「メガホン」とは?

関連ニュース

手塚監督「感無量」33年前の作品セルフオマージュ - 01月20日(土)18:37 

 手塚真監督(56)が20日、都内で、映画「星くず兄弟の新たな伝説」の初日舞台あいさつを行った。  85年に、当時23歳だった手塚監督がメガホンをとった映画「星くず兄弟の伝説」のセルフオマージュ作品。同作は、ミュージシャン「スターダスト…
カテゴリー:

桜田ひより「咲」メンバーとの再会に期待! 浜辺美波は3年目の夏に意欲十分 - 01月20日(土)17:30 

 人気麻雀漫画「咲 Saki」の“阿知賀編”を実写映画化した「咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A」が1月20日、全国40館で封切られ、主演の桜田ひよりのほか、共演の伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子、浜辺美波、志田友美、日比美思、RaMu、岩田華怜、メガホンをとった小沼雄一監督が東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  物語は麻雀の競技人口が1億人を超え、メジャースポーツとなった世界が舞台。浜辺主演の実写第1弾に続く今作は、奈良県代表「阿知賀女子学院」麻雀部の大将を務める高鴨穏乃(桜田)が、親友だったネット最強雀士“のどっち”こと原村和(浅川梨奈)と再戦するため、仲間を集め全国大会に臨む。映画初主演を果たした桜田は、MCの川口智美からお気に入りのキャラを問われると「灼ちゃんが大好きです!」とニッコリ。「励ましや困っていることを“声”だけで伝えてくれる部分が本当に好き」と理由を明かすと、同キャラを演じた中山は「準決勝に向かう穏乃の真剣な表情に心を打たれました。大好きのお返しです!」と切り返していた。  第1作のヒロイン・宮永咲に続き、姉の照を演じた浜辺は「咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A」での舞台挨拶は、この日が初参加。高校1年生で前作、高校2年生...more
カテゴリー:

吉田大八監督、脚本家・香川まさひと氏との出会いは衝撃的「天才、かなわない」 - 01月20日(土)05:00 

錦戸亮主演映画「羊の木」のメガホンをとった吉田大八監督が1月19日、Apple銀座で行われた無料学習イベント「Today at Apple」のプログラム「Perspectives」に出席。脚本を...
カテゴリー:

『スノーピアサー』ドラマ版、シリーズ化が決定 ジェニファー・コネリー出演 - 01月19日(金)19:30 

 ディストピアSF『スノーピアサー』のドラマ版がシリーズ化されることが決定した。オスカー女優のジェニファー・コネリーらが出演する。【写真】映画『スノーピアサー』フォトギャラリー フランスのグラフィックノベルをベースに、2013年にクリス・エヴァンスやソン・ガンホが出演し、ポン・ジュノ監督よって映画化された本作。2016年11月には米TNT局でパイロット版の制作が決まったと伝えられたが、ついにテレビシリーズ化が正式決定した。 TV Lineによると、シリーズは10話構成になるという。TNT局のオリジナル・プログラミング副社長サラ・オーブリーは、「私はポン・ジュノ監督のこの作品の個人的なファンです。彼のビジョンを尊重しつつ、受賞歴のある多様なキャストと共に、そのキャラクターと世界を広げていくチャンスに飛びつきました」とコメント。同シリーズを通じて人種や階級、性別や天然資源などが関わる問題を掘り下げつつ、アクション満載のワイルドなストーリーを伝えていきたいと、シリーズに対する熱意を表したという。 テレビシリーズは、世界が氷河に覆われた不毛の地に変わり果ててから7年後が舞台。世界中を走り続ける巨大な列車の中で生活する生存者の姿を描く。パイロット版の脚本は海外ドラマ『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』シリーズのジョシュ・フリードマンが執筆し、映画『ドクター・ストレンジ』のスコット・...more
カテゴリー:

ウィル・スミス&ノオミ・ラパスが熱演!「ブライト」ド派手アクション映像集 - 01月19日(金)16:10 

 ウィル・スミスとジョエル・エドガートンが共演し、続編製作も決定したNetflixオリジナル映画「ブライト」(配信中)の特別映像が、公開された。アクションシーンの舞台裏を収めている。 ・「ブライト」特別映像はこちら!  多様な種族が共存している架空の米ロサンゼルスを舞台にしたアクション大作。人間のウォード(スミス)と、差別を受けているオークのジャコビー(エドガートン)のコンビが、世界の秩序を崩壊しかねない魔法のつえ(マジック・ワンド)に出合ったことで、壮絶な死闘に巻き込まれていくさまを描く。「スーサイド・スクワッド」でもスミスと組んだデビッド・エアー監督がメガホンをとり、「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」のマックス・ランディスが製作総指揮・脚本を務めたほか、「プロメテウス」や「セブン・シスターズ」などで知られるノオミ・ラパスが、ウォードとジャコビーの前に立ちはだかる邪悪なエルフに扮する。  Netflix史上最大規模ともいわれる製作費を投入した本作では、ド派手なスペクタクルシーンが多数登場。映像では、夜間の銃撃戦や、ガソリンスタンドが炎に包まれる見せ場のシーンの撮影風景を収録。自ら体を張って危険なアクションに挑戦したスミスは、「デビッド(・エアー)監督は、すべてにリアルを要求してくる」と語っている。  「最後は(ガソリンスタンドを)木っ端みじんに吹き飛ばした」と笑みを...more
カテゴリー:

山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』BD&DVD発売! 豪華版には未公開シーンを初収録 - 01月20日(土)18:00 

 山崎賢人がコメディ映画初主演を果たし、新境地を開拓した映画『斉木楠雄のΨ難』のブルーレイ&DVDが5月2日に発売されることがわかった。豪華版には、メイキング&インタビュー、泣く泣くカットされてしまった爆笑シーンやNGシーンなど、ここでしか見られない貴重な映像を初収録している。【写真】『斉木楠雄のΨ難』初日舞台挨拶の様子 本作は、累計発行部数500万部を超える人気コミックを原作とした、コメディ映画。生まれながらにとんでもない超能力を与えられた高校生・斉木楠雄(山崎)が、毎年恒例の一大イベント、文化祭で降りかかる災難を乗り越えていく姿を笑いたっぷりに描く。メガホンを取るのは、『銀魂』「勇者ヨシヒコ」シリーズの監督・福田雄一。監督自ら映画化を熱望し、熱烈オファーで山崎を口説き落とした。 また、橋本環奈、吉沢亮、賀来賢人ら旬なキャストから新井浩文、笠原秀幸、田辺誠一、内田有紀、ムロツヨシ、佐藤二朗といった豪華キャスト陣が、一筋縄ではいかないアクの強いキャラクターを演じるのも見どころ。その圧倒的な再現度は、撮影現場を訪れた原作者・麻生周一をも唸らせたという。 豪華版は、本編ブルーレイと本編DVDに、映像特典満載の特典ディスク(DVD)がついた3枚セット。さらに、初回生産限定特典として、ここでしか手に入らない特製“おっふ”ステッカーが封入されている。 映画『斉木楠雄のΨ難』豪華版ブルーレイ&...more
カテゴリー:

ハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」に渡辺謙が出演決定 - 01月20日(土)09:49 

探偵ヨシダを演じる ロブ・レターマンがメガホンを取るポケモン映画で探偵のヨシダを演じる。
カテゴリー:

吉田大八監督、脚本家・香川まさひと氏との出会いは衝撃的「天才、かなわない」 - 01月20日(土)05:00 

 錦戸亮主演映画「羊の木」のメガホンをとった吉田大八監督が1月19日、Apple銀座で行われた無料学習イベント「Today at Apple」のプログラム「Perspectives」に出席。脚本を務めた香川まさひと氏と対談した。  映画は、第18回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した山上たつひこ原作・いがらしみきお作画による同名漫画を原作に、大胆なアレンジを施したもの。港町・魚深で市役所職員として働く月末一(錦戸)は、過疎問題解決のため仮釈放中の受刑者を移住させる“国家の極秘プロジェクト”でやってきた元殺人犯の男女6人の受け入れを担当する。元受刑者たちは町に溶け込んで生活を始めるが、港で身元不明の変死体が発見され、静かな町に波紋が広がっていく。  「クヒオ大佐」(2009)に続き、今作が2度目のタッグとなった吉田監督と香川氏。吉田監督は、香川氏との出会いを大学1年生のときに香川氏がPFF(ぴあフィルムフェスティバル)に出品した短編作品「青春」を見たことと言い、「こういう天才がいるんだな、かなわないな」と衝撃を受けたと明かした。この日は、その「青春」が上映され、吉田監督は「質感は変わらない。30何年というのは結構でかくて、(当時は)シュールな笑いという言葉自体がなくて、ベタなものしかない。こういう笑いって本当に見たことがなかった」とほほをほころばせた。  また、映画化を見据えて...more
カテゴリー:

世界で最も美しい男女の濃密ラブシーン…「ルイの9番目の人生」禁断の本編映像公開 - 01月19日(金)17:00 

 リズ・ジェンセン氏のベストセラー小説を原作に、生まれてから9年間で9度も死にかけた少年を描く心理サスペンス「ルイの9番目の人生」の本編映像が、公開された。米映画サイト「TC Candler」による「世界でもっとも美しい顔100人」の常連女優サラ・ガドンと、2014年に同サイトの「世界で最もハンサムな顔100人」で第1位に輝いたジェイミー・ドーナンのラブシーンを切り取っている。 ・「ルイの9番目の人生」本編映像はこちら!  2008年に死去した「イングリッシュ・ペイシェント」のオスカー監督アンソニー・ミンゲラが映画化を熱望し、遺志を継いだ息子で俳優のマックス・ミンゲラが製作と脚本を務めたサスペンス。デビッド・クローネンバーグ監督作品に多数出演するガドンが主人公ルイ(エイダン・ロングワース)の母親ナタリー、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズのドーナンが、事故でこん睡状態に陥ったルイを目覚めさせようとする医師パスカルを演じるほか、「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポールがルイの父親に扮する。  映像では、ルイの看病のため病院に泊まっていたナタリーを、パスカルが訪れるシーンが描かれている。バスタオル1枚のナタリーの姿に心を奪われるパスカルの姿や、「誰にでもキスを?」とパスカルを問いただすナタリーの姿が映し出され、2人のただならぬ関係を予感させる。「男では散々な目に」と...more
カテゴリー:

魅惑的な美少女の正体は?文豪・谷崎潤一郎原案「悪魔」予告&ポスター公開 - 01月19日(金)13:30 

 近代日本文学を代表する文豪・谷崎潤一郎の短編小説を原案にした映画「悪魔」の、予告編が完成。あわせて、人間の二面性を表現したポスター画像もお披露目された。「天使にも似た悪魔ほど人を惑わすものはない」というコピーが添えられ、メインキャストである4人の“表の顔”を切り取っている。 ・【動画】「悪魔」予告編  映画は、谷崎の短編を3人の映画監督が現代劇として映像化するシリーズ「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」の1作。「光と血」「オー!ファーザー」の藤井道人監督がメガホンをとった。  大学入学のために上京した佐伯は、閑静な住宅街にある林邸の下宿することになる。そこには大家の千枝、その娘で高校生ながら不思議な色気と魅力を持つ美少女・照子、照子を偏愛する林家の親戚・鈴木が住んでいた。照子は、酒におぼれて大学にもなじめず、幻覚に苦しむ佐伯の部屋を頻繁に訪れ、心を惑わせる。そんな林邸に住む3人に、佐伯の大学の同級生・あゆみが加わり、複雑な四角関係を展開する。佐伯役を吉村界人、照子役を大野いと、鈴木役を前田公輝、あゆみ役を遠藤新菜が演じる。  予告編は、上京してきたバスのなかで幻覚に怯え、鼻血を垂らす佐伯の姿から始まる。照子に誘惑するように近づかれ、迷惑がりながらも心を惑わされていく佐伯。鈴木の「照ちゃんは危ない女なんだよ。男を手のひらで転がして飽きたらすぐ捨てる。悪魔だよ...more
カテゴリー:

もっと見る

「メガホン」の画像

もっと見る

「メガホン」の動画

Wikipedia

メガホン(英語:Megaphone)は、を拡声するために用いられる器具のことである。音響的に指向性と声の通りやすさを向上させるものと、電子回路で増幅するものがある。スポーツの応援、演説、抗議行動、集会などに用いられる。英語圏ではスピーキング・トランペット(英語:Speaking Trumpet)、ブルホーン(英語:Bullhorn)、またはラウド・ヘイラー(英語:Loud Hailer)の名称も用いられる。

音響的な動作をする物

19世紀後半、消防士が用いた銅製のスピーキング・トランペット。 スポーツの応援で用いられる樹脂製音響メガホン。3インチ(約7.6cm)の使い捨てライターとの比較 プラスチック製の円錐型の筒からできており、発声の際に細い側の開口部を口に当てて使用する。エネルギーの増幅は無いが、指向性が増強されることや共鳴の変化などによって特徴のある声になり、遠くへ伝わりやすくなる。

映画監督の象徴でもあり、「メガホンを握る(取る)」というと、映画制作の過程を監督するという意味で使われる。また、叩くことによって合図を送ったり、応援の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる