「ミステリー」とは?

関連ニュース

井上真央主演『明日の約束』今夜スタート 仲間由紀恵のカワコワぶりに期待  - 10月17日(火)16:38 

 女優・井上真央が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00※初回20分拡大)が、きょう17日よりスタートする。約2年ぶりに連ドラに帰ってきた井上の熱演はもちろんのこと、井上と初共演となる仲間由紀恵が演じる息子に過干渉で過保護な“毒親”ぶりがみどころとなりそうだ。『美しい隣人』『サキ』などその美貌に反して怖い女性を演じることに定評のある仲間が今回もその妖しい魅力を発揮することが期待される。 【写真】主演の井上真央  同作は高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上)が、親子をはじめとする人間関係に葛藤しながら、男子生徒の不可解な死の謎を追うヒューマンミステリーをオリジナル脚本で描く。この男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の親が仲間演じる真紀子。圭吾を「圭ちゃん」と呼び、溺愛する真紀子は、息子の外部との接触を制限するために、ささいな行動の変化を日々、見逃さない。現在の高校生には欠かせない存在となっているスマートフォン、SNSにも真紀子の監視の目は向けその束縛は徹底している。  初回では不登校の圭吾のことを気にかけ、担任教師の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問した日向だったが、そこに待ち受けていたのは、真紀子。息子への日向の接触を妨げ、さらには家庭訪問や聞き取り自体を「息子にとってのストレス」だ、として強くけん制。突き刺すようなまなざしで、不登校自体を...more
カテゴリー:

「ロズウェル 星の恋人たち」がリブート - 10月17日(火)15:00 

 1991年~2001年に3シーズンにわたり全米で放送され、熱狂的なファンを生んだテレビシリーズ「ロズウェル/星の恋人たち」が、米CWネットワークでリブートされることがわかった。  「ロズウェル/星の恋人たち」は、1947年のUFO墜落事件で有名な米ニューメキシコ州ロズウェルの町を舞台に、高校生のリズとエイリアンの青年マックスが織り成すロマンスにミステリーの要素を絡めて描いたSF青春ドラマ。日本でも01~02年にテレビ放送され、深夜枠ながら高視聴率を記録した。  米バラエティによれば、オリジナル版と同じメリンダ・メッツの小説シリーズ「ロズウェル・ハイ(原題)」を原作に、1話・1時間構成でつづるリブート版では、不法移民を両親に持つ女性を主人公に据えるなど現代社会が抱える問題を盛り込んだ、よりリアルな内容を目指しているという。故郷ロズウェルに戻ってきた主人公は、高校時代に思いを寄せていた男性と再会を果たすが、実は彼がエイリアンだったという驚愕の事実を知ってしまう。本人でさえよくわかっていないという彼の出生の謎を解くため調査を続ける過程で、恋に落ちていく2人。だが、地球が攻撃されたのを機に、地球上に潜んでいたエイリアンたちの存在が発覚し、ひた隠しにしてきた国家機密が漏れるのを恐れた政府から執拗に追われることになる。  人気ドラマ「オリジナルズ」のカリーナ・アドリー・マッケンジーが制...more
カテゴリー:

白洲迅インタビュー!10月新ドラマ「明日の約束」で初の教師役に挑戦 - 10月17日(火)11:47 

10月17日(火)夜9時からカンテレ・フジテレビ系で始まる連続ドラマ「明日の約束」。誰よりも人の心に寄り添う、スクールカウンセラー(井上真央)が突如発生した“この世で一番謎が残る死”の原因を究明するヒューマン・ミステリー。 【写真を見る】インタビュー時に笑顔で話す白洲迅 今回、同ドラマに初となる教師役で出演する、白洲迅に直撃インタビューを敢行。自身の役柄や出演者の印象、プライベートなどについて語ってもらった。 ―「明日の約束」で演じられる北見雄二郎という役柄についてお聞かせください。 とある高校が舞台の作品なんですが、僕は若手教師です。性格的には、正義感が強いといいますか、少し暑苦しい部分もあります。(笑) ―白洲さんは、役柄によってイメージが異なりますが、今回の教師役を演じるにあたって、事前に準備されたことはありますか? 先生役は初めてなんですけれど、先生をやるからといって、特に身構えるというか、そういうことは今回していなくて、ナチュラルに、よくいそうな(笑)若手先生をできたらいいなと思っています。自分の中のイメージで。それが準備ですかね。 ―ご自身の性格と比較して、北見雄二郎との共通点や共感する部分はありますか? クソ真面目なところは共通する部分かなと思っています。 ―具体的に自身のどんなところが、クソ真面目だなと思いますか? この業界に入った時から、それが遺憾なく発揮されてい...more
カテゴリー:

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 (6) 薬の使用期限の調べ方や期限が切れた薬の服用について薬剤師に聞いた - 10月17日(火)10:50 

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は薬の使用期限に関するお話です。 ○使用期限を過ぎた薬を使っても大丈夫なの? プライベートな話で恐縮ですが、先日調理済みのカツ丼をスーパーマーケットで買ってきて、すぐに自宅の冷蔵庫に入れました。ただ、ラベルには「消費期限」が●●月××日と当日の日付が書かれていましたから、その日のうちに食べなくてはなりませんでしたが(笑)。 しかし、こういった市販されているお弁当や総菜を日付が変わったとたんに食べずに捨ててしまうでしょうか。1日ぐらいは「勝手に」期限を延ばして、結局食べてしまってませんか? 製造者(調理者)が「期限切れ」としているのにも関わらず、それに逆らって食べて下痢を起こしたら「自己責任」ということになるかもしれません。 食べ物に消費(賞味)期限があるように、薬にも期限があります。もらった(買った)薬をすべて使用せずに病気が治ったため、残った分を取っておいてその薬を再度使用しようと思ったら、期限切れになっていた……。このようなシチュエーションで、あなたならどうするでしょうか? 今回のコラムは薬の使用期限について考えてみましょう。 ○医療用医薬品の品質保証期限 一般に医療用医薬品は、未開封の状態で適切に...more
カテゴリー:

井上真央、ドラマの難しさを吐露「リアルとフィクションのバランスもある」 - 10月17日(火)06:20 

 「いよいよ始まるんだなという思いがしています」と井上真央が身を引き締める。NHK大河ドラマ『花燃ゆ』以来の連続ドラマ主演作となる『明日の約束』が10月17日よりスタート。高校のスクールカウンセラーをしているヒロインの藍沢日向(あいざわ・ひなた)が、ある生徒の不可解な死の真相に迫っていくヒューマン・ミステリーだ。井上は、感触を「とても難しい」と繰り返しながら、自身の言葉を噛みしめるように思いを語った。【関連】『明日の約束』第1話フォトギャラリー 「題材はちょっと重いものですけれど、あまり暗くならないように、色々な悩みを抱えている人たちに寄り添える作品にしていこうと思っています。ひとつひとつの言葉がすごく難しいと感じていますが、ちゃんとそこに希望も描いていけたら」という井上。 プロデューサーからの「とにかくいいドラマが作りたい。野武士集団が、(共に戦えるように)刀を磨いて(井上の参加を)待っています」という熱い手紙に心を動かされたといい、原作ものではない、オリジナル脚本で描かれる本作で、脚本作りの初期段階から携わった。 「やるからには、みんなと同じ気持ちで進んでいきたいなという思いがあって、私の考えも伝えさせていただきました。たとえば、最初は専門的な言葉が多く入っていましたが、医者の話ではないですし、そこを伝えるドラマではないので、専門用語はなるべく使わないようにしたいといったことを...more
カテゴリー:

売れてると評判の煙を出さない焼肉コンロ『カセットガス・スモークレス焼肉グリル “やきまる”』の実力を検証 - 10月17日(火)15:43 

  部屋を汚す煙を発生させなければ家で焼肉ができる。そうしたらどんなに経済的で楽しい焼肉タイムが待っていることか、夢想する人は少なくない。なので煙対策を謳った焼肉コンロ製品はそこそこ存在するが、うまく焼けなかったりのストレスも多い。しかし目下大評判を呼んでいるのが『カセットガス・スモークレス焼肉グリル “やきまる”』。これは美味しく焼けるのに煙が最小限なんだとか。これは試さないと。 ■“家でゆっくり経済的に焼肉がしたい! でも煙が…”という民衆の叫びに応えるスモークレスな焼肉マシン!   岩谷産業株式会社(東京都港区)といえば、1930年創業の超老舗。産業ガス事業を幅広く手がける会社だが、やっぱり民衆としておなじみなのは不思議な名前のカセットコンロ「カセットフー」の存在。ちなみにフーはフランス語で炎を表す単語なので、タネを明かせばそんなに謎ではないのだけれど。 気軽に購入できる価格設定とカセット式ガスボンベの組み合わせは、手軽さの極み。ホースもコードもないから設置場所も自由自在。近年はホットプレートなどはもっぱら電気式だが、レンジと同時に使用してブレーカーが落ちる、本物の炎を使用するガスの方が美味しく食べられる(特に焼き物)というメリットがあり、肝心なときにボンベが無いという不便もありつつ、ついつい使ってしまう...more
カテゴリー:

純粋悪玉木宏が愛する者のために暗躍「悪と仮面のルール」予告編完成! - 10月17日(火)12:00 

 芥川賞作家・中村文則氏による小説を、玉木宏主演で映画化する「悪と仮面のルール」の予告編が、このほど完成した。“謎のシンガー”として注目を集めるUruが書き下ろした主題歌「追憶のふたり」をバックに、“顔を変え、過去を捨てた殺人者”の暗躍をとらえている。 ・【動画】「悪と仮面のルール」予告編  ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の「2013年のベストミステリー10作」に選出され、世界的な注目を集めた中村氏のサスペンス小説を原作に、“純粋悪”となるために育てられた男の究極の愛の物語を描く。財閥・久喜家に生まれた文宏(玉木)は、かつて思いを寄せる久喜家の養女・香織(新木優子)を汚そうとした父親を殺害していた。やがて別人の新谷弘一として生まれ変わった文宏は10数年後、香織を陰から見守る生活を続けるなか、久喜家のさらなる巨悪である兄・幹彦(中村達也)と対峙する。  お披露目された予告編は、11歳の文宏が、高笑いする父・捷三(村井國夫)から自身が絶対的な悪として創出されたことを告げられる場面からスタート。やがて整形手術によって弘一となった文宏は、探偵・榊原(光石研)に香織の動向を調べさせると、手段を選ばず彼女を影から守り始める。「人間を殺すことを世界は悪だと言うだろう。だとしても、僕は悪でかまわないと思った」という発言に、初恋の人のためならば自身の命、そして殺人もいとわない文宏の...more
カテゴリー:

あなたは、「何を読むか」で形成されていく(研究結果) - 10月17日(火)11:00 

「読書の秋」も深まり、何かと本を手に取りたくなる不思議。外もいちだんと寒くなり、一冊の本と暖かい飲み物を持って、部屋でのんびりと読書を楽しむのも大人の嗜みですよね。普段から何気なく触れている本ですが、読解力はもちろんのこと、実は文章力にも大きな影響を与えているという研究発表を紹介します。読みとく能力=書くチカラ昨年の春に、ビジネス研究に関して専門の学術誌「International Journal of Business Administration」にて、フロリダ大学ビジネススクールの研究チームによる論文が掲載されました。曰く、普段から目にしているコンテンツによって、文章表現能力に差が出るというのです。これ、成人してからも。研究を端的にまとめると、MBAの学生65人を対象に、日常よく読むコンテンツのアンケート調査と、各自のライティングサンプルを照合し精査。ミステリー、 SF、ファンダジー、ノンフィクション、純文学、学術書に至るまで、本のジャンルは問いません。結果、ダントツで好成績を収めたのは、純文学、ノンフィクション、学術書の読者たち。これに対し、ミステリーやファンタジー好き、ネットのブログやスレッド中心の学生は成績が低かったのです。読んでいるコンテンツの内容が、少なからず彼らの文章に反映されているようで、とても精巧で洗練されている、と高評価を受けたのは前者。このような読解力と文...more
カテゴリー:

佐久間由衣『ひよっこ』時子から卒業宣言「まっさらな気持ち」 - 10月17日(火)07:00 

 大団円を迎えたNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』から半月、“ロス”がようやく世間でも落ち着きをみせているなかで、助川時子を演じた女優・佐久間由衣(22)は早くも次作に臨んでいる。これまで映像作品への出演は数本ながら主人公・谷田部みね子(有村架純)の親友という大役を務め上げ、17日スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)では物語の鍵をにぎるミステリアスな女性を演じる。今後の飛躍が注目される彼女にORICON NEWSではインタビューを実施。朝ドラ終了から現在の心境、「女優として一つの夢だった」という主演・井上真央への憧れなど語ってくれた。 【別カット】アンニュイな表情も魅力的 ■「こんなに早くこの日が訪れるなんて…」主演・井上真央は憧れの存在  『明日の約束』は井上演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が勤める高校で起こった男子生徒の不可解な死の謎に迫っていくヒューマンミステリー。佐久間は亡くなった男子生徒・吉岡圭吾の幼なじみで彼の死の秘密を握るかもしれない謎多きフリーター・白井香澄役に起用された。「人との距離を保ちながら生きている子。感情的にならないように抑えている部分に気をつけています。やりながらもどかしい気持ちがありますね」と試行錯誤を重ねているがそんな彼女の夢のひとつがこの現場でかなったという。  それは憧れだった井上との共...more
カテゴリー:

【試写室】「明日の約束」光と闇は表裏一体であることを痛感 - 10月17日(火)06:00 

この仕事をしていると、“締め切り”という言葉が怖くて仕方ない。 【写真を見る】仲間由紀恵が静かなトーンながら、すさまじいオーラを放つ! /(C)カンテレ 例えば取材をしたときなど、その時点では「締め切りに間に合うように余裕を持ってやろう!」と思っていたしても、一夜明かすともう、ギリギリのラインを逆算して動いている自分がいる。悪い子ですね。子って年でもないが…。 明日からちゃんとやることを約束します! でも、たぶん明日になったら忘れていることでしょう。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回はそんな怠惰な筆者を戒めるようなタイトルの(?)、10月17日(火)スタートの井上真央主演ドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジ系※初回は夜9:00-10:14)を取り上げる。 同ドラマは、井上演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、ある不登校の男子生徒の不可解な死の原因を究明していくヒューマン・ミステリー。 “毒親”ともいえる過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた日向は、生徒の死からさまざまな問題と向き合い、人の心の闇と対峙(たいじ)していく中で、日向なりの“親子のカタチ”を導き出していく。 第1話では、不登校が続く1...more
カテゴリー:

もっと見る

「ミステリー」の画像

もっと見る

「ミステリー」の動画

Wikipedia

  • 転送 ミステリ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる