「マーク・ウォールバーグ」とは?

関連ニュース

『トランスフォーマー/最後の騎士王』の魅力的なおてんば娘・イザベラに聞く「今後の人生何があっても乗り越えられる」 - 08月17日(木)12:30 

夏だ、ロボだ、トランスフォーマーだ! 過去4作の全世界累計興行収入が約4200億円、監督マイケル・ベイ、製作総指揮スティーブン・スピルバーグによる世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。その最新作「最後の騎士王」が現在大ヒット公開中です。 本作で、オートボットを愛するおてんば娘・イザベラを演じたのが、16歳のイザベラ・モナー。母親がペルーの血を持つというエキゾチックな魅力で、今後注目の若手女優の一人です。ガジェット通信ではヒロインのローラに引き続きイザベラにインタビューを敢行。映画について、マイケル・ベイ監督についてお話しを伺ってきました。 ――映画の中では気が強くて、男勝りなキャラクターでしたが、こうしてお会いして女性らしい美しさに驚いています! イザベラ:ありがとうございます。でも、私は普段兄のお下がりのシャツばかりを着ているので、こんな風にドレスアップすることなんて映画のPR以外では無いんです(笑)。この姿を家族が見たら驚くと思います。 ――まず、本作に起用された時のお気持ちを教えてください。 イザベラ:監督は最初、他の人に決めようとしていたみたいなんです。正式に決定するちょっと前にキャスティング・ディレクターが私のテープを勧めてくれて、それを観た監督が私に即決してくれたそうです。その知らせは自宅で聞いたのですが嬉しくてまず叫びました!(笑)。今回素晴らしいチャンスを...more
カテゴリー:

『ミニオン大脱走』がV3 『トランスフォーマー』『ジョジョ』など大作が初登場 - 08月07日(月)20:36 

 8月5日・6日の映画動員ランキングは、大作が封切られるなか、『怪盗グルーのミニオン大脱走』が土日2日間で動員30万4000人、興収3億7600万円をあげ、3週連続1位を達成。『怪盗グルー』シリーズ(『ミニオンズ』含む)は全世界累計興収35.28億ドルを記録し、これまでトップに君臨していた『シュレック』シリーズ(『長ぐつをはいたネコ』含む)の全世界累計興収35.01億ドルを抜き、全世界累計ベースでアニメーション映画シリーズ史上No.1に躍り出た。 【映像】“ちょい悪”ミニオンたちが登場する本予告  2位には『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』が、土日2日間で動員20万人、興収2億5000万円をあげ初登場。毎年夏休みのこの時期に公開されるライダー&戦隊シリーズの中では、ここ3年間で最高のスタートを切った。  マイケル・ベイ監督によるSFアクション「トランスフォーマー」シリーズの5作目となる『トランスフォーマー/最後の騎士王』は、土日2日間で動員19万8000人、興収3億2800万円をあげ3位でスタート。全体の半数近くの観客が3D、IMAX、4DX/MX4Dなど特殊フォーマットで鑑賞していることから、1661円と単価の高い興行となっており、興収ランキングでは2位。前作に続いてマーク・ウォ...more
カテゴリー:

『トランスフォーマー』新ヒロイン、「期待に応えたかった」ベイ監督の一言に奮起 - 08月04日(金)06:50 

 圧倒的な映像表現と唯一無二の世界観で絶大な人気を博す映画『トランスフォーマー』シリーズ。その最終章の幕開けを飾る『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開された。男性主体となってきたシリーズの最新作において、“戦うヒロイン”としてまばゆい輝きを見せるのが、イギリス出身のローラ・ハドックだ。「女優としてエキサイティングな時代に生きていると思う」と語るローラに、役の個性やハリウッドの“今”について語ってもらった。【関連】ローラ・ハドック『トランスフォーマー/最後の騎士王』インタビュー フォトギャラリー 地球を守ってきたオプティマス・プライムが“創造主”によって洗脳され、人類を滅亡させようと暴走する姿を描く本作。ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)とともに地球を救おうと奔走する女教授ヴィヴィアンを演じたローラは、「子供の頃の父親との関係が、彼女の異性との関係に非常に大きな影響を及ぼしたの。彼女は正直に言って、ファザコンと言ってもいいわね(笑)」と役柄を紹介する。また「ファザコンで育ったから、一見タフで、独身であることを謳歌しながら、男性に頼らなくていいという感じで生きているけど、異性との関係になると不器用なの。ファザコンであるからこそ、父親とは真逆のケイドと出会って、初めて感じるトキメキがあるのだと思うわ」とも語る。 ヴィヴィアンのような“戦うヒロイン”を演じたことは、時流も絡...more
カテゴリー:

バンブルビーが人間と敵対!?あのキャラも登場の「トランスフォーマー」本編映像 - 08月08日(火)13:00 

 世界的ヒットシリーズの最新作「トランスフォーマー 最後の騎士王」(公開中)の新たな本編映像が、公開された。正義のトランスフォーマーだったバンブルビーと人間が敵対するシーンを切り取っている。 ・「トランスフォーマー 最後の騎士王」本編映像はこちら!  マイケル・ベイがメガホンをとり、マーク・ウォールバーグ、アンソニー・ホプキンス、ローラ・ハドック、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロらが出演する第5弾。人類とトランスフォーマーの戦いが激化するなか、新たに正義の集団オートボットのリーダーとなったバンブルビーの前に、トランスフォーマーの創造主によって洗脳されたダーク・オプティマスが立ちはだかる。  映像では、自らを攻撃する人間に怒りをあらわにし、プラズマキャノンの砲口を人間に向けて「生まれたのを後悔させる」と言い放つバンブルビーの姿が描かれる。バンブルビーと行動を共にするケイド(ウォールバーグ)も絡み一触即発の緊張感が漂うなか、シリーズ第1作から登場している人気キャラクターのレノックス(ジョシュ・デュアメル)が駆けつけ、場をいさめる。人間に牙をむくバンブルビーの衝撃的な姿が描かれるのと同時に、シリーズファンにとっては大佐に昇格したレノックスの登場に胸が高鳴るシーンだ。  本作でシリーズに復帰したデュアメルは「最初のころよりもちょっと白髪が増えたのは確かだね(笑)」とジョーク...more
カテゴリー:

『トランスフォーマー/最後の騎士王』新ヒロイン・ローラを直撃! 監督に水をぶっかけられながら挑んだアクション - 08月07日(月)20:00 

夏だ、ロボだ、トランスフォーマーだ! 過去4作の全世界累計興行収入が約4200億円、監督マイケル・ベイ、製作総指揮スティーブン・スピルバーグによる世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。その最新作「最後の騎士王」が現在公開中です。 本作で新ヒロインに抜擢されたのが女優のローラ・ハドック。美しく、賢く、凛としているけど男性関係はちょっとオクテなヴィヴィアンを魅力的に演じています。今回ガジェット通信ではローラにインタビューを敢行。映画について、マイケル・ベイ監督についてお話しを伺ってきました。まじで美しくて、顔握りこぶしサイズだったぜ! ―『トランスフォーマー』という超人気シリーズのヒロインに抜擢された時の率直なお気持ちを教えてください。 ローラ:ヴィヴィアンというキャラクターは、明らかに今までのヒロインと一線を画していたし、本当の意味での女性主人公だということが気に入りました。これは私が脚本を読んで一番気に入った部分でもあります。ストーリーの鍵を握るどころか、地球を救う鍵を握っていますから(笑)。とても光栄です。 ―ヴィヴィアンとご自身の共通点はありますか? ローラ:ヴィヴィアンは聡明で自立していて独身で、繊細な部分もあるけど、場の空気を読まないというか、彼女は誰がどう思おうと構わないみたいなクールな部分もあって、いろんな側面を持っている女性だと思います。私自身は、空気を読ま...more
カテゴリー:

「マーク・ウォールバーグ」の画像

もっと見る

「マーク・ウォールバーグ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる