「ムリア」とは?

関連ニュース

香港エクスプレス航空、2人の予約で1人が無料 日本線など各路線で - 06月26日(月)23:09 

香港エクスプレス航空は、6月27日午前1時から30日午前1時(日本時間)まで、日本線を含む各路線を対象に、2名以上の偶数人での予約で1人が無料となるとなるキャンペーンを開催している。 対象路線は、東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・高松・福岡・名古屋/中部・広島・鹿児島・石垣・釜山・ソウル/仁川・済州・台中・花蓮・チェンマイ・チェンライ・プーケット・ダナン・ニャチャン・シェムリアップ・サイパン〜香港線。いずれも諸税は別途必要。 搭乗期間は8月28日から2018年4月30日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は全路線で137,000席以上となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

World Life Style~わたしの国の住まい事情~ ヤシの木揺れる庭とプールのリゾート感。 アンコール・ワット近くの一軒家で優雅に暮らすファミリー。 - 06月23日(金)06:00 

海外の家や暮らしをレポートする「World Life Style」。第31回目は、世界遺産アンコール・ワットを擁する、カンボジアのシェムリアップから。クメール様式を多く取り入れた家で、ゆったりと暮らすジャンクロース一家をご紹介。ヤシの木が生える緑多い庭、白壁に木目装飾の落ち着きのあるお宅はとても魅力的。子供の誕生日には、プールサイドでBBQを楽しむなど、「日々リゾート」な生活を送っている。クメール様式の内装を取り入れた、クメール・西洋折衷のお宅ジャンクロース家の暮らす家は、アンコール・ワットで有名な観光地のシェムリアップにある。在住の外国人も国籍問わず多く、街中にはお洒落なカフェなども建ち並ぶところだ。ジャンクロース家はクメール人のリァッカナーさんとフランス人のご主人ベンティットさん、娘のマイヤー、息子のアレックスの4人家族だ。2匹の大型犬(ヴァニーとクッキー)も飼っており、広い庭を自由に走り回っている。「クメール様式」とは、アンコール・ワットを建立したクメール王朝の時代に、ヒンドゥー教と仏教の様式が融合して生み出された、文化や美術の様式だ。もともとは石造りの塔型建物の建築や、砂岩に彫られたレリーフ(彫刻)などが特徴だったが、生活スタイルの変化に伴い、昨今は天然木仕様の内装やインテリアなどに用いられることが多い。落ち着いた茶色を基調とした内装とデコレーション「広い庭に白い建物が青空...more
カテゴリー:

「燐光のレムリア」で「シオン(ブライド)」などを収録した「甘菓箱」が発売 - 06月16日(金)20:30 

燐光のレムリア〜Lemuriaofphosphorescent〜配信元USERJOYJAPAN配信日2017/06/16<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>燐光のレムリア〜Lemur…
カテゴリー:

「燐光のレムリア」,「魔星箱」販売開始。一部のストライカーに「スキル昇華」機能を実装 - 06月23日(金)17:16 

燐光のレムリア〜Lemuriaofphosphorescent〜配信元USERJOYJAPAN配信日2017/06/23<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>燐光のレムリア〜Lemur…
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、往復予約で復路が10円 23日まで - 06月20日(火)19:43 

香港エクスプレス航空は、6月20日午前1時から23日午前1時(日本時間)まで、日本線を含む各路線を対象に、往復予約で復路が10円となるセールを開催する。 東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・高松・福岡・名古屋/中部・広島・鹿児島・石垣・釜山・ソウル/仁川・済州・台中・花蓮・チェンマイ・チェンライ・プーケット・ダナン・ニャチャン・シェムリアップ・サイパンと香港を結ぶ路線が対象。10円となるのは運賃部分のみで、燃油サーチャージ、諸税や空港使用料などは別途必要。香港発の往復旅程では片道が無料となっている。 搭乗期間は8月28日から2018年4月30日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は138,000席以上となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

本田圭佑「まわりがなんと言おうと、最後は俺が決断する」 - 06月13日(火)19:56 

来季のEL出場権獲得を決定づけるゴールを置き土産に、ミランからの退団を発表した本田圭佑。 その本田が、シーズンオフやブレイク期間を利用して世界各国を強行スケジュールで飛び回るビジネスツアーに密着する、本田の有料メルマガ「本田圭佑『CHANGE THE WORLD by KSK』」の人気コーナー、「密着“本田圭佑ビジネスツアー”」。 前回のカンボジア篇に続き、今回もいままで明かされることがなかったツアーの様子やビジネスマン本田圭佑の姿を、本人の名言とともにご紹介します。 2016年初夏、カンボジアの首都プノンペンに到着した本田は、そこで何を「決断」したのでしょうか? 密着“本田圭佑ビジネスツアー” in カンボジア Vol.2 驚くほどの「国賓待遇」で迎えられた本田はプノンペンに到着した夜、招待を受けた石焼ステーキの店で乾杯の音頭を取りました。現地のサッカー協会の重鎮やンボジア財界の有力者が本田の目の前に陣取る中、サッカー界とは関係ないビジネスマンもいたからなのか、まずはこれまで歩んできたキャリアの話になったようです。   「大阪で生まれ、日本では3年間プレーし、オランダのフェンロというクラブで2年間プレーした。次にロシアで4年(ここがちょっと長かったね、という感じで苦笑い)。そして今、ACミランで2年半が経った」   「すごい」と声があがると、本田はさらりとこう言いました。   「...more
カテゴリー:

「ムリア」の画像

もっと見る

「ムリア」の動画

Wikipedia

  • redirectAn-225 (航空機)...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる