「マーベル・スタジオ」とは?

関連ニュース

ズッ友ソー&ハルクが漫才?「マイティ・ソー」日本向けメッセージ映像 - 09月21日(木)17:00 

 マーベル・スタジオの人気シリーズ第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」の日本に向けたメッセージ映像が、公開された。主人公の雷神ソー役のクリス・ヘムズワース、超人ハルクこと科学者ブルース・バナー役のマーク・ラファロが息のあった掛け合いを見せている。 ・「マイティ・ソー バトルロイヤル」メッセージ映像はこちら!  アベンジャーズとして地球を守るために戦ってきたソーの前に、復しゅうと野望に燃えるヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現。強大な力を持つヘラによって故郷を奪われたソーは、最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキ(トム・ヒドルストン)らと型破りのチーム“リベンジャーズ”を結成してヘラとのバトルに挑む。アンソニー・ホプキンス、テッサ・トンプソン、イドリス・エルバ、ジェフ・ゴールドブラムといった豪華メンバーが脇を固めるほか、ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチも出演する。「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」でブレイクし、ハリウッド版「AKIRA」の監督もうわさされているタイカ・ワイティティがメガホンをとった。  「コンニチハジャパン!」というヘムズワースとラファロの威勢のいい挨拶から始まる本映像では、2人が「アメリカと同時公開?」(ラファロ)、「ソー」(ヘムズワース)といったボケを繰り出し、ラファロが「この秋の映画は?」と問うとヘムズワースが日本語で「ソーだよ...more
カテゴリー:

“ズッ友”ソー&ハルクが漫才?「マイティ・ソー」日本向けメッセージ映像 - 09月21日(木)17:00 

マーベル・スタジオの人気シリーズ第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」の日本に向けたメッセージ映像が、公開された。主人公の雷神ソー役のクリス・ヘムズワース、超人ハルクこと科学者ブルース・バナー...
カテゴリー:

ハリウッド版「AKIRA」、「マイティ・ソー3」タイカ・ワイティティ監督が交渉中 - 09月21日(木)00:00 

 大友克弘氏の人気漫画「AKIRA」の実写化企画を手がける米ワーナー・ブラザースが、ニュージーランド出身の気鋭の監督タイカ・ワイティティと交渉を行っていることがわかった。米Deadlineが報じた。  同スタジオは2008年に映画化権を再獲得して以来、レオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイとともに企画を難航。ルアイリ・ロビンソンをはじめ、アルバート&アレン・ヒューズ兄弟(「フロム・ヘル」)や、ジャウム・コレット=セラ(「アンノウン」)らが監督がいずれも降板。今年4月には、低予算スリラー「ゲット・アウト」が全米大ヒットしたジョーダン・ピール監督が興味を示しているとの報道があったが、契約には至らなかった。  当初から、全6巻からなる原作を3巻ずつに分け、前・後編の2部作として映画化するといわれており、舞台は2019年の人工都市ネオ東京から近未来のニュー・マンハッタンへと変更される。かねて金田役にギャレット・ヘドランドが決定し、鉄雄役の候補にデーン・デハーンとマイケル・ピットが挙がっていたが、現在キャストは白紙状態だ。  俳優としても活動するワイティティ監督は、ジェマイン・クレメントと共同で監督を務めたモキュメンタリー形式のコメディ「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」で国際的に脚光を浴び、マーベル・スタジオの「マイティ・ソー バトルロイヤル」(11月3日公開)の監督...more
カテゴリー:

『マイティ・ソー バトルロイヤル』、クール&クレイジーキャラポスター8種が解禁 - 09月19日(火)11:30 

 アベンジャーズで知られるマーベル・スタジオの最新ヒーロー映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のキャラポスター全8種が解禁。クリス・ヘムズワース演じるソーやマーク・ラファロ演じるハルク/ブルース・バナーなど、個性溢れる人気キャラクターのビジュアルが公開されている。【関連】『マイティ・ソー バトルロイヤル』フォトギャラリー 本作は、アベンジャーズの一員・ソーを中心としたヒーローたちの活躍が描かれるアクション映画。目の前に現れた復讐と野望に燃える死の女神・ヘラの攻撃により、故郷を奪われたソー。盟友・ハルク、宿敵・ロキ(トム・ヒドルストン)らと型破りのチーム・リベンジャーズを結成したソーは、仲間と共に“史上最強の敵”へと立ち向かう。 今回、解禁されたキャラポスターでは、ソーやハルク、ロキのほか、ヘラ、グランドマスター、オーディン、ヴァルキリー、ヘイムダルら、総勢8名の主要キャラクターたちが、それぞれのイメージカラーごとに色鮮やかに表現されている。 また、本作の監督を務めるのは、俳優、コメディアンとしても活躍するニュージーランド出身のタイカ・ワイティティで、「本作から観ても楽しめるように作ったんだ。僕にとっては、これがソーの第1作目のようなものだよ」と過去作とは一線を隠す作品であるとコメントが到着。 さらに、「映画の中での僕が重要としているのは、キャラクターであり、良いシーンなんだよ。僕...more
カテゴリー:

「X-MEN」の権利、20世紀FOXからマーベルに戻る? - 09月16日(土)10:00 

マーベルの重鎮で漫画原作者のスタン・リー(94歳)が、マーベル・スタジオが「ファンタスティック・フォー」シリーズと「X-MEN」シリーズの権利を取り戻そうとしていると明かした。
カテゴリー:

ソー&ハルクから日本のファンへメッセージ「ソーだよ」 - 09月21日(木)17:00 

 「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(11月3日公開※全米と同時公開)で“新チーム”を組む、ソー役のクリス・ヘムズワースとハルク/ブルース・バナー役のマーク・ラファロから日本のファンに向けてのメッセージ映像が届いた。 【動画】ソーとハルクの“仲睦まじい”メッセージ映像  ソー&ハルク、裏切り王子のロキ(トム・ヒドルストン)、新キャラ・戦闘力MAXの女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)と突貫の型破りのチーム“リベンジャーズ”を結成し、復讐に燃える最強の敵・死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)との極限バトルに挑む本作。  「アベンジャーズ」からの長い付き合い=ズッ友でもある二人は、今回の映像でもマークの問いかけにクリスが「ソーソー(thor-thor)」や「ソーだよ」と相づちでボケる、まるで漫才のような息の合った掛け合いを見せる。  クリスは今回のソーとハルクの関係について「ハルクが、アベンジャーズメンバーに対してどう反応するかは、いつも予測不可能だ。時々、ハルクは相手が誰だか忘れて、壊したり叩いたりする。また別の時には、ハルクはアベンジャーズメンバーをものすごく明確に理解していたりするんだ。この作品では後者で、僕とハルクの関係は、一歩先に進められて、これまでにないほど細かく描くことができた。今まで、ソーとハルクは戦ったこ...more
カテゴリー:

マーベルの人気クライムファイター『パニッシャー』Netflixで配信 - 09月21日(木)16:00 

 Marvel とNetflix の共同製作によるオリジナルドラマ『Marvel パニッシャー』が年内にも配信開始されることが決まり、場面写真と予告編が解禁された。 【動画】ドラマ『Marvel パニッシャー』予告編  同ドラマは、愛する家族を殺され“復讐の鬼”と化したパニッシャーことフランク・キャッスルが主人公。元軍人であるフランクは、トレードマークともいえる胸に“ドクロ”が描かれたボディアーマーを着用し、悪に対して全く容赦しない“私刑執行人”として、犯罪社会の奥深くに隠された陰謀を暴いていく。  「これぞ、アンチヒーロー」といえるパニッシャーはアメコミファンから絶大な人気を集めるキャラクターであり、Netflix のマーベルドラマシリーズでは、ザ・ディフェンダーズの一員でもある『Marvel デアデビル』にも登場している。  パニッシャーを演じるのは、大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』でメインキャストのシェーン役を演じ、映画『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』や、『フューリー』、『ボーダーライン』、『ザ・コンサルタント』などで見る者に強烈な印象を残してきた、米国の俳優ジョン・バーンサル。役作りについて、「大事にしたのはファンを裏切らないこと。彼はある意味自ら進んで闇の世界に入った男なんだ。これこそが自分のやるべきこと、自分のいるべき世界だと思っているんだよ。フラン...more
カテゴリー:

真田広之「ウエストワールド」新シーズンで重要な役どころ - 09月20日(水)11:00 

 ハリウッドを拠点に国際派俳優として活躍する真田広之が、米HBOの大ヒットSFドラマ「ウエストワールド」の新シーズンから準レギュラー出演することが明らかになった。米Deadlineが報じている。  「ダークナイト」の脚本家ジョナサン・ノーランと妻のリサ・ジョイが企画・制作総指揮を務める同作は、マイケル・クライトン監督のSF映画「ウエストワールド」(1973)を下敷きに、西部劇を模した未来のテーマパーク「ウエストワールド」で人間をもてなす“ホスト”と呼ばれるアンドロイドたちが、自我に目覚めていく過程を描く壮大な近未来サスペンス。  昨年10月の全米放送開始と同時に大きな反響を呼び、米テレビ界のアカデミー賞と称される第69回プライムタイム・エミー賞では、最多タイとなる22部門でノミネートを果たしている。真田の出演に関しては、レギュラーではなくいくつかのエピソードにわたって登場する準レギュラーであることと、「ムサシ」という役名を除き詳細は明かされていないが、同サイトによれば、ストーリーの鍵を握る重要な役どころになるようだ。  また、シーズン2では、タルラ・ライリーとルイス・ハートハムがレギュラーに昇格する他、ニール・ジャクソンとジョナサン・タッカー、カチャ・ヘルベルスが、真田と共に新たにキャストに加わるという。  「ウルヴァリン:SUAMURAI」(13)、「Mr.ホームズ 名探...more
カテゴリー:

マーベル最新映画『ブラックパンサー』2018年3月公開 - 09月17日(日)23:16 

マーベル・スタジオ最新作、映画『ブラックパンサー』が2018年3月1日(木)より全国ロードショー。
カテゴリー:

マーベルで最もクレイジー&クール!『マイティ・ソー バトルロイヤル』キャラポスター8種が解禁 - 09月15日(金)21:21 

(C)Marvel Studios 2017 11月3日に全国公開となる、マーベル・スタジオの最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』より、マーベル・シネマティック・ユニバースで最もクレイジーでクールなキャラポスター8種が解禁となった。 主人公のソー(クリス・ヘムズワース)は、最強の敵である死の女神・ヘラ(ケイト・...
カテゴリー:

もっと見る

「マーベル・スタジオ」の画像

もっと見る

「マーベル・スタジオ」の動画

Wikipedia

マーベル・スタジオMarvel Studios)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バーバンクにあるテレビ・映画スタジオである。

歴史

レブロンのCEOのロナルド・ペレルマンの親会社のマーベルエンターテインメントの獲得に続いて、マーベル・スタジオは1990年代後半に設立された。このことは、マーベルが映画・テレビ業界へ再参入するきっかけとなった。

マーベル・スタジオがアヴィ・アラッドによって設立される以前の1993年5月13日から1998年10月までは、会長兼最高経営責任者として、彼が映画製作において製作総指揮として活動していた。マーベル・コミックを原作として製作された10作の映画のための5億2500万ドルの非償還請求国債による資金調達は2004年9月に終了した。2005年に、マイケル・ヘルファントは社長と首席業務官としてスタジオに加わった。2007年3月に、デヴィッド・マゼルは会長に任命され、そして、アイアンマンが撮影され始めたとき、ケヴィン・ファイギは製作社長に任命された。2008年に、マーベル・スタジオは、本部と生産オフィスを接待して、スタジオの予定する次の4つの映画をマンハッタンビーチ施設で撮影するようにローリー・スタジオズと契約した。

共同製作 独立製作 テレビシリーズ 脚注 関連項目 ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる