「マツダ」とは?

関連ニュース

Official: 【ビデオ】『ニード・フォー・スピード・ペイバック』、新たな車種やイベントを追加したアップデートが登場! - 12月18日(月)20:00 

Filed under: ビデオ, トイズ/ゲーム, ゲーム 12月19日から、人気カーアクション・ゲーム最新作『ニード・フォー・スピード・ペイバック』にいくつかの新たなコンテンツが提供され、新しい車種、特定のブランド向けの新たなパーツ、新しいゲームモードなどが追加される。Autoblog読者の皆さんなら、収録車種がゲームの重大要素の1つであるという我々の考えに賛同してくれるはずだ。今回のアップデートで追加されるのは、マツダ「RX-7 Spirit R」、プリムス「バラクーダ」、日産「スカイライン 2000GT-R」、BMW「M3 Evolution II E30」、ボルボ「242DL」と「アマゾン P130」だ。マップから廃車のシャシーやパーツを探し出す時と同じように、「放置車両」としてフィールド上に現れたこれらのクルマを、警察から逃れ入手したら、ディーラーから購入出来るようになる。最初に登場するのはRX-7で、その他の車両は今後数週間の間に登場するという。 Continue reading 【ビデオ】『ニード・フォー・スピード・ペイバック』、新たな車種やイベントを追加したアップデートが登場!【ビデオ】『ニード・フォー・スピード・ペイバック』、新たな車種やイベントを追加したアップデートが登場! originally app...more
カテゴリー:

過渡期のEVは「待ち」が正解。航続距離ほか大マスコミや世間が誤解しているEVの真実 - 12月17日(日)08:52 

 世界では、最近ガソリン車やディーゼル車から電気自動車(EV)にシフトする流れが加速中。特に熱心なのが欧州と中国で、例えばノルウェーは、2025年までにすべてのクルマをEVにすると意気込み税金を大幅に免除。高速道路無料などの優遇策を打ち出しているそうです。だからといって「我々もEVを買うべきだ!」となるのは、ちょっと違うようで…… MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi 池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu ◆予定されていたメディア向け試乗会は中止に  日産の国内販売にとって、今回の無資格検査問題の発覚は、最悪のタイミングでございました。  日産が「無資格者による完成検査があった」と発表したのは9月29日。新型リーフの発売は10月2日。間に土日が入っていたので、実質的には発売前日でした。タハ~。  直後に予定されていたメディア向け試乗会は、「広報車が無資格検査車でした」ということで中止。日本カー・オブ・ザ・イヤーのエントリーも辞退。ディーラーでなら試乗できるかな?と思って行ってみたけど、そっちも展示のみでした。  10月の日産の国内販売台数は半減。それも登録の大半が三菱自動車製の軽。新型リーフの納車も延期となってしまったのであります。  出荷停止は11月7日に解除され、新型リーフの納車も始ま...more
カテゴリー:

【福岡の美人コンパニオン多数】「福岡モーターショー2017」開幕! - 12月16日(土)00:44 

12月15日(金)より、いよいよ「福岡モーターショー2017」が開幕。マリンメッセ福岡など3つの会場に魅力あふれる車やバイクが集結し、初日から大いに盛り上がりを見せている。 【写真多数】「福岡モーターショー2017」で見つけた美人コンパニオン 今回で6回目となる「福岡モーターショー」。今年は「クルマと変えよう暮らしの未来」をテーマに、国内4輪9ブランド(トヨタ、レクサス、ホンダ、日産、ダイハツ、スバル、マツダ、スズキ、三菱)、国内2輪2ブランド(ホンダ、スズキ)、輸入4輪19ブランド(アウディ、フェラーリ、BMWほか)、輸入2輪などを展示。12月15日(金)より12月18日(月)の4日間にわたり、マリンメッセ福岡・福岡国際センター・福岡国際会議場の3会場で開催されている。 会場には、最新技術によるコンセプトカーやエコカーなどの次世代車をはじめ、モーターファン垂涎の展示がめじろ押し。そして忘れてならないのは、そんなマシンたちに負けじと注目を集め、会場の熱気をさらにムンムンにしてくれる美人コンパニオンの存在。各ブースには、これぞ「美人の街・福岡!」といわんばかりに美女たちが勢ぞろい。思わず目を奪われること必至だ。 美女たちが華やぎを添える展示以外にも、ファミリーで楽しめる企画やグルメコーナー、最新市販車の試乗会などさまざまなイベントを実施。入場料は大人1,400円、高校生以下無料。2年...more
カテゴリー:

マツダ、東京オートサロン2018に初代ロードスターのレストアなど出展 - 12月15日(金)18:36 

マツダは、2018年1月12日~14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」において、新型「マツダ CX-8」や「マツダ ロードスター特別仕様車 RED TOP」のカスタマイズカーを出品する。
カテゴリー:

広島の丸は2億1千万円=プロ野球 - 12月15日(金)17:55 

セ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いた広島の丸佳浩外野手(28)が15日、契約更改交渉に臨み、7000万円増の2億1000万円でサインした。(金額は推定)=広島市南区のマツダスタジアム
カテゴリー:

マツダ・ロードスター試乗、人とクルマが一体になれる「感無量」の乗り心地 - CAR and DRIVER 注目カー・ファイル - 12月18日(月)05:10 

マツダ・ロードスターは、世界的に見てもオープンスポーツカーの代表格といえる。現行型は、トラディショナルなソフトトップだけでなく、クーペのようなフォルムを持つリトラクタブルハードトップのRFも設定されている。
カテゴリー:

胃がんからの復帰を目指す! 広島カープ赤松選手が術後初の講演会 - 12月16日(土)07:55 

[Jステーション-広島ホームテレビ]2017年12月5日放送の広島HOMEテレビ「Jステーション」の「J-SPORTS」のコーナーで、広島東洋カープの赤松真人選手が行った講演会が紹介されました。テーマは「がんからの再起」胃がんからの復活を目指す赤松選手が、呉市の呉阪急ホテルで講演会を行いました。公の場で話すのは、手術後初めてのことです。マイクを差し出されて、「変な感じですね、ヒーローインタビューみたい」と笑顔で口にした赤松選手。「しばらくしてないですよね、やりますか」との司会者の言葉には、「いやけっこうです」と答え、会場は笑いに包まれました。対談形式の講演会は、闘病の苦しさを感じさせない、明るい雰囲気の中ではじまりました。「(去年12月)16日に病院に行って、1週間後に手術と言われたんです。いやちょっと待てと、忘年会もあるし、だから年明けにした」と話す赤松選手。2017年1月に胃がん手術を受け、およそ半年間の抗がん剤治療を経て、復帰に向けてのトレーニングに励んでいます。「5年後の生存確率が50~60%と言われた。40歳になった時に僕が生きている確率は2分の1だと言われて、それまで忘年会とか言ってたのが」と明るく振り返る赤松選手ですが、以前に放送されたインタビューで、見守っていた奥様、寛子さんは、「ほぼほぼトイレ以外は歩かないくらい、しんどさを物語っていると思うんですけど、食事の面で...more
カテゴリー:

プロ野球:MVPの丸7000万円増、2億円突破 広島 - 12月15日(金)18:59 

 広島の37年ぶりのセ・リーグ2連覇に貢献し、最優秀選手賞(MVP)に輝いた丸佳浩外野手が15日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、7000万円増の年俸2億1000万円でサインした。「MVPはなかなか取れない。賞に恥じないプレーをしないといけない」と来季に向けて思いを新たにした。
カテゴリー:

【車】予約受注7300台、発売前で目標の6倍 マツダ、3列SUV「CX-8」 想定以上に若いファミリー層を獲得 - 12月15日(金)18:23  newsplus

マツダが発売した新型「CX-8」 マツダは14日、同日発売した3列シートの新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―8」の予約受注台数が発売前の約3カ月で月間販売目標(1200台)の約6倍となる7362台になったと発表した。輸入車を含めた国内の3列SUVの月間販売台数は3000台程度。規模が小さな市場の中で、上々の滑り出しとなった。 CX―8はマツダにとって国内初となる3列SUV。人間工学に基づき、3列目の空間を身長170センチメートルの人でも快適に過ごせる設計にした。衝突被害軽減ブレーキなどの...
»続きを読む
カテゴリー:

【JAF広島】JAF広島×マツダ 交通安全で協力 - 12月15日(金)16:26 

[一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】] [画像: https://prtimes.jp/i/10088/1904/resize/d10088-1904-439977-0.jpg ] 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)広島支部(支部長 岡本 精二)は、マツダ株式会社(代表取締役 社長 兼CEO 小飼 雅道)と...
カテゴリー:

もっと見る

「マツダ」の画像

もっと見る

「マツダ」の動画

Wikipedia

マツダ株式会社()は、日本の自動車メーカーである。

概要

自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。2016年度の世界販売台数は155万台。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネスブックの認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては唯一ル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来、フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、2015年9月に資本関係を解消し、グループから独立し...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる