「マーチャンダイジング」とは?

関連ニュース

LD&Kが提示するレーベルとアーティストの在るべき形 契約形態の新基準とは - 01月20日(土)08:10 

 設立から23年目を迎えるLD&Kが契約形態の新基準を発表。そのステートメントには、音源パッケージの収益配分にあたってアーティストの取分をより多く確保するため、小売店流通をしないという選択肢を設けるなど、ドラスティックな方法論が例示されている。株式会社LD&Kの代表取締役社長/オーナー・大谷秀政氏に真意を聞いた。 【図】小売店流通しない場合のレーベル契約 ◆“AtoC”の次代に即し、アーティスト側が選べる状態を提示  LD&Kは音楽レーベル兼マネジメント事務所としてだけでなく、スタジオやライブハウスの運営、イベント制作、マーチャンダイジング、音楽出版、著作権管理、資金調達プラットフォームなど、音楽文化の継続のための仕組みを全方位的に構築してきた。さらに近年ではカフェをはじめとする飲食業でも着実に実績を伸ばしている。このタイミングでの新たな契約形態への挑戦にはどのような意図があるのだろうか。  「大前提として、パッケージ売上が減少し、もうアーティスト印税が1%というような従来のやり方では、音楽活動を継続すること自体が難しい時代になっているということがあります。同時に、SNSの普及などで急速にファンとの関係性が変化し、いわば“AtoC”(Artist to Customer)といえるような、アーティストが直接ファンとつながる状況も当たり前のものになっている。世の中が変化している...more
カテゴリー:

「マーチャンダイジング」の画像

もっと見る

「マーチャンダイジング」の動画

Wikipedia

マーチャンダイジング (merchandising) とは、一般的には、消費者の欲求・要求に適う商品を、適切な数量、適切な価格、適切なタイミング等で提供するための企業活動のこと広辞苑大辞林。「商品政策」「商品化計画」。「MD」と略されることもある衣料品MD(マーチャンダイジング)の成功方程式他。

概説

マーケティング活動のひとつ大辞林として位置づけられることが多い。 ただし、マーチャンダイジングという言葉が主として使われる場は、アカデミックな場ではなく、実際の商業の場なので、多義的で流動的に用いられている宮副謙司,2008年,「マーチャンダイジングの捉え方について」(東京大学COEものづくり経営研究センター MMMRC Discussion Paper No.193, p.1。例えば百貨店業界でのマーチャンダイジングの実態は、仕入れ、販売、管理などの業務フローについてのマネジメント・コントロールであり、マーチャンダイジングは経営マネジメントの概念のひとつとして捉えるべき宮副謙司、同論文 p.1ともされる。

メーカーで製造された「製品 (Product)」が小売業で扱われると、同一物でありながら「商品 (Merchandise)」へと呼び名が変わる。そこからもMerchandisingという概念は、基本的には小売業と関連のある概念宮副謙司、同論文 p.7ともされる。製造業においては「商品計画」に類似する「製品計画」という言葉が用いられているが、これは指し示す範囲が異なっているともされる。

近年のマーチャンダイジングに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる