「マウンド」とは?

関連ニュース

プロ野球:オリックス田嶋、好投 七回まで散発4安打 - 05月20日(日)22:33 

 ○オリックス3-0西武●(ほっともっと神戸・20日)  初めてのほっともっと神戸のマウンド。オリックスのルーキー・田嶋は降り注ぐ太陽の光に乗せられたように、真っすぐで押し通した。首位・西武を相手に七回まで散発4安打、三塁を踏ませない好投。チームトップに並ぶ5勝目を手にして「ガンガン押していこうと思
カテゴリー:

DeNA・ラミレス監督、2失点の武藤は「悪くはなかった」 - 05月19日(土)09:00 

 中日を戦力外となり今季からDeNAに加入した武藤祐太が、18日の巨人戦で移籍後初登板した。  1点を追う6回からマウンドにあがった武藤は、先頭のマギーにいきなり二塁打で出塁を許すと、一死後、亀…
カテゴリー:

広島のジョンソン、パパになる 待望の子宝、一時帰国へ - 05月18日(金)20:08 

 プロ野球広島のジョンソンがパパになる。球団は18日、ジョンソンが妻の第1子出産に立ち会うため、米国に一時帰国すると発表。同日、出場選手登録を抹消した。 マウンドでクールな表情を崩さない左腕は、この日…
カテゴリー:

阿部寛、シャンパンタワーにご満悦 トヨエツと再共演誓い合う - 05月18日(金)15:20 

 阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、松重豊、鶴橋康夫監督が、18日に都内で開催された映画『のみとり侍』の初日舞台挨拶に出席。阿部は自身の身長ほどあるシャンパンタワーに注がれたシャンパンを飲み、「美味しかったです」とご満悦の様子だった。【写真】『のみとり侍』初日舞台挨拶フォトギャラリー 歴史小説家・小松重男の短篇集『蚤とり侍』を基にする本作は、エリート藩士・小林寛之進(阿部)が主人公。彼はたった一度の失言により、客の猫の蚤(のみ)を取って日銭を稼ぐ…と見せかけて実態は女性を喜ばせる添い寝業という設定の“のみとり”になるよう命じられてしまう。 前日に甲子園のマウンドで始球式に挑んでいた阿部は、「体が痛いです」と苦笑。「届くのかなと思って。まあ、何とか届いたんですけど、やっぱりプロってすごいなと思いました」と語った。 「江戸NO.1のプレイボーイ」である清兵衛に扮した豊川や鶴橋監督と行った大阪キャンペーンについて「いろいろな豊川さんのお話を聞いて、非常に刺激になりました。また今後とも、何かあったら共演よろしくお願いします」とコメント。一方の豊川は「男優同士で行くっていうのは、そういう特別な関係でもない限り、なかなかないことだと思うんです」と笑い、「仕事についてどういう風に考えているかとか、役をどう捉えているかっていう、そういうことをすごく間近に聞くことができた」と述懐。「またよろしく...more
カテゴリー:

ハムの新エースへ…上沢直之が進む道 - 05月18日(金)11:00 

◆ 完全復活の予兆  5月16日に東京ドームで行われた日本ハムと西武の一戦。わずか1点の援護を守る力投を見せてきた日本ハムの上沢は、そのまま9回のマウンドへ。源田壮亮と浅村栄斗に連打を浴びてたち…
カテゴリー:

<楽天>則本快投11K スライダー駆使し手玉 - 05月20日(日)06:05 

東北楽天の則本が札幌のマウンドで躍動した。8回無失点で降板し、2試合連続の完封勝利にはならなかったものの、今季最多タイの11奪三振の快投に、球場に詰め掛けた約4万人の日本ハムファンから何度もため息が漏
カテゴリー:

エンゼルスを困らせている大谷の無邪気さ - 05月19日(土)06:30 

大谷翔平(23)は「自分の価値」が分かっていないようだ。 5月13日(現地時間)、「投手・大谷」が今季6回目の先発マウンドに上った。チームはサヨナラ勝ちをおさめたが、翌日の地元紙...
カテゴリー:

22日のDeNA-中日「Cygames スペシャルナイター」で“神童”那須川天心が始球式 - 05月18日(金)15:45 

◆ 格闘技界の“神童”がマウンドへ  株式会社Cygamesは18日、5月22日(火)に横浜スタジアムで行われるDeNA-中日戦の冠スポンサーを務めることを発表。キックボクサーの那須川天心選手が…
カテゴリー:

キックボクサー那須川天心選手、横浜スタジアムのマウンドへ!「Cygames スペシャルナイター」の始球式でピッチング初披露 - 05月18日(金)15:00 

[株式会社Cygames] [画像1: https://prtimes.jp/i/5593/462/resize/d5593-462-177147-0.jpg ] ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygames(以下サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)は、20...
カテゴリー:

阿部寛、タイガースカラーの和服で初始球式! ノーバン投球を自画自賛 - 05月18日(金)10:45 

阿部寛が主演映画『のみとり侍』の公開を記念し、公開前日である5月17日に行われた阪神vsDeNAナイター戦で人生初の始球式に臨み、豪快なストレートをキャッチャーミットにノーバウンドで投げ込んだ。 本作は小松重男の傑作短篇集「蚤とり侍」をもとに、『後妻業の女』の鶴橋康夫監督がメガホンをとった笑って泣ける痛快人間喜劇。“のみとり”とは、表向きは客の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐ仕事だが、その実態は床で女性に愛をお届けする裏稼業。運悪く主君の逆鱗に触れ、猫の蚤とりを言い渡され“のみとり侍”になってしまう主人公のエリート藩士・小林寛之進を阿部が体当たりで演じている。 この日、阿部は劇中同様、ちょんまげの和装姿でマウンドに登場。羽織を脱いでタイガースカラーの特注衣装がお目見えすると、観客席からはどよめきが起こった。 始球式後の取材では、劇中では寺島しのぶ演じるおみねに初の“のみとり業”で「ヘタくそ!」と罵られていることを引き合いに、「今回の投球は寺島さんにも『上出来だった』と言ってもらえると思います」と自身の投球を評価。「初の始球式を野球の聖地・甲子園でやらしていただいて感無量です。必死のパッチでやるしかないと思って頑張りましたが、どうやって投げたか記憶になくて。撮影よりも今日の方が緊張しました」と述べていた。 『のみとり侍』は本日5月18日より全国公開となる。 【関連記事】 『のみ...more
カテゴリー:

もっと見る

「マウンド」の画像

もっと見る

「マウンド」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる