「ミュージカル」とは?

関連ニュース

人気ゲーム『Code:Realize』TVアニメ化、10月放送&ミュージカル化も - 04月24日(月)01:16 

 オトメイト(アイディアファクトリー/デザインファクトリー)原作の人気ゲーム『Code:Realize ~創世の姫君~』がテレビアニメ化され、10月より放送開始される。全身に猛毒を宿す少女・カルディア。彼女が泥棒紳士アルセーヌ・ルパンと出会ったとき、運命の歯車が回り始める。キービジュアル、PV、スタッフ、キャストなどが一気に公開された。さらに、ミュージカル化も決定している。 【動画】TVアニメ『Code:Realize ~創世の姫君~』PV ■スタッフ 原作:オトメイト  監督:山本秀世 シリーズ構成:ハラダサヤカ シナリオ監修:一ジョー キャラクター原案:miko(デザインファクトリー) キャラクターデザイン:中西彩 アニメーション制作:M.S.C ■メインキャスト カルディア…早見沙織 アルセーヌ・ルパン…前野智昭 エイブラハム・ヴァン・ヘルシング…諏訪部順一 ヴィクター・フランケンシュタイン…柿原徹也 インピー・バービケーン…森久保祥太郎 サン・ジェルマン…平川大輔 フィーニス…梶裕貴 ■アニメ公式サイト http://coderealize-anime.com/ ■ミュージカル公式サイト http://musical-coderealize.com 【関連記事】 ミュージカル『刀剣乱舞』今秋に新作公演&『真剣乱舞祭 2017』開催決定 (17年04月24...more
in English
カテゴリー:

芳根京子「あー、ホッとしたー」クランクアップ報告! - 04月23日(日)22:30 

人気アイドルグループ:Sexy Zoneの中島健人主演の映画「心が叫びたがってるんだ。」でヒロイン・成瀬順として出演する女優の芳根京子が22日、オフィシャルブログを更新。同作品のクランクアップを迎えたことを報告し、“あー、ホッとしたー”と綴っている。 「クランクアップ」と題して更新されたブログでは、「映画『心が叫びたがってるんだ。』クランクアップいたしましたー!!今日もたくさんのエキストラの方にご協力していただきました。朝から長い時間、本当にありがとうございました!」と、無事にクランクアップを迎えたことや、撮影に参加してくれたエキストラに感謝の気持ちを綴った。 また最後には、「またゆっくり書かせてね とりあえず、、ゆっくりします。笑 あー、ホッとしたー。お疲れ様でした(^^)」と撮影を終えて一安心したかのようなコメントも。 同作品は、2015年に劇場公開され、ヒットを記録したアニメーション映画『心が叫びたがってるんだ。』の実写版。舞台は埼玉・秩父の高校。本音を言わない少年・坂上拓実(中島健人)が、しゃべると腹痛を起こしてしまう少女・成瀬順(芳根京子)とともに「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、クラスメイトたちと一緒にミュージカルの公演を目指す青春群像劇。7月22日から全国で公開。 【関連リンク】 磯山さやかのパイスラにおぎやはぎ興奮「さわりた~い」 波瑠「がむしゃらに...more
in English
カテゴリー:

真面目なマフィア映画を期待したのにワンスアポンアタイムインアメリカはエロシーン多かった - 04月23日(日)17:34 

誰もが知るおとぎ話と現代の世界が交差する世界を描き、大ヒットしている米ABCの人気ファンタジー『ワンス・アポン・ア・タイム』。 現在アメリカで放送中のシーズン6にミュージカル・エピソードが登場することは当サイトでもお伝えしてきたが、 その概要が明らかになった。米Popsugarなどが報じている。 http://dramanavi.net/news/2017/04/post-6051.php ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

アニメ『ワンピース』プリン役に沢城みゆき、ビッグ・マム役に小山茉美 - 04月23日(日)10:00 

 今年原作20周年&放送18年目を迎えたフジテレビ系アニメ『ワンピース』(毎週日曜 前9:30※放送局により異なる)。4月から“ホールケーキアイランド編”が始まり、四皇の一人ビッグ・マムのナワバリであるお菓子の島を舞台に、ビッグ・マムの娘との結婚のために連れ去られたサンジと、そのサンジの奪還を目指すルフィ一行の新たな冒険が描かれているが、サンジの婚約者であるビッグ・マムの娘プリンの声を沢城みゆき、ビッグ・マムを小山茉美が演じることが明らかになった。2人とも30日放送の第786話「万国! 四皇ビッグ・マム登場」より登場する。 【動画】ビッグ・マム「ブラッディ・パーティー」15秒スポット  第786話は、サンジ奪還を目指し、ビッグ・マムのナワバリの入り口・ショコラタウンに到着したルフィ一行。そこは、街の全てがチョコレートでできた、夢のようなチョコの島だった。ナミ達が変装して街に向かおうとしていると、先行したルフィとチョッパーが早速大事件を巻き起こしてしまっていた。そんなルフィたちの前に、謎の美少女・プリンが現れる。一方、新世界のとある島々に、突如としてビッグ・マム海賊団の脅威が迫ろうとしていた。サンジの結婚式「お茶会」を目前に控え、四皇ビッグ・マムによる破壊と略奪の、恐るべきミュージカルが始まる。  ミュージカルシーンが見どころでもある第786話。原作で尾田栄一郎氏が書いた歌詞そ...more
in English
カテゴリー:

エマ・ワトソン、ユアン・マクレガーの歌声に惚れぼれ 『美女と野獣』で名曲披露 - 04月23日(日)09:00 

 現在公開中の映画『美女と野獣』に出演している俳優のユアン・マクレガー。本作でユアンは、魔女の呪いで燭台に姿を変えられた給仕長のルミエールを好演しており、劇中で本作を代表する名ナンバー「ひとりぼっちの晩餐会(原題:Be Our Guest)」を熱唱。かつてアカデミー賞にもノミネートされた名曲を、確かな歌唱力と表現力で歌い上げている。【関連】ルミエール役「ユアン・マクレガー」フォトギャラリー 本作は、珠玉のミュージカル・ナンバーで彩られた、ディズニー・アニメーション『美女と野獣』の実写化作品。主人公ベル役にエマ・ワトソンを迎え、ベルと心を通わせる野獣役をダン・スティーヴンスが演じる。  劇中で、名曲を歌い上げるユアンだが、活躍はその歌声だけでない。ベル役のエマは、ユアンを「映画の最も楽しいコメディ的要素を担う存在」と断言。「コメディの台詞回しは完璧だし、物語に必要な笑える要素をしっかりともたらしてくれた。とりわけ映画が重くなりすぎたと思えた瞬間に笑わせてくれるから、最高だったと思うわ。映画の中で欠かせない要素になっていると思う」として、彼の活躍を讃えている。 またユアンの歌声に関しては、彼の出演作『ムーラン・ルージュ』を例に挙げ「私にとって『ムーラン・ルージュ』は、最高のミュージカル映画の1本であることは間違いないから、彼がこの映画に出演してくれて共演できたというだけでも、光栄だった...more
in English
カテゴリー:

ミュージカル『刀剣乱舞』今秋に新作公演&『真剣乱舞祭 2017』開催決定 - 04月24日(月)00:49 

 ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演(タイトル未定)が今秋に上演される。23日、東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoで行われたミュージカル『刀剣乱舞~三百年(みほとせ)の子守唄~』東京凱旋公演・千秋楽の舞台上で発表された。新作公演は11月~来年1月に東京・京都・大阪の3都市での上演を予定し、登場する刀剣男士や出演者などの詳細は、後日発表される。 【写真】ミュージカル『刀剣乱舞~三百年の子守唄~』  また、昨年12月に大阪城ホール、東京・両国国技館で約5万人を動員したライブ『真剣乱舞祭』が、今年も12月に開催されることが決定。『真剣乱舞祭 2017』は、会場規模をさらに拡大し、東京・日本武道館、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナの3ヶ所で開催される。こちらの日程などの詳細も後日発表となる。  ミュージカル『刀剣乱舞』は、人気ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(DMM GAMES/Nitroplus)を原案とした初のミュージカル化作品。公式略称の「刀ミュ」で呼び親しまれている。  2015年秋に、AiiA 2.5 Theater Tokyoにてトライアル公演が上演され、1部のミュージカルでは文治5年の阿津賀志山を舞台に、刀剣男士が激しく闘い、歌い、優雅に舞い、2部ではオリジナルの衣裳を纏った刀剣男士が、華麗なライブパフォーマンスを繰り広げるという斬新な2部...more
in English
カテゴリー:

ミュージカル『刀剣乱舞』新作は11月より3都市で上演! “真剣乱舞祭 2017”も会場規模を拡大し開催決定 - 04月23日(日)22:30 

『刀剣乱舞-ONLINE-』を原案としたミュージカル『刀剣乱舞』の新作公演が、2017年11月~2018年1月、東京・京都・大阪の3都市にて開催されることが決定。
in English
カテゴリー:

【ネタばれ】『ワンス・アポン・ア・タイム』ミュージカル・エピソードであの人が結婚!? - 04月23日(日)17:10 

誰もが知るおとぎ話と現代の世界が交差する世界を描き、大ヒットしている米ABCの人気ファンタジー『ワンス・アポン・ア・タイム』。現在アメリカで放送中のシーズン6にミュージカル・エピソードが登場することは当サイトでもお伝えしてきたが、その概要が明らかになった。米Popsugarなどが報じている。(本記事は、今シリーズのネタばれとなる情報を含みますのでご注意ください)なんとそのエピソードでは、エマ・スワン(ジェニファー・モリソン)とキリアン・ジョーンズことフック船長(コリン・オドナヒュー)がついに結婚をするという。ずっと山あり谷ありの二人だったが、最終的にはお互い一緒になる運命だったようだ。二人の結婚が描かれる回は、ミュージカル・エピソードでもあり、そのタイトルは「The Song in Your Heart(原題)」。タイトルに"歌"という言葉が使われているように、結婚がミュージカル仕立てで表現されるという話になるそうだ。歌声を披露するのは、エマ役のジェニファー、フック船長役のコリン、悪い女王レジーナ・ミルズ役のラナ・パリーヤ、白雪姫役のジニファー・グッドウィン、デヴィッド・ノーランことチャーミング王子役のジョシュ・ダラスと西の悪い魔女、ゼリーナ役のレベッカ・メイダー。このキャストたちが、ブロードウェイ・ミュージカル『ファースト・デート』などを手がけたアラン・ザッカリーとマイケル・ワイ...more
in English
カテゴリー:

【アニソン連載】『王室教師ハイネ』OP主題歌は、初々しくも魅惑の美声に男もホレる良曲! その魅力を分析 - 04月23日(日)09:00 

少女漫画のアニメ化作品や、乙女系ゲームを原作としたアニメなど、女性向けの作品が、とても充実している印象を受ける2017年の春アニメ。 【特集】タイバニ、おそ松さん…「“お笑い”の世界からアニメへ転向」成功を収めたクリエイターたち 思わず、男性である筆者もイケメンキャラクターたちが織り成すドラマにクラクラしてしまう今日この頃なのですが、そうした作品の主題歌も素晴らしい曲が揃っています。 今回、ピックアップさせていただくのは、『王室教師ハイネ』オープニング曲の『しょっぱい涙』。情感タップリなギターの音色とグッドなメロディ、そして、魅惑の歌声が三位一体となった良曲です。 メジャーデビュー曲に相応しい溌剌さと初々しさが同居する一曲! 『月刊Gファンタジー』連載の赤井ヒガサ先生によるコミックをアニメ化した本作。中世ヨーロッパを思わせる世界観を舞台に、何れもアクの強い性格をした4人の王子と、彼らのもとに赴任した王室教師、ハイネの心の交流を描く作品です。 流麗なキャラクターデザインと、大胆なデフォルメによる"崩し"が入り交じる演出が観ていて何とも愉快で、性別関係なく楽しめる作品ではないかと思います。個人的な好みで恐縮なのですが、一見すると強面でぶっきらぼうにも関わらず、その実、誰よりも穏やかで心優しい内面を持つカイ王子が非常に可愛いくて素敵です。 この作品のオープニング曲として使用...more
in English
カテゴリー:

『テニミュ』ドリライに先駆けDreamな企画が開催 - 04月23日(日)07:00 

5月26日(金)より開幕となるミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017まであと1か月ということで、3つの“Dreamな企画”が公開された。ミュージカル『テニスの王子様』は、1999年から2008年3月まで「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載された大ヒット漫画を舞台化したもので、通称「テニミュ」と呼ばれている。2014年11月に始動した「3rdシーズン」は、現在「TEAM Live HYŌTEI」公演の真っ只中だ。そんな中、横浜アリーナにて5月26日(金)~5月28日(日)にかけてミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017が開催。Dream Liveは、通称“ドリライ”と呼ばれ、ミュージカル公演から派生したイベントとしては他にない大きな規模で、完成度の高い斬新な振り付け、台詞をもとに作られたシンプルで心に刺さる歌詞、キャッチーでつい口ずさみたくなるようなテニミュの公演楽曲を存分に堪能できるコンサートとなっている。今回、公演に先駆け、Dreamな企画が開催。1つ目は、「3rdシーズン初となる学校別のオリジナルPVでドリライへの期待を高めよう!」。Dream Live 2017に出演する4校のオリジナルPVが完成し、4月21日よりYouTubeのミュージカル『テニスの王子様』公式チャンネルにアップされる。各校それぞれ別のク...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ミュージカル」の画像

もっと見る

「ミュージカル」の動画

Wikipedia

ミュージカル英語:musical)は、音楽台詞およびダンスを結合させた演劇形式。ユーモア、ペーソス、愛、怒りといったさまざまな感情的要素と物語を組み合わせ、全体として言葉、音楽、動き、その他エンターテイメントの各種技術を統合したものである。ミュージカル・シアター(演劇)の略語で、ミュージカル・プレイ、ミュージカル・コメディ、ミュージカル・レビューの総称である。

概要

ミュージカルは、通常の演劇(ストレートプレイ)の中に演出として劇中歌が入っているものとは異なる。したがってジョン・ケアードが言うように、俳優が突然「私が歌うナンバーだわ」と言っているように思えるミュージカルほど悪いものはない。トレバー・ナンは「歌詞の言葉は誇張されている。だが、単純な朗唱か歌唱では、単純でつまらなくなる〜パフォーマーは歌詞やメロディを自分たちが創造していると感じるところまで行き着くべきだ」日の出出版「レ・ミゼラブル〜舞台から映画へ」と言っているように、単純に歌と台詞と踊りが入っているだけの劇はミュージカルと言わ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる