「ミュージカル映画」とは?

関連ニュース

実写版『シンデレラ』主演女優、今度こそ婚約!? - 02月21日(水)19:15 

先日、ロンドンで開催された英国アカデミー賞の授賞式に出席した、2015年の実写版『シンデレラ』の主演女優リリー・ジェームズ(28)が、左手薬指に大きなダイヤモンドの指輪を付けて登壇したことから「今度こそ婚約したのでは?」という噂が飛び交っている。 【写真を見る】やはり結婚秒読み!?マット・スミスに抱きついて頬を寄せるリリー/写真:SPLASH/アフロ お相手はかねてから同棲している、英テレビドラマ「ドクター・フー」の11代目のドクター役で知られる俳優のマット・スミス。2人は『高慢と偏見とゾンビ』(16)での共演をきっかけに交際をスタート。同年5月のカンヌ国際映画祭で一緒にいるところを目撃され、交際の噂が広まった。 10月には公の場に一緒に姿を現したが、交際を認めなかった2人。しかし昨年夏に婚約の噂が流れた際には、リリー本人が婚約は否定したものの「関係は順調よ」と語っていたという。 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(日本3月30日公開)でチャーチル元首相の個人秘書エリザベスを演じているリリーは、バーバリーの黒いストラップレスのドレスで授賞式のプレゼンターを務めたが、大きなダイヤのイヤリングやウェスト部分にあしらわれたダイヤとエメラルド以上に、左薬指のリングがひときわ輝いていた。アフターパーティでは指輪を外していたようだが、大舞台で指輪をしてきたことから、ザ・サ...more
カテゴリー:

H・ジャックマンが手を握り涙 映画主題歌「This Is Me」ビハインド・ストーリー公開 - 02月21日(水)12:00 

 ヒュー・ジャックマンが主演するミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「This Is Me」のビハインド・ストーリーを収めた映像が21日、公開された。映画製作が決定していない段階で、楽曲を歌うキアラ・セトルが初めて生歌を披露するワークショップ・セッションの模様を捉えている。 【動画】キアラ・セトル、圧巻の「This IS Me」歌唱  同作の主人公P.T.バーナムは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師。妻への一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中で立ち尽くしていたエンタテイナーたちにスターになれる場所を提供し、エポックメーキングなショーを創造したことで知られている。  『ラ・ラ・ランド』の楽曲の作詞を手がけ、昨年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞のW受賞を果たしたベンジ・パセック氏とジャスティン・ポール氏のコンビが、同作でもゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞し、アカデミー賞も主題歌賞にノミネートされている「This Is Me」を手がけた。  上流社会に受け入れてもらえない現実を知ったバーナム一座のエンタテイナーが、ショーの中で輝く自分たちを奮い立たせるように歌うこの曲について、ポール氏からの「世間から、お前には愛される価値がないと言われても、自分を愛し、自分に自信を持つことが大切だと強調するには、とても強烈な女性の...more
カテゴリー:

ぴあ映画初日満足度ランキング 仮面ライダーを抑えてトップになったのは・・ - 02月21日(水)07:10 

 ぴあ映画生活は、2月16日、17日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。それによると、ヒュー・ジャックマンが “ショービジネスを生み出した男”と称される興行主、P・T・バーナムを演じたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』がトップに。観た人の中から「出だしから引き込まれ、感極まってしまった。人にとって大切なものが何かを教えてくれるような作品だった」(40歳・女性)、「ただ楽しいミュージカル映画かと思っていたら、泣ける場面が何回もあった」(66歳・女性)などの声が出ていた。 第2位は、テレビシリーズ「仮面ライダーエグゼイド」のアナザーエンディングを3部作で描いた第2弾『仮面ライダーパラドクスwithポッピー』。第3位は、第2次世界大戦中のスコットランドで、ウイスキーを積んだ貨物船が座礁した実際の事件にヒントを得た人間ドラマ『ウイスキーと2人の花嫁』となった。************************************1位『グレイテスト・ショーマン』93.8点2位『仮面ライダーパラドクスwithポッピー』91.9点3位『ウイスキーと2人の花嫁』90.4点4位『エターナル』89.5点5位『チェリーボーイズ』88.5点6位『パンとバスと2度目のハツコイ』85.9点7位『リバーズ・エッジ』77.9点8位『サニー/32』64.4点(2月17日ぴあ調べ)***...more
カテゴリー:

ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』など 音楽が気になる春休み映画大特集『月刊ピアノ 3月号』2月20日発売 - 02月20日(火)14:00 

[株式会社ヤマハミュージック エンタテインメントホールディングス] [画像: https://prtimes.jp/i/4566/2106/resize/d4566-2106-411486-0.jpg ] 最新ヒットからスタンダードまで “弾きたかったあの曲” がきっと見つかるピアノマガジン 第1特集は、『音楽が気になる春...
カテゴリー:

【映画】『グレイテスト・ショーマン』が動員ランキング初登場第1位! - 02月20日(火)00:26  mnewsplus

2月17日、18日の全国映画動員ランキングは、ヒュー・ジャックマンが主演を務めたミュージカルエンタテインメント『グレイテスト・ショーマン』(全国376館)が初登場でトップに輝いた。 『グレイテスト・ショーマン』(全国403スクリーン)は、2月16日の公開初日から3日間で動員35万5081人、興収5億815万1200円を記録しており、ヒュー・ジャックマンが出演したミュージカル映画『レ・ミゼラブル』(全国360スクリーン)のオープニング3日間の興収3億7818万6150円を上回った。 2位から4位までは先週のTOP3『今夜、ロマンス劇場で』(...
»続きを読む
カテゴリー:

オスカー候補俳優が夢のデュエット!『グレイテスト・ショーマン』から最高にロマンティックな楽曲が到着 - 02月21日(水)18:00 

昨年日本中にミュージカル映画ブームを巻き起こした『ラ・ラ・ランド』(16)の音楽チームが作り出した楽曲を『レ・ミゼラブル』(12)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヒュー・ジャックマンら一流キャストが歌い上げ、ふたたび日本中を熱狂させている『グレイテスト・ショーマン』(公開中)。この度、本作から最高にロマンティックな特別映像が到着した。 【写真を見る】ヒュー・ジャックマンが伝説の興行師に!場面写真はこちらから/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation 19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築き上げた伝説の興行師P.T.バーナムの夢と愛に溢れた人生を描きだした本作。日本では2月16日に公開され週末動員ランキングでは見事1位を獲得。すでに興行収入は5億円を突破している。 今回到着した映像で歌われているのは「A Million Dreams」。主人公バーナムと、彼が愛する女性チャリティとの運命を綴った楽曲だ。メガホンをとったマイケル・グレイシーは「バーナムはチャリティと一緒になることを夢見ている。2人が屋根の上で踊るシーンでは、なにも手にしていない2人がお互いの心だけは手にしている。とても美しく詩的な瞬間だよ」と満足気に語る。 バーナムを演じるジャックマンと共にこの楽曲を歌い上げているのは『マリリン 7日間の恋』(11)...more
カテゴリー:

「グレイテスト・ショーマン」歌姫が「This Is Me」を初披露!貴重な舞台裏映像公開 - 02月21日(水)12:00 

 第75回ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞し、第90回アカデミー賞の主題歌賞にもノミネートされた「グレイテスト・ショーマン」(公開中)の特別映像が、公開された。本作の製作が決定する前のワークショップ風景をとらえた貴重な映像で、キーキャラクターを演じたキアラ・セトルがリードナンバーの「This Is Me」を初披露する姿が収められている。 ・「グレイテスト・ショーマン」特別映像はこちら!  野心あふれる主人公バーナム(ヒュー・ジャックマン)が、さまざまな個性を持つ人々を仲間に引き入れ、唯一無二のショーを作っていくさまを描く。エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」で監督を務めたビル・コンドンが共同脚本を手がけ、「ラ・ラ・ランド」でオスカーに輝いた音楽チーム、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが楽曲を担当した。ジャックマンとセトルに加え、ザック・エフロン、ゼンデイヤ、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソンらが出演した。  トニー賞にノミネートされるなど、実績充分のセトルだが、「『歌いたくない』と言ったの。この歌の中のストーリーを語るためには自分が抱える恐れに直面しないといけないとわかっていたから」と当初は恐怖に支配されていたという。映像では、その言葉を裏付けるように緊張した面持ちだったセトルが、次第に感情をほとばしらせ、「これが私。私にも愛される資格がある」と力強い歌声...more
カテゴリー:

名曲揃いな『グレイテスト・ショーマン』のナンバーを解説!『ラ・ラ・ランド』コンビが本作でも本領発揮 - 02月21日(水)07:05 

ミュージカル映画というジャンルに新たなファンを取り込み、日本でも大ヒットしたことが記憶に新しい『ラ・ラ・ランド』(16)。アカデミー賞でも作曲賞や歌曲賞を受賞しただけあって、何度でも聴きたくなるミュージカルナンバーが大きな魅力だった。その『ラ・ラ・ランド』で音楽を担当したベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビが、『グレイテスト・ショーマン』(公開中)で、またしてもヘビーローテーションしたくなる名曲たちを誕生させた。 【写真を見る】主人公P.T.バーナムは、”ショー・ビジネス”の原点を築いた偉人/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation ■ 音楽担当者たちが明かす楽曲の制作秘話 観客を一気にミュージカルの世界に引き込むオープニング曲が「The Greatest Show」。「主人公のP.T.バーナムがステージに登場する瞬間を待っているような感覚を込めた」とポールが語るように、ビートの効いた曲調で観客のテンションを一気に上げる“つかみ”は完璧だ。 続くナンバー「A Million Dreams」に乗せて、貧しい家庭に生まれたバーナムの子ども時代から、大人になり幼なじみのチャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と結ばれるまでが駆け抜けるように描かれる。パセックによると「自分が評価されていないと思っている青年が、どうやって自分の希望を...more
カテゴリー:

【オリコン】ヒュー・ジャックマン主演映画サントラがアルバムDL1位 - 02月20日(火)04:00 

 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナル・サウンドトラック(2017年12月8日配信開始)が週間7539DLを記録し、2/26付オリコン週間デジタルアルバムランキング(集計期間:2月12日~18日)で前週18位から順位を上げ、初の1位を獲得した。 【写真】日本公開にあわせて来日したヒュー・ジャックマン  映画のサウンドトラックアルバムによる同ランキング1位獲得は、『ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)』(16年12月配信)、『ワイルド・スピード アイスブレイク(オリジナル・サウンドトラック)』(17年4月配信)に次いで通算3作目となった。  本作は、昨年の『第89回アカデミー賞』で最多6部門を受賞したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の作詞作曲コンビが手がけたことでも話題の映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナル・サウンドトラック。日本では2月16日に公開されることを受け、主人公P.T.バーナム役のヒュー・ジャックマンが来日し、13日に都内でイベントを行うなどしてPRした。 【関連記事】 ヒュー・ジャックマン、登美丘高校ダンス部に感動(18年02月14日) ヒュー・ジャックマン「日本が大好き!」 笑顔の来日イベント (18年02月13日) 映画『グレイテスト・ショーマン』 クランクアップ映像公開 (18年01月25...more
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「グレイテスト・ショーマン」V、公開3日間で興収5億円超を記録 - 02月19日(月)19:05 

 2月17~18日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。2月16日から公開された「グレイテスト・ショーマン」が首位デビューを飾った。同作は、ヒュー・ジャックマンの主演で19世紀のアメリカに実在した興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画。土日2日間で観客動員26万8000人、興行収入3億9100万円を稼ぎ出した。これは昨年公開されたジャックマン主演「LOGAN ローガン」のスタート興収比239.9%の成績。公開3日間では動員35万5000人、興収5億0800万円をあげており、最終興収20億円以上が期待できる好スタートを切った。  新作のランクインは「グレイテスト・ショーマン」のみで、2位から4位は前週の上位3本がワンランクずつ後退した。2位「今夜、ロマンス劇場で」は、週末2日間で動員8万1000人、興収1億0700万円をあげ、累計動員は38万2000人、興収は4億8900万円を突破。3位「祈りの幕が下りる時」は、週末2日間で動員5万2000人、興収7000万円をあげ、累計動員は100万人、興収は12億5000万円を超えた。  「羊の木」が5位をキープし、「パディントン2」は8位に順位を一つ上げた。「嘘を愛する女」は10位に踏みとどまり、累計興収は8億2000万円を超えている。なお、Vシネマ3部作の第2弾となる新作「仮面ライダーエグゼイ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ミュージカル映画」の画像

もっと見る

「ミュージカル映画」の動画

Wikipedia

ミュージカル映画()は、映画ジャンルの一つで、物語に混在して俳優が歌を歌う形式を指す。一般的に歌によって筋を発展させたり、映画上の配役を特徴付けたりする。ミュージカル映画のサブジャンルはミュージカルコメディであり、通常の音楽、ダンス、筋書きに加えて、強いユーモアの要素を持つ。

歴史 1927~1930年代

ミュージカル映画は、1920年代末期にトーキーが発明され、映画音楽をあわせることが可能となったことを期に出現した。最初のトーキーとされるアル・ジョルスン主演ジャズ・シンガー(1927) からして、音楽映画である。当初は舞台作品をそのまま映画にしたものが多く、ストーリーその...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる