「ミステリー」とは?

関連ニュース

【芸能】カラテカ・矢部太郎の実話マンガが話題 じわじわと売れ続け現在15万部 - 12月17日(日)12:46  mnewsplus

2017年12月16日 掲載 カラテカ・矢部太郎の実話マンガが話題 じわじわと売れ続け現在15万部  12月12日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『漫画 君たちはどう生きるか 』が獲得した。  第2位は『九十歳。何がめでたい』。第3位は『信仰の法 地球神エル・カンターレとは』となった。 大切な人をもっと大切にしたくなる、 泣き笑い、奇跡の実話漫画『大家さんと僕』矢部太郎[著](新潮社)  4位以下で注目は7位の『大家さんと僕』。お笑い芸人のカラテカ・矢部太郎さんが...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断 - 12月17日(日)09:40  news

日本の同人ゲームを手がけるパブリッシャーHenteko Doujinは、今冬Steamリリース予定であった全年齢向けミステリーノベル『いえのかぎ』がValveによって削除されたと発表、経緯について同作のSteamコミュニティ上で説明しています。 同作は、女子児童への盗撮行為を、当の児童によって発見された主人公の小学校教諭が、それを弱みに、小学校に隠された、謎の大金の探索へと参加させられてしまう所から始まるサスペンスノベルゲーム。日本では既に全年齢向けの一般同人タイトルとしてリリースされています。 Henteko Doujinによれば...
»続きを読む
カテゴリー:

松下奈緒&古田新太、3年ぶりに再タッグ『闇の伴走者』続編決定 - 12月17日(日)06:00 

 女優の松下奈緒と俳優の古田新太がダブル主演したクライムサスペンスドラマの続編『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』がWOWOWで来年3月31日より放送されることが決定した。前作から3年ぶりに復活する凸凹コンビが挑むのは、戦後最大の謎「下山事件」。松下は「パート1の時もそうでしたが、漫画という切り口から事件が始まっていくストーリーが楽しみでなりません」とコメントしている。 【画像】前作に登場したオリジナル漫画  松下が演じる水野優希は前回から引き続き出版関係専門の調査会社の調査員、一方の古田演じる醍醐真司はフリーの漫画編集者から中堅出版社の漫画誌「漫画ブレイブ」の編集長に就任することになる。  松下は「噛み合ってるのか噛み合っていないのかわからない、そんな2人がくり広げる事件解決への道のりを、古田さんと一緒に頑張っていきたいと思います。再結成できて本当にうれしいです」とコメント。古田は松下との再共演に「そりゃ楽しいに決まってますよ。長い説明さえなければ。あぁ、またあの長いウンチクを述べなきゃいけないのか…」とうれしい悲鳴をあげ、「また楽しいミステリーになると思います。前回くらいのクオリティを保とうと思います」と話していた。  物語は、かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者が、中堅出版社の漫画雑誌の復興を依頼され、強い意欲を持って編集長に就任するも、その直後にビルの屋上か...more
カテゴリー:

【ゲーム】全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断 - 12月17日(日)05:59  newsplus

日本の同人ゲームを手がけるパブリッシャーHenteko Doujinは、今冬Steamリリース予定であった全年齢向けミステリーノベル『いえのかぎ』がValveによって削除されたと発表、経緯について同作のSteamコミュニティ上で説明しています。 同作は、女子児童への盗撮行為を、当の児童によって発見された主人公の小学校教諭が、それを弱みに、小学校に隠された、謎の大金の探索へと参加させられてしまう所から始まるサスペンスノベルゲーム。日本では既に全年齢向けの一般同人タイトルとしてリリースされています。 Henteko Doujinによれば、...
»続きを読む
カテゴリー:

「監獄のお姫さま」「陸王」「コウノドリ」…結末どうなる? 注目秋ドラの最終回を総チェック! - 12月16日(土)19:06 

年の瀬が近づき、今期連ドラもいよいよクライマックス! あの囚人たちの復讐劇の結末は? あの産科チームはバラバラになっちゃうの!? あの足袋屋の買収話の行方は…? 気になって夜も眠れないアナタのために「週刊ザテレビジョン」が絶対外せないドラマ最終回をピックアップ!  【写真を見る】注目ドラマのキーパーソン続々!/©日本テレビ ■ 12/16土夜10:00~「先に生まれただけの僕」 赤字経営の京明館高校を立て直すため本社から出向してきた元営業マン・鳴海(櫻井翔)の奮闘を描いてきた「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)。京明館高校に来た当初は教師たちに反発ばかりされていた鳴海だが、熱意と真面目さで、教師や生徒の気持ちに変化をもたらした。最終回では、来年度の新入生確保のため教師たちは受験生の個別相談をたくさん受けようと努力するも、なかなかうまくいかない。そんななか、鳴海にさらなる追い打ちが。本社の専務・加賀谷(高嶋政伸)からは校長を続けたいなら会社を辞めるよう迫られ、決断のときが近づく…。最終回の注目人物は副校長・柏木(風間杜夫)。早くから鳴海に影響された柏木が、今度は逆に鳴海の決断に大きな影響を与える!? ■ 12/19火夜9:00~「明日の約束」 男子高校生・圭吾(遠藤健慎)の死の真相を巡るヒューマンミステリー「明日の約束」(フジ系)。マスコミや弁護士を使って日向(井上真央)や学校...more
カテゴリー:

「おんな城主直虎」49話「伊賀超え」を芝居で乗り切ったことで、たぬき・家康の萌芽を描いた冴え - 12月17日(日)10:00 

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」(作:森下佳子/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)12月10日(日)放送 第49回「本能寺が変」 演出:藤並英樹 パブリックビューイングにぴったりの愉快な、劇団家康回最終回の1話前(最終回イブ)とは思えない軽いノリの「本能寺が変」を、彦根、井伊直政の菩提寺・清凉寺のパブリックビューイングで見た。イベントにも使用される禅堂(来年「西郷どん」で井伊直弼を演じる佐野史郎が朗読イベントも行ったことがある)にて、5時30分からシークレットゲストの菅田将暉が登場し、30分間のトークを行ったのち、6時からのBSプレミアムでの放送を、一般観覧者228人(応募者は1000人を超えた)が一緒に楽しむ趣向(菅田は退席)。音響がめちゃめちゃいいわけではないとはいえ、やっぱり大きなスピーカーから音が出て、しかも大画面なので、盛り上がる。なにせ、内容が、本能寺の変から伊賀超えに至る緊迫感のなかでの、劇団徳川のエチュード(即興芝居)。チーム徳川(阿部サダヲ、菅田将暉、尾美としのり、みのすけ、高嶋政宏、中村織央)が何かにつけて、目をカッと見開き、音楽が大きく鳴ると、客席は湧いた。もう一方のドラマ・直虎(柴咲コウ)が堺に出向き、龍雲丸(柳楽優弥)と再会するも、甘い感傷がなく、事務的で、龍雲丸ががっかりするみたいなエピソードにも笑いが漏れた。放送前の30分、...more
カテゴリー:

松下奈緒&古田新太の凸凹コンビが復活!「闇の伴走者」続編、18年3月31日放送 - 12月17日(日)06:00 

 「MASTERキートン」などを手がけた漫画原作者で作家・長崎尚志氏のミステリー小説を原作にしたWOWOWの連続ドラマW「闇の伴走者」の続編「闇の伴走者~編集長の条件」が2018年3月31日から放送されることが決定。前作でダブル主演を務めた松下奈緒と古田新太が続投することがわかった。  長崎氏が執筆した「編集長の条件 -醍醐真司の博覧推理ファイル-」(新潮社刊行予定)を、「先生! 、、、好きになってもいいですか?」「坂道のアポロン」(18年3月10日公開)の三木孝浩監督が実写化。出版関係専門の調査会社の調査員・優希(松下)と、フリーの漫画編集者・醍醐(古田)の凸凹コンビが複雑怪奇な事件を追うさまを描く。続編となる本作では、かつて一世を風びした伝説の漫画誌編集者・南部の不可解な死が、1949年に当時の国鉄総裁が轢死体で発見された戦後最大の怪事件「下山事件」や、謎めいた紙芝居とリンクしていく。また、劇中に登場する漫画は、森秀樹氏、田中圭一氏、土山しげる氏、平松伸二氏ら一流の漫画家たちが担当している。 前作から3年後を舞台にした続編の脚本を「何度読んでも面白くて鳥肌たち、夢中で読ませていただきました。 続きがすごく気になるし、出てくる人全員が怪しい(笑)。いろんな伏線を回収したときの爽快感は気持ちのいいものでした。 でもサスペンス的な面白さもそうですが、パート1とは違って、醍醐も優希...more
カテゴリー:

松下奈緒&古田新太の凸凹コンビが復活!「闇の伴走者」続編、18年3月31日放送 - 12月17日(日)06:00 

「MASTERキートン」などを手がけた漫画原作者で作家・長崎尚志氏のミステリー小説を原作にしたWOWOWの連続ドラマW「闇の伴走者」の続編「闇の伴走者~編集長の条件」が2018年3月31日から放...
カテゴリー:

「クジラの子らは砂上に歌う」第11話の先行カットが到着。戦艦スキロス崩壊の責任をめぐって、アラフニとオルカが!? - 12月16日(土)19:21 

テレビアニメ「クジラの子らは砂上に歌う」第11話の先行カットとあらすじが到着しました。 第11節「夢の話だ」より / (C)梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会 <第11節「夢の話だ」あらすじ>戦艦スキロス崩壊の責任を問うため、司令官のアラフニと、作戦の総指揮者オルカが帝国軍の上層部に招聘される。2人には極刑が下る予定であったが、オルカの反論が風向きを変える。 第11節「夢の話だ」は、12月17日(日)23時からのTOKYO MXを皮切りに、KBS京都・サンテレビ・BS11で放送。また、Netflixで配信されています。 「クジラの子らは砂上に歌う」は、梅田阿比さんが月刊ミステリーボニータ(秋田書店)で連載中の人気漫画。砂に包まれた世界を舞台に、少年少女たちの“感情”と“命”に焦点を当てたハイファンタジーなストーリーが描かれます。(WebNewtype) 【関連記事】 ・「クジラの子らは砂上に歌う」第9話の先行カットが到着。オウニとニビは帝国兵を打倒していくが…
カテゴリー:

『ゲーム・オブ・スローンズ』ショーン・ビーン主演ドラマの配信権をNetflixが獲得! - 12月16日(土)17:10 

七王国が玉座をめぐり熾烈な戦いを繰り広げる大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』で、ネッド・スタークを演じたショーン・ビーン。彼が主演する英ミステリードラマ『The Frankenstein Chronicles(原題)』の配信権を、Netflixが獲得したことが明らかとなった。米Varietyが報じている。【関連記事】海外ドラマスターを追え!:一筋縄ではいかないキャラクターがよく似合う!? ショーン・ビーン(Sean Bean)メアリー・シェリーによるゴシック・ホラー小説「フランケンシュタイン」にインスパイアされた本作で、ショーンが演じるのはテムズ川警察の警官ジョン・マーロット。舞台は1830年代のロンドン。アヘン密輸組織を逮捕した後、それぞれ違う子どもの体の部位をつなぎ合わせた死体が発見され、ジョンは奇怪な事件の捜査に当たることになるが...というストーリーだ。本作は、2015年から2シーズンにわたり英ITVのドラマチャンネルEncoreで放送されていたが、同サービスの終了が決定したことからNetflixが本作の配信権を獲得。『ゲーム・オブ・スローンズ』で製作総指揮を務めるフランク・ドールガーが同職を手掛け、ショーンのほかには、トム・ワード(『高慢と偏見、そして殺人』)、ヴァネッサ・カービー(『ザ・クラウン』)、エリオット・コーワン(『ダ・ヴィンチと禁断の謎』)、エド・ス...more
カテゴリー:

もっと見る

「ミステリー」の画像

もっと見る

「ミステリー」の動画

Wikipedia

  • 転送 ミステリ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる