「ミュージシャン」とは?

関連ニュース

back number・清水依与吏(Vo&G)が、路上ライブに初挑戦!? - 12月13日(水)18:01 

back numberの清水依与吏 弾き語り路上ライブの様子 11月某日、関東地方の某駅前でback numberの清水依与吏(Vo&G)が人生初となる弾き語り路上ライブを行った。 back numberの清水依与吏としてではなく、一人のミュージシャンとして1本のアコースティックギターと歌声だけで挑んだ今回の路上ライブ。学校...
カテゴリー:

back number清水依与吏が初路上ライブ 隠し撮り映像を特典に - 12月13日(水)18:00 

 ロックバンド・back numberの清水依与吏(Vo/G)が11月某日、関東地方の某駅前で自身初となる弾き語り路上ライブを行った。その模様を“隠し撮り”した映像が、ニューシングル「瞬き」(20日発売)の特典DVDに収録されることが明らかになった。 【動画】back numberの主題歌が流れる『8年越しの花嫁』予告編  学校帰りの学生や買い物途中の主婦、仕事に向かうサラリーマンなど、さまざまな人が行き交う駅前で、「back numberの」清水依与吏ではなく、一人のミュージシャンとしてアコースティックギター1本で挑んだ路上ライブ。メンバーの小島和也(B)、栗原寿(Dr)は現場から少し離れたロケバスで見守った。  このサプライズライブの模様は「exclusive video」と題し、シングル「瞬き」の初回限定盤の付属DVDに収録される。 【関連記事】 back number新曲「ARTIST」MV公開 清水「愚痴のような、皮肉のような」 back number、映画『8年越しの花嫁』主題歌 佐藤健「感謝しかありません」 back number、30万人ツアー完遂「いいと思う曲と歌詞を作り続ける」 【写真】ゆず×back number、一夜限りのコラボ「ものすごくやりたかった」 【オリコン上半期】back numberが大躍進 アルバム&ATS部門で初TOP10
カテゴリー:

向井理らドラマ『ハングリー!』メンバーが忘年会 4ショット公開に「懐かしい」「最高のメンバー」の声 - 12月13日(水)16:27 

俳優の石黒英雄が13日にアメブロを更新。ドラマ『ハングリー!』で共演した、俳優・向井理や女優・鈴木砂羽らとのプライベート4ショットを公開した。 石黒は「『ハングリー!』忘年会」と、向井、鈴木、男性デュオ・CHEMISTRYの川畑要らとの4ショットを公開した。「最高のメンバーと毎年会えて幸せです」とつづり、「また来年もよろしくお願い致します」 この投稿に「ハングリー!好きでした!懐かしいです」「縁が続いて、こうして集まれるのはホント素敵なことだね!」「楽しそう♪最高のメンバーと過ごす時間は素敵ですね」などのコメントが寄せられている。 『ハングリー!』は2012年にフジテレビ系列で放送されたドラマ。30歳を目前にした主人公・山手英介(向井理)が、ミュージシャンの夢から一転して実家の人気フレンチレストランを継ぐことを決意するも、新進気鋭の実業家にレストランを乗っ取られてしまう。この逆境に負けず、かつてのミュージシャン仲間と一緒に自分の店をオープンするべく奮闘する姿を描く。石黒は、主人公・英介の英介の料理専門学校時代からの同級生・柏木一平役を演じていた。 【関連記事】 ・ハングリー!(石黒英雄オフィシャルブログ) ・ももクロ・百田夏菜子 FNS歌謡祭の裏側公開、ゆずとの集合写真も「すんごい現場です」 ・藤原紀香、石野真子らと“花盛り四姉妹”ショット「ついに、集結です!」 ・朝倉えり...more
カテゴリー:

野呂一生さんと夢のギター共演が実現!?バーチャル・セッション・コンテスト開催 - 12月13日(水)14:36 

[株式会社ヤマハミュージック エンタテインメントホールディングス] ■mysound内 バーチャル・セッション・コンテスト特設ページ http://ymh.jp/vsession [画像1: https://prtimes.jp/i/4566/1997/resize/d4566-1997-966026-0.jpg ] ■動画活用で擬似的に憧れのミュージシャンと共...
カテゴリー:

全米3週連続1位!ピクサー最新作『リメンバー・ミー』はオトナも泣ける!? - 12月13日(水)12:32 

おもちゃたちの世界、モンスターが住む異世界など、誰も観たことがない世界を舞台に数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーが放つ最新作が、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした『リメンバー・ミー』だ。 【写真を見る】壮大なスケールで描かれる“死者の国”!必見の最新予告編もコチラから/[c]2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 先月全米で公開されるや3週連続で全米興収ランキング1位を記録する大ヒットになっている本作だが、オスカー前哨戦と言われる賞レースも席巻中で、“アニメーション界のアカデミー賞”と言われるアニー賞は最多13部門にノミネートされる快挙を達成。 その他、ニューヨーク映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、ワシントンDC映画批評家賞、ボストン映画批評家賞などの権威ある映画賞を立て続けに受賞するなど、興行、批評の両面で大成功となっている。では、本作のどんな要素が子供たちのみならず、大人たちをも夢中にさせるのだろうか。 本作の主人公はミュージシャンを夢見る少年ミゲル。しかしミゲルの家は先祖代々音楽を禁じられており、ギターを弾くことも許されなかった。葛藤する気持ちを抱えたミゲルは、ある日ひょんな事から、憧れだった伝説の歌手デラクルスが自分の“ひいひいじいさん”だと思い込んで彼の霊廟に忍び込む。そこに飾られていたギ...more
カテゴリー:

木村拓哉その人をとらえる本 - 12月13日(水)18:00 

2016年12月31日を持って解散したSMAPの中心的メンバーであったのがキムタクこと木村拓哉です。本人はこの略称を気に入っていないといった話もありますが、ほとんどの人にとってキムタクの名称は自明でしょう。 人ではなく存在としてとられる 木村拓哉とは何者かと問われればそこに明確な答えを出すことは難しいのではないでしょうか。SMAPというアイドルグループのメンバーであるとともに、俳優、ミュージシャンとしても活動します。さらにレギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)においては器用にコントもこなし、コメディアンとしての要素もあるでしょう。そんな木村拓哉という存在にメディア研究者が迫った本が太田省一による『木村拓哉という生き方』(青弓社)です。 メディアからキムタクに迫る 本書はいわゆる木村拓哉の評伝のようなものではありません。そうした来歴に関する記述は週刊誌報道はもとより、ウィキペディアの項目にも載っています。誰もが知るところであるため、あらためて確認する必要はないであろうというのが筆者のスタンスなのかもしれません。一方で本書で採用されているのは、木村拓哉が出演したドラマや、あるいは楽曲、番組といったものに注目しています。それは声優として出演した『ハウルの動く城』、あるいは明石家さんまと共演するバラエティ番組『さんタク』といったものです。本書では木村拓哉の出演するメディア...more
カテゴリー:

シシド・カフカの歌声が心に響く『リメンバー・ミー』日本版予告編解禁 - 12月13日(水)17:24 

ディズニー・ピクサー最新作『リメンバー・ミー』より、日本版エンドソング「リメンバー・ミー」をシシド・カフカが力強く歌い上げる日本版予告編が解禁となった。 本作は、『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督最新作。1年に1度だけ亡くなった家族に会えるという “死者の日”の祝祭を題材に、テーマパークのような死者の国を舞台に繰り広げられる笑いと感動のミステリーアドベンチャー。11月22日に全米で封切られるや3週連続で週末ランキングNO.1を記録し大ヒット中。 主人公はミュージシャンを夢見る少年ミゲル。だが、彼の家は先祖代々、音楽を禁じられており、ギターを弾くことも許されなかった。家族に反対され「誰もわかってくれない…ただ音楽をやりたいだけなのに」と葛藤する気持ちを抱えたミゲルは、ある日憧れだった伝説の歌手デラクルスが自分の“ひいひいおじいちゃん”だと思い込み大興奮! デラクルスの霊廟に忍び込み、飾られていたギターを弾くと、突然カラフルで美しい“死者の国”に迷い込んでしまう。 死者の国に行ったミゲルは、そこでデラクルスを探し、日の出までに帰らないと“永遠に家族に忘れられてしまう”という最大のピンチに。そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気なガイコツのへクターだった。へクターもまた「最後に一目だけでも家族に会いたい」という切なる思いがあり、ミゲルに“ある願い”を託したいと考えていた。は...more
カテゴリー:

FES Watch U×タツノコプロ、注目のコラボモデルを発表 - 12月13日(水)14:40 

ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた社内ベンチャー「Fashion Entertainments」は、電子ペーパー搭載の柄が変わるディスプレイウォッチ「FES Watch U(フェスウォッチ ユー)」の発売を記念して、キャンペーンを展開中。 「FES Watch U」の特性でもある“モノクロ表現”に着目し、東京をベースに活躍するクリエイターたちとのコラボを展開してきた「TOKYO MONOCHROME」。このたび、その最後を飾るシークレットクリエイターがミュージシャンのTOWA TEI、現代美術作家の加賀美健であることが発表された。それぞれのデザインタイトルは『TTTG』と『何時?』でこのデザインは12月13日より、専用アプリ「FES Closet」から無料でダウンロードが可能となっている。 また、現在、アートディレクターの井上嗣也、ファッションブランド「ANREALAGE」デザイナーの森永邦彦、書道家の万美、イラストレーターの長場雄、アーティストのエドツワキ、ファッションブランド「JULIUS」デザイナーの堀川達郎、ファッションブランド「FULL BK」デザイナーのDJ DARUMA、アーティストのKAMIといった錚々たるコラボデザインが配信中。 今後は、ファッションやデザインを軸に、音楽や映画、コミックやアニメなど様々なコンテンツへとコラボレーションの幅を広げ...more
カテゴリー:

ソニーの「FES Watch U」、コラボクリエイターの最後を飾るシークレットコラボクリエイターはミュージシャンのTOWA TEI氏 & 現代美術作家の加賀美 健 氏! - 12月13日(水)14:00 

[ソニー株式会社] 「自分らしく、時を着る」をコンセプトに、ソニーの社内ベンチャー「Fashion Entertainments」から好評発売中の、電子ペーパー搭載で、フェイスとバンドの柄が変わるディスプレイウォッチ「FES Watch U」。 発売...
カテゴリー:

シシド・カフカ、MVで金子ノブアキと共演 - 12月13日(水)12:00 

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演し、音楽業、俳優業共に活躍中のシシド・カフカ。 10月から3ヶ月連続配信リリースと題し、10月はクレイジーケンバンド「横山剣」とのディエットソング、11月はザ・クロマニヨンズ「真島昌利」に楽曲提供を受け、配信リリースを行った。 そしてついに13日、金子ノブアキがサウンドプロデュースを手掛けた「zamza」が配信開始となった。楽曲は近年、アートや舞台、映画などの音楽も手がける金子がシシドをイメージして制作に取り組んだ、物語のような2部構成になっている。 さらに、配信開始と同時にミュージックビデオ「zamza /MV Short Ver.」が公開された。 このMVは「清水康彦」監督の元、楽曲の世界観を映画シーンとライブシーンの2部構成で、ミュージシャンとしても俳優としても活躍するシシドと金子の魅力を描いた。 なお、このMVはレコチョクが運営する共創・体験型プラットフォーム「WIZY」で集まったファンの協力のもと制作されている。 シシドは「まるで映画音楽のようなサウンド。ノブアキさんのお力添えを頂いてまた新しい挑戦をする事が出来ました。zamzaが部屋を飛び出し空へ舞っていく姿を感じて頂けたら嬉しいです」とコメントを寄せている。 なお、シシドは来年3月16日に公開されるディズニー / ピクサーの最新作「リメンバー・ミー」の日本版エンドソング...more
カテゴリー:

もっと見る

「ミュージシャン」の画像

もっと見る

「ミュージシャン」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 音楽家...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる