「マツコ・デラックス」とは?

関連ニュース

松居一代の離婚会見服に「カーテン?」/イモト眉の竹内結子<今週の見逃しニュース> - 12月16日(土)15:46 

 先日の会見でろれつが回らなくなる場面のあったトランプ大統領(71)。健康不安説もささやかれるなか、驚きの食生活が明らかになりました。  マクドナルドではビッグマックとフィレオフィッシュを2個ずつに、チョコレートのミルクシェイクを注文。加えてダイエットコーラを1日に12本も飲むんだとか。  書き出しただけで胸焼けがしてきたので、どうでもいい芸能ニュースを振り返りましょう。 ◆①【松居劇場一問一答1】一番守るべきものは「財産」と明言 元夫へは「大っ嫌い」 デイリースポーツ 12/15(金)配信ほか  恐怖のYouTube動画投稿からおよそ半年。松居一代(60)と船越英一郎(57)がついに離婚することで合意しました。  13日に裁判所での調停を終え、15日には朝から記者会見。「やりました! ありがとう!」とガッツポーズで“勝利宣言”する松居さんに、「離婚したかったのは船越さんなのに、なんで勝利なの」と、日本中に???が飛び交いました。  また、会見時のファッションにもド肝を抜かれました。黄色地にピンクの花をあしらったテラッとしたジャケットに、「どこのブランド?」「カーテン?」「かけ布団?」とネット民は騒然。  軽く調べてみましたが、ブランドはわかりませんでした。裁判の時の赤いスーツがシャネルだというから、きっと高級なカーテンなのでしょう。 ◆②竹内結子、イモト眉を披露...more
カテゴリー:

マツコ、金子賢の父親が経営する店で「私も45歳だけど…」 - 12月15日(金)11:02 

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系24:15~ ※一部地域で異なる)。12月14日の放送では、前回に引き続き、世田谷区深沢にある商店街“エーダンモール深沢”を歩いた。まずは、犬のしつけ教室を営む“Dog Studio Maile”を訪れた一行。同店は19時まで営業しており、クルマでの送迎も行っているそう。犬を生徒と捉えていて基本的なしつけから、“噛み癖矯正”、“吠え癖矯正”、“トイレ”などのトレーニングも行う。店舗スタッフから経営スタイルを聞いたマツコは「本当に幼稚園や小学校と一緒だね」と感心した。また、料金体系について「子どもを預けるのとあまり変わらない?」と質問。週3日コース(1歳以上・月額)で小型犬が90,720円、中大型犬が96,120円と知ったマツコは「ひえ~」と叫ぶ。しかし、普段飼い主が出来ないことを代わりに行っているためだと知ると「労力をお任せしているからね」と納得した。この他、俳優・金子賢の父親が経営しているイタリアンレストラン“papa&mama”を偶然発見。店長である父親本人からそのことを知らされると「え~! たまたま入ったお店が……」と驚く一幕もあった。マツコがビールとつまみを楽しんでいると、店長は「虫も猫も犬も通らない街をマツコさんが通るなんて」としみじみ。マツコが深沢...more
カテゴリー:

ガンバレルーヤ 昨今の人気女芸人のブレイクとは逆行するイモっぽさで飛躍 - 12月15日(金)08:40 

 全身ピンクの衣装にハイキングウォーキング・鈴木Q太郎を彷彿とさせる、黒髪センター分け“リアル卑弥呼様”ルックスのよしこと、妙に体格のいい黄色のTシャツのまひる。一度見たら頭から消去できないお笑いコンビがガンバレルーヤだ。ここ数年は、ブルゾンちえみや横澤夏子のように“オンナをウリにする”芸風が主流となってきている中、流れに逆行するかのごとく昔ながらの女性芸人像で活躍するガンバレルーヤの魅力とは? 【ランキング表】2017 ブレイク芸人女性部門 TOP5 ※下記に総合ランキングも掲載 ◆マツコも「一番かわいい」と絶賛 “ダサさ”で強烈なインパクトを残す  「イモっぽいけど癒される」、「常に120%の笑顔になごむ」など、視聴者の好感度も上々で、『2017 ブレイク芸人ランキング』(オリコン調べ)の女性芸人部門でも4位にランクインしたガンバレルーヤ。彼女らの最大の特徴と言えばやはり、のどかな田舎娘を思わせる素朴過ぎるルックスだろう。よしこのショッキングピンクとまひるの黄色の取り合わせの衣装に、妙に濃く塗られた“おてもやん”風のチーク(頬紅)は、視聴者に強烈な“ダサい”印象を与えることに成功している。  一方、視聴者のみならず、11月22日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、高級旅館の温泉レポートで素直に感動するふたりをマツコ・デラックスが「今、一番かわいい」...more
カテゴリー:

【テレビ】有吉「ツイッター見るな!」スポーツ中継の結果、ネットで“ネタバレ”嫌う人に - 12月14日(木)12:30  mnewsplus

https://news.walkerplus.com/article/131097/ 2017/12/14 11:25 視聴者などからのマツコ・デラックスと有吉弘行の耳に入れたい話をネタに、2人がトークするバラエティ「マツコ&有吉かりそめ天国」(テレビ朝日系)。 12月13日(水)の放送では、マツコと有吉がテレビやネットでのスポーツのネタバレについて語った。 今回は、42歳会社員からのお怒りメールで「知りたくないのにスポーツの結果がネタバレするのに腹が立つ」という、録画したスポーツ中継の結果を家に帰って観るまで知りたくないのに、ネットのトップページやSNSで不意...
»続きを読む
カテゴリー:

加藤一二三、やり直しハプニングも生歌披露『FNS歌謡祭』舞台裏に完全密着 - 12月14日(木)11:37 

12月14日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)では、13日に放送された『FNS歌謡祭』に出演した加藤一二三の舞台裏に完全密着する。同番組は、こだわりが強すぎて、周囲に理解されない習慣の持ち主を招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティ。13日放送の『FNS歌謡祭』に出演した加藤は、古坂大魔王が作詞作曲を手がけた「ひふみんアイ」を、モーニング娘。'17とのコラボレーションで披露。出だしで躓いてしまいやり直すというハプニングもありながら、楽しそうに歌い切った。一体、リハーサルや打ち合わせはどのようにして行われたのか?また、かつて一世を風靡した人気女優、ルビー・モレノと事務所社長の稲川素子がスタジオに登場。自身の名前を冠し、稲川が51歳で設立した「稲川素子事務所」には、約5200人もの外国人が在籍。『奇跡体験!アンビリバボー』の再現ドラマに出演するキャストのほとんどが、この事務所所属といっても過言ではないほどだ。ここに設立当初から所属しており、ドラマ『愛という名のもとに』に出演したことを機に、日本中に名前と顔を知られるようになったのがルビーだった。その後、女優の地位を確立するも、仕事を突然キャンセルすることが続き「ドタキャン女優」と呼ばれることに。そんなルビーをもう一度救ったのが稲川社長だった。しかし、恩人である稲川は、「...more
カテゴリー:

大手事務所社長、観音大菩薩役ならマツコ・デラックス - 12月15日(金)12:03 

12月14日放送「アウト×デラックス」(フジ系)では、芸能事務所社長の稲川素子が登場。稲川社長のスカウト方法が紹介され、MCのマツコ・デラックスも興味津々。さらに、稲川の「マツコ様をスカウトするとしたら」という仮定の話にも。 【写真】確かに、“菩薩”のよう(?)なマツコ・デラックス(写真は以前のイベント時) 稲川の経営する芸能事務所・稲川素子事務所は、約5200名もの外国人が在籍。 「奇跡体験!アンビリバボー」(フジ系)での再現VTRに出演するキャストのほとんどが、この事務所に所属しているという。 過去には、タレントのセイン・カミュやゾマホンも在籍経験を持つ。 早速話題は、外国人のスカウト方法について。 事務所設立当時、稲川は自ら六本木のディスコに通ってスカウトしていたことが明らかに。 大学教授役が欲しいとオファーが来た際にスカウトした人が、「ブリティッシュコロンビア大学の物理の先生」だったエピソードには、矢部浩之(ナインティナイン)も「すごいですね」と稲川の「見る目」に舌を巻いていた。 すると稲川は「もしマツコ様をスカウトするとしたら」と、突飛なアイデアを披露。 マツコは「え、私稲川素子事務所に入るの?」と驚きを隠せない様子。 山里亮太(南海キャンディーズ)も「移籍!?」と驚きながら大笑い。 続けて稲川は、その役について「たとえば観音大菩薩」と言い、スタジオではさらに大きな笑いが...more
カテゴリー:

有吉&マツコ、ネタバレ嫌うSNSユーザーに激怒 - 12月15日(金)10:37 

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”など「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:15~ ※一部地域を除く)。12月13日の放送では、42歳会社員のメールをきっかけに、ネタバレについてトークを展開した。「録画したスポーツ中継は、家に帰るまで結果を知りたくない」という投稿者。しかし、検索サイトのトップページやSNSなどで結果を知ってしまうことが多く、そのたびに「楽しみを奪われた気持ちになる」という。この件についてマツコは「どうしても知りたくないなら、何か自己犠牲を払うしかない。この世の中じゃ無理よ」と一刀両断。有吉も「本当に知りたくないのなら、イヤホンで音楽聴いてスマホは見ないようにして電車に乗れば良い。(ネタバレするのは)自分がスキだらけじゃないか!」と同調する。有吉は自身のTwitterで、スポーツの試合について触れることがあるそうなのだが「“相撲の結果を書くな”、“野球の結果を書くな”って(言われるけど)、お前Twitter当分見るな!」と激怒する。マツコも「本当に相撲が好きな人は、(ネタバレしても)なんとも思わないと思うよ。自分なりに相撲と向き合って楽しんでいるわけだから……言う人って“にわか”なのよ」と熱く意見を述べた。ここ...more
カテゴリー:

久保みねヒャダ『めちゃイケ』終了にコメント たむけんのフライングに大ウケ - 12月14日(木)15:26 

漫画家・久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインがMCを務める『久保みねヒャダこじらせナイト~こじらせデストピア編~』が、FODで配信されている。配信中の#13では、話題の『めちゃ×2イケてるッ!』終了について触れた。現在、「久保みねヒャダこじらせライブVOL.2」(今年11月開催)の模様が公開中。その中の「最近のこじらせニュースまとめ」のコーナーで、ヒャダインが「『めちゃイケ』来春終了を発表」を挙げ、これについて能町は「大々的に発表できて良いな。モヤモヤ~って終わるやつあるじゃないですか」と言い、久保も「突然じゃなくて、私達に心の準備を、番組もそれなりのお別れの準備をしてくれるところ(が良い)」と、発表についての印象を明かした。また、この事実が公になるキッカケとなった“たむけんのインスタ”についてもコメント。『めちゃイケ』の終了は、芸人のたむらけんじが同番組のプロデューサーを務める片岡飛鳥さんから連絡を受け、それについての熱い思いを自身のInstagramに投稿。それが、フジテレビからの公式発表がまだにも関わらず“フライング”での発表となったため、炎上してしまったのだ。これについて「めっちゃウケましたよ。レギュラーじゃないのにやったのがすごく良い」と明かした能町。改めて投稿内容を確認してみた一行は「長っ!」「これを収めるには、最終回に出さないしかない...more
カテゴリー:

加藤一二三、やり直しハプニングも生歌披露『FNS歌謡祭』舞台裏に完全密着 - 12月14日(木)11:39 

12月14日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)では、13日に放送された『FNS歌謡祭』に出演した加藤一二三の舞台裏に完全密着する。同番組は、こだわりが強すぎて、周囲に理解されない習慣の持ち主を招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティ。13日放送の『FNS歌謡祭』に出演した加藤は、古坂大魔王が作詞作曲を手がけた「ひふみんアイ」を、モーニング娘。'17とのコラボレーションで披露。出だしで躓いてしまいやり直すというハプニングもありながら、楽しそうに歌い切った。一体、リハーサルや打ち合わせはどのようにして行われたのか?また、かつて一世を風靡した人気女優、ルビー・モレノと事務所社長の稲川素子がスタジオに登場。自身の名前を冠し、稲川が51歳で設立した「稲川素子事務所」には、約5200人もの外国人が在籍。『奇跡体験!アンビリバボー』の再現ドラマに出演するキャストのほとんどが、この事務所所属といっても過言ではないほどだ。ここに設立当初から所属しており、ドラマ『愛という名のもとに』に出演したことを機に、日本中に名前と顔を知られるようになったのがルビーだった。その後、女優の地位を確立するも、仕事を突然キャンセルすることが続き「ドタキャン女優」と呼ばれることに。そんなルビーをもう一度救ったのが稲川社長だった。しかし、恩人である稲川は、「...more
カテゴリー:

大概の男はこっちを選ぶ! マツコが『男性が好む女性』について持論 - 12月14日(木)09:48 

マツコ・デラックスさんが、2017年12月9日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』にて、男性にモテる女性について持論を展開しました。 マツコさんは「どちらの女性のほうが男性にモテるか」という2択を提示。そ […]
カテゴリー:

もっと見る

「マツコ・デラックス」の画像

もっと見る

「マツコ・デラックス」の動画

Wikipedia

  • 世迷いごと(2010年10月13日、双葉社) ISBN 978-4575302530
    • (2012年4月12日、双葉文庫) ISBN 978-4575713855
  • あまから人生相談(2011年2月1日、ぶんか社) ISBN 978-4821143061
  • 続・世迷いごと(2012年2月21日、双葉社) ISBN 978-4575303896
    • (2013年5月16日、双葉文庫)ISBN 978-4575713985
  • デラックスじゃない(2014年6月21日、双葉社) ISBN 978-4575306903
共著
  • うさぎとマツコの往復書簡(2010年11月6日、毎日新聞社中村うさぎとの共著) ISBN 978-4620320281 - サンデー毎日連載コラム
    • うさぎとマツコの往復書簡 全身ジレンマ(2014年9月、双葉文庫) ISBN 978-4575714203
  • マツ☆キヨ(2011年8月、新潮社池田清彦との共著) ISBN 978-4103308317
    • マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (2014年4月28日、新潮文庫) ISBN 978-4101035277
  • 愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡(2011年11月8日、毎日新聞社、中村うさぎとの共著) ISBN 978-462...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる