「マーク・ウォールバーグ」とは?

関連ニュース

ミシェル・ウィリアムズ、金融マンの恋人と婚約か ヒース・レジャーの急死から10年 - 01月19日(金)13:35 

 日本時間8日に開催されたゴールデン・グローブ賞授賞式にダイヤモンドの指輪をつけて出席した女優ミシェル・ウィリアムズ。元婚約者の俳優ヒース・レジャーの死から10年後、交際を伝えられた金融コンサルタントの一般男性アンドリュー・ユーマンス氏(Andrew Youmans)と婚約したとUs Weeklyが伝えた。【写真】「ミシェル・ウィリアムズ」フォトギャラリー ミシェルがユーマンス氏のプロポーズにオーケーしたと複数の情報筋が語った。「彼女はいい人を望んでいて、安定した家庭生活を求めています」とのことだ。ミシェルとユーマンス氏はミシェルの12歳の娘マチルダちゃんと共に、バハマで新年を迎えたと伝えられていたが、二人は休暇に入る前に婚約したという。二人やミシェルの代理人から婚約についてコメントは出ていない。 現在37歳のミシェルと50歳のユーマンス氏が、どのように出会ったのかは不明。ミシェルとユーマンス氏は2017年7月、ミシェルが映画『All the Money in the World(原題)』の撮影で滞在したイタリア・ローマで、一緒にいる姿を目撃されていた。 ミシェルは映画『ブロークバック・マウンテン』での共演がきっかけで、俳優ヒース・レジャーと交際。2005年に婚約し、同年にマチルダちゃんが誕生したが、2人は2007年に婚約を解消した。ヒースは2008年1月22日に急死。プライベート...more
カテゴリー:

【芸能】マーク・ウォールバーグ氏、セクハラ被害者支援基金に出演報酬を寄付 - 01月15日(月)20:01  mnewsplus

http://www.bbc.com/japanese/42685500 米俳優マーク・ウォールバーグ氏は14日、セクハラ被害者向け法的支援の基金「Time's Up(もう時間切れ)」に150万ドル(約1億6600万円)を寄付したと発表した。 映画「All the Money in the World」の再撮影のためウォールバーグ氏に150万ドルが支払われたのに対して、共演の米女優ミシェル・ウィリアムズ氏は1日当たり80ドル(約8800円)しか支払われなかったと報道で明らかになっていた。 撮影が終了していた「All the Money in the World」は、出演していた米俳優ケビン・スペイシー氏が...
»続きを読む
カテゴリー:

『デッドプール2』全米公開日が2週間前倒し 『X‐MEN』スピンオフ2作品は先送りに - 01月12日(金)14:37 

 ライアン・レイノルズ主演の『デッドプール2(仮題)』の全米公開日が2018年6月1日から5月18日に前倒しとなった。さらに、『X‐MEN』シリーズのスピンオフ『Gambit(原題)』『New Mutants(原題)』の全米公開日の変更も発表された。VarietyやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。【写真】『デッドプール』フォトギャラリー 昨年12月に米ディズニーに買収された米20世紀フォックス。マーベルのスーパーヒーロー映画『デッドプール』の続編『デッドプール2(仮題)』は、公開日が早まったことで、米ディズニーの『スター・ウォーズ』シリーズ単独映画『Solo:A Star Wars Story(原題)』より1週間早い公開となる。 また、チャニング・テイタムが主人公を演じる『Gambit(原題)』は、2019年2月14日から同年6月7日に先送りとなった。同作は監督に決まっていた映画『ローン・レンジャー』のゴア・ヴァービンスキー監督が、「創作上の意見の相違」を理由に降板したばかり。後任の監督は現段階で決まっていない。 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズのメイジー・ウィリアムズや、映画『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイなど、若手俳優が活躍する『New Mutants(原題)』は今年の4月13日から2019年2月22日と10ヵ月ほど先送りになっている。 ■...more
カテゴリー:

ミシェル・ウィリアムズ、新作撮り直しのギャラはマーク・ウォールバーグのわずか1パーセント!? - 01月11日(木)12:00 

新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』の撮り直しで、主演のミシェル・ウィリアムズが受け取った給料が、同じく出演者のマーク・ウォールバーグのわずか1パーセントだったと報じられている。
カテゴリー:

B・ピット、E・クラークと一緒にテレビを観る権利の落札に12万ドルで失敗 - 01月09日(火)15:30 

 ハリウッドスターのブラッド・ピットは、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のファンのようだ。というよりも、デナーリスを演じる女優エミリア・クラークのファンなのかもしれない。俳優ショーン・ペンが主催するハイチ救済チャリティーイベントで、エミリアと一緒に『ゲーム・オブ・スローンズ』を観る権利を12万ドル(約1351万円)で落札しようとしたという。【関連】「ブラッド・ピット」フォトギャラリー 入札の開始金額が幾らだったのかは不明だが、E!Newsによると、ブラッドは金額を競り上げ12万ドルまでいったが、誰かがそれを超える金額を提示するとオークションから脱落したという。最終的にエミリアとジョン・スノウ役の俳優キット・ハリントンとドラマの1エピソードを観る権利は、16万ドル(約1800万円)で落札されたそうだ。 現地時間6日に開催されたイベントでは、ご機嫌な様子だったというブラッド。情報筋の話では、ブラッドはオークションの最中に会場にいたエミリアを繰り返し見ていたという。 エミリアとお近づきになるチャンスは手にできなったブラッドだが、週末にNBAチームのサンアントニオ・スパーズと過ごす権利を4万ドル(約450万円)で落札したとのことだ。パッケージには試合の観戦チケットやチームと一緒に専用飛行機に乗る権利、VIPチケットなどが含まれていたという。 チャリティーイベントには俳優レオナルド・デ...more
カテゴリー:

追加撮影分の高額ギャラで批判受けたマーク・ウォルバーグ、弁護基金に寄付 - 01月17日(水)09:00 

 「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」の追加撮影で高額出演料を受け取っていたことを批判されていたマーク・ウォルバーグが、女性差別やセクハラ被害者を支援するTime’s Up弁護基金に出演料を寄付すると発表した。米ハリウッド・レポーター紙が報じている。  リドリー・スコット監督の新作「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」に出演していた米俳優ケビン・スペイシーのセクハラ騒動が、そもそもの発端。撮影を終えていたものの、同作のプロデューサーはスペイシーをクリストファー・プラマーに差し替えるという異例の決断を下す。スペイシーが演じた石油王ジョン・ポール・ゲッティは主役ではないものの、それでも追加撮影には10日かかる。ミシェル・ウィリアムズをはじめとする多くの出演者たちが格安で撮影に合意したものの、ウォルバーグだけが難色を示した。その結果、10日間の撮影で150万ドルを手にしたとUSAトゥデイ紙が報じている。  交渉上手といえばそれまでだが、男女の賃金格差や女性差別がハリウッドで大きな問題となっているなか、ウォルバーグには批判が殺到。そんななか、ウォルバーグは声明を発表。「ぼくは賃金格差解消のための戦いを100%支援している。Time’s Upの弁護基金にミシェル・ウィリアムズの名前で150万ドル寄付する」と宣言した。  Time’s Upは、ハーベイ・ワインス...more
カテゴリー:

マーク・ウォールバーグ、1500倍のギャラ格差問題で1.65億円を寄付 - 01月15日(月)15:45 

 リドリー・スコット監督の最新作『All the Money in the World(原題)』の再撮影で、俳優マーク・ウォールバーグと女優ミシェル・ウィリアムズの間に1500倍の賃金格差があったことが物議を醸したが、マークがミシェルの名前で再撮影分のギャラ150万ドル(約1億6500万円)を寄付すると発表したという。これを受け、ミシェルはマークの決断や彼女をサポートした人々に感謝の意を表している。E!NewsやUs Weeklyなどの海外メディアが伝えた。【写真】「マーク・ウォールバーグ」フォトギャラリー E!Newsによると、マークは声明の中で「この数日に僕が『All the Money in the World(原題)』の再撮影で手にした賃金が重要な話題になっています。僕は公正な賃金を得るための闘いを100%支持し、ミシェル・ウィリアムズの名前でTime’s Up Legal Defense Fund(タイムズアップ弁護基金)に150万ドルを寄付します」と報告しているという。 Time’s Up Legal Defense Fundは職場で性的な嫌がらせや暴力、虐待を受けた被害者に法的支援を提供する団体で、ハリウッドでもハーヴェイ・ワインスタインらのセクハラ問題をきっかけに活動を支援する動きが高まっている。 マークとミシェルはウィリアム・モリス・エンデヴァー(WME)という同...more
カテゴリー:

M・ウォールバーグとM・ウィリアムズの賃金格差1500倍! 女優らが怒りを露わに - 01月11日(木)15:30 

 セクハラ騒動で俳優ケヴィン・スペイシーの出演シーンをすべて撮り直ししたことで知られるリドリー・スコット監督の最新作『All the Money in the World(原題)』。ケヴィンの代役を務めた俳優クリストファー・プラマーと共に、俳優マーク・ウォールバーグや女優ミシェル・ウィリアムズらが再撮影に臨んだが、マークとミシェルの再撮影のギャラに1500倍以上の差があるとUSA TODAYが報じ、ジェシカ・チャステインやビジー・フィリップスら女優が怒りを露わにしたという。【関連】米誌「ギャラを貰いすぎている俳優」1位はマーク・ウォールバーグ!TOP5発表<フォト集> 石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ジョン・ポール・ゲティ3世の誘拐事件を題材にした『All the Money in the World』。USA Todayによると、再撮影でマークが得たギャラが150万ドル(約1億6750万円)だったのに対し、ミシェルのギャラは日当80ドル(約8900円)で合計しても1000ドル(約11万1700円)未満だったと伝えた。 スコット監督は以前、USA Todayとのインタビューで再撮影について、クリストファーとスタッフ以外は、自分も含めて無償で再撮影に応じたと話していたが、再掲載されたインタビューの該当箇所にマークの名前は出ていなかった。 このニュースを受け、ジェシカは「マークの何百万...more
カテゴリー:

男優に女優の1500倍出演料 ハリウッドで非難の嵐 - 01月11日(木)07:20 

【1月11日 AFP】新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』の再撮影で、俳優のマーク・ウォールバーグに支払われた出演料が、主演女優のミシェル・ウィリアムズの1500倍だったとことが報じられ、ハリウッドで怒りの声が巻き起こっている。≫続きを読む
カテゴリー:

ガル・ガドットからマライア・キャリーまで・・・第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式はプレゼンターも超豪華! - 01月07日(日)17:55 

第75回ゴールデン・グローブ賞が明日、日本時間の1月8日に開催される。華やかな授賞式へ向けて着々と準備が進められているが、今年のプレゼンターも超豪華だ。 同賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)は、この年末年始に今回のプレゼンターを少しづつ発表してきた。映画『ワンダーウーマン』主演のガル・ガドットや、グラミー賞受賞アーティストのケリー・クラークソン、米テレビドラマ『スキャンダル 託された秘密』のケリー・ワシントン、過去に3度ゴールデン・グローブ賞授賞式の司会を務めたエイミー・ポーラー。オスカー女優のハル・ベリー、コメディアンのセス・ローゲン、『アメリカン・クライム・ストーリー』シーズン2で共演のペネロペ・クルスとダレン・クリスといったスターがプレゼンターを務める。(THREAD) A complete list of all presenters announced thus far for the 75th #GoldenGlobes. Tune in to @nbc Jan 7th at 8PM ET/5PM PT to see them present the awards and more! We start with @kerrywashington, @GalGadot, Amy Poehler, and Kelly Clarkson...#Globes7...more
カテゴリー:

もっと見る

「マーク・ウォールバーグ」の画像

もっと見る

「マーク・ウォールバーグ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる