「マーベル・スタジオ」とは?

関連ニュース

「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る - 11月17日(金)15:00 

マーベルのヒーローたちを愛する人気漫画家の種村有菜さん(『神風怪盗ジャンヌ』ほか)が、注目の男性たちとマーベルの魅力を語り合う好評連載。第4回のゲストは、人気バンド「KEYTALK」の寺中友将さんと八木優樹さんのふたり。初のアリーナ公演を果たし、波に乗る彼ら。実は映画鑑賞にハマり始めたところだとか。種村さんがレクチャーするマーベルの映像作品についても、興味津々。楽しいトークが展開しました。 【種村有菜】プロフィール 漫画家。「りぼん」掲載の『2番目の恋のかたち』でデビュー。主な作品に『イ・オ・ン』、『神風怪盗ジャンヌ』、『満月をさがして』、『紳士同盟クロス』がある。現在は『31☆アイドリーム』を「MELODY」で連載中。アニメ化された作品も多く、『アイドリッシュセブン』アニメ版ではキャラクター原案を手がける 【KEYTALK】プロフィール 2009年に小野武正(ギター)、首藤義勝(ボーカル&ベース)、寺中友将(ボーカル&ギター)、八木優樹(ドラム&コーラス)が結成した4人組バンド。2010年にシングル「KTEP」でCDデビュー。2015年には初の日本武道館単独公演を成功させる。最新シングル「セツナユメミシ」はNHK Eテレのアニメ「境界のRINNE」第3シリーズのオープニングテーマ。 ―種村さん、KEYTALKの寺中さん、八木さんは初対面ですね。自己紹介からお願いします。...more
カテゴリー:

『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」 - 11月10日(金)22:00 

現在上映中の映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』。「スター・ウォーズ」、「ハリー・ポッター」、「007」等の人気シリーズを超え、シリーズ累計興行収入全世界NO.1の快挙を果たしたマーベル・スタジオが贈る最新作だ。11月3日(金・祝)に公開初日を迎え、堂々の初登場第1位スタート! 本作は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の戦いから2年後から始まる。父の行方を探す主人公・ソーは突如現れた敵ヘラに宇宙の果てまで吹き飛ばされてしまいそこで、盟友ハルクと再会を果たすのだが……。 アベンジャーズメンバーきってのイケメンであり、強大な力の持ち主である雷神・ソーの戦いを描いた本作は、かつてないコメディ要素とこれからのアベンジャーズにつながる物語が「面白すぎる!」と大評判。鑑賞者からは絶賛の声が相次いでおり、SNS上では「控えめに言って最高!」「最高のエンタメ映画。マーベル作品3本の指には確実に入る傑作」「また観たくなって来た…中毒性ある!」など絶賛の声が多数寄せられている。また、米映画評論サイト“Rotten Tomatoes”では93%という、映画『アイアンマン』に次いでマーベル史上最も高い評価を受けており、今後ますます口コミが広がりヒットが続くことが期待されています。その中でも本作から新しく登場した、マーベル映画史上初の女性ヴィラン:ヘラや、女戦士:ヴァルキリーも話題を集めてい...more
カテゴリー:

「マイティ・ソー」ケイト・ブランシェットが語る“悪役論” 登場シーン集公開 - 11月10日(金)21:00 

マーベル・スタジオの人気シリーズの第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」(公開中)のメイキング映像が、公開された。オスカー女優ケイト・ブランシェットが演じた死の女神ヘラの登場シーンがまとめられ...
カテゴリー:

マーベル映画を1兆円シリーズにした社長「ベストなアイデアが常に勝つようにしたい」 - 11月08日(水)09:00 

マーベル・スタジオの最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」(現在公開中)が全米ランキング、国内ランキングともに首位発進。世界最速でシリーズ累計全世界興行収入が1兆円を突破し、破竹の勢いを誇る同...
カテゴリー:

【映画】米ディズニーの試写ボイコットへ…ジャーナリストたちが表明 - 11月08日(水)00:49  mnewsplus

米ディズニーに対して、一部のジャーナリストたちがボイコットを始めた。ロサンゼルス・タイムズ紙に批判的な記事を書かれたディズニーが、同紙に試写への参加などを禁じたことから、それに反発した記者たちが同スタジオの試写に参加しない考えを表明している。  事の発端は、ロサンゼルス・タイムズ紙がディズニーの経営に関して批判的な報道をしたことで、ディズニーは同紙をつまはじきにすることに。 The Guardian によれば、ディズニーは同紙に、試写会への参加やタレントたちへの取材を禁止したという。ディズニー傘下のマーベ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ハルクはプロレスラーとして夢の体」真壁刀義が語る、衰えないプロレスへの熱い思い - 11月11日(土)11:45 

 アベンジャーズで“最もアツい”雷神ソーの活躍を描くマーベル・スタジオの最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が全国公開中だ。ド迫力のバトルと個性豊かなキャラクターたちが繰り広げるコミカルなストーリー展開が魅力の本作について、映画好きプロレスラーとしても知られる新日本プロレスの真壁刀義にインタビューを実施。バトルシーンの見どころ、キャラクターやストーリーに感じた自身との繋がり、そして“ヒール”としてブレイクするまでに抱いたプロレスラーとしての葛藤などについて話を聞いた。【関連】『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した新日本プロレスの真壁刀義にインタビュー<フォトギャラリー> “最強の敵”死の女神・ヘラにムジョルニアと呼ばれる究極のハンマーを破壊され、故郷アスガルドを奪われたソーは、義弟であるロキ、盟友のハルク、新キャラクターの女戦士ヴァルキリーと型破りなチーム“リベンジャーズ”を結成し、故郷を取り戻すため極限の戦いに挑む。本作では、闘技が“娯楽”として描かれていたり、自身の入場曲であるレッド・ツェッペリンの『移民の歌』が使用されていたり、何かと繋がりを見出すことが多かったという真壁は、キャラクターの中ではハルクに親しみを感じたそうで、「プロレスラーそのものだよな。怪力で相手をねじ伏せるという、プロレスラーにとって夢のまた夢の体をしている。こんなパンチを食らったらアウトだろうな...more
カテゴリー:

「マイティ・ソー」ケイト・ブランシェットが語る悪役論 登場シーン集公開 - 11月10日(金)21:00 

 マーベル・スタジオの人気シリーズの第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」(公開中)のメイキング映像が、公開された。オスカー女優ケイト・ブランシェットが演じた死の女神ヘラの登場シーンがまとめられており、インタビューやメイキング映像も収められている。 ・「マイティ・ソー バトルロイヤル」メイキング映像はこちら!  強大な力を持つヘラによって故郷を奪われたソー(クリス・ヘムズワース)が、アベンジャーズの仲間として共闘した盟友ハルク(マーク・ラファロ)、宿敵でもある弟ロキ(トム・ヒドルストン)、大酒飲みの戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)に協力を要請し、型破りなチーム“リベンジャーズ”を結成。故郷奪還のため、ヘラに再び戦いを挑む。「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(2018年4月27日公開)につながる物語が展開する。  映像中では、「ひざまずけ。女王の前に」「賢い男のようだ。仕事を与える」と高圧的な物言いをするヘラの姿や、ソーの故郷アスガルドの兵士たちをたった1人で圧倒するシーン、ソーと「私の王座だ」「譲りたいが、お前だけはダメだ」と火花を散らすシーンなどが切り取られている。  11月3日に封切られ、世界興行収入は4億5000万ドルを突破と爆発的なヒットを記録している本作。コメディ路線に大きくかじを切ったアプローチが大きな話題を呼んでいるが、軽やかになった世界観の中...more
カテゴリー:

格闘家・RENA、強さの秘密は楽しむこと ソーの笑えるバトルに「すごくいい!」 - 11月10日(金)12:00 

 マーベル・スタジオが贈る最新映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』が、11月3日に全国公開され、週末の興行ランキングでNo.1を獲得する大ヒットスタートを切った。個性的なキャラクターたちによる大迫力のバトルトシーンが話題になっている本作を、日本の女子格闘技界のパイオニアで、シュートボクシング世界女子フライ級王者のRENAが鑑賞。格闘家目線から見た、バトルシーンの“リアル度”や、大いに共感したという“戦いに必要なエッセンス”について熱く語ってもらった。【関連】『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した格闘家・RENAにインタビュー<フォトギャラリー> 本作は、アベンジャーズの一員としても知られる“雷神”ソーが、義弟であるロキ、盟友のハルク、新キャラクターの女戦士ヴァルキリーと型破りなチーム“リベンジャーズ”を結成し、“最強の敵”死の女神・ヘラとの死闘に挑むバトルアクション。RENAは「冒頭からすごく笑いましたし、“これエンディングじゃないの!?”というくらいの迫力で始まったので、衝撃的でした!」と前のめりになって感想を語る。「かっこいい!感動!という展開がありながらも、必ず笑わせてくれる。映画館で大声を出して笑ってしまいました」と大いに楽しんだ様子。 “最強の女性格闘家”として、人気を集めるRENA。プロの目から見て本作のバトルシーンにはどんな印象を持ったのだろうか?「ソーとハル...more
カテゴリー:

マーベル映画を1兆円シリーズにした社長「ベストなアイデアが常に勝つようにしたい」 - 11月08日(水)09:00 

 マーベル・スタジオの最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」(現在公開中)が全米ランキング、国内ランキングともに首位発進。世界最速でシリーズ累計全世界興行収入が1兆円を突破し、破竹の勢いを誇る同スタジオの社長で、全作のプロデュースを手がけるケビン・ファイギが、成功の秘訣を米ロサンゼルスで映画.comに語った。  アベンジャーズの一員としても活躍する雷神ソーを主人公にしたシリーズ第3弾は、コメディテイストへと一気に路線変更したが、「キャラクターの新しいバージョンを見せることは大切」と不安はなかったことを明かす。「常に変化して観客を驚かせることが重要」であり、「コミックのキャラクターたちは50年、60年と存在してきた。いつも変化、適応することで、長く生き残ってきたんだ。僕たちは映画の中でそれをやりたいんだ」と、コミックでの成功例が念頭にあるようだ。  同スタジオの17作目にあたる本作は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」への“序章”としての役割もあるが、監督にアドリブや即興演技を重視するタイカ・ワイティティを起用し、ソー役のクリス・ヘムズワースや、ハルク/ブルース・バナー役のマーク・ラファロの提案・希望も積極的に採用した。「いつも長期的なプランはあるけれど、古いアイデアよりもいいアイデアが出てきたら、僕らは新しいほうを使う。そのために、その後の出来事などを変える必要が生じれ...more
カテゴリー:

[映画興行成績]「マイティ・ソー」など新作がトップ3占める 「Fate」は11億円突破 - 11月07日(火)20:30 

 6日に発表された4、5日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、米マーベル・スタジオの「マイティ・ソー」シリーズの第3作「マイティ・ソー バトルロイヤル」(タイカ・ワイティティ監督)が初登場で首位を獲得。土日2日間で約14万9000人……
カテゴリー:

もっと見る

「マーベル・スタジオ」の画像

もっと見る

「マーベル・スタジオ」の動画

Wikipedia

マーベル・スタジオMarvel Studios)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バーバンクにあるテレビ・映画スタジオである。

歴史

レブロンのCEOのロナルド・ペレルマンの親会社のマーベルエンターテインメントの獲得に続いて、マーベル・スタジオは1990年代後半に設立された。このことは、マーベルが映画・テレビ業界へ再参入するきっかけとなった。

マーベル・スタジオがアヴィ・アラッドによって設立される以前の1993年5月13日から1998年10月までは、会長兼最高経営責任者として、彼が映画製作において製作総指揮として活動していた。マーベル・コミックを原作として製作された10作の映画のための5億2500万ドルの非償還請求国債による資金調達は2004年9月に終了した。2005年に、マイケル・ヘルファントは社長と首席業務官としてスタジオに加わった。2007年3月に、デヴィッド・マゼルは会長に任命され、そして、アイアンマンが撮影され始めたとき、ケヴィン・ファイギは製作社長に任命された。2008年に、マーベル・スタジオは、本部と生産オフィスを接待して、スタジオの予定する次の4つの映画をマンハッタンビーチ施設で撮影するようにローリー・スタジオズと契約した。

共同製作 独立製作 テレビシリーズ 脚注 関連項目 ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる