「メガホン」とは?

関連ニュース

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』感動の「バトルシーン」は監督のヴィジョンにあり:ボーナス映像 - 04月20日(金)11:00 

「スター・ウォーズ」シリーズの最新作にして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く、新たなる3部作の第2作目『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。「MovieNEX」がいよいよ4月25日(水)に発売となります。ガジェット通信では、発売日の25日(水)までカウントダウン! 厳選されたニュースを毎日公開いたします。本日は「バトルシーン」の魅力に迫るボーナス映像を解禁! 【動画】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ボーナス映像「バトルシーン」 https://www.youtube.com/watch?v=zgD8B_FgX0U 本作のバトルシーンの数々に「なぜか感動する」という感想をいだいた人は少なくないはず。その理由は、メガホンをとったライアン・ジョンソン監督の作品に対する明確なヴィジョンにあるのです。 たとえば、映画冒頭、いきなり始まるのが、撤退するレジスタンスと、彼らを追い詰めるファーストオーダーが対決する銀河空間での激しい攻防。ポー・ダメロンが操縦するXウィングをはじめ、さまざまなヴィークルが入り乱れる迫力の空中戦だが、その根底には、銀河の平和を願う反乱軍のあふれる正義心が描かれています。 「スター・ウォーズのバトルの魅力は、スペースシップだけでは生まれない。それに登場する人物こそが重要だ。彼らの行動や思いを描いて、初めて意味が生まれる。だから人物に迫るんだ」とジョンソン...more
カテゴリー:

牛尾刑事、原作登場30周年!プロデューサーが作品のウラ側を明かす - 04月20日(金)10:20 

片岡鶴太郎が、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直を演じている、日曜プライム『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』(テレビ朝日系)が、4月22日(日)21時から放送。今年は、森村誠一の原作に牛尾刑事が登場して30周年(※初出は1987年1月刊行の『駅』)ということもあり、この放送を控え、第1作から「終着駅シリーズ」の歴史を知る佐藤凉一プロデューサーが、裏話や制作者としての思いを語った。――今作の見どころを教えてくださいこの「終着駅シリーズ」は、事件に関わる人々の人生を掘り下げて描き、最後に牛尾が“救い”を渡す、というドラマ。本作もそれが非常に色濃く映し出された内容で、30周年の節目にふさわしい作品になっています。“鞄の取り違え”という、日常生活で起こりそうな出来事がきっかけとなって人生が大きく変貌していくストーリーで、鞄の中身が違えばまた違うドラマになったかもしれません。とにかく、市井に生きる登場人物たちをきちんと描いた面白いストーリーだと思います。 ――「終着駅シリーズ」が長く支持されてきた理由は?やはり“人間を描く”という、一貫した視点が受け入れられているのだと思います。橋本綾さんをはじめ、脚本家の皆さんの人間を捉える目は鋭く、僕らには想像もつかないストーリーを毎回、構築してくださいます。あとは、牛尾刑事のキャラクターですね! 牛尾はとても実直な刑事で、ほかに...more
カテゴリー:

『アウト&アウト』原作者自ら映画化 主演・遠藤憲一「きうち監督の美学を楽しんで」 - 04月20日(金)07:00 

 俳優の遠藤憲一が、今秋公開の映画『アウト&アウト』に主演していることが19日、わかった。原作は、『ビー・バップ・ハイスクール』で一世を風靡した漫画家である木内一裕氏の小説。監督として数々の犯罪映画を手がけてきた木内氏が、映画監督名義の“きうちかずひろ”として自ら映画化した。 【写真】顔にメイクも 衝撃コスプレを披露した遠藤憲一  小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能の元に、一本の依頼の電話が入る。指定された場所に向かうと依頼人はすでに拳銃で撃たれた死体となっていた。事件の容疑者にされかねない矢能は迅速に対応を始めるが、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく。  無愛想だが優しい元ヤクザの探偵・矢能役の遠藤は、「自分の癖で『監督、ここはこうやってみてもいいですか?』とアイディアを形にして見せることも多いのですが、今回は監督の中でイメージが明確にあったようで、途中からはすべて監督の言うとおりに演じました。語尾の変更も許されません」と、きうち監督のこだわりを明かす。ちゃんと演じきれているか不安もあったというが、試写を観て「何といっても登場人物全員が魅力的。監督の言う通りに演じて良かった!」と安心し、「皆さんもぜひ、きうち監督の美学を楽しんで下さい!」と呼びかけている。  同作が7本目の作品となるきうち監督は、「『原作者が自らメガホンを取った』などと言...more
カテゴリー:

遠藤憲一が小学生の少女とコンビを組む元ヤクザの探偵に 「アウト&アウト」今秋公開 - 04月20日(金)07:00 

遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説「アウト&アウト」が映画化されたことがわかった。木内氏が自らメガホンをとり、映画はすでに完成。今秋公開を予定している。原作小説は、「藁の盾」などで知られる木内氏...
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」シリーズ初の黒人女性監督誕生 - 04月20日(金)03:21 

ヴィクトリア・マホーニーが、黒人女性監督として初めて「スター・ウォーズ」シリーズでメガホンを執るようだ。マホーニーは同シリーズの「エピソード9」でメガホンを執る予定のJ・J・エイブラムスに請われ、第2班の監督を務めるそうで、撮影やスタント、インサート、編集などに携わることになる。
カテゴリー:

牛尾刑事、原作登場30周年!プロデューサーが作品のウラ側を明かす - 04月20日(金)10:21 

片岡鶴太郎が、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直を演じている、日曜プライム『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』(テレビ朝日系)が、4月22日(日)21時から放送。今年は、森村誠一の原作に牛尾刑事が登場して30周年(※初出は1987年1月刊行の『駅』)ということもあり、この放送を控え、第1作から「終着駅シリーズ」の歴史を知る佐藤凉一プロデューサーが、裏話や制作者としての思いを語った。――今作の見どころを教えてくださいこの「終着駅シリーズ」は、事件に関わる人々の人生を掘り下げて描き、最後に牛尾が“救い”を渡す、というドラマ。本作もそれが非常に色濃く映し出された内容で、30周年の節目にふさわしい作品になっています。“鞄の取り違え”という、日常生活で起こりそうな出来事がきっかけとなって人生が大きく変貌していくストーリーで、鞄の中身が違えばまた違うドラマになったかもしれません。とにかく,市井に生きる登場人物たちをきちんと描いた面白いストーリーだと思います。 ――「終着駅シリーズ」が長く支持されてきた理由は?やはり“人間を描く”という、一貫した視点が受け入れられているのだと思います。橋本綾さんをはじめ、脚本家の皆さんの人間を捉える目は鋭く、僕らには想像もつかないストーリーを毎回、構築してくださいます。あとは、牛尾刑事のキャラクターですね! 牛尾はとても実直な刑事で、ほかに...more
カテゴリー:

片岡鶴太郎、約22年間演じた牛尾刑事は「たぶんヨガをやっているんじゃないかな(笑)」 - 04月20日(金)08:00 

4月22日(日)夜9時から放送される「森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄」(テレビ朝日系)で主演を務める片岡鶴太郎が、約22年間演じている牛尾刑事を語った。 【写真を見る】片岡鶴太郎が“終着駅の牛尾刑事”への思いを語る/(C)テレビ朝日 同作の主人公、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと、牛尾正直が森村誠一の原作に初めて登場したのは1987年1月刊行の「駅」で、2018年は“牛尾刑事誕生30周年”となる。 シリーズ5作目、1996年から約22年にわたって牛尾刑事を演じ続けている片岡が、役柄への思いを語った。 「彼は名前の通り、“正直”な人。常に事件の謎について考えていて、ストイックでもある…。まるでヨガをやっている私のようです。 たぶん牛尾刑事もヨガをやっているんじゃないかな(笑)」とジョークを交えながら、「僕は22年間、ずっと牛尾刑事の生き様に感銘を受け、彼を敬服している。“彼のような人間でありたい”という思いから役に入っていきます」と、常に牛尾刑事へのリスペクトを胸に作品に携わってきたことを明かした。 片岡は「ありふれた日常の中で起きたちょっとした出来事から歯車が乱れ、大きな事件につながっていく…そんな人間の持つ儚さ、もろさを描いた物語が長期にわたって支持されてきた理由だと思います」とシリーズの魅力を分析。 「『殺意を運ぶ鞄』も、まさに日常に潜むもろさを描いた作品。い...more
カテゴリー:

遠藤憲一が小学生の少女とコンビを組む元ヤクザの探偵に 「アウト&アウト」今秋公開 - 04月20日(金)07:00 

 遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説「アウト&アウト」が映画化されたことがわかった。木内氏が自らメガホンをとり、映画はすでに完成。今秋公開を予定している。  原作小説は、「藁の盾」などで知られる木内氏が手がけたクライムエンタテインメント。小学2年生の少女、栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能のもとに、一本の依頼の電話が入り、矢能は指定された場所に向かう。しかし、依頼人はすでに拳銃で撃たれて死体となっており、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく。「きうちかずひろ」名義で映画監督の顔も持つ木内氏が自らメガホンをとり、遠藤が主人公・矢能を男の色気たっぷりに演じた。元ヤクザの探偵と血のつながらない小学生の少女という異色のコンビが織り成す、思わずクスリとしてしまうほほえましい掛け合いなども注目で、バディムービーとして楽しめる一作になっているという。  普段は自分からアイデアを提案してみせることも多いという遠藤だが、今回の撮影については「監督の中でイメージが明確にあったようで、途中からはすべて監督の言うとおりに演じました。語尾の変更も許されません」と述懐。それだけに「ちゃんと演じきれているのかだんだん不安になったこともあります」という。しかし、完成した映画を見て「何といっても登場人物全員が魅力的。監督の言う通りに演じて良かった! 皆さんも是非、きうち監督の美学を楽しんで下さい!...more
カテゴリー:

ヘタレ男子中川大志が初彼女獲得に奮闘!「覚悟はいいかそこの女子。」映画化決定 - 04月20日(金)06:00 

 椎葉ナナ氏による漫画「覚悟はいいかそこの女子。」が、中川大志の主演で実写映画化されることが決定した。若手イケメン俳優として人気の中川は、恋愛経験ゼロの“超絶ヘタレ男子”という、異色の役どころに挑戦。「片腕マシンガール」などで知られる鬼才・井口昇監督がメガホンをとり、10月12日から公開される。  原作漫画「覚悟はいいかそこの女子。」は、女性に囲まれて育った“愛されイケメン”古谷斗和(ふるや・とわ)が主人公。女性からチヤホヤされている斗和は、自分はモテると思っていたが、実は交際経験ゼロで、同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ」と指摘される。悔しさのあまり「彼女作ります宣言」をすると、早速、学年一番人気の女子・三輪美苑(みわ・みその)に告白するも、あえなく撃沈。それでもめげずにアプローチを続けるなかで、斗和は美苑の優しさを知り、本気の恋に落ちていく。  「ヘタレな役柄は前から演じてみたかった」という中川。斗和を演じるうえで「まっすぐさ、ピュアさ、ヘタレさが良い塩梅で出せるように意識しました」と明かし、「斗和をどこまで崩して良いものなのか、そこのさじ加減が難しかったです」と役作りを振り返る。さらに「僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです」と、自身もヘタレ男子であることを告白。また自身の恋愛観を「一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めな...more
カテゴリー:

18人の美女がパフォーマンス!ホークス戦を彩るダンスチームハニーズに注目! - 04月19日(木)21:30 

3月30日に2018年シーズンの開幕戦を迎えた福岡ソフトバンクホークス。ホークスオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」が、今年も華やかなパフォーマンスで試合を盛り上げる! 【写真特集】美女ぞろい!ホークス公式ダンスチーム“ハニーズ”メンバー18人全員の写真を公開! ■ ホークスの新シーズンが開幕! 今シーズンのスローガンは「もう1頂!」。昨年見事に日本一となったホークスが目指すのは二連覇だ。昨シーズンのパリーグ最多勝利投手・東浜巨を筆頭に、今年からエースナンバー・18を背負う武田、昨年最多セーブ記録を更新したデニス・サファテなどの投手陣は今年も健在。また、柳田や内川、今宮、松田など球界屈指の打者もそろい、連覇へ向けて今年も活躍を期待せずにはいられない。 開幕戦を白星でスタートしたホークスは、4月に入ると1日(日)の試合で今季初めての二桁得点で勝利したが、その後6連敗と立ち上がりに苦戦。しかし、それ以降、デスパイネや今宮の今季初HRが飛び出すなど、自慢の打線が調子をあげてきた。ぜひ、本拠地・福岡 ヤフオク!ドームへ足を運び、ホークス勝利の後押しをしよう! ■ ドームを盛り上げるダンスチーム「ハニーズ」に注目! ハニーズとは、ホーム戦でのダンスパフォーマンスで観客と一緒にチームを応援したり、地域のイベントやTV出演をしたりと、様々な場所で活動する、ホークス公式のダンスチー...more
カテゴリー:

もっと見る

「メガホン」の画像

もっと見る

「メガホン」の動画

Wikipedia

メガホン(英語:Megaphone)は、を拡声するために用いられる器具のことである。音響的に指向性と声の通りやすさを向上させるものと、電子回路で増幅するものがある。スポーツの応援、演説、抗議行動、集会などに用いられる。英語圏ではスピーキング・トランペット(英語:Speaking Trumpet)、ブルホーン(英語:Bullhorn)、またはラウド・ヘイラー(英語:Loud Hailer)の名称も用いられる。

音響的な動作をする物

19世紀後半、消防士が用いた銅製のスピーキング・トランペット。 スポーツの応援で用いられる樹脂製音響メガホン。3インチ(約7.6cm)の使い捨てライターとの比較 プラスチック製の円錐型の筒からできており、発声の際に細い側の開口部を口に当てて使用する。エネルギーの増幅は無いが、指向性が増強されることや共鳴の変化などによって特徴のある声になり、遠くへ伝わりやすくなる。

映画監督の象徴でもあり、「メガホンを握る(取る)」というと、映画制作の過程を監督するという意味で使われる。また、叩くことによって合図を送ったり、応援の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる