「マクロミル」とは?

関連ニュース

若者のLINE離れが進行中 中高年層のLINEユーザーが拡大 - 02月17日(土)15:41  news

スマホの爆発的普及により、中高年層のLINEユーザーが拡大 連絡先の交換は、電話番号やEメールアドレスから、SNSのIDなどにシフトしている現代ですね。LINE社の媒体資料によると、 LINEアプリの2017年9月時点の日本国内のユーザーは約7100万人。なんと日本の人口の55.2%に及びます。 総務省の2016年の調査によりますと、個人のスマートフォン普及率が56.8%。この数字を踏まえ考えれば、 日本のスマホ所有者の9割以上がLINEを使っているといってもいいかもしれません。 一方、調査会社・マクロミルの2017年7月のインターネッ...
»続きを読む
カテゴリー:

男性に質問!モテる女性の条件とは? - 02月14日(水)11:00 

モテる男の「3G」って知ってますか? 昔のモテる男の条件は、高身長・高学歴・高収入の「3K」でしたが、今はジェントル・ギャップ・強引の「3G」とか。紳士的に振る舞って、ギャップを見せつつ、強引に引き寄せる…。これは男性の場合なので、女性の場合はどうなのでしょうか? ■「思いやりがある」がモテる女性の条件NO.1! ということで、20~30代の男性に「モテる女性の条件は何だと思いますか?」と質問。理由とともに聞いてみると、 1位:「思いやりがある」(48%) ●「優しい人が一番」(27歳) ●「一緒にいる時間が多くなれば気遣いが必要だから」(27歳) ●「相手を理解できる人だと思うから」(29歳) 2位:「料理が上手」(30%) ●「家庭的に思えるから」(29歳) ●「胃袋をつかむのは大事」(35歳) ●「料理ができる人は何でもこなせる印象がある」(38歳) 3位:「色気がある」(21%) ●「色気がある女性を嫌いな男性はいない」(27歳) ●「それだけで男性を惹き付けると思うから」(36歳) ●「一緒にいてドキドキしたいから」(30歳) 4位は「甘え上手」(18%)、5位は「言葉使いがきれい」(14%)でした。 長く一緒にいられるという理由で「思いやりがある」がトップ。結婚を考えると「料理が上手」なことも大切みたいで2位に。3位には、やはり惹かれるのには外見が大事とい...more
カテゴリー:

夫婦間のバレンタインは日頃の思いを伝えるチャンス!チョコ+メッセージカードのすすめ - 02月11日(日)11:30 

結婚後、夫婦間で「バレンタイン」はどのようなイベントになりましたか? 付き合っていた頃は一大イベントのように感じていたバレンタインも、結婚後は「何となくチョコレートを渡す日」といった感じになってしまっているご夫婦も多いのではないでしょうか? 株式会社マクロミルが実施した「2018年夫婦のバレンタインに関する調査」によると、妻の約7割が夫にバレンタインデーの贈り物をする予定だと答え、夫側も約7割がもらう予定だと回答しているそうです。この結果を見ると、夫婦になってもバレンタインというイベントを楽しむ方が多いということがわかりますね。 せっかくバレンタインを楽しむなら、このタイミングに日頃伝えられていない気持ちを伝えてみませんか? 感謝の気持ちを素直に伝えられないママたちの悩み ママスタBBSで見つけた、「素直になれないママたち」の旦那さんへの気持ちを見てみると、伝えたくても伝えられない気持ちを抱えていることがわかります。 『旦那が家事とか手伝ってくれても感謝の気持ちを伝えられないがためにケンカ。素直になれない』 『「お疲れ様。いつもありがとう!」と、面と向かって言えない。何だろう、照れなのか何なのか……』 『感謝しても、言葉にしないとわからない時もあるだろうし。言う方も言われる方もすごく暖かい気持ちになるよね』 『ぶっきらぼうにしか言えないんだよ……たまに頑張って優しく言えたら...more
カテゴリー:

バレンタイン、「チョコよりも気持ちが重要」と思う夫婦の割合は? - 02月07日(水)14:30 

マクロミルは2月5日、「夫婦間におけるバレンタインに関する意識調査」の結果を発表した。調査は1月24~25日にかけて全国の20歳~69歳の既婚男女1,030人を対象に実施した。
カテゴリー:

高校生の苦手科目、2位に「英語」留学希望者は2割以下 - 02月06日(火)18:15 

 マクロミルは2018年2月6日、「高校1、2年生の受験や進路に対する意識調査」の結果を公表。高校生の半数が将来グローバル人材になりたいと思いながらも、苦手科目の2位に英語がランクインし、留学希望者は2割以下と、英語学習に対する苦手意識が明らかになった。 「高校1、2年生の受験や進路に対する意識調査」は、全国の高校1、2年生を対象にインターネットリサーチを実施。調査期間は2017年12月22日~26日で、男女300人から有効回答を得た。 高校卒業後の進路については、80.0%が「進学」を希望。進学希望者に進学したい理由を尋ねると、「就職に有利そうだから」50.4%、「将来の進路の選択肢を増やせるから」50.4%、「勉強したい分野があるから」46.3%の順に多い。 進学希望者が受験で志望する学校の種類は「4年制大学」85.8%が最多。ついで「専門学校」20.0%、「短期大学」4.6%。進学する学校選びで重視することでは、「学べる内容・分野」70.8%、「偏差値」55.0%、「学費」41.7%などが多い。 2020年に「センター試験」から「大学入学共通テスト」へ変更されることの賛否を尋ねると、「賛成」26.3%、「反対」22.0%となり、大きな差はみられなかった。その理由について、賛成は「今までのセンター試験では、暗記力しか試されていないから」「知識だけでは社会で活躍できないと思うから...more
カテゴリー:

避難場所と避難所の違い、わかる? - 02月14日(水)14:33 

マクロミルはこのほど、「災害や防災に関する定点調査」の結果を明らかにした。同調査は2月5日、全国の20~69歳の男女1,000人を対象にインターネットで実施したもの。どのような災害を恐れているか尋ねると、95.0%が「地震」と答えた。
カテゴリー:

夫がもらったチョコのお返しを購入するのは妻の役目!?ママたちが抱える「義理チョコ問題」 - 02月13日(火)11:30 

2月1日の日本経済新聞に掲載された、ある広告が話題になりました。それが、一流のチョコレートブランドとして知られる「GODIVA」が掲載した以下の広告ページです。 『日本は、義理チョコをやめよう。』 『気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。それが毎年もどかしい』 『そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。社内の人間関係を調整する日ではない』(一部抜粋) インパクトのある広告を、チョコレートブランドである「GODIVA」が掲載したということで、SNSを中心にこの広告に対するさまざまな反響がありました。 ママスタBBSでも、この広告に関する書きこみがたくさんあったのでご紹介します。 旦那がもらってきたのに、お返しを考えるのが面倒臭い…… この広告に賛成という声の中には、旦那さんがもらってきた義理チョコへのお返しを考えるのが面倒という気持ちが含まれているようです。 『面倒なイベントだよね、バレンタインデーもホワイトデーも。いい加減やめたらいいのに。お返しの方が大変だし』 『賛成! 義理チョコなんてやめよう。会社の男性8人くらいにあげてるけど、きっと男性からたちの奥さんも迷惑してるよね』 『2倍返しを期待してる女性陣に恐怖を感じる男性の方が多いんじゃないの?』 『義理チョコなんか配らなくていいよ。こっちも旦那がもらってきたお返し考えるの面倒臭いわ。ホワイトデーのお...more
カテゴリー:

こなければよかった…二次会ドン引きエピソード - 02月09日(金)11:00 

厳かで堅い雰囲気の結婚式と違い、二次会は和気あいあいと楽しめる場。ところが華やかなお祝いの場なのに、ドン引きシーンを目撃というケースは少なくないようです。セキララゼクシィが20~40代女性に聞いてみたところ、35%の方が「ドン引きしたことがある」と答えてくださいました。皆さん二次会でどんなことに遭遇したのでしょうか。その事件簿をご紹介します。 ■二次会を出会いの場と勘違い? ナンパにドン引き ●「新郎友人がチャラく、新婦友人たちをナンパしていた」(27歳) ●「新郎の友人がストーカーのごとく二次会中付きまとってきた」(33歳) ●「職場の先輩が新婦側の女性を口説いているところを見たこと」(31歳) ●「新郎友人が酔っぱらい、女の子にいろいろな質問をしていた」(25歳) ●「私の結婚式の二次会の後、私の友達が夫の友達とラブホテルに行っていたこと」(25歳) 華やかに着飾った人たちが集まれば、「あの人すてき!」と思うことも多いことでしょう。新郎新婦の幸せにあやかろうとするのか、あるいはお酒で気持ちが大きくなっているのか、二次会でナンパを目撃という声が目立ちました。主役そっちのけで招待客の女性にしつこく迫る男性はドン引きですよね。新郎新婦の知り合いだと思うと、冷たい対応もちゅうちょしそうです。こうしたおめでたい席がきっかけとなり新しい幸せをつかむのはほほ笑ましいですが、二次会の主役...more
カテゴリー:

バレンタインに一番うれしいのは手作りチョコ! - 02月07日(水)11:00 

甘―いチョコレートをプレゼントしてとろけるような甘い恋を味わいたい!恋する女性にとって、バレンタインは外せないイベントです。でも、変に張り切り過ぎて彼に引かれるのは避けたい。かといってラブラブになれるチャンスを逃したくはない。みんなどうしてるのかとっても気になる…。そこで、20~30代男性にバレンタインに対するアンケートを調査。結果をご紹介します。 ■彼女や妻からチョコレートをもらいたい男性は87% まず、パートナーのいる男性にチョコをもらってうれしい相手は誰ですか?と聞いたところ、87%が「彼女や妻からチョコレートをもらいたい」と考えていることがわかりました。「同僚や同級生から」が50%、「女友達から」は63%と義理チョコをもらうのもうれしいようですが、やはり最愛の女性からのチョコレートを最もうれしく思うようです。 次に、彼女(妻)からのバレンタインで、次の中で最もうれしいプレゼントはどれですか?と聞いたところ 1位:手作りチョコレート(39%) 2位:市販の高級チョコレート(22%) 3位:チョコレート+自分の趣味のもの(お酒やプラモデルなど)(11%) 4位:チョコレート+ラブレター(9%) 5位:チョコレート+高額なプレゼント(3万円以上)(3%) 5位:コンビニで買ったチョコレート(3%) 7位:その他【もらえれば何でもうれしい、スケベなこと】など(1%)...more
カテゴリー:

バレンタイン、夫・妻の7割が「なくなっても構わない」と回答 - 02月05日(月)18:25 

マクロミルは2月5日、夫婦間におけるバレンタインに関する意識調査の結果を発表した。調査期間は2018年1月24~25日、有効回答は20歳~69歳の既婚者1,030人。
カテゴリー:

もっと見る

「マクロミル」の画像

もっと見る

「マクロミル」の動画

Wikipedia

株式会社マクロミル()は、マーケティングリサーチの国内最大手企業。リサーチ事業は年間取引社数2,000社以上、年間調査受託件数20,000件以上にのぼる。現在は、世界13か国、34の拠点を展開しており、マーケティング課題解決のための最適なネットリサーチや幅広いソリューションを提案している。日本経団連会員企業。

国内有効モニター数は2016年7月時点で118万人http://www.macromill.com/monitor_info/index.html。

事業内容
  • インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)
  • ネットリサーチ専用ASPシステム【AIRs (Automatic Internet Research System) 】の提供
  • 世界各国の消費者を対象にした海外市場調査(グローバルリサーチ)
  • オーダーメイドによるネットリサーチ(カスタマイズリサーチ)
  • リサーチの企画設計・集計・分析サービス
  • 消費者購買動向調査および購買動向データの提供(QPR)
  • 家計調査及び世帯/個人消費支出データの提供(MHS)
  • セルフ型ネットリサーチサービス「Questant(クエスタント)」の提供
  • ユーザトークサービス「ミルトーク」の提供
  • デジタルマーケティングリサーチ(Web広告接触による態度変容の効果測定)「AccessMill」の提供
  • その他リサーチサービス(定性調査など)
  • およびマーケティング全般に関する...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる