマナーズ・ウォー」ユニバースの確立に向けて、スカイバウンドを共同で設立したカークマンとデビッド・アルパート最高経営責任者、さらに「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」の映画プロデューサー、キャサリン・ワインダーが企画開発を行っていくという。  ちなみに、スカイバウンド・エンタテインメントはカークマンが手がけるコミックの出版とともに、「ウォーキング・デッド」「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」「Outcast」といったカークマン原作のテレビドラマを制作している。 【作品情報】 ・スター・ウォーズ クローン・ウォーズ 【関連記事】 ・「ウォーキング・デッド」原作者、米アマゾン・スタジ...more
カテゴリー:

「DEVILMAN」秘蔵デザイン公開!湯浅政明が明かす野心作の裏側 - 01月11日(木)19:00 

「マジンガーZ」「キューティーハニー」などで知られる永井豪の画業50周年を記念し、彼の代表作「デビルマン」をNetflixオリジナルアニメとして蘇らせた「DEVILMAN crybaby」。1月5日から全世界190か国で独占配信され大きな話題となっている本作について、監督を務める湯浅政明は「40年前のものとしてアニメ化するのではなく、いまのものとしてアニメ化した」と振り返る。 【写真を見る】キャラクターデザインと秘蔵アートボード集はこちらから!/[c]Go Nagai-Devilman Crybaby Project 本作の原作は1972年から「週刊少年マガジン」で連載され、全世界で累計発行部数5000万部を超える大ヒットを記録。これまでもテレビアニメやOVAをはじめ、様々なメディアミックスが行われてきた。地球の先住人類“デーモン”が復活し、人類から地球を奪い返そうとしていることを知らされた不動明を主人公に、彼がデーモンと戦うため “デビルマン”となって戦いに挑むという原作を、いかに現代的なアニメとして生まれ変わらせたのか、配信前から大きな注目が集められていた。 湯浅といえば、カルト的人気を誇る『マインド・ゲーム』(04)をはじめ『夜は短し歩けよ乙女』(17)や『夜明け告げるルーのうた』(17)など、独特のタッチで世界観を構築してきた。そんな彼は作品作りのモットーとして「何が起こっ...more
カテゴリー:

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」スタァライト九九組、2ndシングル発売 - 01月05日(金)19:55 

メディアミックス作品「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」から生まれたユニット・スタァライト九九組。彼女たちが3月7日にリリースする2ndシングル「スタァライトシアター」のジャケットアートワークが公開された。
カテゴリー:

もっと見る

「メディアミックス」の画像

もっと見る

「メディアミックス」の動画

Wikipedia

メディアミックス(media mix)は、広告業界の用語で商品を広告・CMする際に異種のメディアを組み合わせることによって各メディアを補い合う手法が原義であるが、現在では特定の娯楽商品(商業作品)が一定の市場を持ったとき、その商品から派生した商品を幾種類の娯楽メディアを通して多数製作することで、消費を混乱させて生産を追求することを指す場合が多い。

北米では、同様の商法をメディアフランチャイズ(media franchise)という。これは、キャラクターなどを他メディアにフランチャイズするという意味である。

歴史 メディアミックスの起源

語の起源としてはメディアは「媒体」からミックスは「プロモーションミックス」からとられている。1人につき3回の広告接触頻度で十分とするクラグマンの「スリーヒッツ理論」を発展させた考えを基礎理論として、各種の媒体を用いてそれに合わせた最適な広告手段を計画すること。決められた広告費用で最大の広告効果を得ることが目的となる。

日本でのメディアミックス

日本においては、1973年に小松左京の小説日本沈没が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる