「ミュージカル」とは?

関連ニュース

アニメ『刀剣乱舞-花丸-』第2期、来年1月放送 - 03月26日(日)16:11 

 昨年10月から12月まで放送されたテレビアニメ『刀剣乱舞-花丸-』の第2期が、2018年1月より放送されることが決まった。第1期と同じく、第2期でも“とある本丸”を舞台に、ひたむきに、そしてほがらかに生きる刀剣男士たちの物語を描く。  大和守安定、加州清光をはじめ、第1期の刀剣男士47振りも引き続き登場。さらに新たな刀剣男士が加わる。公式サイトでは、第1期で描かれた刀剣男士たちの魅力あふれるスペシャル映像を公開中。  原案の刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(DMM GAMES/Nitroplus)は、名立たる刀剣が個性豊かな男性キャラクターへと姿を変えた“刀剣男士(とうけんだんし)”を集めて、自分だけの部隊を結成し、歴史改変を目論む敵を討伐するために、さまざまな合戦場を攻略していくコンテンツ。2015年1月にサービス開始以降、女性を中心に支持を獲得し、全国各地に刀剣ブームを巻き起こす一因となった。アニメ化だけでなく、ミュージカル&舞台化もされている。 ■公式サイト touken-hanamaru.jp 【関連記事】 タツノコプロ55周年、ヒーロー大集合アニメ『Infini-T Force』日テレで10月放送 (17年03月26日) 〈物語〉シリーズファイナルシーズン完結 『終物語』今夏放送 (17年03月26日) 新作舞台『刀剣乱舞』刀剣男士8...more
in English
カテゴリー:

舞台版ドラえもんの気になるアレコレ聞いてみた【小越勇輝×陳内将インタビュー】 - 03月26日(日)13:30 

あの『ドラえもん』の舞台が9年ぶりに再演というニュースが話題になったもの束の間、ついに本公演がスタート! 原作は、「大長編ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)」(1989年/月刊コロコロコミック掲載)。環境問題をクローズアップするなど、大人もハッとさせられる心に響く強いメッセージ性が込められたストーリーで、エンターテインメント性あふれる作品に仕上がっています。 稽古場では、演出の鴻上尚史さんに「かっこよく踊るな」という異例のダメ出しをされていた、のび太役の小越勇輝さん。そして、独特のヘアスタイルをどう再現するのか気になる、スネ夫役の陳内将さん。今回、そんな二人を直撃! 舞台ではキレのいい動きを見せる二人ですが、インタビュー時はとっても穏やか。陳内さんも「いつもこんな感じ。ゆるっとしてます」という二人に、本作のこと、そして交流のある役者仲間など、プライベートにも迫ってみました。   ┃小越勇輝と陳内将が“舞台版ドラえもん”で「怖い」と思うこと 写真左:陳内将さん、右:小越勇輝さん ●お二人の初対面はいつですか? 小越勇輝さん(以下、小越) 6年前かな? 陳内将さん(以下、陳内) 『テニスの王子様』のオーディションが一緒で、その時は「リョーマ役、ちっちゃいかわいい子たちが競ってるんだ」っていう印象。しっかり挨拶したのは合宿のときかな。でも全然話せなかったんだよね。...more
in English
カテゴリー:

【ネタばれ】新たなクロスオーバーも?『ARROW』や『THE FLASH』のキャストが明かしたドラマ裏話8選 - 03月26日(日)12:00 

現地時間18日(土)にロサンゼルスで開催されたPaleyFestに、米CWの『ARROW/アロー』、『THE FLASH/フラッシュ』、『SUPERGIRL/スーパーガール』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』の面々が一堂に会した。そこでスティーヴン・アメル(アロー役)やグラント・ガスティン(フラッシュ役)らが明かした裏話を米Entertainment Tonightが紹介している。(本記事はネタばれを含みますのでご注意ください)■『ARROW』1.『ARROW』は今シーズンの途中でシリーズ通算100話目を迎えた。主演のスティーヴンはDCドラマ4作が現在バンクーバーに拠点を置いて順調に撮影できているのは、『ヤング・スーパーマン』が同地での撮影の礎を築いてくれたからだと語り、「100話目を迎えられたことを本当に誇りに思っているし、200話までの道のりも簡単に越えられるんじゃないかって感じているよ」とコメントした。2.『ARROW』ファンにとって気になるのが、オリバーとフェリシティ(エミリー・ベット・リッカーズ)通称"オリシティ"の関係性について。シーズン5現在ではなかなか距離を縮められずにいる二人についてスティーヴンは、「まだまだ上手くいくとは言えないけど、二人の本当にかっこいいシーンが幾つか出てくるんだ」と答え、希望を与えた。■『THE FLASH』3.現地時間21日(火)放送の『S...more
in English
カテゴリー:

【芸能】凰稀かなめ、項羽役の清水良太郎降板について「悔しい思いをしている」/舞台『花・虞美人』 - 03月25日(土)21:52 

女優凰稀かなめ(34)が25日、宝塚歌劇団退団後初の主演ミュージカル「花・虞美人」(26日初日、東京・赤坂ACTシアター)の公開稽古を行った。項羽と劉邦の戦いとともにあった虞姫(ぐき)を描いた作品。 2月に違法カジノ店への出入りを受け俳優清水良太郎(28)が項羽役を降板したことについて、凰稀は「清水さんも悔しい思いをしていると思う。本来のメンバーでできない悔しさはありますが、今のメンバーで頑張っている。また清水さんとはどこかでご一緒できたら」と話した。 以下略で送りしております。 全文は下記...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

これじゃ、ただのキテレツでバカバカしい少女漫画のようじゃないか! - 03月25日(土)19:17 

() 【元ネタ比較】『PとJK』後編 出会って半日のプロポーズは、展開早すぎ! ヒロインの女子高生・歌子と警察官の功太が結婚するという、女子の好きなアイテムを詰め込んだ三次マキ原作の少女漫画「PとJK」が映画化された。ヒロイン・歌子を土屋太鳳が演じるのはいいとして、功太に亀梨和也が扮するのがしっくりこない。 イメージもイマイチ違うし、年齢も上すぎる。さらには功太の高校生時代も亀梨和也が演じ、オジサンの若作りになっていて、見るに耐えないコント状態。 歌子のクラスメイトの大神役で高杉真宙が出演していて、すでに20代だが、彼が登場すると「コレが男子高校生っていうもんだよな〜」と若々しさにホッとする。いっそ、功太の高校生は他の役者が演じたほうがまだマシだったのでは、と思ってしまった。 だがしかし、キャスティングよりもっと残念だったことがある。それは展開が早すぎること! ただでさえ、一足飛びに結婚するラブストーリーだが、原作よりもさらに早いのだ。 合コンで歌子と功太が出会ったその日に大神も登場して歌子がケガ、そして入院。開始早々にライバルのポジションの大神も出揃っちゃって入院とくれば、おやおや、まさか例のあのシーン!?と思ったら案の定、功太からプロポーズ! え〜、いくらなんでも展開早すぎ、ついていけませ〜ん。2人が出会って24時間どころか半日ぐらいしか経ってないし、映画として...more
in English
カテゴリー:

「ラ・ラ・ランド」から「チア☆ダン」への流れを読む【コラムニスト木村和久】 - 03月26日(日)15:55 

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その158 ―  最近の映画はアカデミー賞6冠に輝いた「ラ・ラ・ランド」の話題で持ち切りですね。さる男性週刊誌ではコラムのネタが「ラ・ラ・ランド」ばっかりで、被りまくってました。おじさん、おばちゃん世代に食いつきがいいようです。その理由を監督のデイミアン・チャゼルの演出から覗いてみたいと思います。 ◆オヤジ受けする理由①「タラレバ」演出  最近のヒット作では「君の名は。」が熟年世代号泣映画として注目されました。それと同じような構造が「ラ・ラ・ランド」にあります。すなわちラストにかけての「タラレバ」演出です。つまり、「もしあのとき、あ~だったら、こういう人生を送っていたかも」という自分の人生と重ね合わせて見せる演出に魅せられたのです。  誰でも一度は体験するホロ苦い経験はあります。美人ピアニストが缶ビール片手に「リッチしよう」と言ったから、部屋飲みをしたけど、何も起こらなかった。あとでメールが来て「思い切って、エッチしようと言ったのに」って、ガーン、聞き間違いかよ~。まさか彼女の口から「エッチ」が飛び出すとは思いませんね。だったら口説けば良かった。すでに頭の中では「あの日~♪あの時~♪」って、小田和正の歌が、頭の中で走馬灯のように流れているし。  このように、年配の方にとって「ラ・ラ・ランド」のタラレバ演出は、かなり尾を引くようです。 ◆オ...more
in English
カテゴリー:

ペンタトニックス、待望の2年ぶり単独来日ツアー&来日記念EPリリース決定 - 03月26日(日)13:00 

ペンタトニックスが2年ぶりの単独来日となる東名阪福ツアーを5月に開催することを発表した。さらに、来日中の5月24日(水)には、来日記念EP『PTX VOL.IV –クラシックス』が発売されることも決定した。 【その他の画像】Pentatonix2016年は初の日本語歌唱カバー曲「Perfumeメドレー」のリリース、2016年末よりスマート・フォン向けパズルRPG“パズル&ドラゴンズ”のTVCM出演、2017年に入ってからはオリジナル楽曲「NA NA NA」がアサヒビール“クリアアサヒ 贅沢ゼロ”の新TVCM曲に起用されるなど、さまざまな話題を提供し続け、日本でも飛躍し続けている彼ら。 来日公演開催中の5月24日(水)には、この来日を記念しての国内盤EP『PTX VOL.IV –クラシックス』が発売となるが、今作はこれまでリリースしてきたカバーEPシリーズ第4弾となる。今回初めてサブ・タイトルとして「クラシックス」が加わっている通り、先だって公開されたジョン・レノンの名曲「イマジン」(1971年)、クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」(1975年)、エルヴィス・プレスリー「好きにならずにいられない」(1961年)、ミュージカル映画『オズの魔法使い』の劇中歌「虹の彼方に」(1931年)など、1930年~1980年という世代をまたぎ、ペンタトニックスのメンバー自身も含め今もなお世界中で...more
in English
カテゴリー:

ロバート・ダウニー・Jr.、『ドリトル先生航海記』映画化で主演 - 03月26日(日)09:00 

 映画『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズで人気を博す俳優ロバート・ダウニー・Jr.が、アイアンマンのコスチュームを脱ぎ、動物と会話できる獣医ドリトル先生の冒険を描くヒュー・ロフティング原作『ドリトル先生航海記』の映画化『The Voyage of Doctor Dolittle(原作)』で主演を務めるという。【関連】「ロバート・ダウニー・Jr.」フォトギャラリー 1967年にはミュージカル映画として『ドリトル先生 不思議な旅』、1998年にはコメディ映画として『ドクター・ドリトル』が製作されたロフティングの児童文学『ドリトル先生』シリーズ。The Hollywood Reporterによると、米ユニバーサル・ピクチャーズが映画化権を獲得し、映画『シリアナ』(06)の監督スティーヴン・ギャガンがメガホンを取るという。ギャガン監督は初期の脚本を改稿しているとのことだ。 新作がどれほど原作に忠実に描かれるかは不明だが、『The Voyage of Doctor Dolittle(原作)』は原作シリーズ2作目のタイトルと同じになる。原作では、ドリトル先生がオウムのポリネシア、チンパンジーのチーチー、助手のトミーと共に、先生の敬愛する博物学者ロング・アローが行方不明になったクモサル島へ向かう航中と島に着いてからの冒険を描く。 あらすじや登場人物、撮影時期などの詳細は不明。ロバートの...more
in English
カテゴリー:

凰稀かなめ、清水良太郎は「悔しい思いをしている」 - 03月25日(土)20:37 

 女優凰稀かなめ(34)が25日、宝塚歌劇団退団後初の主演ミュージカル「花・虞美人」(26日初日、東京・赤坂ACTシアター)の公開稽古を行った。項羽と劉邦の戦いとともにあった虞姫(ぐき)を描いた作品。  2月に違法カジノ店への出入りを受…
in English
カテゴリー:

「オペラ座の怪人」横浜地区初公演 黒岩知事も激励 - 03月25日(土)17:52 

 劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」(8月13日まで)が25日、横浜・神奈川芸術劇場で幕を開けた。  パリ・オペラ座の地下にすむ怪人の歌姫クリスティーヌへの悲しい愛を描き、88年の日本初演以来、この日で上演回数6732回(国内3位の…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ミュージカル」の画像

もっと見る

「ミュージカル」の動画

Wikipedia

ミュージカル英語:musical)は、音楽台詞およびダンスを結合させた演劇形式。ユーモア、ペーソス、愛、怒りといったさまざまな感情的要素と物語を組み合わせ、全体として言葉、音楽、動き、その他エンターテイメントの各種技術を統合したものである。ミュージカル・シアター(演劇)の略語で、ミュージカル・プレイ、ミュージカル・コメディ、ミュージカル・レビューの総称である。

概要

ミュージカルは、通常の演劇(ストレートプレイ)の中に演出として劇中歌が入っているものとは異なる。したがってジョン・ケアードが言うように、俳優が突然「私が歌うナンバーだわ」と言っているように思えるミュージカルほど悪いものはない。トレバー・ナンは「歌詞の言葉は誇張されている。だが、単純な朗唱か歌唱では、単純でつまらなくなる〜パフォーマーは歌詞やメロディを自分たちが創造していると感じるところまで行き着くべきだ」日の出出版「レ・ミゼラブル〜舞台から映画へ」と言っているように、単純に歌と台詞と踊りが入っているだけの劇はミュージカルと言わ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる