「マーサ」とは?

関連ニュース

マーサーとコンファレンス・ボード、共同調査報告書 『職場の生産性向上に向けた労働力分析』を発表 - 03月30日(木)14:00 

◆アジア地域の生産性は低下傾向にある。企業は競争力を高めるため、従業員の生産性向上に集中して取り組む必要がある。◆賃金上昇の圧力、テクノロジーを活用するスキルの欠如、リーダーシップの機能不全、従業員エンゲージメントの停滞。そのような状況が、企業の生産性向上を阻んでいる。◆一人あたりの生産性が最も低下した国は、シンガポール(3.12ポイント減)、続いて韓国(2.34ポイント減)。一方、インド(2.71ポイント増)、続いてインドネシア(0.68ポイント増)は最も高い上昇を示した。日本の生産性は0.29%で、前回調査から比べて1.19ポイント低下、アジア諸国11ヵ国の中で最低。◆本調査報告書は、生産性向上に向けて3つの重要な方向性を示している。(1)より優れたリーダーの育成、(2)従業員のエンゲージメントの強化、(3)テクノロジーの活用
in English
カテゴリー:

やがて、企業から対面による「採用面接」がなくなるかもしれない - 03月29日(水)06:06 

現在、ほとんどの企業が人材採用の際に行っている(対人型の)面接、これを「何の役にも立たず、むしろ最悪の手段」とまで言い切る人物がいます。組織・人事コンサルタント会社を経営するMarcel Schwantes。日頃からサーヴァントリーダーシップの指導者として、人材コンサルの第一線で活躍する彼が「Inc.」に寄せたこの記事の内容は、アメリカにおける採用面接のシーンが大きく変わってきていることを示しています。採用面接において81%もの人がどこかでウソをついている『The Best Place to Work』の著者であり、社会心理学者のRon Friedmanによれば、じつに81%もの人が面接の最中、どこかでウソをついているといいます。理由は極めて単純、「そうしないと合格できない」から。これが面接中に私たちを不誠実にする最大の要因。例えば、私が採用面接を受けているとしましょう。自分が持っていないスキルについて尋ねられたとき、仮に素直に「持っていません」と答えてしまったら、面接に落ちるんじゃないか?と思うことがあります。唯一残された選択肢は、答えをはぐらかしながらも面接官に「ウソの印象」を与えることだけ。つまり、結果として求職者は「不誠実な受け答え」をするしかないし、採用する側はそれを鵜呑みにするしかないわけです。面接中、脳はどのように私たちを思考停止させているかもしも、現在キャリアチェン...more
in English
カテゴリー:

フィンエアー、日本発着路線でも座席指定で追加料金 6ユーロから - 03月25日(土)22:22 

フィンエアー(フィンランド航空)は、日本発着路線の座席指定で、4月4日以降搭乗分より追加料金の徴収を開始する。 エコノミークラス前方5列に設定しているプレミアムエコノミークラス「エコノミーコンフォート」では65ユーロから85ユーロ、非常口座席や機体前方などの足元の広い座席は15ユーロから60ユーロ、各セクション最前列の座席は12ユーロから40ユーロ、通常座席は6ユーロから20ユーロとなる。マイレージプログラム「フィンエアープラス」のマイルで支払うこともできる。座席の購入は予約時もしくは予約後に「予約の管理」やカスタマーサービスなどから行うことができる。 ビジネスクラス、PRO/フレキシブル航空券、フィンエアープラス特典航空券、フィンエアープラスのプラチナ・ゴールド会員、ワンワールドエメラルド・サファイア会員は一部座席を除いて無料で指定ができる。フィンエアープラスゴールド会員とワンワールドサファイア会員は「エコノミーコンフォート」は除外され、ワンワールドサファイア会員はカスタマーサービスでの座席指定のみ無料で受け付ける。 子供を同伴する場合、事前に座席指定を行わない場合でも、同グループ内の大人1名以上と座れるよう、システムが座席を割り当てる。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

狂気の殺人鬼カップル描く「ハネムーン・キラーズ」リバイバル上映! - 03月24日(金)06:00 

 1940年代に約20人の女性を殺害した実在の殺人鬼カップルを描いたファブリス・ドゥ・ベルツ監督の新作「地獄愛」の公開を記念し、同事件を扱った1970年の映画「ハネムーン・キラーズ」がリバイバル上映されることが決定した。  「ハネムーン・キラーズ」は、実際に起こった連続殺人事件を基に、文通相手の結婚詐欺師とともに悪事を重ねていく看護師を描くクライムドラマ。シャーリー・ストーラーが巨漢の看護師マーサ、トニー・ロー・ビアンコが結婚詐欺師のレイを演じた。新聞広告の恋人募集欄に集まる未婚女性を、次々と誘惑していくレイ。マーサは、そんなレイの家業を理解していたはずだったが、嫉妬心から詐欺被害者を殺すようになる。レイは豹変したマーサに怯えるが、狂気的な愛で結ばれた2人は決して離れることはなかった。  当初監督に指名されたのは、当時無名のマーティン・スコセッシだったが、1週間で降板。オペラ作曲家のレナード・カッスルが監督と脚本を兼ねたものの、リアルな殺人描写が原因でアメリカでの上映は早々に終了し、カッスルにとって最初で最後の映画監督作となった。しかしその後、フランソワ・トリュフォーが「もっとも好きなアメリカ映画」、マルグリット・デュラスが「私の知る限り、もっとも美しい愛の物語のひとつ」と絶賛したことで、カルト作品として一部に熱狂的なファンを生んだ。本国公開から30年後の2000年には、日本で...more
in English
カテゴリー:

アマゾンフレッシュにセレブなミールキット登場 - 03月21日(火)10:30 

■生鮮品宅配サービスのアマゾンフレッシュ(AmazonFresh)は14日、マーサ・スチュワート氏のミールキット「マーサ&マーリー・スプーン(Martha & Marley Spoon)」の取り扱いを開始した。ミールキットは料理がすぐに調理できるよう、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料のみがセットされたもの。レシピに従って調理すれば、自宅でも高級レストラン並みの食事を簡単に...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』サミラ・ワイリー、長年の同性パートナーと挙式! - 03月29日(水)09:56 

Netflixの人気オリジナルドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』でプッセイ・ワシントンを演じるサミラ・ワイリーが同番組の脚本家であるローレン・モレリと婚約したことは、以前当サイトでもお伝えしたが、 ついに結婚したことが明らかになった。米Peopleらが報じている。3月25日(土)の午後、カリフォルニア州のパーム・スプリングスで、家族と友人らに囲まれ、二人は穏やかな挙式を行った。パーム・スプリングスは、二人が婚約をした思い出の地でもある。マーサ・スチュワート・ウェディング誌で、サミラは白いウェディングドレス姿を、そしてモレリは白いレースのトップスにパンツスタイルの写真を披露している。この二人の衣装は、リアリティ番組『プロジェクト・ランウェイ』シーズン4で優勝したクリスチャン・シリアノのデザインによるもの。伝統的ではない式を望んでいた二人は、コンフェティをテーマに、花のセンターピースやリース、柑橘系のフルーツにキラキラ光る生地にミスマッチしたグラスなどに囲まれたテーブルでゲストたちは食事を楽しんだ。『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の撮影現場で知り合った二人だが、シリーズの撮影が開始した当時、モレリは2年間交際していた放送作家のスティーヴン・バジロンと結婚したばかりだった。しかし、同作品で大きなテーマとなっている女性同士の恋愛についてのシーンを執筆するうちに、彼女自身、同性愛...more
in English
カテゴリー:

実在した殺人鬼カップルを描く『ハネムーン・キラーズ』リバイバル上映決定! - 03月26日(日)16:00 

 アメリカで実在した殺人鬼カップルをモデルに描いた狂気のラブストーリー『地獄愛』の公開に合わせて、同事件を基にした映画『ハネムーン・キラーズ』のリバイバル上映が決定した。また、公開に合わせてビジュアルも解禁となった。【関連】異常な愛を放つ『ハネムーン・キラーズ』場面写真 本作は、1940年代に全米を震撼させた殺人鬼カップル、レイモンド・フェルナンデスとマーサ・ベックの実話を基に作られた伝説のカルト・クラシック映画。異常性欲に悩みながらも、その魅力を武器に結婚詐欺を繰り返すレイと、結婚詐欺師と知ってもレイへの愛が揺らぐことなく、すべてを捨てレイと共に生きることを選ぶマーサの異常な愛で結ばれた二人を描く。 当初この実話を映画化することになり監督に抜擢されたのが、まだ無名だった頃のマーティン・スコセッシ。しかし一週間でクビとなり、後任の監督としてオペラ作曲家のレナード・カッスルが起用された。しかし、殺人シーンの描写がリアルなことで全米ではすぐに上映が終了し、カッスルにとって本作が最初で最後の監督作となった。 その一方、ヌーヴェルヴァーグを代表する映画監督フランソワ・トリュフォーは本作を「最も好きなアメリカ映画」と絶賛し、フランスの作家マルグリット・デュラスは「私の知る限り、最も美しい愛の物語の一つ」と賞賛。その後も熱狂的なファンから高く評価され、続々と口コミも増えたことから、アメリカでの...more
in English
カテゴリー:

殺人鬼カップルの美しく極悪非道な愛の物語 カルト映画『ハネムーン・キラーズ』リバイバル上映[ホラー通信] - 03月24日(金)23:00 

映画『地獄愛』の公開に合わせて、カルトクラシック映画『ハネムーン・キラーズ』がリバイバル上映決定。両作はどちらも約20人の女性を殺害した殺人鬼カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスを題材としている。 関連記事:【実話】この狂気は共感を呼ぶ――20人殺しのサイコキラー・カップルを描いた『地獄愛』日本公開 ある事故が原因で大怪我を負い、異常性欲に悩みながらも、その魅力を武器に結婚詐欺を繰り返すレイ。そんな彼に一時は騙されながら、結婚詐欺師と知ってもレイへの愛が揺らぐことなく、すべてを捨てレイと共に生きることを選ぶマーサ。新聞広告の恋人募集「ロンリー・ハート」に集る婚期を逃した未婚女性を、レイは次々と誘惑していく。はじめは彼の稼業に協力すると決めていたマーサだったが、次第に女性達への嫉妬心を抑えられなくなり、次々と殺人を犯してしまう。豹変していくマーサにレイは怯えながらも、異常な愛で結ばれた二人は決して離れることはなかった――。 当初監督に抜擢されていたのはなんと無名だった頃のマーティン・スコセッシ。しかし一週間でクビとなり、後任としてオペラ作曲家のレナード・カッスルが監督を務めた。今作は1970年に公開され、30年の時を経て2000年に日本公開されている。フランソワ・トリュフォー監督が「最も好きなアメリカ映画」と絶賛し、小説家で映画監督のマルグリット・デュラスが「私の知...more
in English
カテゴリー:

人が自然と集まってくる。しあわせなうさぎのペンケース。 - 03月22日(水)06:06 

この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入れています。色とか、表情とか、リラックスした雰囲気とか。わたしの性格を、この子が体現しているようです。何かのキャラクターを模したものらしいのですが、わたしはよく知らないので「神さま」と呼んでいます。ダンスの稽古でスタジオに入るときに、隅っこに立てかけて置いておくと、守られているような感覚になるんです。作品づくりを見守る神さまなんですね。それから、この子は、ちょっとした嬉しい気分を運んできてくれるんです。たとえば、ちょっとカフェのテーブルに置いたりすると、隣に座った人から「これ、何?」と話しかけられて会話が生まれたり、スタジオで教えている子どもたちも、この子を勝手に「監督」と呼んで、遊んでいたり。こんなふうに、自然と人が集まってきて愛されてしまうんです。みんな、これがペンケースだって気がつかないみたいですね。ぬいぐるみとして見られて、わたしだったら持ち歩いてそうって思われるのかもしれません。もうずっと使っているので、くったりしてきていますけれど、洗ったらカサカサするだろうなっていうのがわかるので、洗いたくないんです。眠るときに使うタオルケットみたいなものです。わたしの一部のように馴染んでいるので、きれいになってほしくないんですね。こ...more
in English
カテゴリー:

駐在員の世界生活環境ランキング、ホーチミン152位・ハノイ156位 - 03月21日(火)06:19 

 米国の組織・人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)が発表した「2017年世界生活環境調査(Quality of Living Survey)」の都市ランキングによ...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「マーサ」の画像

もっと見る

「マーサ」の動画

Wikipedia

マーサ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる