「マガジンハウス」とは?

関連ニュース

ミスマッチはもうイヤ… !大人女子が「好きな人にだけ好かれる」法則 - 07月21日(金)22:00 

恋愛関係の悩みでよくあるのが、「本当に好きな人とはうまくいかないのに、あまり好きじゃないタイプにばかり好かれる」というもの。 他人から見ていくらモテモテでも、タイプじゃない人にばかり好かれて、好きな人とはうまくいかないのなら本人としては辛いところ。 では、そのような“恋愛のミスマッチ状態”を克服するためにはどうすれば良いのでしょうか? 考えられる原因と対策をご紹介します。   1: コミュニケーションの第一歩! 見た目を変えてみる 「人を外見だけで判断してはいけない」「外見よりも中身をみよう」とよく言われますが、逆に言えば、人間というのはそれほど“視覚に気持ちを左右されやすい”ということ。初対面のパッと見てわかる第一印象で、“今後仲良くしたいかどうか”を決めることも多いはず。 生まれ持った顔立ちや体型は変えることはできませんが、顔つきやファッションにはその人の性格や嗜好がよく現れているもの。そのため、ファッションやヘアメイク、表情で「性格的な相性が良いかどうか」「価値観が似ているかどうか」を判断するのはごく自然なことと言えるでしょう。 世の中のカップルや夫婦を見ていると、ファッションの系統がよく似ていることが多いですよね。シンプル&ナチュラルなファッションが好きな女性は、同じような見た目の男性と。高級ブランドで固めたゴージャスなファッションが好きな女性は、同じく華...more
カテゴリー:

マイケル富岡「ディスコのVIPルームの会計は一度も払った記憶がない」 - 07月15日(土)15:53 

インターナショナルスクールに通いつつ、10代でモデルやDJとして活躍していたマイケル富岡(1961年生まれの55歳)。関西の大学でテニスサークルに所属し、最大公約数的なキャンパス生活を過ごしながら卒業後に就職のため上京。画材屋でレジを打つ毎日だった山田ゴメス(1962年生まれの54歳)。埼玉県の大学に通うため三重県から上京。学生時代はミニコミ誌制作に明け暮れ、その流れで出版社に潜り込み、編集者として働くようになった石原壮一郎(1963年生まれの53歳)。甘えと責任がアンニュイに絡みつく10代前半から20代を80年代とともに過ごした彼らの目に、バブル経済へと向かう時代の高揚感や光景は、どのように映っていたのだろう? ◆ディスコに行ってもナンパできず…… 石原壮一郎(以下、石原):ゴメスさんはディスコ(※1)とか行きました? 山田ゴメス(以下、ゴメス):いや、ディスコは敷居が高くてあんまり。大学時代に大阪で5回ほど、社会人になって東京で2回行ったことがあるだけ。 石原:私も何度か勇気を振り絞って行ってみました、男2人で。でも「あのコがいいんじゃない? このコのほうがいいんじゃない? でも、あっちに彼氏がいるみたいだし……」なんてお互いにヒソヒソし合うばかりで、気がつくと朝になっていていました。帰り道、「今日はかわいいコがいなかったなあ」と負け惜しみ言ってました。(※2) マイ...more
カテゴリー:

駅前に『いちば』がオープン 東京と地方を繋ぐ架け橋に - 07月11日(火)14:21 

株式会社マガジンハウスが、岩手県一関市の企業4社と共同で「一般社団法人 一関平泉イン・アウトバウンド推進協議会」を設立。 活動拠点となる施設『一BA(いちば)』を、JR一ノ関駅前にオープンしました。 地域を元気にする 岩 […]
カテゴリー:

【かわいくてわかりやすい!】見れば情報通になれるイラストルポ発信! #1 - 07月20日(木)21:30 

好奇心旺盛なイラストレーター・福田玲子が、話題のモノ・コトを実際に見てやって確かめてイラストにしてお伝えする新連載! 初回は、みなさまに “私” を知ってもらうために自己紹介をさせていただきます!イラストルポ、始めます!【話題をさらうイラストルポ】vol. 1 イラストレーターをしている福田玲子といいます。好きなことはバドミントン、お酒を呑むこと、魚を捌くこと。年齢を重ねているので渋くてすみません。 20代の頃の私はananの誌面に度々イラストを描いていました。基本は挿絵を描くことが多いのですが、特集によってはイラストルポを描くこともあります。実際に取材に行って、体験して見て感じたことをイラストと文章で構成するお仕事です。普段は机に向かいっぱなしの生活なので、外に出てお仕事をすることがナント楽しいこと!! 合羽橋やコストコでお買い物したり、運動もしたし、原宿で朝からゴミ拾いもしました。血液型特集では血液型別合コンを覗き見しました。取材後は私も混じって楽しんじゃったりして(笑)。sex特集ではsexに関することなら何でもOKと編集部からの嬉しい丸投げにより、熱海の秘宝館に行ったっけ! ほかにも、同じマガジンハウスの女性誌のスピリチュアル特集では自分の前世を占ってもらいました。同行した編集者も一緒に見てもらったのですが、二人とも修道女だったとか言われちゃって(ホントかなあ!)。 ana...more
カテゴリー:

永瀬廉、中島健人、長瀬智也の『GINZA』イケメン特集に「妄想が捗る!」とファン絶賛 - 07月14日(金)21:16 

12日に発売された『GINZA』8月号(マガジンハウス)のイケメン特集に、永瀬廉、中島健人、長瀬智也が登場しファンの間で話題になっている。 (画像は Sexy Zone公式サイトより引用) 『GINZA』8月号の特集テーマは「いま誰に恋をしてるの?BOY’S ISSUE」と題し、10代のフレッシュなイケメンから50代の渋いイケ...
カテゴリー:

「マガジンハウス」の画像

もっと見る

「マガジンハウス」の動画

Wikipedia

株式会社マガジンハウス()は、日本の出版社。旧社名は「平凡出版株式会社」。

沿革

若者向け情報誌平凡パンチやグラビアを多用した女性誌の草分けとなったan・anをはじめ、ポパイブルータスクロワッサンなど数多くの雑誌を発行している。

旧社名の「平凡出版株式会社」は、戦前に講談社の娯楽雑誌に対抗するために平凡社が刊行し休刊中だった雑誌平凡の名前を譲り受けたことが由来である。平凡社との資本などの関係はない。

平凡出版の発行による平凡は、戦後明星(集英社、現:Myojo 明星)とともに映画音楽で活躍する芸能人の情報を掲載した月刊誌として人気があった。しかし、創業者の判断により1987年に休刊となる。

バブル景気時には流行を作り出す出版社として持て囃された。処女作を発表する以前から「小説家」を名乗ることで注目を集めた椎名桜子の売り出しにも深く関わった。しかし、バブル景気崩壊後の1990年代中盤以...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる