「マガジンハウス」とは?

関連ニュース

note、書き手を出版社に紹介する「クリエイター紹介プログラム」開始 - 04月24日(火)09:44 

コンテンツ配信サービス「note」で、書き手を出版社に紹介する「クリエイター紹介プログラム」がスタート。ダイヤモンド社、扶桑社、マガジンハウスとパートナーシップを結んだ。
カテゴリー:

「もう消えたい…」産後うつで精神科に入院したママの、壮絶な3年間 - 04月18日(水)08:45 

 現在4歳になる娘さんがいる、イラストレーターの藤田あみいさん(32)。出産直後に深刻なうつと強迫性障害になり、「娘は発達障害ではないか?」という強迫観念に取りつかれてしまったのです。その体験を記した『懺悔日記』(マガジンハウス)を上梓した藤田さんに、当時を振り返って頂きました。  1歳半検診で「順調」と言われても不安がぬぐえず、心の病が悪化していった藤田さん。母親代わりを、妹さんが務めてくれたといいます。(以下、藤田さんの寄稿) ◆大量に薬を飲み、精神病院に入院  そのうち私は薬を大量服薬して、病院に担ぎ込まれた。その後、精神病院に入院。  妹は仕事を辞め、旦那さんに承諾を得て我が家にずっといてくれた。愛しい幼子に母親が寄り添えないでいる我が家はボロボロだった。 「私が引き取る」「なにがあってもこの子は愛おしい」「私が育てる」と妹。  母親としての心が私ではなく、妹に宿っていた。私は情けなくて情けなくて、どうして立ち上がれないのかわからなくて、何度も泣いた。愛しい、わたしだってこの子が愛おしい、でも心も体もついていかない、どうしたらいいのか、何もわからない。誰か助けて。いつも思っていた。  妹はわたしをずっと励まし続けた。辛かったと思う。妹だけではなく、夫、両親、妹の夫、すべての人がわたしにも娘にも優しかった。悪い人なんて一人もいなかった。ただ一人、どす黒い心を抱え...more
カテゴリー:

anan 猫特集 猫さまの写真を募集中! 特集「にゃんこLOVE ふたたび」2018年6月27日発売です。 - 04月20日(金)17:12 

[株式会社マガジンハウス] 5回目のanan猫特集「にゃんこLOVE ふたたび」は2018年6月27日発売決定! 恒例となりました、みなさまの愛猫さま写真を募集します。 猫愛の詰まった、 とっておき猫さま画像をananに掲載させてください。 毎回80...
カテゴリー:

「娘は発達障害かも」。ネット情報でそう思い込んだママの苦悩 - 04月11日(水)08:46 

「産後うつ」という言葉がよく知られるようになった昨今。イラストレーターの藤田あみいさん(32)は、現在4歳になる娘さんの出産後、うつと強迫性障害という病になってしまいました。  ネット情報に惑わされ、「娘は発達障害ではないか?」という強迫観念に取りつかれてしまったのです。その体験を記した『懺悔日記』(マガジンハウス)を上梓した藤田さんに、当時を振り返って頂きました(以下、藤田さんの寄稿)。 ◆ネットにあふれる「自閉症」「発達障害」の文字  娘が生後8ヶ月を過ぎた時、私は育児ノイローゼに陥った。両親は遠方に住み、親族も近くにいない。なんなら友達もいない。夫は仕事で忙しく、顔をあわせることがあまりない。当時はその状況を恨めしく思うことはなかったが、振り返ってみると今でいう「ワンオペ育児」というものだった。  ノイローゼのきっかけは些細なことだった。とある保育園を見学しに行った時に、そこの園長先生に「この子人見知りしないわね、これからかな」と言われた。その時は「はい、しないんです、全然」と平然を装ったが、なんとなく胸がざわつくのを感じた。ざわつきをおさめたくて帰宅後インターネットで「8ヶ月 人見知りしない」と検索したら「自閉症」「発達障害」というワードが鬼のように出てきた。 「自閉症」。なんだろう。名前は聞いたことがあるけれど、どういうものなのかわからない。  調べれば調べ...more
カテゴリー:

「マガジンハウス」の画像

もっと見る

「マガジンハウス」の動画

Wikipedia

株式会社マガジンハウス()は、日本の出版社。旧社名は「平凡出版株式会社」。

沿革

若者向け情報誌平凡パンチやグラビアを多用した女性誌の草分けとなったan・anをはじめ、ポパイブルータスクロワッサンなど数多くの雑誌を発行している。

旧社名の「平凡出版株式会社」は、戦前に講談社の娯楽雑誌に対抗するために平凡社が刊行し休刊中だった雑誌平凡の名前を譲り受けたことが由来である。平凡社との資本などの関係はない。

平凡出版の発行による平凡は、戦後明星(集英社、現:Myojo 明星)とともに映画音楽で活躍する芸能人の情報を掲載した月刊誌として人気があった。しかし、創業者の判断により1987年に休刊となる。

バブル景気時には流行を作り出す出版社として持て囃された。処女作を発表する以前から「小説家」を名乗ることで注目を集めた椎名桜子の売り出しにも深く関わった。しかし、バブル景気崩壊後の1990年代中盤以...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる