「ミサイル」とは?

関連ニュース

トランプ氏、横田さんの拉致非難「北朝鮮は世界の脅威」 - 09月20日(水)01:33 

 トランプ米大統領が19日、初めて国連総会の一般討論演説を行った。核実験やミサイル発射の挑発を続ける北朝鮮を「ならず者国家」と強く批判。拉致被害者の横田めぐみさんの例を挙げて人権問題にも触れ、国際社会…
カテゴリー:

トランプ氏「軍事行動も」北を厳しく批判 9/20 0:52更新 - 09月20日(水)00:52 

北朝鮮問題への対応が最大のテーマとなる国連総会で、初登場となる米・トランプ大統領が演説。北朝鮮に対し軍事行動に出る可能性もあると警告し、ミサイル発射を続ける金正恩委員長を「ロケットマン」と呼び捨てるなど、厳しい言葉で北朝鮮を批判した。
カテゴリー:

トランプ大統領、国連総会での初演説で「13歳の少女を拉致した」と横田めぐみさんに言及…北朝鮮非難 - 09月20日(水)00:37  news

トランプ大統領、国連総会演説で北朝鮮の日本人拉致を非難「13歳の少女を拉致した」 9/19(火) 23:52配信 産経新聞  トランプ米大統領は19日、米ニューヨークの国連本部で、就任後初めて国連総会の一般討論演説を行い、 「13歳の日本人の少女を拉致した」と指摘し、横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=を念頭に北朝鮮による日本人拉致事件を非難した。  核・ミサイル開発を進める北朝鮮の金正恩体制は「下劣」だと強く批判し、世界の平和にとっての脅威だと強調。 米国が自国や同盟国の防衛を迫られれば、北...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏:北朝鮮対応「傍観許さぬ」 初の国連演説 - 09月19日(火)23:47 

 【ニューヨーク高本耕太】トランプ米大統領は19日午前(日本時間同日夜)、国連総会の一般討論で初めて演説した。核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮などが世界全体に対する「脅威」になっていると指摘し、「これらの脅威に立ち向かわず、歴史の傍観者になることは許されない」と訴え、国際社会の一致した対応を強く促した。
カテゴリー:

【東京新聞】“痛い”謝罪・撤回の望月記者 自社の了承知らないまま発言…政治部記者「一緒にしないでくれ」 ★2 - 09月19日(火)23:37  newsplus

2017.9.19  東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者が“注目”されている。菅義偉官房長官の記者会見で、根拠が定かでない情報や私見を織り交ぜた質問を連発させているのだ。15日には、自身の質問について謝罪・撤回した。望月記者と東京新聞について、官邸取材もこなす、ジャーナリストの安積明子氏が迫った。  官房長官会見は平日の午前と午後の2回開かれるが、私を含むフリーランスには金曜日の午後、1回だけ開放される。質問者が内閣記者会の所属であろうとなかろうと、菅氏は丁寧に回答してきたが、最近、堪忍袋の緒が切...
»続きを読む
カテゴリー:

挑発止めぬなら北朝鮮を「完全に破壊」トランプ氏が警告 - 09月20日(水)00:53 

 国連総会の一般討論演説が19日午前(日本時間同日夜)、ニューヨークの国連本部で始まった。初めて演説したトランプ米大統領は、核とミサイルの開発を進める北朝鮮に対し、挑発行為をやめない場合は「北朝鮮を完…
カテゴリー:

【北朝鮮ミサイル】10発撃てば1回当たるレベル…北朝鮮ミサイルのグアム基地命中精度は10%未満★3 - 09月20日(水)00:39  newsplus

北ミサイル 火星12の精度は低水準 グアム基地命中10%未満 米科学者 米非営利団体「憂慮する科学者同盟」のデービッド・ライト氏は北朝鮮の15日発射のミサイルについて、米領グアムに到達可能だとしても、グアムのアンダーセン米空軍基地に正確に命中させる精度は確保していないとの見方を示した。 火星12のような旧世代技術のミサイルは、発射直後のブースト段階で誘導・管制に誤差が生じるほか、再突入段階で弾頭が大気を通過する際にも誤差が発生。 このためミサイルの命中精度を示す「平均誤差半径」(CEP)は「5...
»続きを読む
カテゴリー:

【国連】トランプ大統領、国連総会演説で北朝鮮の日本人拉致を非難 「13歳の少女を拉致した」★2 - 09月20日(水)00:37  newsplus

 【ニューヨーク=黒瀬悦成】トランプ米大統領は19日、国連総会で初の一般討論演説を行った。持論の「米国第一」を掲げつつ、北朝鮮の核・ミサイル開発問題などの世界的懸案への各国の連携を呼びかけた。  トランプ氏は、北朝鮮が核兵器や弾道ミサイル開発を追求し、「全世界に脅威を与えている」と強く非難。北朝鮮が核兵器開発を停止しないのならば、米国は北朝鮮を「完全に破壊せざるを得なくなる」と強調した。  また、弾道ミサイル開発に邁進する金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と揶揄し、北朝鮮は「自滅の道を...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ大統領 国連総会の演説で北朝鮮を強く非難 - 09月19日(火)23:38 

アメリカのトランプ大統領は国連総会で初めて演説し、北朝鮮の核・ミサイル開発を強く非難しました。そのうえで「アメリカは強さと忍耐を持つが、自国や同盟国を守らざるをえない状況に追い込まれたならば、北朝鮮を完全に壊滅する以外選択肢はなくなる」と述べました。そしてトランプ大統領はすべての国に北朝鮮を孤立させるため結束して取り組むよう求めました。
カテゴリー:

北朝鮮核に強い危機感=「致命的な誤解」発生警告-国連総長 - 09月19日(火)23:18 

 【ニューヨーク時事】国連のグテレス事務総長は19日、国連総会で演説し、北朝鮮の核問題について「冷戦終結後、核兵器(使用)に対する世界の不安は最も高まっている」と強い危機感を表明した。世界各国に向けて「政治的手腕を発揮する時だ。戦争の道に進んではならない」と呼び掛け、外交解決に全力を尽くすよう強く訴えた。 国連加盟193カ国の首脳らが自国の立場を表明する国連総会の一般討論演説が19日、ニューヨークの国連本部で始まった。グテレス氏はその冒頭演説で、核戦争の恐れは「空想上のものではない」と強調。北朝鮮とトランプ米政権との間で威嚇の応酬が続いていることを念頭に「緊張が高まる時、判断ミスの危険性も高まる。激しい言葉のやりとりは致命的な誤解につながり得る」と警告した。 グテレス氏は、核兵器について「使用の威嚇でさえも許されない」と改めて世界に念押しした。北朝鮮の一連の行動に対し「挑発的な核とミサイルの実験が繰り返され、恐怖の影に覆われながら何百万人もの人々が暮らしている」と強く批判した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「ミサイル」の画像

もっと見る

「ミサイル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる