「メガホン」とは?

関連ニュース

ブレイク必至の注目俳優・健太郎が暴走族総長演じた「デメキン」予告披露! - 09月21日(木)06:00 

 若手俳優・健太郎の長編映画初主演作「デメキン」の予告編が、このほど披露された。映画「14の夜」「先生! 、、、好きになってもいいですか?」への出演や、Netflixのリアリティ番組「テラスハウス」スタジオメンバーなどで活躍の幅を広げる健太郎が、暴走族総長役を熱演する姿を収めている。 ・【動画】「デメキン」予告編  お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が自らの不良時代をつづった小説を、三池崇史作品で助監督として活躍した山口義高監督のメガホン、「百円の恋」「14の夜」の足立紳による脚本で実写映画化。周囲から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめるさまを描いた。  2014年にフジテレビ系ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で俳優デビューを飾った健太郎。予告編では、今後のさらなるブレイクが期待される健太郎が鋭い眼光でにらみつけるさまや、血まみれのケンカシーンに挑む模様などを切り取っている。  「デメキン」は、ほか山田裕貴、岩永ジョーイ、高橋里恩、田中偉登、神永圭佑、三村和敬、福山翔大、柳俊太郎らが共演。12月2日から東京・シネマート新宿ほか全国で公開される。 【作品情報】 ・デメキン 【関連記事】 ・【動画】「デメキン」予告編 ・健太郎の初主演長編映画「デメキン」12月2日に公開決定!新ポスタ...more
カテゴリー:

ゲスの極み乙女。、新曲MV&ジャケット写真公開! iTunesでプレオーダーもスタート - 09月21日(木)00:00 

9月3日に日比谷野外大音楽堂にて開催された全国ワンマンツアー『丸三角ゲス』のファイナル公演で初披露となった、新曲「あなたには負けない」のMV(Short ver.)及びジャケット写真が公開された。 新曲「あなたには負けない」は、全編打ち込みのサウンドにメンバー4人の歌唱・ソロパートが盛り込まれた、今までのゲスの極み乙女。にない新たな一面を魅せる、刺激的で挑戦的な楽曲となっている。「シアワセ林檎」のMVでもメガホンを取った川村ケンスケが監督を務めるMVは、同時公開となったジャケット写真に同じく、戦隊シリーズのヒーローを想起させるような青い衣装に身を包み、荒んだ街へ歩みを進めるメンバーのシーンが印象的。CGも使用して制作され、強いインパクトとユーモアも感じる唯一無二の作品に仕上がっているとのこと。 10月10日より配信開始となる新曲「あなたには負けない」は、9月21日よりiTunesにてプレオーダーがスタート。現在プレオーダーを行なうと、配信開始日より「あなたには負けない」のMVが特典としてダウンロード可能になるとのこと。また、新曲の配信に先駆けて、9月21日より「私以外私じゃないの(Remix by PARKGOLF) 」の先行配信も決定したのであわせてチェックを。 リリース日の10月10日からは全国ワンマンツアー『ッアーーー!!!』の開催も決まっており、ツアー初日の赤坂BL...more
カテゴリー:

新旧ブレードランナーが並び立つ!ビビッドな「ブレードランナー 2049」新ビジュアル公開 - 09月20日(水)19:00 

 SF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く続編「ブレードランナー 2049」の新ビジュアルが、公開された。  前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに「メッセージ」「ボーダーライン」「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ監督を起用。2019年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”の追跡劇を描いた前作から30年後。現役捜査官のK(ライアン・ゴズリング)が、30年間行方不明だったデッカード(ハリソン・フォード)と共に、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていく。  今回公開されたビジュアルは、オレンジと水色のビビッドなカラーで新旧ブレードランナーの2人がたたずんでいるもの。こちらのビジュアルを使用したミニポスターが、本作のIMAX上映限定入場者プレゼントとして配布される。なお、本作のIMAX上映は、全編において画面アスペクト比を1.9:1に拡大。IMAXスクリーンをより広範囲に活用し、通常シアターに比べ約26%増の映像で上映するという。革新的な映像表現が売りの本作だけに、ファンにとってはうれしい試みといえる。  「ブレードランナー 2049」は、10月27日から全国公開。 【作品情報】 ・ブレードランナー 【関連記事】 ・「ブレードランナー」短編アニメ製作決...more
カテゴリー:

ビル・クリントン米元大統領の弾劾裁判がドラマ化 スキャンダルの舞台裏を明らかに - 09月20日(水)13:00 

 米ヒストリー・チャンネルが、力を入れているオリジナルドラマシリーズとして、第42代アメリカ合衆国大統領を務めたビル・クリントンの弾劾裁判を中心に描くミニシリーズ『The Breach:Inside The Impeachment of Bill Clinton(原題)』を制作するという。【関連】「ビル・クリントン」フォトギャラリー Deadlineによると、同シリーズは6話構成となり、ノンフィクション作家ピーター・ベイカーのベストセラー『The Breach:Inside The Impeachment of Bill Clinton(原題)』をベースにするという。クリントン大統領が在職中の1998年、インターンのモニカ・ルインスキーとの不倫疑惑が浮上。「不適切な関係」だったと認めたことから、下院で弾劾裁判が行われるに至った。最終的に罷免は免れたが、クリントンは大統領としての品格を落とすことになった。 ドラマでは舞台裏で起きていた不協和音や駆け引きなども含めて、スキャンダル報道から弾劾裁判までを映像化する予定。現在、キャスティングが行われているとのことだ。 映画『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』(14)の監督R・J・カトラーが企画・製作総指揮を務める。カトラーは1993年にクリントン元大統領のドキュメンタリー『クリントンを大統領にした男』を手がけている。カトラーがメガホンを取り...more
カテゴリー:

映画『鋼の錬金術師』監督が語る実写の理由「感情表現の振り幅が大きい」 - 09月20日(水)12:00 

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、荒川弘氏の人気漫画を映画化した『鋼の錬金術師』(12月1日公開)。国外でも人気の高い原作だけに、実写化発表時から大きな注目を集めてきた。メガホンをとった曽利文彦監督は、昨年夏に行われた撮影の合間に取材に応じ、“実写”の理由を「生身の人間による感情表現は、ほかのメディアで表現できる以上のものがある」と説明していた。 【写真】個性的な衣装もよく似合う エンヴィー役の本郷奏多  原作漫画、通称“ハガレン”は、月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で2001年から2010年にわたり連載され、全世界シリーズ累計発行部数7000万部超を記録。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長を描く。  撮影を見学して驚いたのは、衣装の再現度の高さと、重いはずの赤いマントを着ながらも身軽に動く山田の身体能力。CG処理がされるため全体像は見えなかったが、“見えないもの”を相手に演技する難しさは一切感じない。軍服がよく似合うマスタング大佐役のディーン・フジオカや、個性的な衣装も違和感ないエンヴィー役の本郷奏多など、キャストたちの存在感が作品の世界観によくはまっているように感じた。  メガホンをとった曽利監督は、『ピンポン』(2002年)などで知られ、『タイタニック』(97年)にCGアニメーターとし...more
カテゴリー:

「ブレードランナー 2049」ハリソン・フォード&ビルヌーブ監督、10月に来日決定! - 09月21日(木)04:00 

 SF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)に続き、続編「ブレードランナー 2049」にも出演したハリソン・フォードが、映画のプロモーションとしては約9年ぶりに来日することが決まった。「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ監督やアナ・デ・アルマス、シルビア・ホークスら出演者と共に、10月18日に開催されるジャパンプレミアに登壇する予定だ。  前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務めた本作。2019年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”の追跡劇を描いた前作から30年後。現役捜査官のK(ライアン・ゴズリング)が、30年間行方不明だったデッカード(フォード)と共に、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていく。  「スター・ウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」など、誰もが知るシリーズ作品に出演してきたフォードは、今年75歳。いまなお一線で活躍する大御所が、日本のファンを前に何を語るのか期待が高まるところだ。米映画サイト「TC Candler」で「世界で最も美しい顔100人」にも選ばれたアルマスは、イーライ・ロス監督の「ノック・ノック」で、キアヌ・リーブス演じる主人公を恐怖のどん底にたたき落とす女性役で注目を集めた人気女優。オランダ出身のホークスは、名匠ジュゼッペ・トルナトーレの「鑑定士と顔のな...more
カテゴリー:

新垣結衣&瑛太ら「ミックス。」キャストのファンサービスに観客1000人が熱狂! - 09月20日(水)20:30 

 新垣結衣と瑛太が初共演を果たし、卓球を題材にした映画「ミックス。」の完成記念イベントが9月20日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、新垣と瑛太をはじめ広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、中村アン、鈴木福、谷花音、遠藤憲一、斎藤司(トレンディエンジェル)、メガホンをとった石川淳一監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  レッドカーペットに登場した新垣らを熱烈に出迎えたのは、ファン約1000人。新垣らは、作品にちなんだピンポン玉を手渡ししたり、客席後方のファンに届くように投げ入れるなど、約30分間もファンサービスを行った。ひとりひとりと握手を交わし、サインにも快く応じていた新垣は、四方八方から「ガッキー!」「可愛いー!」と声が届くたびに、手を振りながら満面の笑顔を浮かべていた。  劇中で新垣と男女混合ダブルス(=ミックス)のペアを組んでいる瑛太は、「最近“壁ドン”が流行っていますが、僕がガッキーにやったのは“ドン!”ですから。日本中のガッキーファンに嫌われる覚悟で、思いっきりやってやりました」とニンマリ。だが、突如男性ファンの野太い歓声があがると即座に「ああ…怖い!」とおどけて見せ、場内の笑いを誘っていた。新垣と瑛太の息の合った芝居を間近で見ていた広末は、「結衣ちゃんがただただ可愛くて。そして瑛太さんが意外と恰好よくて。そ...more
カテゴリー:

新旧ブレードランナーが並び立つ!ビビッドな「ブレードランナー 2049」新ビジュアル公開 - 09月20日(水)19:00 

SF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く続編「ブレードランナー 2049」の新ビジュアルが、公開された。前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに...
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」史上最もかわいいキャラ“ポーグ”にキャストも夢中! - 09月20日(水)12:00 

シリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に登場する新クリーチャーのポーグが、チューバッカとともにミレニアム・ファルコン号と思しき宇宙船の操縦室にいる姿を収めた場面写真が公開。メガホンを...
カテゴリー:

オナラでジェットスキー!? D・ラドクリフ主演『スイス・アーミー・マン』本編映像到着 - 09月20日(水)12:00 

 ダニエル・ラドクリフとポール・ダノが共演した映画『スイス・アーミー・マン』より、本編の冒頭映像が解禁された。映像は、ポール演じる遭難者が、ダニエル演じる死体から放たれるオナラを活用して、無人島からの脱出を試み、冒険へと繰り出す姿が描かれている。【関連】『スイス・アーミー・マン』フォトギャラリー 映像には、無人島から脱出することができず、途方に暮れる青年ハンク(ポール)の姿が映し出される。360度を大海原に囲まれた無人島で一人ぼっちのハンクだったが、ある日、浜辺に打ち上げられた人間を発見する。死体であることに落胆するハンクだが、この死体こそが、ハンクの運命を左右することになるメニー(ダニエル・ラドクリフ)だった。 ただの死体だと思って波打ち際に放っておいたところ、突如動き出すメニー。なんと、メニーの体の中に溜まっていたガスが、おしりから噴き出しているのだ。意を決したハンクは、歌を口ずさみながら近づき、腰にロープを回してメニーに“乗船”。太陽が優しく照らす中、驚愕のジェットスキー機能が炸裂したことにより、ハンクは自由になった。果たして、オナラによってどんどん勢いを増すメニーとハンクは、どこまで行ってしまうのか? 奇想天外な本作のメガホンを取ったダニエル・シャイナート、およびダニエル・クワン監督(通称:ダニエルズ)は、「僕たちはこの“オナラする死体”というアイデアにこだわって、人間が恥...more
カテゴリー:

もっと見る

「メガホン」の画像

もっと見る

「メガホン」の動画

Wikipedia

メガホン(英語:Megaphone)は、を拡声するために用いられる器具のことである。音響的に指向性と声の通りやすさを向上させるものと、電子回路で増幅するものがある。スポーツの応援、演説、抗議行動、集会などに用いられる。英語圏ではスピーキング・トランペット(英語:Speaking Trumpet)、ブルホーン(英語:Bullhorn)、またはラウド・ヘイラー(英語:Loud Hailer)の名称も用いられる。

音響的な動作をする物

19世紀後半、消防士が用いた銅製のスピーキング・トランペット。 スポーツの応援で用いられる樹脂製音響メガホン。3インチ(約7.6cm)の使い捨てライターとの比較 プラスチック製の円錐型の筒からできており、発声の際に細い側の開口部を口に当てて使用する。エネルギーの増幅は無いが、指向性が増強されることや共鳴の変化などによって特徴のある声になり、遠くへ伝わりやすくなる。

映画監督の象徴でもあり、「メガホンを握る(取る)」というと、映画制作の過程を監督するという意味で使われる。また、叩くことによって合図を送ったり、応援の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる