「ミュール」とは?

関連ニュース

1本で毎日違うわたしに♡「定番スキニー」で7days着回しコーデ - 04月23日(日)20:22 

1本はもっておきたい「定番スキニー」。エレガントに、クールに、レディーライクに・・・いろんなアイテムと組み合わせて、毎日違うわたしに変身してみて♡今回着回すスキニーは・・・定番「濃い色スキニー」!JEGGINGS/748520/JEANASIS ¥5,940税込身体にピッタリフィットする濃い色スキニーデニムは、美脚見えも叶う優秀アイテム!シンプルさを活かして着回しにチャレンジ♡DAY 1:オフショルで「大人っぽ&今っぽ」にPhoto by WEAR @wear10056トレンドのオフショルは、スキニーに合わせたダークトーンで大人っぽく。シルバーの抜け感パンプスと着こなして。◆こんなアイテムがオススメ★シャーリングブラウス/OLIVEdesOLIVE ¥3,780税込アンクルベルトヒール/746706/GLOBAL WORK ¥4,320税込DAY 2:トレンチONで「きれいめカジュアル」にPhoto by WEAR @10056スニーカーとのカジュアルスタイルも、赤のきれい色ニット×トレンチと着こなせば、上品さがUP。◆こんなアイテムがオススメリブ2WAYVネックプルオーバー/LOWRYS FARM ¥2,700税込CONVERSE ALL STAR(オールスター) ローカット/CONVERSE(Factor=) ¥6,264税込ロングトレンチコート/philter(Luz Lle...more
in English
カテゴリー:

ロードバイク女子のスカートかわいすぎるだろ スパッツよりイイ! - 03月30日(木)20:31 

「カペルミュール」~きれいめ? それとも小悪魔風? おしゃれを楽しむ新作コーデ~  『Cyclist for Woman』では、2017年の春夏ウェアを10ブランドを一挙に紹介します。連載第6回目は、サイクルウエアのウエイブワンが展開するオリジナルウエアブランド「KAPELMUUR」(カペルミュール)。 女性のかわいらしさを引き立てる、バリエーション豊かなデザインで定評があるブランドです。今回は新作の中から春夏らしい爽やかコーデと、ガーリーな“小悪魔”コーディネートにクロースアップします。 http://cyclist.sanspo.com/323389 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【今日のコーデ】最高気温20度以上の春ファッションは、シャツ+はおりが正解! - 04月14日(金)06:30 

4月14日、今日の東京は雨時々曇り。最高気温21度、最低気温6度の予報です(気象庁調べ)。 日中は春の陽気で過ごしやすいですが、最低気温はまだ低め。 今日はとくに朝晩の温度差が開きそうなので、油断せず、しっかり温度調節のできる服装でお出かけください。   そんな今日のおすすめコーディネートはこちら! ■最高気温21度……春の陽気なら、春夏に活躍させたいシャツのデビューにぴったり シャツ/LAGUNAMOON ¥9,000 パンツ/GU ¥2,490 バッグ/LAUGOA ¥18,000 靴/DAIANA ¥13,000 ベルト/Casselini(ル・ベルニ) ¥12,800 メガネ/MIIA ¥2,500 ピアス/Casselini ¥2,900 肩が落ちたオーバーサイズシルエットのシャツは、トレンドのウエストベルトで引き締め。 薄めのダメージデニムを選ぶとぐっと季節感のあるスタイルに。 ルーズに袖をまくったり、ボタンをひとつ多めに開けて襟を抜き、デコルテを見せるといった細かいポイントが、シャツスタイルを今っぽく見せるコツです♪ シルバーの扇型バッグやサボミュールの小物使いで、一気に旬コーデへチェンジ♪  春日和になる今日なら、今年初のサンダルデビューもできそうです!   今日から来週にかけては、また春の陽気がもどってくる予報。 週末には思いっきり春のレ...more
in English
カテゴリー:

「ミュール」の画像

もっと見る

「ミュール」の動画

Wikipedia

ミュールとは、履物の種類の一つ。女性用のサンダルの一種である。オードリー・ヘプバーンが映画ローマの休日で履いていたことから、日本ではヘップサンダル(ヘップ)とも呼ばれることもある。

日本では2000年頃からファッション誌などで多く取り上げられるようになり「ミュール」の名称が定着した。ミュールはかかとが高く、つま先部分が覆われており、かかとに留め具が無い点で、一般的なサンダルと区別される。

ミュールと同様にかかとが高く、つま先部分が覆われた履物であるパンプスとの違いは、かかと部分が大きく開いている(カットされた)デザインである。これはミュールが元々は西洋で室内履きとして派生した履物であったことによる(足を全て覆わずにリラックスさせる目的と、着脱を安易にする目的などを踏まえている)。パンプスにもデザイン的にかかとが大きく開いたオープンバック・パンプスがあるが、パンプスは元から外履き用であるため、かかとの部分が完全にはカットされておらず、かかとに留め具などで固定する部分が必ず存在する。 前述にあるように、オードリー・ヘプバーンが映画の中で衣装として取り入れたことをはじめ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる