「マーチャンダイジング」とは?

関連ニュース

ファッションビジネス業界の基礎知識「GMSとは?」 - 11月12日(日)17:00 

ファッションビジネス業界の基礎知識解説です。今回は少し応用編です。尋ねられて、語ることができれば後輩から尊敬されるような英略語を集めてみました。でも、ある程度のベテランなら常識ですよね。正確にいくつ知っているのか、実力をチェックしてみましょう。 GMSとは? Gはゼネラル、Mはマーチャンダイジング、Sはストア。つまり何でも売ってる店です。アメリカで生まれ発展し、日本では「総合小売業」と紹介されてい...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

「マーチャンダイジング」の画像

もっと見る

「マーチャンダイジング」の動画

Wikipedia

マーチャンダイジング (merchandising) とは、一般的には、消費者の欲求・要求に適う商品を、適切な数量、適切な価格、適切なタイミング等で提供するための企業活動のこと広辞苑大辞林。「商品政策」「商品化計画」。「MD」と略されることもある衣料品MD(マーチャンダイジング)の成功方程式他。

概説

マーケティング活動のひとつ大辞林として位置づけられることが多い。 ただし、マーチャンダイジングという言葉が主として使われる場は、アカデミックな場ではなく、実際の商業の場なので、多義的で流動的に用いられている宮副謙司,2008年,「マーチャンダイジングの捉え方について」(東京大学COEものづくり経営研究センター MMMRC Discussion Paper No.193, p.1。例えば百貨店業界でのマーチャンダイジングの実態は、仕入れ、販売、管理などの業務フローについてのマネジメント・コントロールであり、マーチャンダイジングは経営マネジメントの概念のひとつとして捉えるべき宮副謙司、同論文 p.1ともされる。

メーカーで製造された「製品 (Product)」が小売業で扱われると、同一物でありながら「商品 (Merchandise)」へと呼び名が変わる。そこからもMerchandisingという概念は、基本的には小売業と関連のある概念宮副謙司、同論文 p.7ともされる。製造業においては「商品計画」に類似する「製品計画」という言葉が用いられているが、これは指し示す範囲が異なっているともされる。

近年のマーチャンダイジングに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる