「マーフィー」とは?

関連ニュース

山崎貴監督、CG多用の撮影に嘆き 『ダンケルク』の大迫力に「卑怯だなって感じる」 - 08月23日(水)20:08 

 『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『永遠の0』、『STAND BY MEドラえもん』などで知られる映画監督の山崎貴氏(53)が23日、都内で行われたクリストファー・ノーラン監督(47)の最新作『ダンケルク』ジャパンプレミアに出席。CGを使わずリアルな撮影にこだわった同作について「本当に戦場に放り込まれたような感じでした。映画というよりは体験でした」と絶賛した。  山崎監督はCGを多用して映画を作る自身のスタンスと、ノーラン監督の作品を対比して「僕は予算の都合等々でCGに頼りがちなのですが、今回やっぱり『本物スゲー』って思いました。ちょっと卑怯だなって感じるくらいです」とポツリ。「僕もCGに頼っていると思われがちなんですけど、できるだけ実写で撮ろうと思っている。だから、絶対一部はセットを使ったり、本物の空を使ったりしています」と、作品へのこだわりを明かした。  一方、ノーラン監督は山崎監督の『永遠の0』を鑑賞したといい「予算はそこまでなかったということでしたが、その中でもものすごいものを作っていらっしゃるなという風に思いました」と絶賛。「今回の『ダンケルク』をきちんと描くには、ハリウッドスタジオ並の予算がなければ、リアルには作れない。たまたま、僕はチャンスをいただいたので、それに関しては感謝しています。山崎監督はいろいろな限界がある中で『永遠の0』を作ったことはすばらしい...more
カテゴリー:

『アメリカン・クライム・ストーリー』シーズン3、アネット・ベニングが降板することに! - 08月19日(土)16:10 

ヒットメーカーのライアン・マーフィーが、米国で実際に起きた事件を取り上げる、米FXの人気アンソロジー・シリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー』。この度、観測史上最大級の被害をもたらしたハリケーン・カトリーナに焦点を当てるシリーズ第3弾『Katrina: American Crime Story(原題)』からアネット・ベニング(『アメリカン・ビューティー』)が降板することが分かった。米Deadlineなどが報じている。このシーズン3は、ピューリッツァー賞受賞作家シェリ・フィンクによるノンフィクション「メモリアル病院の5日間」を下敷きにしたストーリー。アネットは、カトリーナがアメリカ南東部を襲った後、復興を目指して働きかけていた当時のルイジアナ州知事キャスリーン・ブランコを演じる予定だった。アネット降板の理由は明らかにされていないが、それが発表されたと同時に、マーフィー作品常連のサラ・ポールソンが現地で被害者の治療に当たったアナ・ポウ医師を演じることが決定した。ポウ医師は、停電した病院で十分な治療が行えない中、鎮静剤などの過剰投与により20人以上の患者が死亡した件をめぐり殺人罪に問われた人物だ。また、ジョージ・W・ブッシュ元米大統領役のデニス・クエイド(『アート・オブ・モア 美と欲望の果て』)と、米国連邦緊急事態管理庁のマイケル・D・ブラウン長官役を演じるはずだったマシュー・ブロデ...more
カテゴリー:

クリストファー・ノーラン監督節が満載!『ダンケルク』IMAX版完成披露試写会 - 08月15日(火)17:30 

クリストファー・ノーラン監督(『ダークナイト』『インセプション』)が、第二次世界大戦中に実際にあった史上最大の救出作戦を描く戦争映画『ダンケルク』。そのIMAX版完成披露試写会が今月10日(木)に都内で行われ、俳優の坂上忍、映画コメンテーターの有村昆、映画ライターのよしひろまさみちが登壇した。上映に先立ち、ゲスト3人によるトークが行われ、観終わったばかりという坂上は開口一番、ノーラン節満載な作品で圧倒される映像に「死にそうなくらい疲れた」とコメント。続いて、「もうアイデアはないだろうと思っていたら軽くそれを超えてくる」と有村が熱い口調で監督の手腕を称賛すれば、よしひろも「始まって3分もしないうちに自分が戦場にいる感覚になる」とその臨場感を強調した。その後も3人はリアルタイムで救出作戦が進む中、劇中でずっと流れる秒針をモチーフにした斬新な音楽、戦闘機にIMAXカメラを取りつけて撮影した驚異の映像、ノーラン作品に共通の重厚な人間ドラマなどについて盛り上がった。キャストはトム・ハーディ(『インセプション』)、マーク・ライランス(『ブリッジ・オブ・スパイ』)、ケネス・ブラナー(『オリエント急行殺人事件』)、キリアン・マーフィー(『ピーキー・ブラインダーズ』)といったベテランに加えて、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ、フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデ...more
カテゴリー:

ライアン・マーフィーが手掛ける新シリーズに、人気俳優二人が出演! - 08月14日(月)20:10 

『glee/グリー』などの作品で知られるヒットメ―カーのライアン・マーフィーが手掛ける米FOXの新シリーズに、ピーター・クラウス(『シックス・フィート・アンダー』)とアンジェラ・バセット(『アメリカン・ホラー・ストーリー』以下『アメホラ』)が出演することが分かった。米Varietyが報じている。二人が出演する『9-1-1(原題)』は、極限状態の中で捜査や治療に当たらなければならない警官や救急医療隊員、消防士たちが、さらにショッキングかつ恐ろしい状況を切り抜けていく姿が描かれるシリーズ。人の命を救う一方で、自分たちが抱える問題にも直面していかなければならない...という設定だ。ピーターが主演するという以外、誰がどの役を演じるかといった詳細は現地点では不明。『シックス・フィート・アンダー』のネイト・フィッシャー役で知られる彼は、ニューヨークの富豪一家を描く『ダーティ・セクシー・マネー』で主役のニックを演じたほか、米ABCの人気シリーズ『The Catch(原題)』と米NBCのファミリードラマ『Parenthood(原題)』にもレギュラーとして登場している。一方のアンジェラは、『マルコムX』『TINA ティナ』といった映画を中心に活躍していたが、近年は、『ER 緊急救命室』シーズン15にゲストとして、『アメホラ』シリーズにレギュラーとして出演するなどTV界での活動も目立っている。ライアン...more
カテゴリー:

【メルカリ】みんな一度は経験アリ!? あるあるエピソード5選 - 08月22日(火)06:30 

家にある使わないモノを、「ちょっとしたお小遣いになる!」と売れることで人気の『メルカリ』。アプリだけで使えるので、老若男女を問わず愛用している人も多いですよね。 「あの人、メイク下手だよね~」と言われてしまう女性の共通点6つ 現在ではもはや定番サービスになりつつある『メルカリ』ですが、「モノを売る」という単純に見えるやり取りのなかで、時折面白い出来事が起きているようです。 そこで今回は、『メルカリ』愛用者たちに聞いた「メルカリあるある」な出来事を5つご紹介します。初心者さんは必見ですよ! メルカリあるある1:買った直後にもっと安く同じものが出た メルカリは出品者が自由に価格を設定できるサービスだけに、同じアイテムでも出品者によって価格がまちまち。 そこが『メルカリ』の面白さでもあるのですが、「買ってから、同じものがもっと安く出た」というのは“あるある”のひとつみたいです。 「化粧品は消耗品と考える私は、欲しいものはまずメルカリでチェック。何人か出していれば、やっぱりそのなかでも一番安いものに目がいきます。 けれど、結構あるんですよね、吟味して買って満足していたら、その直後にもっと安価な商品が現れるという……」(20代女性) 昔流行った“マーフィーの法則”みたいなやつでしょうか。 メルカリあるある2:画像の一部が参考商品だった 『メルカリ』で販売するなら写真が命...more
カテゴリー:

アリアナ・グランデのライブ会場テロの犠牲者に3,560万円 - 08月17日(木)21:00 

6月4日のマンチェスター追悼コンサートで歌うアリアナ・グランデ(写真:WENN/アフロ) 5月22日、英マンチェスターにある「マンチェスター・アリーナ」でテロ事件が起こった。アリアナ・グランデのコンサートを狙った卑劣な犯行は、8歳の少女を含む22人の命を奪い、59人に怪我を負わせた。 あの衝撃から約2カ月。事件後に設立された「マンチェスターを愛してる・緊急基金(We Love Manchester Emergency Fund)」から、犠牲者の遺族に32万4,000ドル(約3,560万円)の見舞金が支払われることがわかった。 クラウドファンディングや、グランデが主催した慈善公演「One Love Manchester」で集まった寄付金の総額はおよそ2,450万ドル(約27億円)。遺族には既に9万ドル(約990万円)と、無料でカウンセリングを受けられる権利が贈呈されているが、今回はこれに続く第二弾の分配となる。基金の代表を務めるスー・マーフィーは、残りの寄付金の分配方法を検討しているという。【関連記事】アリアナ・グランデ 英テロ“慈善ライブ”にスターたち集結!防弾少年団、英国テロ犠牲者に哀悼の意アリアナ・グランデ 欧州公演を延期…悲哀ツイートに応援殺到
カテゴリー:

『アメリカン・ホラー・ストーリー』、エマ・ロバーツがシーズン7で復帰 - 08月15日(火)12:00 

 米FX局で現地時間9月5日よりシーズン7が放送予定の人気海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズ。シーズン5&6では出演がなかった女優エマ・ロバーツが、シーズン7でシリーズ復帰を果たすことが明らかになった。【関連】シーズン5『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』フォトギャラリー シリーズのクリエイター兼製作総指揮を務めるライアン・マーフィーが、自身のインスタグラムに屋外で大きなナイフをかざすエマの写真を投稿。「誰かさんがCultのセットに姿を現したよ。グラマラスでやる気満々だ」とコメントして、エマのシリーズ復帰を発表した。エマ自身も同じ写真を自身のインスタグラムに投稿し、「AH“カルト”に加わったわ。あなたならそうする?」と出演を報告している。 エマはシーズン3の『アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団』からマーフィー劇場に参加。シーズン4の『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』に出演した後、マーフィーがプロデュースする米Fox局の海外ドラマ『スクリーム・クイーンズ』に出演するため、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズを去った。しかし、『スクリーム・クイーンズ』は2シーズンで打ち切り。今回、古巣に戻ってきた形となる。 『American Horror Story:Cult(原題)』のタイトルとなるシーズン7は、2016年の米大統領選挙からインスピレーシ...more
カテゴリー:

名優キリアン・マーフィーが語る映画『ダンケルク』への想い「心を動かされてほしい」 - 08月11日(金)10:00 

 圧倒的な映像表現と斬新な世界観で観る者を驚愕させてきたクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話に挑み、史上最大の救出作戦を描いた映画『ダンケルク』が9月9日に全国公開を迎える。今回、『ダークナイト』シリーズや『インセプション』に続いてノーラン監督作品への出演を果たした英国俳優キリアン・マーフィーがインタビューに応じ、自身の役柄やノーラン監督の魅力について思いを語った。【関連】キリアン・マーフィー&『ダンケルク』フォトギャラリー 第二次大戦にて遂行され、史上最大の救出作戦として未だに語り継がれる「ダンケルクの戦い」を描く本作で、ドーバー海峡に漂流する“謎の英国兵士”を演じているキリアンは「僕は第二次世界大戦では中立国だったアイルランド出身で、あの作戦についての知識はかなり限定的なものだった。その後、リサーチをしてもっと学んだ。あれは第二次世界大戦においても、イギリスの歴史全部においても、まさに特別な出来事」と語る。 「戦時中の攻撃が悲惨なまでに失敗した結果、何十万もの兵士がフランスの海岸で身動きがとれなくなった。でも、人々が決死の覚悟で彼らを生還させようとしたことでその失敗を挽回できた。それが“ダンケルクの奇跡”だ」と解説するキリアンは、「極限状態にあり、絶望的な戦いのなかで敢行されたこの大規模撤退作戦は、国を団結させ、個々の兵士たち、そして救出に駆けつけた人々の犠牲心と英雄的行...more
カテゴリー:

「マーフィー」の画像

もっと見る

「マーフィー」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT マーフィ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる