「マンデリン」とは?

関連ニュース

【画像】コーヒーは浅煎りか中煎りか深煎りかどれぐらいがお好き? - 04月16日(月)22:35  news

深煎りマンデリン セブンステラ 深煎りめのタンザニア ゴールドマイン 中ぐらいのブラジル サントス 浅煎りっぽいホンジュラス HG https://www.jiji.com/jc/article?k=000000037.000005775&g=prt ...
»続きを読む
カテゴリー:

カフェのようで、カフェじゃない。池尻大橋の「BPM」に行ってきた! - 04月13日(金)15:00 

つい先日、TABI LABOの新オフィスにカフェスペースがあると聞いて、さっそくお邪魔してきました。正直、気軽に遊びに行くついでにコーヒーでも飲めたらいいな、くらいの気持ちで行ったんですが、そのコンセプトや誕生の裏話を聞いて、じんわり感銘を受けて帰ることに…!なんだか、うれしい驚きでした。 池尻大橋にあるTABI LABOオフィスの2階は「BPM(Beats Per Moment)」というイベントスペース・カフェ・ショップのそれぞれの機能が混ざり合ったような空間になっていて、コーヒーを飲むもよし、仕事の打ち合わせをするもよし、という自由に楽しめるスペース。そこでコーヒーをいただきつつ、笑顔が素敵なバリスタ窪田秀平さんにお話を伺いました。スタートアップ的コーヒー屋さん!?─── まだオープンしたばかりとのことですが、どういう経緯でこちらでコーヒーを淹れることになったんですか?「僕はもともとスターバックスでバリスタをしていたんですが、ここは一応、期間限定ということで来ているんです」─── き、期間限定!? つなぎ的な感じですか?「いえいえ、違うんです(笑)。ここは、将来自分のお店を持ちたい人が、いきなり店舗を借りて設備投資をしてというのはなかなか大変なので、期間限定というか試験的に自分のお店として営業できるという場所なんです。僕は自分で焼いたお菓子とコーヒーのお...more
カテゴリー:

「マンデリン」の画像

もっと見る

「マンデリン」の動画

Wikipedia

マンデリン(英:Mandheling)は、インドネシアスマトラ島における一部地域で栽培される、アラビカ種のコーヒー豆の銘柄である。マンデリンとは栽培を進めた現地民族の名に因む。

概要

インドネシアにおけるコーヒー栽培は1696年にまで遡り、オランダ軍がアラビカ種をジャワ島に持ち込んだことが始まりといわれている。そして、その栽培はプランテーションなどを通じて全土に広がり、2012年現在でも生産量で3位、世界有数のコーヒー産出国となっているが、そのほとんどは安価なロブスタ種が占めている。これは、1908年におけるさび病の流行によって、従来のアラビカ種を植えていた農園が壊滅的な被害を受けたため、さび病を含む病害に強いロブスタ種に切り換えられたことが大きな要因である。

その中で、マンデリンは病害に辛うじて耐えたアラビカ種を元にして、スマトラ島のマンデリン族が主導で栽培を行ったものである。その生産量はインドネシア国内においてもわずか数パーセントに過ぎないが、その稀少価値や品質が認められ、トラジャと並び世界でも名の通るコーヒー豆の高級銘柄となっている。また、マンデリンも地域によってブランドが確立されており、島北部のリントン・ニ・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる