「ミカン科」とは?

関連ニュース

オレンジスイートの効果・特徴と使い方 |アロマオイル・精油・エッセンシャルオイル辞典 - 04月23日(日)08:15 

食用として日常的に親しまれているオレンジですが、アロマテラピーでもフルーティな甘さのある香りでとても人気の高い香りです。フレッシュな爽やかさで親しみやすいオレンジスイートオレンジは、アロマテラピーにおいては「オレンジ・スイート」と称され、学名を「Citrus sinensis」という、ミカン科の常緑樹です。「オレンジ・ビター」との2種類ありますが、ビター種は苦味があるため、万人に受け入れられやすいスイート種を取りあげて解説します。オレンジスイートは「バレンシアオレンジ」とも呼ばれるほど、バレンシアオレンジを原料としたものが多く、他にもネーブルオレンジやブラッドオレンジも含まれます。オレンジは元々中国やインドが原産の植物ですが、今や地中海地方や南米などさまざまな地域で栽培されています。オレンジスイートの精油は、果実の皮から圧搾法で抽出されます。主にイタリア、アメリカ、フランス、スペインで生産されています。香りを表すノートはトップからミドルであり、立ち上がりは早く、やや長く持続します。果実のオレンジそのものを思わせるフレッシュでフルーティな香りで多くの方に好まれるため、初心者にも手が出しやすい精油です。欧米ではクリスマスの時期に、オレンジの果実にクローブの実をびっしりと差し込み、シナモンパウダーなどをまぶして良い香りに整え、お守りや厄除け、空気浄化のためのポマンダーを作る風習があります...more
in English
カテゴリー:

「ミカン科」の画像

もっと見る

「ミカン科」の動画

Wikipedia

ミカン科(Rutaceae)は双子葉植物の科で約150属、900種からなる。(一部草本)の状態で存在し、温帯から熱帯に分布する。精油を含み芳香(異臭の場合もある)を有する。花に芳香のあるものも多い。

利用

ミカン科の柑橘類(ミカン属、キンカン属、カラタチ属などのグループ)は果樹として非常に重要であるとされ、サンショウコブミカンオオバゲッキツなどは、香辛料として用いられる。キハダ、ゴシュユヘンルーダなど薬用に用いられたものや、ミヤマシキミなど有毒植物もある。観賞用に栽培されるものとして、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる