「メジロ」とは?

関連ニュース

【釣り】怒とうの入れ食い!ハマチ、ヨコワに40センチ級のイサキやマアジも…三重・石鏡沖 - 09月22日(金)15:23  mnewsplus

三重・石鏡沖 ハマチにヨコワ、怒とうの入れ食い!  落とし込み釣りで青ものやマダイなどが好調に釣れている三重・鳥羽市石鏡沖へ14日、「幸徳丸」の乗合船で出た。 早朝から餌のイワシが良く掛かり、午前10時すぎから、怒とうの入れ食いタイムに突入。 竿頭の山本三郎さん(鈴鹿市)は42~48センチのハマチを12匹に38~45センチのヨコワも5匹釣り上げた。 記者も同型のハマチ2匹にヨコワを5匹などゲット。久しぶりに竿を絞り込むスリル満点のファイトを堪能させてもらった。  落とし込みはイワシがサビキに...
»続きを読む
カテゴリー:

「メジロ」の画像

もっと見る

「メジロ」の動画

Wikipedia

メジロ目白繍眼児学名 ''Zosterops japonicus'')はスズメ目メジロ科メジロ属の鳥の一種である。

形態

白いアイリングが特徴のメジロ 全長約12 cm山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥 (2006)、532-533頁ひと目でわかる野鳥 (2010)、206頁で、スズメよりも小さい。翼開長は約18 cm。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。室町時代からメジロの名で知られている鳥の名前 (2003)、180頁。昔は「繡眼児」という漢字が用いられていた野鳥の名前 (2008)、320頁。

日本で見られる野鳥の中では、ミソサザイキクイタダキに次いで最も小さい部類に入る小鳥である。

分布

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる