「メカニズム」とは?

関連ニュース

肌が白いだけじゃない? アルビノの人が持つ知られざるハンデとは - 02月19日(月)20:00 

体の色素が十分に作られず、透きとおるような白い肌を持つ「アルビノ」。 あまりよく知られていませんが、海外においてはアルビノが神聖化され畏怖の対象になり、たとえば白い蛇がご神体として扱われることもあるといいます。 また、アフリカではアルビノの体の一部が呪術に使用されたり、縁起物として扱われることがあるため、襲われたり、墓が荒らされるといった恐ろしい事件が起きているようです。 このように特殊な存在として語られるアルビノですが、偏見や差別につながることがないように、医師の解説をもとに理解を深めていきましょう。 皮膚の色素が少なくなるメカニズム 皮膚には表皮と真皮の間にメラノサイトという細胞があります。メラノサイトは紫外線や様々なホルモンに反応してメラニンという黒い色素を作ります。 作られたメラニンは周囲の細胞に取り込まれ、紫外線から細胞を守る帽子のように使われています。 白色人種でも黒色人種でもメラノサイトの細胞数は変わりませんが、メラニンの粒の大きさが違うため、肌の色が違って見えるといわれています。 皮膚の色が薄くなる「色素脱失症」 皮膚の色が異常な状態のうち、色が薄くなる場合を色素脱失症といい、そのメカニズムは大きく分けて3つ考えられます。 ・メラノサイトの数が減る ・メラノサイトの数はあるが...more
カテゴリー:

実機で確認! エアバスA350-1000に見る最新旅客機のメカニズム(1) - 02月19日(月)11:35 

2018年2月14日、羽田空港内のJALメンテナンスセンターで、エアバスA350-1000の飛行試験2号機(MSN065、登録記号F-WLXV)が報道公開された。同機を取材する機会が得られたので、A350-1000のディテールを、主に技術的・メカニズム的な観点から見ていこう。
カテゴリー:

【経済】日本の公共交通機関(特に鉄道)は高過ぎる 東京-大阪間の距離がフランスでは10分の1 移動する自由が無くなると経済は停滞★2 - 02月17日(土)14:15  newsplus

自分の行きたいところに行き、住みたいところに住む。先進国の住人にとっては当たり前と思われていたことが、日本では徐々に困難となりつつある。 経済の基礎体力に比べて、一部の公共交通機関のコストが高すぎ、移動が難しくなっているのだ。日本は「移動貧困」の状態に陥りつつある。 〈中略〉 実際のところ日本と諸外国で移動コストはどのくらい違うのだろうか。例えば東京から大阪、あるいは東京から福岡に移動するケースを基準に考えてみよう。 東京-大阪間の新幹線料金はのぞみの指定席の場合、約1万5000円である。東京と...
»続きを読む
カテゴリー:

旨味が倍増。職人さんも知らないイカの刺身が美味しくなる切り方 - 02月16日(金)16:04 

イカ料理の一番人気といえば何と言ってもお刺身。そんなお刺身の旨味が倍増する「包丁の入れ方」をご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『独身男性が自分で作る簡単! 腹いっぱい! ガッツリレシピ』では著者でプロの料理人・gatugatu佐藤さんが、職人さんですら知らないという「イカの刺身が美味しくなる切り方」を伝授してくださっています。 三種の味で食す! するめイカの刺身 佐藤です。和食の職人でも知らない最高に美味しくなる、「『イカの刺身』の切り方」を伝授します! この切り方をとり入れるだけでイカの「旨み」が倍増します。どんな種類のイカでも使用可能な切り方です。 「俺は、有名な○○おやっさんの下で学んだ職人だ!」とかほざいているクソ調理師に限って、美味しくなる「イカの切り方」を知りません。「この方法が一番や!」とカッコばかりにこだわり食べる人のことは考えません。斬新な方法など見向きもしません。だから、ほんとに美味しい食べ方を知らないのです。 あなたは、職人も知らないその「切り方」の知識を得るだけで、知人に自慢できます。「へェー、そんなんだ!」って納得されます。何より、その切り方を熟知すればあなた自身が旨いイカの刺身を食えます。 その「美味しくなる切り方」とは、ズバリ! 「縦切りにする」 です。まな板にイカを真っ直ぐ縦向きに置いたら、そのまま「縦方向」に切るってことです。一般的に知られている...more
カテゴリー:

【経済】日本の公共交通機関(特に鉄道)は高すぎだった 東京-大阪間がフランスでは10分の1 移動する自由が無くなると経済は停滞 - 02月15日(木)21:06  newsplus

自分の行きたいところに行き、住みたいところに住む。先進国の住人にとっては当たり前と思われていたことが、日本では徐々に困難となりつつある。 経済の基礎体力に比べて、一部の公共交通機関のコストが高すぎ、移動が難しくなっているのだ。日本は「移動貧困」の状態に陥りつつある。 〈中略〉 実際のところ日本と諸外国で移動コストはどのくらい違うのだろうか。例えば東京から大阪、あるいは東京から福岡に移動するケースを基準に考えてみよう。 東京-大阪間の新幹線料金はのぞみの指定席の場合、約1万5000円である。東京...
»続きを読む
カテゴリー:

【医学】年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果[02/19] - 02月19日(月)14:56  scienceplus

発ガンは、 ガン抑制遺伝子の対立遺伝子の両方が変異や欠損によって機能を失うことで起こるとする 「2ヒット仮説」は、1971年にアルフレッド・ジョージ・クヌードソンJrが提唱してから2018年現在まで、 発ガンにおける支配的なアイデアとして存在しました。 しかし、新しい研究では、対立遺伝子ではなく、ガンを抑制する免疫系の役割が着目されています。 As we age, cancer rates go up as immune system winds down | Ars Technica https://arstechnica.com/science/2018/02/as-we-age-cancer-rates-go-up-as-immune-system-win...
»続きを読む
カテゴリー:

免疫を題材にしたアートを五感で体験できる前代未聞の展覧会「君と免疫。展」 - 02月19日(月)09:45 

「君と免疫。展」 株式会社明治は「免疫」のメカニズムを楽しく学ぶ免疫力啓発プロジェクト「Do Wonders(ドゥー・ワンダーズ)」を開始した(http://www.meiji.co.jp/do-wonders/)。その第1弾の取り組みとして、2018年2月24日(土)と2月25日(日)の2日間にわたり、表参道のSO-CAL LINK GALLERYで「君と免疫。展」を開催する。「君と免疫を、アートでつなぐ」をコンセプトにした体験型アート展。5組のアーティストとコラボレーションし、五感で楽しむアートとして「免疫」が再構築されている。 本展では、イラストレーターの石井正信氏による「幻想免疫図鑑」、音楽作家の清川進也氏による「スパイラリズム」、バルーンアーティストユニットのDAISY BALLOONによる「bridge」、映像作家の勅使河原一雅氏による「混沌の王国」、建築家の吉田愛氏による「無意識と意識が介在する庭」を展示。いずれの作品でも、難しく感じられがちな「免疫」の世界が、独自の解釈と世界観でアートとして表現されている。 入場無料で、開催時間は2月24日(土)が10:00~19:00、2月25日(日)が10:00~17:00。なお、本展では小さな子どもと一緒でも気兼ねすることなく作品を楽しめるように「優先親子鑑賞会」の時間が用意された。両日ともに10:00~12:00には、親子連...more
カテゴリー:

運動不足の親子で初めての骨盤枕に挑戦! 寝るだけで簡単にできて効果も実感! - 02月16日(金)18:00 

「おなかが出たままで、なかなかへこまない」、「最近やせづらい...」と悩んでいる人はいませんか?もしかしたら、その原因は骨盤が開いているからかもしれません。 ■やせない原因は骨盤のゆがみかも 骨盤がゆがんでいると、なぜやせられないのか、そのメカニズムについて、この本の監修の福辻鋭記先生の理論はこうです。骨盤は生理周期や1日の中でも朝は閉じて、夜は開くなど、開閉をくり返しています。そのため、日中の生活で骨盤がゆがんでも、夜寝ている間に自然と矯正されるのです。しかし、日常生活のゆがみグセが長く続くと骨盤の回復力が弱まり、骨盤が開いたままで閉じにくくなってしまいます。さらに、悪い姿勢が骨盤の開きを助長することも…。姿勢が崩れ、骨格がゆがみ、骨盤がどんどん広がることにもつながってしまいます。骨盤や肋骨などの骨格が横に広がると、骨格に沿ってぜい肉がつくので、横広がりの太ったボディラインに。さらに、骨盤や肋骨が開くことによって、その中に収まっていた内臓の位置も下がります。すると内臓が衰え、代謝が下がって、脂肪も燃えにくくなるのです。そんな太る原因にもなる“開き骨盤”を閉める方法が、今回チャレンジしてみた骨盤枕の上に寝るだけの「骨盤枕ダイエット」。この骨盤枕ダイエットは、1回5分までと短時間で...more
カテゴリー:

【経済】日本の公共交通機関(特に鉄道)は高すぎだった 東京-大阪間がフランスでは10分の1 移動する自由が無くなると経済は停滞★2 - 02月16日(金)01:20  newsplus

自分の行きたいところに行き、住みたいところに住む。先進国の住人にとっては当たり前と思われていたことが、日本では徐々に困難となりつつある。 経済の基礎体力に比べて、一部の公共交通機関のコストが高すぎ、移動が難しくなっているのだ。日本は「移動貧困」の状態に陥りつつある。 〈中略〉 実際のところ日本と諸外国で移動コストはどのくらい違うのだろうか。例えば東京から大阪、あるいは東京から福岡に移動するケースを基準に考えてみよう。 東京-大阪間の新幹線料金はのぞみの指定席の場合、約1万5000円である。東京と...
»続きを読む
カテゴリー:

【宇宙】アンドロメダ銀河、地球より後の30億年前に形成か 研究 - 02月15日(木)19:23  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3162500?cx_position=49 2018年2月15日 10:20 発信地:パリ/フランス 【2月15日 AFP】地球がある天の川銀河(銀河系、Milky Way)の隣に位置するアンドロメダ(Andromeda)銀河(M31)は、「最近」に起きた2つのより小規模な恒星系間の巨大衝突で形成されたとする研究結果が14日、発表された。論文によると、衝突が起きたのは18億~30億年前で、この時すでに地球は存在していたという。  アンドロメダ銀河の形成時期の推定は、同銀河を構成するさまざまな恒星の年齢差が非常に大きいことから、天...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「メカニズム」の画像

もっと見る

「メカニズム」の動画

Wikipedia

メカニズム()は、英語で「機械装置」、「機構」、「仕組み」等を意味する外来語である広辞苑(第6版)、2759頁。。具体的には以下の用法がある。

一般的な日本語としてのメカニズム

一般的な日本語において、メカニズムには次の2つの用法があるメカニズム mechanism(コトバンク)2016年5月26日閲覧。。

専門用語としてのメカニズム

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる