「ミュール」とは?

「ミュール」の画像

もっと見る

「ミュール」の動画

Wikipedia

ミュールとは、履物の種類の一つ。女性用のサンダルの一種である。オードリー・ヘプバーンが映画ローマの休日で履いていたことから、日本ではヘップサンダル(ヘップ)とも呼ばれることもある。

日本では2000年頃からファッション誌などで多く取り上げられるようになり「ミュール」の名称が定着した。ミュールはかかとが高く、つま先部分が覆われており、かかとに留め具が無い点で、一般的なサンダルと区別される。

ミュールと同様にかかとが高く、つま先部分が覆われた履物であるパンプスとの違いは、かかと部分が大きく開いている(カットされた)デザインである。これはミュールが元々は西洋で室内履きとして派生した履物であったことによる(足を全て覆わずにリラックスさせる目的と、着脱を安易にする目的などを踏まえている)。パンプスにもデザイン的にかかとが大きく開いたオープンバック・パンプスがあるが、パンプスは元から外履き用であるため、かかとの部分が完全にはカットされておらず、かかとに留め具などで固定する部分が必ず存在する。 前述にあるように、オードリー・ヘプバーンが映画の中で衣装として取り入れたことをはじめ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる