「マクロビオティック」とは?

関連ニュース

甘さ凝縮! やみつきになりそうな、マクロビアイスクリーム大学芋風 - 03月24日(金)12:00 

「マクロビ」という言葉を聞くと、手に入りにくい食材を使用したり、味が少し物足りない、というイメージがあるかもしれません。 今回ご紹介するレシピはアイスクリームなのに乳製品、卵、砂糖を一切使用しない“マクロビ風アイス”。生クリームや牛乳の代わりに、濃厚な味わいのアーモンドミルクを使用。そして、味の決め手はなんといっても干し芋。凝縮された甘さがコクとうま味を引きだしてくれます。とってもクリーミーで、やみつきになりますよ。■マクロビアイスクリーム大学芋風調理時間 10分 +冷やす時間レシピ制作: フードコーディネーター 山下 和美<材料> ※作りやすい量 1回分干し芋 120gアーモンドミルク 400ml練り白ゴマ 大さじ2ハチミツ 大さじ2しょうゆ 小さじ1/8黒ゴマ 適量<下準備>・干し芋を細かく刻み、アーモンドミルクに1時間程度浸してふやかす。ここでは、半生タイプの干し芋を使っています。干し芋は手作りできます。ふやかす時間は調理時間に含みません。<作り方>1、ミキサーに干し芋、アーモンドミルク、練り白ゴマ、ハチミツ、しょうゆを入れてかくはんする。2、密封できる保存袋に(1)を入れて、冷凍庫で凍らせる。器に盛り、黒ゴマを散らす。途中で何度か取り出し、袋の上から手でもむと口当たりがよくなります。コツ・ポイント マクロビオティックでは、精製されたお砂糖は控えて、ハチミツやメープルシロップ...more
in English
カテゴリー:

本田翼、アテレコ初挑戦でキュートな裏声を披露 - 03月17日(金)14:26 

森永製菓株式会社は、マクロビオティックの考え方に基づいて開発した商品「マクロビ派ビスケット<プレーン>」「マクロビ派ビスケット<カカオ>」を、3月21日(火)から全国でリニューアル発売。 後輩“ST”モデルの永野芽郁は、自然体の笑顔を見せる それに伴い、女優・モデルとして活躍する本田翼をイメージキャラクターに起用した新TV-CM「マクロビ派ビスケット マクロビちゃん出没篇」(15秒)を、3月25日(土)より全国で順次オンエア開始する。 新TV-CM「マクロビ派ビスケット マクロビちゃん 出没」篇では、今回は「マクロビ派ビスケット」が、「カラダにいいものを、手軽においしく摂りたい」という女性の欲張りな気持ちに応える身近な商品であることを、“マクロビちゃん”というパペット人形を使って表現した。 新CMのキャラクターには、健康的かつ自然体なキャラクターで幅広い世代から支持を集める本田を起用。チャーミングな笑顔と、マクロビちゃんとのコミカルな掛け合いを通じて、「マクロビ派ビスケット」の魅力を訴求していく。 普段なかなか聞くことのできないアテレコの裏声や、口をパクパクしながら話す様子など、クールな演技にも定評がある本田のかわいらしいパペット使いは、本CMでしか見られないので、注目してほしい。 撮影に当たり、本田は監督から「神出鬼没なマクロビちゃんのキャラクターを、本田さんらしくチャーミングに...more
in English
カテゴリー:

女性の強い味方!”マクロビ派”がさらに美味しくなって登場! - 03月21日(火)11:45 

森永製菓は、「マクロビ派ビスケット<プレーン>」「マクロビ派ビスケット<カカオ>」を、3月21日(火)から全国でリニューアル発売する。「マクロビ派ビスケット」は、”マクロビオティック”の考え方に基づき、白砂糖やバターなどの添加物を使用せず、...続きを読む
in English
カテゴリー:

「マクロビオティック」の画像

もっと見る

「マクロビオティック」の動画

Wikipedia

マクロビオティック (Macrobiotic) は、第二次世界大戦前後に食文化研究家の桜沢如一が考案した食事法にないし食生活法である。名称は「長寿法」を意味する。

食生活法は、「玄米菜食」「穀物菜食」「自然食」「食養」「正食食養の意味で石塚左玄が用いた。」「マクロビマクロビ(商標登録4605095、登録4955762)、マクロビオティックやMacrobiotic(登録1350785、登録2024449、登録2059930、登録2079871、登録2092192、登録2111777、登録3197998、登録3227843、登録4166618)(関連:フェアユース」「マクロ」「マクロビオティックス」「マクロバイオティック」「マクロバイオティックス」とも呼ばれる。

マクロビオティックの運動のはじまりとしては、1928年に桜沢如一が行った講習会であると桜沢の夫人が述べている。現在ではさまざまな分派が存在するが、桜沢如一に端を発した食に関する哲学や独自の宇宙感に関してほぼ同じ考えを保っており、また各集団も連携している。

語源

マクロビオティックは、マクロとビオティックの合成語である。語源は古代ギリシャ語「マクロビオス」であり山田英知郎健康と元気のためのマクロビオティックのすすめ秀和システム、ISBN 978-4798014401、「健康による長寿」「偉大な生命」などといった意味である。18世紀にドイツのが長寿法という意味合いで使いはじめたクリ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる