「メダル」とは?

関連ニュース

レスリング世界選手権、文田選手が金メダル 日本人最年少 - 08月23日(水)16:45 

 レスリング世界選手権で、文田健一郎選手が男子グレコローマン日本最年少となる金メダルを獲得。その裏には父の支えがありました。
カテゴリー:

多田、10秒33で2次予選へ=ユニバーシアード - 08月23日(水)12:29 

 【台北時事】ユニバーシアード夏季大会第5日は23日、台北などで行われ、陸上の男子100メートル1次予選で多田修平(関学大)は10秒33(向かい風1.3メートル)の4組1着となり、同日夜の2次予選に進んだ。多田は12日に世界選手権の400メートルリレーで第1走者を務め、銅メダルを獲得した。 田中佑典(日本ウェルネススポーツ大)も1組2着で1次予選を通過した。 [時事通信社]
カテゴリー:

【アジアドラマチックTV 10月新番組情報】10月はまぶしい!爽やかラブコメ特集! - 08月23日(水)11:00 

[ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社] 恋のゴールドメダル ~僕が恋したキム・ボクジュ~ (ベーシック初!韓国ドラマ 全16話 ノーカット字幕版) 塩顔男子の新鋭ナム・ジュヒョク主演! ヒットメーカーが贈る世界的アスリートをめざすカップルの甘酸...
カテゴリー:

レスリング:グレコ59キロ級で文田が優勝 世界選手権 - 08月23日(水)03:08 

 【パリ松本晃】レスリングの世界選手権は2日目の22日、当地で男子グレコローマンスタイルの4階級を行い、59キロ級の文田健一郎(日体大)が決勝でミランべク・アイナグロフ(カザフスタン)を破って、優勝した。男子の世界選手権での金メダル獲得は1983年のグレコローマン57キロ級の江藤正基以来34年ぶり。
カテゴリー:

スキー距離女子のヨーハウグ、平昌五輪絶望に=CASが処分延長裁定 - 08月22日(火)20:32 

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は22日、ノルディックスキー距離女子のテレーセ・ヨーハウグ(29)=ノルウェー=に科されたドーピング違反による出場停止処分を、1年1カ月から1年6カ月に延長すると発表した。昨年10月からの適用で、同選手は来年2月の平昌五輪に出場できなくなった。 ヨーハウグは2010年バンクーバー五輪金メダリストで、世界選手権は7個の金メダルを獲得。昨年9月の競技外検査で筋肉増強作用のあるクロステボールに陽性反応を示し、唇に付けたクリームの影響と主張した。ノルウェー・オリンピック委員会は1年1カ月の出場停止処分を科したが、国際スキー連盟が成分の確認を怠ったことが原因として、処分延長を申し立てていた。 [時事通信社]
カテゴリー:

グレコ日本勢、不振脱却へ=海外遠征で鍛えた成果 - 08月23日(水)15:59 

 【パリ時事】パリで開催中のレスリング世界選手権で、22日までに男子グレコローマンスタイル全8階級が終了し、59キロ級で文田健一郎(日体大)が優勝。日本勢のグレコでは1983年大会以来34年ぶりの金メダルで、長い不振からの脱却を印象付けた。 日本はフリーに比べてグレコの選手層が薄く、世界に通用する選手が少ない。特に2015年大会では、初戦を突破したのが8階級中1階級だけという惨敗だった。 しかし、昨年のリオデジャネイロ五輪59キロ級で太田忍(ALSOK)が銀メダルを獲得して上昇気配に。五輪後、日本協会はさらなるグレコ強化のために体制を一新。就任した松本慎吾強化委員長は、代表の海外遠征を多く組んだ。国際大会に参加するだけではなく、強豪選手との合同合宿も実施。高い技術を肌で感じさせ、全体のレベルアップを図った。 今大会の文田以外の日本勢は、71キロ級の泉武志(一宮グループ)が2勝。66キロ級の高橋昭五(警視庁)、75キロ級の屋比久翔平(ALSOK)、85キロ級の松本篤史(警視庁)がそれぞれ1勝を挙げた。松本強化委員長は「タフになってほしいから、国際大会を多く経験させた。正しい方向に向かっている」と成果を強調。複数のメダル獲得を目標に掲げる3年後の東京五輪へ、光は見えた。 [時事通信社]
カテゴリー:

グレコ34年ぶり金 21歳文田選手が快挙 8/23 12:16更新 - 08月23日(水)12:16 

仏・パリで行われているレスリングの世界選手権で、文田健一郎選手(21)が日本男子34年ぶりとなる金メダルを獲得。また、21歳8か月での世界一はオリンピックも含め、グレコローマンでは日本男子、史上最年少での快挙達成。
カテゴリー:

レスリング=世界選手権で文田が金、日本男子34年ぶり - 08月23日(水)10:07 

[22日 ロイター] - レスリングの世界選手権が22日にパリで行われ、男子グレコローマンスタイル59キロで文田健一郎(21)が優勝した。グレコローマンでの世界選手権金メダルは1983年大会57キロ級の江藤正基以来34年ぶり。
カテゴリー:

文田が決勝進出=グレコのメダル、2010年大会以来-世界レスリング - 08月22日(火)22:31 

 【パリ時事】レスリングの世界選手権第2日は22日、パリで男子グレコローマンスタイル4階級が行われ、59キロ級の文田健一郎(日体大)が決勝に進み、銀メダル以上を決めた。3回戦まで順調に勝ち進み、準決勝ではキルギス選手を2-1で破った。グレコローマンの日本勢のメダルは2010年大会以来。 66キロ級の高橋昭五(警視庁)は初戦の2回戦でデンマーク選手を破ったが、3回戦でウクライナ選手に苦杯。80キロ級の前田祐也(鳥取中央育英高職)は1回戦でドミニカ共和国選手に敗れ、園田新(ALSOK)も1回戦でジョージア選手に屈した。文田以外の日本勢3選手は敗者復活戦に回れなかった。 [時事通信社]
カテゴリー:

柔道の立川姉弟が金=体操は野々村が銀-ユニバーシアード - 08月22日(火)20:07 

 【台北時事】ユニバーシアード夏季大会第4日は22日、台北などで行われ、柔道は女子52キロ級の立川莉奈(福岡大)と、弟の新(東海大)が男子73キロ級で優勝し、姉弟での金メダル獲得となった。男子66キロ級の磯田範仁(国士舘大)、女子57キロ級の村井惟衣(龍谷大)はともに3位。 体操男子の個人総合で野々村笙吾(セントラルスポーツ)が合計86.050点で2大会連続の銀メダル。谷川航(順大)は銅だった。 [時事通信社]
カテゴリー:

もっと見る

「メダル」の画像

もっと見る

「メダル」の動画

Wikipedia

メダル (medal) は、直径数センチ大の金属の延べに、業績や事績の記念などの目的で、何らかの意匠を刻印したものをいう。 ただし、通貨として利用される貨幣硬貨・コイン)は含まれない。 メダルの形状は円形のものが一般的であるが、四角形や星形など円形以外の形状のものもある。 メダイとも。 概要

メダルは、板に何らかの意匠を施したものである。金属製で円形のものが一般的であるが、金属以外の材料や円形以外の形状にデザインされることもある(例えば2009年世界陸上競技選手権大会では長方形の形状のメダルがデザインされた。アルベールビルオリンピックでは主にガラスが使われた)。

コイン(硬貨)は、貴金属を通貨として利用する上で、ニセ金貨(→偽札)など公正性を欠くようなものが出回るのを予防する観点から意匠が凝らされる。 メダルの場合は、褒賞として与えられる記念品(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる