「メキシコ」とは?

関連ニュース

小室哲哉、音楽&映像の新感覚プロジェクト披露 デジタルアートフェス『MUTEK.JP2017』 - 10月20日(金)17:00 

 11月3~5日に東京・日本科学未来館で開催される音楽フェス『MUTEK.JP 2017』の最終日に、音楽プロデューサーの小室哲哉と慶應義塾大学教授の脇田玲氏のプロジェクトが、日本初パフォーマンスを披露することが決定した。 【写真】小室哲哉とパフォーマンスする脇田玲氏  同フェスは、2000年に始まったカナダのモントリオール発の世界最先端のデジタルアート&エレクトロニックミュージックのフェスの日本版で、今年で2回目。東京のほかにもメキシコシティー、バルセロナ、ブエノスアイレスなど世界中の都市で展開する国際的な祭典として発展を続けている。  国内外の多数のアーティストが参加するなか、特に注目を集めるのが小室と自然界の目に見えないものをテーマに美術と科学を横断するアート活動を展開する脇田氏による、オーディオビジュアルインスタレーションプロジェクト「Tetsuya Komuro&Akira Wakita」。昨年9月にオーストリアのフェスで披露された“新感覚”のパフォーマンスで、靴のソール周りの圧力伝播を独自に開発した独自に開発した物理シミュレーションで8K映像に落とし込んで可視化し、小室がその映像に音楽を加えた。今回はさらに改良を加えた新プログラムを世界初公開する。  フェスにはそのほか音楽ユニット・Young juvenile Youthをはじめ、国際的に活躍する音楽家やアーテ...more
カテゴリー:

「国境の壁」試作品を公開 - 10月20日(金)13:20 

「国境の壁」試作品を公開:アメリカのトランプ大統領が掲げる、メキシコとの国境の壁の「試作品」の一部が公開された。...
カテゴリー:

ECファッキンWの隠し玉クリス・ジェリコ――フミ斎藤のプロレス読本#115【ECW編エピソード07】 - 10月20日(金)08:51 

 199X年  「クリス・ジェリコって知ってるか?」  ポール・ヘイメンは、どうだ、すげえだろ、エッヘンと胸をはった。かれこれ1年がかりで連絡をとりつづけて、やっとつかまえた“秘密兵器”なのだという。  カナダ・カルガリー出身の25歳で、キャリアは5年。髪はブロンド。カルガリーのレスラーだから、コスチュームはもちろん革のベストとロングタイツ。  ホームリングはいまのところジャパンのインディー系団体。ようするに、WARのリングで闘っているライオン・ハートである。  ECファッキンWが探していたのはロウ・タレントraw talent(才能の原形)。まるっきりのルーキーではなくて、すでに何年かのリング経験を積んでいるプロフェッショナル。  アメリカでの露出はできるだけミニマムで、仕事ができて、グッド・ルッキング。でも、そんなおあつらえ向きのレスラーなんてなかなかいやしない。  ポール・Eは、ジェリコのパブリシティー・フォトをながめてはウキウキしたり、うっとりしたりしていた。  カルガリー・スタイルの最高傑作といえばダイナマイト・キッドと“ヒットマン”ブレット・ハートに決まってる。もちろん、クリス・ベンワーもかなりすごい。  カルガリーから出てくるボーイズはハードワーカーで知られている。みんな、どういうわけかロングタイツに“お星さま”をつけている。  ジェリコはカルガリ...more
カテゴリー:

メキシコで「世界ピエロ大会」、14か国から450人参加 - 10月20日(金)07:02 

 おどけた仕草などで、人々を楽しませるあの人気者が、メキシコに集まりました。
カテゴリー:

NAFTA、通貨切り下げを相互に回避 市場重視の「約束」策定へ - 10月20日(金)05:00 

 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の担当者は、米国、カナダ、メキシコの加盟各国が輸出競争力強化を目的とした自国通貨切り下げを避けるよう、法的拘束力は持たせない形で相互に約束する取り決めの策定作業を進めている。関係者が19日までに明らかにした。為替問題をめぐって通商協定に一段と厳格な規定を盛り込むよう求めている米自動車メーカーや一部の米議員から不満の声が上がる可能性もある。
カテゴリー:

初来日したディズニーの新たなアイドルを直撃!―「ディセンダント2」インタビュー - 10月20日(金)15:00 

10月21日(土)に放送されるディズニー・チャンネル・オリジナルムービー「ディセンダント2」(夜7:30、ディズニー・チャンネル)。その放送に先駆け、主人公のマルを演じるダヴ・キャメロンと、マルの親友であるイヴィを演じるソフィア・カーソンが初来日し、インタビューで作品の魅力について語った。 【写真を見る】2人はサービス精神がとっても旺盛! 撮影ではキュートな表情を次々と見せてくれた 本作は、ディズニー映画の悪役(ヴィランズ)の子どもたちの活躍を描いた人気シリーズの最新作。「ハイスクール・ミュージカル」「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」などで知られるケニー・オルテガが、前作に引き続き監督を務める。 ――前作の「ディセンダント」も含め、お2人にとってこの作品はどういった存在ですか? ダヴ・キャメロン(以下、ダヴ):この「ディセンダント」シリーズは、個人的に一番お気に入りの作品です。もちろん、これまでにも素晴らしい作品やキャスト・スタッフ陣と出会ってきており、甲乙つけがたいところはあります。ただ、この作品に関して言えば、私の演じるマルは個人的にとても大好きなキャラクターですし、ケニーやキャストの皆さんが本当に素晴らしいということもあり、とても気に入っています。 この作品は、私にとって“世界”です! まるで家族のような、我が家のような特別な作品ですし、できれば3作目、4作目と今...more
カテゴリー:

世界中のティーンが憧れるダヴ&ソフィア、『ディセンダント』は「人生を変えた作品」 - 10月20日(金)11:10 

 ディズニーヴィランズの子どもたちの活躍を描き、日本でも大ヒットを記録したディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ディセンダント』の続編『ディセンダント2』が、10月21日、いよいよ日本で初放送される。放送に先がけ、主人公のマル(『眠れる森の美女』マレフィセントの娘)を演じるダヴ・キャメロンと、マルの親友イヴィ(『白雪姫』イーヴィル・クイーンの娘)役のソフィア・カーソンが来日。本作への思いを日本のファンに向けて熱く語ってくれた。【関連】『ディセンダント2』特集:ダヴ・キャメロン&ソフィア・カーソン ロングインタビュー掲載中! 本作は、「もしディズニーのキャラクターに子孫がいて、10代だったら…」という斬新なアイデアから生まれた青春ミュージカルTV映画。前作は全世界で1億人以上が視聴するという驚異的な記録を打ち出し、続く『ディセンダント2』も、2017年7月に全米で放送されると1300万人が視聴、3日間の録画視聴を含めると2100万人が視聴するという、前作を超える大きな記録を生み出した。 本作への出演で世界中から注目されるようになり、一躍、“スター”へと上り詰めたダヴとソフィアは、そろって「たくさんの変化を感じた作品」と、本作への思いを話す。同じくディズニー・チャンネルで放送されているドラマ『うわさのツインズ リブとマディ』でも主演を務めているダヴだが、「『ディセンダント』は、...more
カテゴリー:

スタバ発フラペチーノ風ハロウィン・メイクって?インスタで注目! - 10月20日(金)08:45 

 ハロウィンといえば仮装用の衣装が注目されがちですが、大人の女性の場合、メイクもとても重要になってきます。いくら衣装にお金を掛けても、普段どおりのメイクでは仮装が台無しになってしまいますからね。  欧米ではハロウィンが近づくと毎年、各メディアがメイク特集を掲載するのですが、今年はそれに加えて、インスタグラマーやユーチューバーによるメイクアップ法が多数アップされ注目されています。 ◆ヘビ&コウモリのワンポイントメイクでハロウィン風に!  10月16日現在、ハッシュタグ「#Halloweenmakeup」を付けて、自慢のメイク写真を投稿しているインスタグラマーの累計は約172万人。 『マリークレール Marie Claire』は、「インスタグラムは今や究極のビューティ流行発信源。ハロウィン・メイクのアイディアもここから盗むべし!」とした上で、まるでポップアートのように凝ったジョーカーやマリリン・モンロー、ワンダー・ウーマンといったメイク写真をランキング形式で紹介しています。  凄腕をふるったメイクがインスタグラムで大量の「いいね」を獲得し、ユーチューバーがそのメイク法の動画を配信するとたちまち何万回も視聴される一方で、ワンポイントで他と差を付けるシンプルなハロウィン・メイクも多く見られるのが2017年の特徴。  たとえば、『ザ・サン The Sun』ではインスタグラムで最...more
カテゴリー:

都市過密に悩むメキシコシティ、駐車場の削減という「奇策」を実行へ──劣悪な交通環境は改善するか - 10月20日(金)07:00 

過密問題を抱えるメキシコシティで、駐車場の数を制限する新しい規定が取り入れられた。駐車場が減るとより一層混雑は悪化しそうだが、さにあらず。実は使われていない駐車場が減り、住宅の数が増える可能性が見えてきたのだ。メキシコシティの“妙案”は、果たして有効なのか──。
カテゴリー:

グッズ収集歴40年、パット・リーディーが「コカ・コーラ・ミュージアム」を作り上げた理由 - 10月19日(木)21:00 

きっと、みんなコーラが大好きなはずだけど、メキシコ・ベラクルスにあるパット・リーディー(Pat Reidy)の度を越えた〈コカ・コーラ神殿〉を見てからでないと、真のコーラ好きとはいえないし、本当のコーラを知っているともいえない。それは、まさに〈執着心〉だ。 私はこれまでテーマパークなんぞに興味をもったことはない。地元ベラクルスにある〈マジック・キングダム〉(トラルパンにある安っぽいテーマパーク)な...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

もっと見る

「メキシコ」の画像

もっと見る

「メキシコ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる