「マニラ」とは?

関連ニュース

比政府機関、マニラに慰安婦像 中国系団体が要求か - 12月11日(月)21:15 

【マニラ共同】フィリピン政府機関の一つ、フィリピン国家歴史委員会が11日までに、マニラ湾沿いの遊歩道に旧日本軍の従...
カテゴリー:

フィリピンに慰安婦像 - 12月11日(月)20:10  news

フィリピンで、慰安婦問題を表す女性の像が、史跡の設置などを行う政府機関によって初めて設置され、現地の日本大使館はフィリピン政府に対して両国関係に及ぼす影響への懸念を伝えました。 フィリピンの史跡の設置などを行うフィリピン国家歴史委員会は、今月8日、首都マニラのマニラ湾沿いの遊歩道に慰安婦問題を表す高さ3メートルほどの像を設置しました。 像は、フィリピンの民族衣装を着た女性が目隠しをされていて、台座には「1942年から1945年の日本の占領下で虐待の被害にあったすべてのフィリピン人女性の記憶」...
»続きを読む
カテゴリー:

【フィリピン】マニラにフィリピン人慰安婦像設置 - 12月11日(月)12:09  newsplus

慰安婦像設置フィリピン国家歴史委員会はマニラ湾遊歩道に比初となる慰安婦像を設置 [ 982字|2017.12.11||社会 ]  フィリピン国家歴史委員会(NHCP)が首都圏マニラ市ロハス大通り沿いの湾岸遊歩道上に「フィリピン人慰安婦像」を設置したことが10日までに分かった。比に慰安婦像が造られたのは初めて。米サンフランシスコに設置された慰安婦像をめぐっては、大阪市が姉妹都市を解消するに至っている。日比間で新たな論議の的になる可能性もある。  同委員会によると、像は太平洋戦争中に旧日本軍の性暴力の...
»続きを読む
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国内・国際線5路線で追加定期便 計128便 - 12月09日(土)18:12 

ジェットスター・ジャパンは、国内線2路線、国際線3路線の計5路線で、2018年2月5日から3月24日まで追加定期便を設定した。 対象となるのは、国内線は東京/成田〜福岡・大分線の2路線60便、国際線は東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西〜マニラ線の3路線68便。いずれもエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機で運航する。 航空券の発売は、12月7日午前10時から開始している。 ■ダイヤ GK525 東京/成田(07:10)〜福岡(09:20)/月・金・土・日(2月5日〜3月11日) GK526 福岡(10:00)〜東京/成田(11:45)/月・金・土・日(2月5日〜3月11日) GK601 東京/成田(08:20)〜大分(10:15)/月(3月12日)、毎日(3月16日〜24日) GK600 大分(10:50)〜東京/成田(12:25)/月(3月12日)、毎日(3月16日〜24日) GK41 東京/成田(19:35)〜マニラ(23:50)/水(2月28日) GK41 東京/成田(19:40)〜マニラ(23:50)/月・水・金・日(3月2日〜24日)、火・木・土(3月17日〜24日) GK40 マニラ(00:50)〜東京/成田(06:15)/木(3月1日) GK40 マニラ(00:50)〜東京/成田(06:10)/月・火・木・土(3月3日〜24日)、水・金・日(3月1...more
カテゴリー:

ジェットスター、成田~福岡/大分線、成田/関空/セントレア~マニラ線の冬期追加運航便を発売 - 12月07日(木)14:30 

 ジェットスター・ジャパンは、2017年冬期運航スケジュール(10月29日~2018年3月24日)において、追加運航便の成田空港~福岡/大分空港線と、成田/関西国際空港/セントレア(中部国際空港)~マニラ線の航空券の販売を12月7日10時に開始した。対象搭乗期間は2018年2月5日から3月24日まで。
カテゴリー:

【悲報】フィリピンの従軍慰安婦像、フィリピン政府によって建てられたものだった - 12月11日(月)20:36  news

フィリピンで、慰安婦問題を表す女性の像が、史跡の設置などを行う政府機関によって初めて設置され、現地の日本大使館はフィリピン政府に対して両国関係に及ぼす影響への懸念を伝えました。 フィリピンの史跡の設置などを行うフィリピン国家歴史委員会は、今月8日、首都マニラのマニラ湾沿いの遊歩道に慰安婦問題を表す高さ3メートルほどの像を設置しました。 像は、フィリピンの民族衣装を着た女性が目隠しをされていて、台座には「1942年から1945年の日本の占領下で虐待の被害にあったすべてのフィリピン人女性の記憶」...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】ネトウヨ「フィリピンは日本に感謝してるホル。」→マニラに性奴隷とされたフィリピン人の慰安婦像がたつ - 12月11日(月)18:01  news

フィリピン国家歴史委員会はマニラ湾遊歩道に比初となる慰安婦像を設置 http://www.manila-shimbun.com/category/society/news234695.html フィリピン国家歴史委員会(NHCP)が首都圏マニラ市ロハス大通り沿いの湾岸遊歩道上に「フィリピン人慰安婦像」を設置したことが10日までに分かった。 比に慰安婦像が造られたのは初めて。米サンフランシスコに設置された慰安婦像をめぐっては、大阪市が姉妹都市を解消するに至っている。 日比間で新たな論議の的になる可能性もある。 同委員会によると、像は太平洋戦争中に旧日...
»続きを読む
カテゴリー:

中国の「一帯一路」、不信感広がり巨大事業が相次いでキャンセル - 12月11日(月)05:00 

以前掲載の記事「中国による『インフラ投資』のインチキに気づいた各国から非難の声」では、「札束外交」を展開する中国のあまりの身勝手ぶりに各地でトラブルが頻発している事実をお伝えしましたが、ここに来て親中国・同盟国も次々と中国を見放し始めているようです。なぜそのような事態に陥ってしまったのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガで、「野心と下心しかない習近平政権にそれらの国々がようやく気づき警戒し始めたのでは」と推測しています。 【中国】同盟国からも見放されはじめた「一帯一路」 ● 中国の「一帯一路」がピンチ? 大型プロジェクト取り消す国が相次ぐ パキスタン、ネパール、ミャンマーが、中国が計画していた大規模水力発電所3カ所の事業中止を発表しました。報道によれば、これは総額200億ドルにもなる大型プロジェクトだそうです。 パキスタンはインダス川流域のディアメル・バハシャダム建設に中国が提供を申し出ていた資金140億ドル(約1兆5,754億円)の受け入れを拒否したとされています。インダス川はチベット高原を水源とし、その90%以上がパキスタン領内を流れています。 パキスタンの穀倉地帯を流れる貴重な水の供給源であり、これを中国に握られることは、国の死活問題にかかわります。さすがにこれを受け入れるわけにはいかなかったということでしょう。 ネパールは25億ドル(約2,813億円...more
カテゴリー:

発見した旧日本軍戦艦の状況説明 米資産家調査チーム - 12月07日(木)16:21 

【マニラ共同】太平洋戦争中の1944年10月、米軍に撃沈された旧日本軍の戦艦山城や扶桑などとみられる5隻をフィリピ...
カテゴリー:

特別リポート:フィリピン麻薬戦争、防犯カメラに映った真実 - 12月07日(木)10:00 

Clare Baldwin and Andrew R.C. [マニラ 27日 ロイター] - 警察の報告書は明快だった。フィリピン首都マニラの貧困地区で、3人の男性に麻薬取締官が発砲して負傷させ、病院に「緊急搬送」したが、運ばれた時にはすでに死亡していた、と記してある。 だが、ロイターが入手した防犯カメラによる映像を見ると、10月11日正午過ぎにバランガイ(最少行政区)19区で発生した状況は、
カテゴリー:

もっと見る

「マニラ」の画像

もっと見る

「マニラ」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • マニラ市公式サイト
  • フィリピン政府観光省 - マニラ

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる