「ミニバン」とは?

関連ニュース

トヨタ「若者の車離れ? スポーツカー作ったらいいんだろ?」最低価格208万から - 09月20日(水)16:46  news

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170919-00000074-jnn-bus_all (前略) 19日、トヨタが発表した新たなスポーツカーブランド「GR」。 実はトヨタはこれまで「Gスポーツ」という別のブランド名を使ってきましたが、浸透しませんでした。 そこで、なんとか知名度をあげようと、今回、これを一新。 「GR」ブランドに統一し、セダンからミニバンまで幅広い車種をスポーツ仕様にして販売します。 狙いは団塊の世代を中心としたクルマ好きの囲い込みと若者のクルマ離れを食い止めることにあります。 「大多...
»続きを読む
カテゴリー:

Frankfurt: フォルクスワーゲン、アップデートされた「ゴルフ スポーツバン」をフランクフルトで発表 - 09月20日(水)10:00 

Filed under: フランクフルト自動車ショー, ハッチバック, ミニバン, フォルクスワーゲン, テクノロジー, フェイスリフト【ギャラリー】2018 Volkswagen Golf Sportsvan Frankfurt 201715フォルクスワーゲンは今年のフランクフルト・モーターショーで、数々のコンセプトカーやニュー・モデルだけでなく、アップデートされた「ゴルフ スポーツバン」も発表した。 Continue reading フォルクスワーゲン、アップデートされた「ゴルフ スポーツバン」をフランクフルトで発表フォルクスワーゲン、アップデートされた「ゴルフ スポーツバン」をフランクフルトで発表 originally appeared on Autoblog Japan on Tue, 19 Sep 2017 21:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

トヨタ、ミニバン型スポーツカーなど投入―新ブランド「GR」で - 09月19日(火)18:35 

トヨタ自動車はスポーツカーシリーズとして、新たに「GR」を投入すると発表した。ミニバン「ノア」など各車種にスポーツカーと位置付けるモデルを設定している。
カテゴリー:

【車】トヨタ、新ブランド「GR」 プリウスをスポーツ仕様に 中高年、スポーツカーの人気再び - 09月19日(火)14:12  newsplus

「プリウスPHV GR SPORT」  トヨタ自動車は19日、スポーツカーの新ブランド「GR(ジーアール)」を発表した。プリウスPHVやヴィッツなどをスポーツ仕様に改造して売り出した。クルマ離れが進み、カーシェアも普及するなか、消費者の所有欲をくすぐり国内販売をテコ入れする。  第1弾で19日に発売したのはハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアを含む合計6車種。価格は最も安いヴィッツで税込み208万7640円から。もとのクルマに比べ、足回りなどを強化した。  「GR」は世界ラリー選手権などに...
»続きを読む
カテゴリー:

CX-5以上CX-9未満がポイント!! 日本市場に合わせたマツダ「CX-8」の絶妙なパッケージングとは!? - 09月16日(土)19:00 

Filed under: 日本, クロスオーバー/ CUV, マツダ, ディーゼル, ニューモデル【ギャラリー】2017 Mazda CX-8 029 9月14日に発表されたマツダ「CX-8」。外観から判断するとトヨタ 「RAV4 」 と「ヴァンガード」の関係のように、2列シートの「CX-5」をストレッチして3列シートのCX-8を作ったようにも見えるが、開発担当者に伺うとベースとなるのは実はCX-5ではなく、「CX-9」とのこと。 マツダとして3列シートの多人数乗車ニーズへの回答は、ミニバンではなく、クロスオーバーSUV。デザイン性を優先して展開してきているマツダの流れの中では当然の成り行きだろう。 SUVとしてマツダの3列シートのラインナップは、CX-9が先代モデルに続いて、現行モデルが北米に投入されているが、さすがに5mを超える全長、1969mmの全幅では大きすぎて日本の道路事情にフィットしない。 そこで、企画段階でCX-9とCX-8は同時検討され、3列シート車はCX-9をベースに日本での使い勝手を検討しながらCX-8を開発したとのことだ。 なぜ、CX-5と同じ1,840mmの全幅であるのに関わらず、CX-5をベースにストレッチしなかったのかと伺ったところ、乗員を3列シートすべてで大人が適正なポジションをとれることを目標にしていたため、必要なフットクリアランスを確保できる全長が...more
カテゴリー:

【車】トヨタ、新ブランド「GR」 プリウスをスポーツ仕様に 中高年、スポーツカーの人気再び★3 - 09月20日(水)14:22  newsplus

「プリウスPHV GR SPORT」  トヨタ自動車は19日、スポーツカーの新ブランド「GR(ジーアール)」を発表した。プリウスPHVやヴィッツなどをスポーツ仕様に改造して売り出した。クルマ離れが進み、カーシェアも普及するなか、消費者の所有欲をくすぐり国内販売をテコ入れする。  第1弾で19日に発売したのはハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアを含む合計6車種。価格は最も安いヴィッツで税込み208万7640円から。もとのクルマに比べ、足回りなどを強化した。  「GR」は世界ラリー選手権などに...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】トヨタ、新ブランド「GR」 プリウスをスポーツ仕様に 中高年、スポーツカーの人気再び★2 - 09月19日(火)20:54  newsplus

「プリウスPHV GR SPORT」  トヨタ自動車は19日、スポーツカーの新ブランド「GR(ジーアール)」を発表した。プリウスPHVやヴィッツなどをスポーツ仕様に改造して売り出した。クルマ離れが進み、カーシェアも普及するなか、消費者の所有欲をくすぐり国内販売をテコ入れする。  第1弾で19日に発売したのはハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアを含む合計6車種。価格は最も安いヴィッツで税込み208万7640円から。もとのクルマに比べ、足回りなどを強化した。  「GR」は世界ラリー選手権などに...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】トヨタ新ブランド「GR」「GRスポーツ」発表 - 09月19日(火)17:06  bizplus

トヨタは19日、モータースポーツ直系ブランド「GRシリーズ」を立ち上げると発表した。“究極のスポーツモデル”を追求した「GRMN」を頂点として、量産型スポーツモデルの「GR」、多彩なカテゴリーのモデルに展開する「GRスポーツ」の3つのシリーズからなる。また、ノーマル車ユーザー向けのアフターパーツ「GRパーツ」も順次投入するという。 GRといえば、これまで『86』や『マークX』、『ヤリス(日本名:ヴィッツ)』に設定された台数限定のスポーツモデル「GRMN」を思い浮かべる人も居るだろう。これらのモデルは「マイスター・オブ...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜディーゼルモデルのみの設定!? マツダ「CX-8」に搭載されたディーゼルエンジンの進化とは!? - 09月17日(日)10:00 

Filed under: ビデオ, SUV, 日本, クロスオーバー/ CUV, マツダ, ディーゼル, ニューモデル【ギャラリー】2017 Mazda CX-8 037マツダ「CX-8」 のパワートレインは2.2Lのディーゼルのみ。弟分の「CX-5」は、2.2Lのディーゼルに加え、2.0Lガソリンと2.5Lガソリンがラインナップされているのだから、ラインナップが少ないことは明らかだ。 しかも、CX-8はCX-5に比べて長く、車両重量が重くなっている上、フル乗車の乗員の場合最大2名分の体重が加味されるのでさらに厳しい。それではなぜ排気量アップせず、同じ2.2Lディーゼルなのかを伺ってみた。 まず、なぜエンジンのラインナップが1種類なのかという点だが、これは3列シートのSUV市場は月販3,000台程度であり、まずはエンジンは1種類で展開したいという理由とのことだ。CX-8の販売目標は月販1,200台となっており、現在の市場規模のままであればかなり厳しい目標だ。 しかし、充分な3列目の室内空間を確保することで、ミニバン系のユーザーを取り込んでいくということであれば、目標は意外と簡単にクリアできるかもしれない。例えば、スタイリッシュなハリアーのようなSUVを購入したかったが7人乗れないと都合が悪いので購入できないため、ミニバンのアルファードにしよう考えている人などが流れてくる可能性はある...more
カテゴリー:

マツダ「CX-8」が脱ミニバンで目指す新境地 プレミアムブランドへの脱皮に向け真剣勝負 | 自動車 | 東洋経済オンライン - 09月16日(土)08:00 

「1人でも多人数でも、運転していて楽しいSUVに仕上がった。父親だけでなく、乗り心地のよさで奥様や家族…
カテゴリー:

もっと見る

「ミニバン」の画像

もっと見る

「ミニバン」の動画

Wikipedia

ミニバン (''minivan'') は、車体形状や使用形態により分類される自動車の形態のひとつである。

概要

ミニバンは、規格や技術的な定義は存在しないが、一般的に6人以上の乗車定員であり1.5BOX、2BOX、ワンモーションとも言われる車体形状を包括し、スペース効率を上げるため着座姿勢が立ち気味(アップライト)で、全長に対する室内長と室内高は比較的大きい車種を示す。欧州ではMPVピープルムーバーモノスペースとよばれる場合が多い。

メーカーの販売戦略上、乗用車の一形態として位置付られ商用車との差別化を図るため、商用車ベースであるキャブオーバースタイルのいわゆるワンボックスカーやVanと区別される。

これにより日本では、「ミニ」バンと呼ばれるものの、この場合の「ミニ」という語には大きさを表す意味はすでになく全幅が小型車の基準外で3ナンバーの「ミニバン」さえ存在する、また「バン」も貨物車であるを表しているわけではないと理解されている。

行政による区分は、アメリカでは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる