「マニラ」とは?

関連ニュース

焦点:アジアで「オイルショック」も、購入コスト1兆ドル超に - 05月18日(金)15:56 

[シンガポール/ムンバイ/マニラ 17日 ロイター] - 原油価格の上昇と需要増加に伴い、アジア諸国の石油購入コストが今年は1兆ドルを超えて2015、16年の2倍近くに達し、経済の重圧となりそうだ。
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 - 05月17日(木)19:41 

セブパシフィック航空は、5月16日に日本支社を開設した。 アジア太平洋地域での事業拡大戦略の一環として開設するもので、団体予約サービス、航空券販売、顧客サポート、プロモーション活動などを行う。日本支社長にはカタール航空日本支社長、タイガーエア・台湾の日本地区支配人を務めた、松本智彦氏が就任した。 松本知彦日本支社長は、「日本支社をこの度無事に開設できたことを光栄に思っております。日本とフィリピン間において貿易や観光の機会はたくさんあります。我々のミッションは、日本市場とセブパシフィック航空本社との橋渡しをすることです。1年を通して低価格を実現しているセブパシフィック航空では今後も、日本人のお客様に対してより多くの選択肢を提供していきます。そして、多くの日本のお客様にフィリピン旅行に魅力を感じていただき、セブパシフィック航空を、より多くの機会でご利用いただけることを楽しみにしています」とコメントしている。 セブパシフィック航空は、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜マニラ線と東京/成田〜セブ線を週70便運航している。日本就航から10年を迎え、2017年の利用者数は43.5万人以上となった。 ⇒詳細はこちら 投稿 セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

ジェットスター、国際線対象のセール オーストラリアへ片道17,787円など - 05月17日(木)19:11 

ジェットスターグループは、5月18日午後6時から24日午後6時まで、国際線を対象に「Super Star Sale」を開催する。 エコノミークラス「Starter」の片道運賃は、大阪/関西〜台北/桃園・香港線は4,490円から、大阪/関西〜ハノイ・ダナン・マニラ線は5,990円から、東京/成田〜香港線は6,490円から、東京/成田・大阪/関西〜ケアンズ線は17,787円から、東京/成田〜ゴールドコースト線は20,787円からとなる。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は6月19日から2019年3月12日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら 投稿 ジェットスター、国際線対象のセール オーストラリアへ片道17,787円など は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設で記念セール 片道8,500円から - 05月17日(木)17:48 

セブパシフィック航空は、「Just Go! 日本支社開設記念セール」を5月18日から24日まで開催する。 対象路線と片道運賃は、福岡〜マニラ線は8,500円から、名古屋/中部・大阪/関西〜マニラ線は11,500円から、東京/成田〜マニラ・セブ線は12,500円から。支払手数料や諸税は含まれている。搭乗期間は6月16日から10月31日まで。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡~マニラ線と東京/成田~セブ線を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら 投稿 セブパシフィック航空、日本支社開設で記念セール 片道8,500円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

チャイナエアライン、日本発台湾経由各都市行きの航空券が10%オフ 6月末まで - 05月15日(火)13:41 

チャイナエアラインは、日本発台湾経由各都市への往復航空券が10%割引となるディスカウントキャンペーンを、5月15日から6月30日まで実施している。 札幌/千歳・東京/成田・名古屋/中部・静岡・富山・大阪/関西・福岡・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄/那覇発着香港・シンガポール・ホーチミン・ハノイ・マニラ・クアラルンプール・シドニー・ブリスベン・メルボルン・オークランド・クライストチャーチ・バンクーバー・ニューヨーク・ロサンゼルス・オンタリオ・サンフランシスコ・ホノルル行き の予約クラスがビジネスクラスの「J・C・D」、プレミアムエコノミークラスの「W・U・A・E」、エコノミークラスの「Y・B・M・K・V・T・R・Q・H」の航空券をチャイナエアラインの公式ウェブサイトで購入した場合のみ対象となる。東京/成田発の東南アジア方面は対象外となる。 対象搭乗期間は5月15日から9月30日まで。諸税や燃油サーチャージ、ベトナム航空との共同運航(コードシェア)便3便を除くコードシェア便は対象外となる。その他プロモーションとの併用はできない。 ⇒詳細はこちら 投稿 チャイナエアライン、日本発台湾経由各都市行きの航空券が10%オフ 6月末まで は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 - 05月17日(木)19:41 

セブパシフィック航空は、5月16日に日本支社を開設した。 アジア太平洋地域での事業拡大戦略の一環として開設するもので、団体予約サービス、航空券販売、顧客サポート、プロモーション活動などを行う。日本支社長にはカタール航空日本支社長、タイガーエア・台湾の日本地区支配人を務めた、松本智彦氏が就任した。 松本知彦日本支社長は、「日本支社をこの度無事に開設できたことを光栄に思っております。日本とフィリピン間において貿易や観光の機会はたくさんあります。我々のミッションは、日本市場とセブパシフィック航空本社との橋渡しをすることです。1年を通して低価格を実現しているセブパシフィック航空では今後も、日本人のお客様に対してより多くの選択肢を提供していきます。そして、多くの日本のお客様にフィリピン旅行に魅力を感じていただき、セブパシフィック航空を、より多くの機会でご利用いただけることを楽しみにしています」とコメントしている。 セブパシフィック航空は、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜マニラ線と東京/成田〜セブ線を週70便運航している。日本就航から10年を迎え、2017年の利用者数は43.5万人以上となった。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター、国際線対象のセール オーストラリアへ片道17,787円など - 05月17日(木)19:11 

ジェットスターグループは、5月18日午後6時から24日午後6時まで、国際線を対象に「Super Star Sale」を開催する。 エコノミークラス「Starter」の片道運賃は、大阪/関西〜台北/桃園・香港線は4,490円から、大阪/関西〜ハノイ・ダナン・マニラ線は5,990円から、東京/成田〜香港線は6,490円から、東京/成田・大阪/関西〜ケアンズ線は17,787円から、東京/成田〜ゴールドコースト線は20,787円からとなる。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は6月19日から2019年3月12日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設で記念セール 片道8,500円から - 05月17日(木)17:48 

セブパシフィック航空は、「Just Go! 日本支社開設記念セール」を5月18日から24日まで開催する。 対象路線と片道運賃は、福岡〜マニラ線は8,500円から、名古屋/中部・大阪/関西〜マニラ線は11,500円から、東京/成田〜マニラ・セブ線は12,500円から。支払手数料や諸税は含まれている。搭乗期間は6月16日から10月31日まで。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡~マニラ線と東京/成田~セブ線を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「フィリピン国フィリピン鉄道訓練センター設立・運営能力強化支援プロジェクト」を独立行政法人国際協力機構から受注し、業務を開始しました - 05月15日(火)14:00 

[東京メトロ] フィリピン共和国マニラ首都圏の人口は、2015年に1,287万人、マニラ首都圏近接3州を加えたメガマニラ圏でも、2,577万人に達しており、なおその規模は拡大しています。メガマニラ圏での都市鉄道整備は全般的に遅れ...
カテゴリー:

ユニクロ、フィリピンのマニラに東南アジア最大の旗艦店を2018年秋開業 - 05月15日(火)06:39 

ユニクロは、2018年秋、フィリピンの首都マニラに東南アジア最大のグローバル旗艦店を開業すると発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「マニラ」の画像

もっと見る

「マニラ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる