「マレーシア」とは?

関連ニュース

日航サーチャージ2月発券から値上げ - 12月17日(日)05:00 

 日本航空は、国際線の利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を来年2月発券分から値上げする。航空機の燃料市況が上がったことなどが要因。北米、欧州路線は片道3500円高い1万500円、インド、ハワイは2000円高い6000円、タイ、マレーシアは1500円高い4500円、フィリピン、グアムは1000円高い3000円。中国、台湾は1000円高い2500円、韓国は200円高い500円とする。燃油サーチャージは燃料の高騰分の負担を旅客に転嫁する制度。
カテゴリー:

達人いちおしマレーシア料理店が提供する「ナシレマッケーキ」は予約必須! - 12月15日(金)07:00 

ナシレマッは、和食でたとえるなら、おにぎりぐらいポピュラーで、年齢や民族を問わず、マレーシア人みんなに愛されているワンプレート料理です。日本でおいしいナシレマッを食べるなら、渋谷の「マレーアジアンクイジーン」に行くべし!
カテゴリー:

年越しの瞬間を海外で過ごす…♡ 打ち上げ花火が間近で見られるシンガポール女子旅プラン - 12月14日(木)17:50 

こんにちは。みなさん、2017年の年越しをどのように過ごすかお決まりですか? 年越しそばを食べ、テレビをみながらのんびりという方も多いかと思いますが、海外で年越しをするのもいいですよね♩ ということで今回私がおすすめしたい年越しスポットは、シンガポール。 さらにお隣のマレーシアにも行けるプランを紹介します♡ シンガポールでの年越しがおすすめの理由 ①日本から比較的近いので航空券が安い! シンガポールやマレーシアは東京、大阪、名古屋、福岡と各地から直行便が出ており、6時間前後で到着します。またLCCも出ているので、うまく航空券をとれば、かなり安く行くことができます。 ②冬でも暖かい! 場所取りなどで長時間、外で待機していないといけない年越し……。 これが思っているよりも苦痛だったりするのですが、冬のシンガポールは平均気温が25度くらいと適温なので、待つのも苦にならない♩ ③花火を間近で楽しめる♡ 人が多い年越しってとても楽しいのですが、 ロンドンの年越しでは花火が綺麗に見える場所は有料の券が必要だったり、 ニューヨークではトイレに行くのも一苦労だったりします。 しかしシンガポールでは上記の2カ国に比べたら人は多すぎず、 そのため間近で花火を見ることができるんです。そして打ち上げられる花火は、豪華でとても綺麗♡ シンガポールとマレーシアってどこにあるの? ...more
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 欧米往復21,000円 - 12月14日(木)17:14 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を2018年2月と3月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均71.22米ドル、1米ドル112.94円だったため、円貨換算額は8,044円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は500円、中国・台湾・香港線は2,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は3,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は4,500円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は6,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は10,500円となる。 ■燃油サーチャージ額(2018年2月〜3月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 7,000円⇒10,500円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,000円⇒6,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円⇒4,500円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円⇒3,000円 中国・香港・台湾 1,500円⇒2,500円 韓国・極東ロシア 300円⇒500円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マリンドエア、ボーイング機での受託手荷物許容量を変更 25キロまでに - 12月13日(水)22:14 

マリンドエアは12月1日以降発券分より、ボーイング機で運航する機材でのエコノミークラスの受託手荷物許容量を25キロに変更した。 11月30日以前の発券分とダッカ、チッタゴン発着便では従来の35キロを継続する。ATR機で運航する機材では従来どおり15キロとなる。インドネシアのバティックエアとの共同運航便も対象となる。 マリンドエアは、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするフルサービス航空会社。オーストラリア、バングラデシュ、インド、パキスタン、インドネシア、ネパール、タイ、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、シンガポール、スリランカ、中国、台湾に路線を展開している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

東南アジア村落研究はどこへ行くのか―20年振りのマレー農村再訪で考えたこと(加藤剛・京大名誉教授)【無料・予約不要】日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会 - 12月15日(金)10:00 

日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会/日時:2017年12月16日(土)14時~17時/場所:立教大学池袋キャンパス5号館2階5203教室/発表者:加藤 剛(東洋大学アジア文化研究所/京都大学名誉教授)/タイトル:東南アジア村落研究はどこへ行くのか?―20年振りのマレー農村再訪で考えたこと―/コメント:豊田 三佳(立教大学観光学部)
カテゴリー:

マレーシア、メイドの派遣再開で合意 カンボジアが凍結解除 - 12月15日(金)05:00 

 マレーシアは、カンボジアで現地政府によって2011年から凍結されていたメイド(家政婦)派遣が再開される見通しだ。現地紙スターなどによると、同国の人的資源省が認可したマレーシア外国人メイド斡旋(あっせん)所協会(PAPA)は、カンボジアの労働職業訓練省と派遣再開に関する覚書に署名し、メイド派遣で合意した。
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 欧米往復21,000円 - 12月14日(木)17:14 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を2018年2月と3月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均71.22米ドル、1米ドル112.94円だったため、円貨換算額は8,044円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は500円、中国・台湾・香港線は2,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は3,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は4,500円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は6,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は10,500円となる。 ■燃油サーチャージ額(2018年2月〜3月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 7,000円⇒10,500円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,000円⇒6,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円⇒4,500円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円⇒3,000円 中国・香港・台湾 1,500円⇒2,500円 韓国・極東ロシア 300円⇒500円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

レンゴー/マレーシア段ボール子会社の株式取得 - 12月14日(木)11:40 

レンゴーは12月14日、マレーシアのクアラルンプール近郊のシャーラムに位置する段ボール子会社レンゴー・パッケージング・マレーシア社(RPM社)の株式の25%をタイ・コンテナーズ・グループ社より取得したと発表した。 取得に […]
カテゴリー:

マリンドエア、ボーイング機での受託手荷物許容量を変更 25キロまでに - 12月13日(水)22:14 

マリンドエアは12月1日以降発券分より、ボーイング機で運航する機材でのエコノミークラスの受託手荷物許容量を25キロに変更した。 11月30日以前の発券分とダッカ、チッタゴン発着便では従来の35キロを継続する。ATR機で運航する機材では従来どおり15キロとなる。インドネシアのバティックエアとの共同運航便も対象となる。 マリンドエアは、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするフルサービス航空会社。オーストラリア、バングラデシュ、インド、パキスタン、インドネシア、ネパール、タイ、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、シンガポール、スリランカ、中国、台湾に路線を展開している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「マレーシア」の画像

もっと見る

「マレーシア」の動画

Wikipedia

マレーシアジャウィ語: مليسيا 、)は、東南アジアマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシアブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポールフィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。

国名

正式名称は、ジャウィ文字: ''ڤرسكوتوان مليسيا''、ラテン文字: 。(マレー語: )。

公式の英語表記は ()。

国外での表記

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる