「ミニ大脳」とは?

関連ニュース

培養した人の大脳「神経オルガノイド」をネズミに移植 - 04月17日(火)19:56  news

細胞から生まれた「ミニ大脳」が、自ら血液をつくれるまでに進化した https://wired.jp/2018/04/17/mini-brains/ 初めてヒトの「脳ボール」、すなわち大脳皮質スフェロイド、または神経オルガノイドとも呼ばれるミニ臓器が誕生したのは、ほんの数年前である。 最初は笑えるほどお粗末な代物だった。幹細胞を化学的操作で原神経細胞へと形成し、それを甘辛い水につけて球形の塊に成長させたものにすぎなかった。 それでも、ジカウイルスによって引き起こされる小頭症など、重篤な脳障害のいくつかを研究するために役立った。 次...
»続きを読む
カテゴリー:

細胞から生まれた「ミニ大脳」が、自ら血液をつくれるまでに進化した - 04月17日(火)18:30 

ヒトの細胞を試験管内で成長させてつくるミニ臓器のうち、脳を模したミニ大脳が驚くべきスピードで進化している。最新の研究では、ついに自ら血管と血液をつくり出せることが明らかになった。脳卒中患者の完治などへの応用が期待される一方、倫理上の問題をいまから社会全体で考えるべきだという指摘がされている。
カテゴリー:

「ミニ大脳」の画像

もっと見る

「ミニ大脳」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる