「ミニゲーム」とは?

関連ニュース

「リピート―」出演中の猪野広樹、「ゆがんだ役にやりごたえある」 - 02月21日(水)13:00 

ハイパープロダクション演劇「ハイキュー!!」(菅原孝支役)、舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜(大倶利伽羅役)、ミュージカル『薄桜鬼』(永倉新八役)など2.5次元舞台で活躍する一方、昨年は連続ドラマ「スター☆コンチェルト」(瑛倉ヒロキ)で連ドラ初主演を果たすなど、輝かしい躍進を見せている猪野。現在はドラマ「リピート ~運命を変える10か月~」に出演中だ。 【写真を見る】撮影現場は刺激的!/撮影=山下隼 本作はたまたま選ばれた8人が、10か月前の過去に戻り人生の選択をやり直すというタイムリープもの。しかし運命を変えようとそれぞれは奮闘するも、次々に悲劇に襲われていく…。シリアスな展開が続くストーリーだが、その現場は? リピート前後でまったく違う性格を演じた猪野に、収録時のエピソード、さらに彼自身の素顔にも迫ってきました! ──猪野さん演じる坪井要はかなりクセのある役柄ですが、猪野さんはどう捉えていますか? 「坪井は、もとは東大を二浪した予備校生。いい家の育ちで、親からは『東大、東大!』と言われ続け、東大に入るために“リピート”に参加するんです。リピートした世界では無事に東大に入れましたが、それまで親や周囲から圧をかけられてきたため、ゆがんだ意識を持っていて(笑)。自分がされてきたことを人にもしちゃうような、どうしようもないところもあるんですけど、やりごたえのある役。演じていて楽しいです...more
カテゴリー:

独自の解釈での吉祥図をモチーフにした作品も発表される谷川泰宏氏の個展「-創造のまなざし-」 - 02月21日(水)09:45 

「蓬莱の不二」53.0×40.9cm 2018年2月21日(水)から2月27日(火)まで、日本橋高島屋 6Fの美術画廊にて、谷川泰宏氏の作品を紹介する展覧会が開催される。2012年12月に開催された高島屋美術部創設百年記念展から約5年振りの個展。谷川氏が2008年からライフワークとしているテーマ「―創造へのまなざし―」の作品を中心に、約25点の発表が予定されている。営業時間は10:30〜19:30。 谷川泰宏氏は1957年に徳島県で生まれ、東京藝術大学美術学部油画科を卒業した。その後は同大学院を修了し、油画科助手および非常勤講師を務め、個展やグループ展などで精力的に作品を発表している。高島屋では、2004年から2016年まで正月の福袋原画を担当(現在は終了)。緻密な描写と鮮やかな色彩、箔を多用した装飾性の高い独自の画面構成などが特徴で、その作品は洗練された優美さを感じさせる。本展では「―創造へのまなざし―」の作品のほか、人気が高い不二や霊獣、三友図など、独自の解釈で描く吉祥図をモチーフにした作品も展示予定だ。 なお、本展は高島屋美術部創設110年記念の一環としての開催。東京展に続き、3月7日(水)〜3月13日(火)には京都高島屋、3月21日(水)〜3月27日(火)には大阪高島屋、4月11日(水)〜4月17日(火)には横浜高島屋と、各地の美術画廊で展開される。 ■期間東京展:2018...more
カテゴリー:

広告デザインの虚と実が現代アートで表現されている「FLYER 星山耕太郎展」 - 02月21日(水)09:45 

「Love」2017年 墨 / アクリル / 和紙、530×410mm 2018年2月21日(水)から3月12日(月)まで、日本橋高島屋 6Fの美術画廊Xにて「FLYER 星山耕太郎展」が開催される。広告デザインの“虚と実”を現代アートで表現する星山耕太郎氏の個展。900×2700cm(900cmの3連)の大作から小品まで約26点の作品が展示される。営業時間は10:30〜19:30。 1979年東京生まれの星山耕太郎氏は、2003年に多摩美術大学日本画科を卒業し、2003年から現在まで広告デザイン業を手掛けている。作家としての主な個展では、2010年に銀座のGalleryQで「顔の中へ」、2012年に吉祥寺のGallery百想で「彼岸の考察」、2017年に信濃町のA.C.T.で「Alter Ego」を開催。そのほか、さまざまなグループ展にも参加している。 広告は、商品(自己)の特性を伝達するだけでなく、消費を促進するという社会的役割があるもの。もともとマンガを描きたくて絵画の世界に没入していった星山氏は、さまざまな二項対立に溢れたマンガに社会のリアリティを感じ、それは自己矛盾に抗う同氏にとって肖像作品を描く際の一貫した理念にもなった。“広告の洪水の海”の中で、虚とは何か、実とは何かを絵画によって表現している。 ■期間:2018年2月21日(水)~3月12日(月)■開催場所:美術画廊...more
カテゴリー:

鳥栖J開幕へ最後の公開練習、監督は仕上がりに自信 - 02月19日(月)18:49 

 23日のJ1開幕に向けてサガン鳥栖が19日、最後の公開練習を行った。20日から開幕までは非公開となる。この日は午後からフィジカルトレーニングをこなした後に、簡単なミニゲームなど実戦練習も実施した。マッシモ・フィッカデンティ監督(50)…
カテゴリー:

<ベガルタ>椎橋、別メニューで調整 - 02月16日(金)09:24 

キャンプ終盤で椎橋に試練が襲った。14日の練習中に右太もも裏を痛めた影響で別メニューで調整。ミニゲームなどに取り組む選手たちから離れ、ピッチを歩くなど軽めに体を動かした。「痛みは昨日(14日)より少な
カテゴリー:

【PR】「ドラゴンボールZ Xキーパーズ」神龍を呼び出してゲーム内アイテムをGET! ミニゲームが楽しめる事前登録キャンペーンが開催中 - 02月21日(水)12:00 

 バンダイナムコオンラインは,Yahoo!ゲームで2018年春にリリースを予定している新作ブラウザゲーム「ドラゴンボールZXキーパーズ」の事前登録キャンペーン「ドラゴンボールを7つそろえて神龍をよびだせ!」を実施中だ。事前登録サイトのミニゲームに挑戦して,ゲーム内硬貨やアイテムを手に入れよう。
カテゴリー:

Unreal Engine 4を使用したミニゲームなどを募集するコンテスト「第9回UE4ぷちコン」 - 02月21日(水)09:45 

株式会社ヒストリア「第9回UE4ぷちコン」 ※下2段の画像は第8回ノミネート作品 株式会社ヒストリアの主催、エピック・ゲームズ・ジャパンの共催で、「第9回UE4ぷちコン」が開催中。2018年3月19日(月)の10:00まで、作品の応募を受け付けている。ゲームエンジンの「Unreal Engine 4」を用いて作成したミニゲームの募集(Blueprintのみ / C++含む、どちらでも可)。テーマである「ループ」という要素を1つでも含む作品が求められており、繰り返し / 輪 / 巻き戻り / 循環など「ループ」の解釈は自分次第とされている。 本コンテストは「Unreal Engine 4」の学習を目的にした習得用のミニコンテスト。“2、3日でサクッと作ってサクッと応募”をコンセプトに開催されている。どのテンプレートを使用してもOKで、映像作品などノンゲームで応募することも可能。応募点数に上限は設けられていない。開催期間中に作り始めた作品であることが必要だが、過去の資産の使い回しは可。また、既存のゲームと酷似しすぎていないことが条件とされている。 学習目的のコンテストであるため、プロだけでなくアマチュアによる参加にも対応。個人 / 法人も不問で、チームを組んで制作した作品でも応募できる(参加賞を含め賞品は1チームにつき1つ)。作品の提出方法は、約1〜5分のプレイ動画をYouTubeもし...more
カテゴリー:

元AKB48の増田有華ら、映画『瞬間の流レ星』の完成セレモニーに登壇 - 02月20日(火)13:31 

映画「瞬間の流レ星」の完成記念セレモニーが東京・レコチョク本社で開催され、元AKB48の増田有華、グラビアアイドルの生田佳那、俳優の渋江譲二ら主要キャストが登壇した。 この日はレコチョクサイトで募った全国の映画サポーターを前に、主要キャストに加えて総監督の源田泰章氏、監督の菅原達郎氏も登壇。撮影の裏話を含めたトークショーやミニゲームを交えながら、世界初出しとなる冒頭シーンの上映も行われた。 さらにゲストとして、撮影地だった長野県のゆるキャラ“アルクマ”と、開催場所を提供したレコチョクのゆるキャラ“レコチョクマ”が初共演。人気ゆるキャラ2体の登場に、会場は大歓声に包まれた。 映画『瞬間の流レ星』は3月3日・4日に主要キャストと監督らによる舞台挨拶付き長野県プレミア先行上映が行われ、6月より全国公開予定。 【関連記事】 ・映画『瞬間の流レ星』オフィシャルサイト ・稲垣吾郎、初めて訪れる土地でクランクイン「やっぱり演じるって楽しい」 ・平祐奈、姉・愛梨の第1子に感涙!家族と繋がれるブログは「本当にいいな」BLOG of the year 2017受賞者インタビュー ・保田圭、助産院で桶谷式母乳ケア「息子と一緒に行ってきま〜す」 ・森麻季、水卜麻美アナら総勢25人がベビーシャワー「幸せです」
カテゴリー:

<ベガルタ>きょうの練習試合へ調整 宮崎キャンプ - 02月17日(土)09:22 

16日は午前のみ約1時間半練習し、17日の練習試合に備えて調整した。ピッチの範囲を狭めてのミニゲームでは、選手たちが積極的に前に出てボールを奪う意識を共有。雨交じりの肌寒さの中、FW石原やMF奥埜らが
カテゴリー:

<ベガルタ>攻守の組み立て確認 - 02月16日(金)09:24 

宮崎キャンプ15日は午前のみ約1時間半練習し、攻撃と守備の組み立てを確かめた。ミニゲームでは中盤を置かずに守備5人、攻撃4人に分けてプレー。ピッチの範囲を狭めての紅白戦では、両サイドに双方のチームへパ
カテゴリー:

もっと見る

「ミニゲーム」の画像

もっと見る

「ミニゲーム」の動画

Wikipedia

ミニゲームminigame)は、小規模なゲームのこと。スポーツ(特に球技)やコンピュータゲームについて用いる。

コンピュータゲーム

コンピュータゲームの中に含まれる短いゲームのことをミニゲームサブゲームとも)と呼ぶ。ゲーム本編よりも小規模で質素であり、本編とは異なるジャンルであることが多い。

このようなミニゲームはおまけの要素として含まれている場合と、メインのゲームをクリアするために必須のイベントとして用意されている場合がある。

プレイが強制されないミニゲーム

以下の例では、ゲーム内にミニゲームがおまけの要素として用意されており、プレイすることによりアイテム・残機・ヒントなどを得ることができる作品もある。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる