「マレーシア航空」とは?

関連ニュース

マレーシア航空、東京/成田〜クアラルンプール線を増便 5月8日から週12便 - 01月15日(月)12:47 

マレーシア航空は、東京/成田〜クアラルンプール線を5月8日より増便する。 現在、東京/成田を午前、クアラルンプールを深夜に出発する便を1日1便、東京/成田を夜、クアラルンプールを午後に出発する便を水・金・日曜に運航している。5月8日以降は火・木曜を加え、週12便を運航することになる。機材はエアバスA330-300型機を使用する。 マレーシア航空は5月5日より、東京/成田〜クアラルンプール線の1日1便をエアバスA330-300型機からエアバスA350-900型機に機材を変更する。機内インターネットサービスも提供するほか、ファーストクラス4席も設置している。 ■ダイヤ MH71 東京/成田(21:25)〜クアラルンプール(04:10+1)/火・木 MH71 東京/成田(21:40)〜クアラルンプール(04:10+1)/水・金・日 MH70 クアラルンプール(09:50)〜東京/成田(18:00)/水・金・日 MH70 クアラルンプール(09:50)〜東京/成田(19:30)/火・木 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マレーシア航空、「初売り」開催中 東南アジアへ往復30,000円から - 01月14日(日)14:34 

マレーシア航空は、「平成30年初売り」を2月2日まで開催している。 往復運賃は、エコノミークラスは東南アジアへ30,000円から、南アジアへ50,000円から、オーストラリアへ59,000円から。ビジネスクラスは東南アジアへ100,000円から、オーストラリアへ190,000円から。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込み。 搭乗期間は1月12日から7月20日まで。エコノミークラスは30キロ、ビジネスクラスは40キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マレーシア機不明 米企業が捜索再開へ、残骸など発見で報酬 - 01月11日(木)13:53 

2014年に南シナ海上空で消息を絶ったマレーシア航空MH370便について、マレーシア政府と米企業オーシャン・インフィニティは10日、クアラルンプールで、捜索活動に関する合意を受け、調印式を行った。捜索活動が不明機の残骸などの発見につながった場合に限り報酬が支払われる方式。捜索範囲によって金額が変わり最高で7000万ドル(約78憶円)となる。 オーシャン・インフィニティは捜索をまずオーストラリア...
カテゴリー:

不明のマレーシア機捜索再開へ、政府が米社と合意 発見すれば報酬 - 01月10日(水)23:48 

[クアラルンプール 10日 ロイター] - マレーシア政府は10日、2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空機の捜索再開について米海洋探査会社オーシャン・インフィニティと合意した。90日以内に発見できた場合、最高7000万ドルの報酬を支払うという。 この不明機はクアラルンプール発北京行きのMH370便(乗客乗員239人)で、オーストラリア、中国、マレーシアによる捜索活動は機体を発見できないまま
カテゴリー:

不明マレーシア機の捜索再開 - 01月10日(水)18:53 

2014年3月に南シナ海上空で消息を絶ったマレーシア航空機に関し、マレーシア政府は10日、海洋探査を手掛ける米企業オーシャン・インフィニティと契約を結び、捜索活動を再開すると発表した。
カテゴリー:

マレーシア航空、東京/成田〜クアラルンプール線を増便 5月8日から週12便 - 01月15日(月)12:47 

マレーシア航空は、東京/成田〜クアラルンプール線を5月8日より増便する。 現在、東京/成田を午前、クアラルンプールを深夜に出発する便を1日1便、東京/成田を夜、クアラルンプールを午後に出発する便を水・金・日曜に運航している。5月8日以降は火・木曜を加え、週12便を運航することになる。機材はエアバスA330-300型機を使用する。 マレーシア航空は5月5日より、東京/成田〜クアラルンプール線の1日1便をエアバスA330-300型機からエアバスA350-900型機に機材を変更する。機内インターネットサービスも提供するほか、ファーストクラス4席も設置している。 ■ダイヤ MH71 東京/成田(21:25)〜クアラルンプール(04:10+1)/火・木 MH71 東京/成田(21:40)〜クアラルンプール(04:10+1)/水・金・日 MH70 クアラルンプール(09:50)〜東京/成田(18:00)/水・金・日 MH70 クアラルンプール(09:50)〜東京/成田(19:30)/火・木 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マレーシア航空、「初売り」開催中 東南アジアへ往復30,000円から - 01月14日(日)14:34 

マレーシア航空は、「平成30年初売り」を2月2日まで開催している。 往復運賃は、エコノミークラスは東南アジアへ30,000円から、南アジアへ50,000円から、オーストラリアへ59,000円から。ビジネスクラスは東南アジアへ100,000円から、オーストラリアへ190,000円から。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込み。 搭乗期間は1月12日から7月20日まで。エコノミークラスは30キロ、ビジネスクラスは40キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

2014年に消息絶ったマレーシア航空機、捜索再開へ - 01月11日(木)10:22 

 マレーシア政府は、2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空機について、海洋探査を手掛けるアメリカ企業が今月中旬に捜索を再開すると発表しました。
カテゴリー:

4年前消息絶ったマレーシア機の捜索再開へ 1/10 21:34更新 - 01月10日(水)21:34 

2014年3月に乗客乗員239人を乗せ消息を絶ったマレーシア航空機について、マレーシア政府は、捜索を再開すると発表。インド洋南部に墜落したとみられ、翼の一部は見つかったものの、機体そのものの発見には至らず、捜索は去年1月に打ち切られていた。
カテゴリー:

不明マレーシア機の捜索再開=米企業と政府が契約 - 01月10日(水)17:43 

 【プトラジャヤ(マレーシア)時事】2014年3月に南シナ海上空で消息を絶ったマレーシア航空機に関し、マレーシア政府は10日、海洋探査を手掛ける米企業オーシャン・インフィニティと契約を結び、捜索活動を再開すると発表した。 オーシャン・インフィニティは1月半ばからインド洋南部の2万5000平方キロの海域を中心に捜索する。90日以内に不明機の残骸かフライトレコーダー、または両方を発見すれば、マレーシア政府が捜索範囲に応じて2000万ドル(約22億4000万円)から7000万ドル(約78億4000万円)の報酬を支払う。 マレーシアのリオウ運輸相は、契約調印式後の記者会見で「われわれが4年近く追い求めてきた答えを見つけ、この不幸な出来事に終止符を打つことを願っている」と述べた。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「マレーシア航空」の画像

もっと見る

「マレーシア航空」の動画

Wikipedia

マレーシア航空(マレーシアこうくう、、略称: & 、 )は、マレーシアフラッグ・キャリア

イギリスのスカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定をかつては受けていた。

航空機事故などの影響により経営不振となり、経営は不安定な状況が続いている。

沿革

マレーシア・シンガポール航空のコメットMk.IV

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる