「ミステリー」とは?

関連ニュース

「台本が真っ黒に…」黒島結菜と平祐奈が明かした現場での苦労とは? - 03月23日(木)21:09 

旬の若手俳優が集結している『サクラダリセット』(前篇3月25日、後篇5月13日公開)から、物語のキーとなる、黒島結菜と平祐奈をインタビュー。CMなどでもおなじみの人気女優2人から、意外な苦労話が聞けた。 【写真を見る】黒島結菜が明かした現場での苦労とは!? 『サクラダリセット』は、特殊能力者が暮らす街・咲良田を舞台にしたミステリー。黒島は世界を3日間まで巻き戻せる“リセット”の能力を持つ引っ込み思案な少女・春埼美空を、平は2年前にリセットの影響で死亡したミステリアスな少女・相麻菫を演じている。 「とにかく難しかった」と2人が口を揃えるのは、“リセット”や“記憶保持”といった、さまざまな能力が複雑に作用し合い、時系列を行き来しながら進んでいくストーリー展開。難解な物語ゆえに理解するのにかなり苦しんだようで…。 黒島「1人で理解するのは無理だと思ったので、マネージャーさんと一緒に確認しながら台本を読み進めていきました。でも、2人になろうが無理なものは無理で…(笑)」 平「本当に難しいよね」 黒島「衣装合わせの時に監督に声をかけて、各々の能力やシーンの時系列を台本が真っ黒になるまで徹底的に確認したんです。そのおかげで『あれ…?ここは記憶がなくなっているはずだから、このセリフじゃ変じゃない?』といった発見もありました」 平「私も監督にいろいろ教えてもらったんですけど、台本を読み進めていくう...more
in English
カテゴリー:

美少女6人&イケメン教師の本性に身震い!「暗黒女子」キャラ別予告編が一挙公開 - 03月23日(木)15:00 

 清水富美加&飯豊まりえのダブル主演で秋吉理香子氏のミステリー小説を映画化する「暗黒女子」のキャラクター別予告編7種が、一挙に公開された。本作に登場するキャラクターは、表向きは優秀な生徒&教師だが、実はおぞましい本性を持つ者ばかり。予告編では、それぞれが秘めている“裏の顔”にフォーカスしている。 ・【動画】「暗黒女子」キャラクター別予告:澄川小百合編  嫌な読後感を抱くミステリーを指す“イヤミス”界に旋風を巻き起こした同名小説を、清水、飯豊、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈の共演で実写映画化。聖母マリア女子高等学院の文学サークルを舞台に、マドンナ・白石いつみ(飯豊)の謎めいた死をめぐり、同サークル員の美少女たちが裏の顔と悪意をのぞかせる姿を描いている。  文学サークルの副会長・澄川小百合(清水)に迫る予告編では、同サークル恒例の“闇鍋朗読会”を進行する彼女の姿が映し出される。おしとやかな笑顔を浮かべながら「いつみの死」をテーマにした小説をサークル員たちに発表させているが、突如豹変。雷鳴をバックに高笑いを浮かべたり、「いつみの愛した朗読会を汚さないで。どうぞ最後までお聞きください」と険しい表情で言い放つ二面性をとらえている。  全生徒の憧れの的であるいつみをフィーチャーしたバージョンでは、性格もルックスも完璧だったはずの彼女の人物像が揺らいでしまう。いつみに泣きながら...more
in English
カテゴリー:

瑛太、TBS連ドラ初主演!深田恭子、森田剛、山口智子と『ハロー張りネズミ』映像化 - 03月23日(木)12:14 

俳優の瑛太が、7月スタートの新ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜22:00~)にて、TBSの連続ドラマ初主演を務めることがわかった。また、瑛太が同局のドラマに出演するのは、2004年放送の『オレンジデイズ』以来13年ぶりとなる。本作は、「島耕作シリーズ」でお馴染みの弘兼憲史が、1980から1989年にわたり講談社「週刊ヤングマガジン」にて連載していた同名コミックの映像化。東京都板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」を舞台に、一風変わった探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎と仲間たちが、時に人情味あふれる哀しい事件に、また時に想像を超える難事件に挑んでいく。探偵ドラマというジャンルに属していながら、人情モノ、殺人ミステリー、超常現象、ホラー、国際犯罪、歴史ミステリーまで描き、まさにジャンルレスな展開を見せていく。瑛太が演じる五郎は、情に厚く実直だが、スケベで多少おせっかいな一面もある男。「あかつか探偵事務所」のムードメーカー的な存在だ。ミステリアスなヒロイン・四俵蘭子を演じるのは、数々のドラマや映画をはじめ、一昨年は舞台に初挑戦するなど、多方面で活躍する深田恭子。五郎と同じく「あかつか探偵事務所」に所属し、五郎の良き相棒である“グレさん”こと木暮久作役には森田剛が決定した。そして、昼間から酒をあおる飲兵衛だが、五郎たちを温かく見守る「あかつか探偵事務所」の所長・風...more
in English
カテゴリー:

「カルテット」の新しさ。視聴率以上のサムシングを視聴者に刻んだ魅力を考察 - 03月23日(木)10:00 

3月21日に最終回を迎えたTBSドラマ『カルテット』。最終回の視聴率は9.8%、平均視聴率は8.9%に終わったが、視聴率以上のサムシングを視聴者に刻んだドラマだった。TBSさん、劇場版つくるならこのドラマですよ。『カルテット』ほど、深読み、裏読み、解釈、考察を楽しまれたドラマはほかにない。あのシーンにはこんな意味があるんじゃないだろうか、このセリフにはこんな意味があるんじゃないだろうか、あのシーンの○○は××の象徴だ! などなど。毎回、放送終了後のツイッターを見ると、ファンによる「わかった!」という金田一耕助シリーズの加藤武ばりの書き込みや「○○は××じゃないだろうか……ミゾミゾする」という書き込みが飛び交った。ドラマの中の時間軸がズレているのではないかという話題は、『カルテット』の深読み、考察の最たるものだ。ファンたちの盛り上がりがヒートアップしすぎて、佐野亜裕美プロデューサーが公式に否定することになった。最終回もコンサート会場に現れた帽子を被った女性が、主題歌を歌った椎名林檎なんじゃないかという話題が盛り上がった。「5年前に音楽をやめた」という手紙の内容と、椎名林檎のバンド・東京事変が5年前に解散していることを結びつける書き込みもあったが、椎名林檎はずっと音楽続けてるよ! という冷静なツッコミもあった。つまり、それだけ坂元裕二による脚本、土井裕泰、金子文紀、坪井敏雄というベテラ...more
in English
カテゴリー:

FES☆TIVE・青葉ひなり、1st写真集で温泉入ってバスタオル1枚に!? - 03月22日(水)22:00 

FES☆TIVE・青葉ひなりの1st写真集「ひなりと雪景色と湯けむり」が、4月4日(火)に発売される。 【写真を見る】温泉でひなりんと見つめ合う! スノーボード、そり、雪だるまなど雪景色をバックとしたカットから、宿での浴衣姿、温泉入浴シーンまで見どころが満載の「ひなりと雪景色と湯けむり」。表紙も5種類で展開され、さまざまな青葉の表情が楽しめる。 発売日には、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで発売記念イベントも予定されている。 【関連記事】 ・つばきファクトリーらがO-EAST、duo連動の「本格音楽女子祭」に出演 ・虹コン・ねも、ののた、かりん、「ミステリーツアー」参加で野望が止まらない!? ・FES☆TIVE・こっとん、「ミステリーツアー」でファンの違う一面を見て喜ぶ! ・“3000年に一度の正統派アイドル”SAY-LAは、素でもカワイイ!?
in English
カテゴリー:

三池崇史も期待!『ラプラスの魔女』の広瀬すずはかなりヤバいらしい! - 03月23日(木)21:01 

現在公開中の『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や『ちはやふる』(16)など、“部活動に打ち込む活発な女子高生”の印象が強い広瀬すず。そんな彼女だが、先日、東野圭吾の同名小説を櫻井翔主演で映画化した『ラプラスの魔女』(18年公開)に出演することが発表された。しかも、演じるのは“活発な女子高生”というパブリックイメージを覆す役どころらしい…? 原作者の東野が「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と語った野心作であるこの作品は、遠く離れた2つの地点で連続して発生した不審死が題材。同じ自然現象下で起きた硫化水素中毒死に疑問をもった警察は、櫻井演じる地球科学の研究者である大学教授・青江修介に捜査への協力を依頼し…というミステリーとなっている。 広瀬が演じるのは、自然科学的見地から2つの死の事件性を否定した青江の前に突然現れる謎の女・円華。次に起こる自然現象を言い当てるなど、超人的な能力で青江を翻弄する彼女だが、失踪した青年・甘粕(福士蒼汰)を探している。その目的は?そして、なぜそのような能力を持っているのか? 広瀬は「何回台本を読んでもなかなか掴めなくて苦戦してます」と新境地に挑む苦労をコメント。また三池崇史監督も「知っているよりヤバい『広瀬すず』」と独特の言い回しで、広瀬を演出することへの興奮が窺えるコメントを寄せている。 原作の読者からは、タイト...more
in English
カテゴリー:

美少女6人&イケメン教師の本性に身震い!「暗黒女子」キャラ別予告編が一挙公開 - 03月23日(木)15:00 

清水富美加&飯豊まりえのダブル主演で秋吉理香子氏のミステリー小説を映画化する「暗黒女子」のキャラクター別予告編7種が、一挙に公開された。本作に登場するキャラクターは、表向きは優秀な生徒&教師だが...
in English
カテゴリー:

瑛太、TBS連ドラ初主演!深田恭子、森田剛、山口智子と『ハロー張りネズミ』映像化 - 03月23日(木)12:00 

俳優の瑛太が、7月スタートの新ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜22:00~)にて、TBSの連続ドラマ初主演を務めることがわかった。また、瑛太が同局のドラマに出演するのは、2004年放送の『オレンジデイズ』以来13年ぶりとなる。本作は、「島耕作シリーズ」でお馴染みの弘兼憲史が、1980から1989年にわたり講談社「週刊ヤングマガジン」にて連載していた同名コミックの映像化。東京都板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」を舞台に、一風変わった探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎と仲間たちが、時に人情味あふれる哀しい事件に、また時に想像を超える難事件に挑んでいく。探偵ドラマというジャンルに属していながら、人情モノ、殺人ミステリー、超常現象、ホラー、国際犯罪、歴史ミステリーまで描き、まさにジャンルレスな展開を見せていく。瑛太が演じる五郎は、情に厚く実直だが、スケベで多少おせっかいな一面もある男。「あかつか探偵事務所」のムードメーカー的な存在だ。ミステリアスなヒロイン・四俵蘭子を演じるのは、数々のドラマや映画をはじめ、一昨年は舞台に初挑戦するなど、多方面で活躍する深田恭子。五郎と同じく「あかつか探偵事務所」に所属し、五郎の良き相棒である“グレさん”こと木暮久作役には森田剛が決定した。そして、昼間から酒をあおる飲兵衛だが、五郎たちを温かく見守る「あかつか探偵事務所」の所長・風...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】瑛太、バカでスケベな人情探偵 「ハロー張りネズミ」連続ドラマ化 - 03月23日(木)05:03 

スポニチアネックス 3/23(木) 5:00  80年代の名作漫画「ハロー張りネズミ」が、俳優・瑛太(34)の主演で連続ドラマ化される。TBSで7月期の金曜午後10時枠で放送。「モテキ」「バクマン。」などの作品で知られる大根仁監督が脚本、演出を担当する。  「島耕作」シリーズの漫画家・弘兼憲史氏が、83~89年に「週刊ヤングマガジン」で連載した探偵モノ。東京都板橋区下赤塚の「あかつか探偵事務所」に舞い込む依頼に、主人公・七瀬五郎(通称・ハリネズミ)と仲間たちが挑む物語。1話完結型で、特徴は幅広いエピソー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「金正男」長男の告白ビデオ 北朝鮮への3つのメッセージとは - 03月22日(水)05:58 

「北風を吹かせる」とは、韓国が折に触れ、北朝鮮を政治的に“利用”することの喩え。朴槿恵大統領(65)に憲法裁が罷免の判決を下したのは3月10日のことだ。一方、金正男の長男が「父は殺された」と動画で告白したのはその僅か3日前。2点を結ぶ、ビデオに込められたメッセージ3つとは。北風を吹かせたのは誰か。  ***  長男キム・ハンソルの告白は40秒で、北朝鮮の外交官旅券を示しながら、〈自分は北朝鮮のキム・ハンソルで、妹と母と一緒にいる〉と語ったのだ。かつて直撃取材をしたジャーナリストの宮下洋一氏によると、 「顔の雰囲気も英語の訛りも本人に違いありません」  ところで、動画公開元は「チョンリマ民間防衛」なる団体。彼らはサイトで、 「先月、緊急の保護を求められ、家族3人を安全のために移動させた」  とし、オランダ、中国、アメリカとあともう1つの計4カ国が支援してくれたことに感謝を申し述べている。情報不足から様々なミステリーの輻輳を思わせるところ、ひとつずつ解き明かしていくと、 「匿名の残りの1つは我が方。つまり国家情報院の庇護下にあると見ていい」  と韓国政府関係者。これに首肯するように早大の重村智計名誉教授が解説する。 「まず、『北朝鮮の国民たちへ』という動画のタイトルですが、北の人々は自国のことを『共和国』と呼びます。そのうえ、『チョンリマ』の英語の綴りが、韓国語からの英訳になっている...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ミステリー」の画像

もっと見る

「ミステリー」の動画

Wikipedia

  • 転送 ミステリ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる