「メディア」とは?

関連ニュース

「魔女狩り」開始から1年、米大統領選トランプ陣営とロシアとの関係調査の現状 - 05月22日(火)16:00 

2018年5月17日、米大統領選のトランプ陣営と選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。1年がたった今でもミュラーの存在を意識し、”魔女狩り”と揶揄するトランプ。果たしてミュラー特別捜査官は、大統領を起訴することができるのか?2018年5月17日、2016年の米大統領選におけるトランプ陣営と、選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。捜査当局はこれまで、22組の個人と組織に対する8つの訴訟を起こしている。トランプ陣営の協力者であるリック・ゲイツ、陣営の外交政策顧問を務めたジョージ・パパドプロス、元国家安全保障担当補佐官マイケル・フリンらは皆、同捜査絡みの裁判で有罪を認めている。トランプの選挙対策本部長だったポール・マナフォートは、さまざまな金融犯罪により起訴されたが、無罪を主張している。しかし自身の選挙キャンペーンに犯罪の臭いが漂っているにもかかわらず、ドナルド・トランプは依然として米国大統領の職に留まっている。しかもミュラーが特別捜査官に就任して1年を迎えた日の朝、トランプはツイッターで”祝意”を表明した。 Congratulations America, we are now into the second year of th...more
カテゴリー:

日大アメフト事件で振り返る、世界の悪質プレー。 本場NFLでも… - 05月22日(火)15:55 

 連日メディアを騒がしている、日大アメフト部ファール問題。前代未聞の悪質さに、日本大学と内田監督の稚拙な対応が加わり、選手が記者会見を開く事態にまで発展した。自由な意見が飛び交うネット上では、日大側関係者のアメフト界追放 […]
カテゴリー:

「世界最悪の眺め」のホテルに行ってみた。覆面アーティスト、バンクシーがオープン - 05月22日(火)15:51 

 5月14日、在イスラエル米国大使館のエルサレム移転が強行され、パレスチナ側は猛反発。イスラエル軍はパレスチナ自治区ガザで行われたデモに向けて発砲し、パレスチナ側には多数の死傷者が出た。パレスチナ情勢は、2014年のイスラエル軍によるガザ侵攻以来の大混乱に陥っている。 ◆パレスチナ人の村や町を分断する「壁」の前にオープン  そんなパレスチナ自治区の、ヨルダン川西岸の都市ベツレヘムには「世界最悪の眺め」を売りにしたホテルがある。正体不明のカリスマ的な社会派アーティスト・バンクシーが昨年3月にオープンした「ウォールド・オフ・ホテル」だ。  同ホテルはイスラエルが建設する分離壁のすぐ前という立地。分離壁とは、パレスチナ自治区との停戦ラインを超えて建設されているコンクリート壁やフェンスで、計画では総延長710km。昨年までに450kmがすでに建設済みだ。この分離壁は「テロ防止」が名目だが、パレスチナ人にとっては土地や水源を奪い、村や町を文字通り分断する壁。イスラエルによるパレスチナ占領の象徴とも言える。  この分離壁のすぐ横に建つのがウォールド・オフ・ホテル。同ホテルを訪ねていくと、分厚いコンクリート製の分離壁がホテルの3階まで高くそびえ立つ。確かに圧迫感がすごい。しかもこの壁はパレスチナ占領の象徴。まさに「世界最悪の眺め」だ。 ◆世界中から、このホテルに泊まるためだけに来る人が...more
カテゴリー:

ドローン専門メディア『ビバ! ドローン』の累計ページビューが100万を突破! - 05月22日(火)15:34 

[ドローンデパートメント株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/20425/15/resize/d20425-15-507641-2.jpg ]  ビバ! ドローンについて 『ビバ!ドローン』は「読んで楽しい、知って役立つドローンの総合情報サイト」を目指して、記事を作成・...
カテゴリー:

デジタルハリウッド大学メディアライブラリー主催|『マクルーハンはメッセージ メディアとテクノロジーの未来はどこへ向かうのか?』出版記念セミナー - 05月22日(火)15:00 

[デジタルハリウッド株式会社]  デジタルハリウッド大学および大学院では、本学メディアライブラリーの主催で、本を読むきっかけづくりと、学外への情報発信の一環としてオープンセミナーを定期開催しています。  ケヴィン・ケリー氏の世界...
カテゴリー:

外国メディア、北朝鮮入り=特別列車で核実験場へ - 05月22日(火)15:56 

 【ソウル時事】北朝鮮北東部の豊渓里で23~25日に予定される核実験場廃棄を取材するため、米国や中国など外国メディアの取材団が22日、北朝鮮東部・元山にある葛麻空港に到着した。一行は北朝鮮当局が用意する特別列車を利用して核実験場まで移動し、坑道が爆破される様子などを取材する。 北朝鮮の発表によれば、廃棄作業は天候を考慮しつつ、23~25日に実施。核実験に使われたものも含め、全ての坑道を爆破し、入り口をふさぐ。このほか、研究所や観測機器などを撤去し、警備員や研究員も退去させ、核実験場を閉鎖する。 外国メディアの取材団は米国、中国、ロシア、英国の約20人で構成。北朝鮮国営の高麗航空の専用機で、22日午前に北京空港を出発した。記者らは核実験場で取材後、元山に設置されるプレスセンターに移り、廃棄の様子を伝える。26日か27日ごろに北朝鮮から戻る見通しだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

日大アメフト事件で振り返る、世界の悪質プレー。 本場NFLでも… - 05月22日(火)15:55 

 連日メディアを騒がしている、日大アメフト部ファール問題。前代未聞の悪質さに、日本大学と内田監督の稚拙な対応が加わり、選手が記者会見を開く事態にまで発展した。自由な意見が飛び交うネット上では、日大側関係者のアメフト界追放を願う声まで。  世界中で物議を醸しているこの事件は、いかに酷いものなのか。かつてスポーツ界を震撼させたビッグスキャンダルを振り返ってみた。 ◆マイク・タイソンが起した耳噛み切り事件  1997年のWBA世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦、挑戦者マイク・タイソン(当時30歳)が、王者イベンダー・ホリフィールド(当時34歳)の耳に文字通り噛み付いた。まず右耳を食いちぎり、ドクターチェック後の試合再開で左耳も。結果、「相手に傷害を及ぼすおそれのあるすべての非スポーツマン的なトリックおよび行為」により、タイソンの失格負け。裁定に不満の彼は暴走し、試合後も相手陣営やスタッフに暴行を。ラスベガス市警30人がリングに上がって、ようやく事態収拾となった。  世界5億人以上がテレビ観戦したというビッグマッチで、見事にやらかしたタイソン。婦女暴行による服役を経て、ルール無視のファイティングスタイル、1年間のライセンス停止……。彼のイメージは地に落ち、ヒール役から本物の悪者になってしまった。以降、勝利らしい勝利を飾ることのないまま、’05年に無名選手と対戦し、TKO負け。試合後...more
カテゴリー:

ケイティ・ペリーのチャリティライブ、観客が次々と消える珍騒動 - 05月22日(火)15:45 

 人気歌手ケイティ・ペリーが、今年初めに故郷を襲った山火事や土砂崩れの救援目的で凱旋チャリティコンサートを開催。しかしパフォーマンス終盤で「みんなにビールをおごる」と言ったため、観客が続々といなくなってしまう珍騒動が起こった。TMZなどの海外メディアが報じている。【写真】ユーモアたっぷり! かなりお茶目な「ケイティ・ペリー」フォトギャラリー ケイティは今年相次いで自然災害に見舞われた米カリフォルニア州サンターバーバラ出身。現地時間19日には、チケットの売上を全額寄付するチャリティコンサート「Witness:Coming Home」を開催し、ノーギャラでパフォーマンスを行った。 翌日、審査員を務める音楽オーディション番組『アメリカン・アイドル』に出演したケイティは、コンサートで起こった珍エピソードを披露した。 「コンサート会場には男性がたくさん来ていて…本人の希望もあるとは思うけど、ほとんどが奥さんや彼女の付き添いで来ていることも分かっていたから、“そうだ!”と思って、“バーを解放して、みんなにビールを1杯おごるわ!”と言ったの」 「そしたら、男性陣がみんな…あろうことか私の姉の旦那もいなくなって、両手に飲み物をかかえて戻ってきたのよ!」と、騒動の成り行きを面白おかしく説明した。 ケイティの言葉どおり、TMZに掲載された動画には会場から消えていく男性たちに向かって「ちょっと待って。い...more
カテゴリー:

≪新サービス≫免税店でのインバウンド需要を最大化 入管申請代行もセットにした難易度の高いラウンド業務請負を開始 - 05月22日(火)15:27 

[株式会社メディアフラッグ] [画像1: https://prtimes.jp/i/24340/146/resize/d24340-146-981785-0.jpg ] インバウンド需要が高まる国際線空港内や百貨店内の免税店での売場変更ラウンド業務を代行、さらに手続きが複雑なラウンダーの入管申...
カテゴリー:

ソーシャルメディアが犯罪者に重宝される理由 - 05月22日(火)15:00 

[EMCジャパン株式会社 RSA事業本部] 過去10年以上にわたり、ソーシャル メディアは私生活だけでなく、仕事においても不可欠なツールになりました。クレジット カードの詐欺師(俗称「カーダー」)にとっても同様で、ソーシャル メディアは、盗品を売...
カテゴリー:

もっと見る

「メディア」の画像

もっと見る

「メディア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる