「マインド」とは?

関連ニュース

【EV】トヨタ 2030年めどに半数を電動車に パナソニックとEV提携「日本連合」で巻き返しへ - 12月13日(水)17:48  bizplus

世界的にEVシフトが進む中、トヨタ自動車とパナソニックは、電気自動車の基幹部品となる電池の共同開発などを検討すると発表しました。 トヨタの豊田章男社長は、2030年をめどに年間の販売台数のおよそ半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針を明らかにしました。 それによりますと、トヨタとパナソニックは、電気自動車の基幹部品となるリチウムイオン電池のほか、走行距離が飛躍的に伸びるとされる次世代の電池、「全固体電池」の共同開発など新たな協業の可能性を検討するとしています。 両社はすでに...
»続きを読む
カテゴリー:

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開前にみたいショート作品10本 - 12月12日(火)21:00 

Image: nils hedinger/Vimeo 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開まであと少し! ソワソワしている人も多いでしょう。でも、『スター・ウォーズ』のことばかり考えていないで、少しは他にも目を向けて見たら?ということで、io9がとっておきのショートムービー10本を紹介しています。5分弱の作品もあるので、気軽に楽しめますよ。『The Ningyo』(人魚)Video: miguel ortega/VimeoKickstarterで資金が集められた、フィルムメーカーのミガエル・オルテガさんとトラン・マーさん(『アバター』や『300』にエフェクトで参加)による日本の人魚伝説に取り憑かれた未確認動物学者とその秘密を知る日系人たちの話。26分と比較的長め。ニンギョではなくニニョと発音されているのが、なんとなく可愛い。物語が盛り上がってきたところで「To be continued」の文字。内容は全然違いますが、なんとなく宮脇朋子作の漫画『人魚伝説』を思い出しました。『The Return of the Monster』(ザ・リターン・オブ・ザ・モンスター)Video: MegaComputeur/Vimeo『モンスターズ・インク』の二番煎じかと思いきや、夢落ちタイムループもの。ホラー要素も...more
カテゴリー:

東京五輪までに店頭のレジ列はなくなるか - 12月12日(火)18:00 

丸井の青野真博常務は渋谷マルイのAmazon期間限定キャンペーンにあたって『買い物の仕方が変わってきている。ECと共存共栄する店舗を作る。』と発言されたそうだが、時流を適確に認識した"名言"と評価したい。ライバルのはずのAmazonを引き込むビジネスセンスもオープンマインドなリテラシーを評価すべきであろう。 『何時でも何処でも調べて選んで自在に決済出来て何処でも受け取れるEC』はAIや電子決済の急...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

【12月19日まで】“今”に集中するマインドフルネスな腕時計 - Hidden Time Watch、Makuakeにてクラウドファンディング実施中! - 12月12日(火)09:00 

[ON VIC CORPORATION LTD] [画像1: https://prtimes.jp/i/19562/4/resize/d19562-4-723345-0.jpg ] [動画: https://www.youtube.com/watch?v=jVHDI0sXxfc ]  昨年、ANICORNは、宇宙の惑星軌道「ケプラー」と同じ動きをする時計、AN...
カテゴリー:

【望月記者】日本の武器輸出考える 東京新聞・望月記者が講演 - 12月11日(月)21:51  newsplus

日本の防衛産業について考える講演会「2017平和のつどい」が9日、神戸市中央区橘通3、あすてっぷKOBEであった。I女性会議ひょうごの主催。武器輸出の問題点を追及してきた東京新聞の望月衣塑子記者を講師に招き、約250人が参加した。  演題は「今なら止められる武器輸出 戦争ビジネスに舵を切らせるな」。望月記者は昨年、東京であった国際航空宇宙展に触れ「さながら世界の武器見本市の様相だった」と指摘した。欧米の軍事企業が積極的に出展し、日本も武器輸出を条件付きで認める一方、日本の防衛産業に連なる下請け...
»続きを読む
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」新キャラ、ローズの背景をライアン・ジョンソン監督が明かす! - 12月13日(水)17:00 

世界中に「スター・ウォーズ」旋風が吹き荒れる中、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)で来日したライアン・ジョンソン監督を直撃。今回は監督に、新キャラクターのローズ・ティコ役に大抜擢されたアジア系アメリカ人女優・ケリー・マリー・トランについて質問してみた。 【写真を見る】ケリー・マリー・トラン演じる新キャラクター、ローズ/[c]2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の口から驚くべき真実を聞かされたレイ(デイジー・リドリー)。フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーの遺志を継ごうとするカイロ・レン(アダム・ドライバー)はどう対峙していくのか!? 本作で初登場する注目の新キャラクターは、ローラ・ダーン演じるレジスタンスの幹部・ホルド、ベニチオ・デル・トロ演じる謎めいた男DJ、ケリー・マリー・トラン演じるレジスタンスの整備士、ローズの3人だ。 ライアン・ジョンソン監督によると、3人の中で一番大きな役どころとなるのがローズのようだ。気になったのは、冒頭のバトルシーンで強烈な印象を残す、アジア系女優が演じたペイジというキャラクターだ。ケリー・マリー・トランも「スター・ウォーズ」シリーズの主要キャストに初めてアジア系女優が起用されたと話題を呼んだが、果たしてペイジとローラ...more
カテゴリー:

AbemaTV『やれたかも委員会』実写ビジュアル公開 原作者「インターネットに恩返し」 - 12月12日(火)20:00 

―― あのとき、本当はヤレたんじゃないか ―― 数珠の未完成ラブストーリーを綴った人気漫画『やれたかも委員会』がAbemaTVでオリジナル連続ドラマ化されるに伴い、キャストとビジュアル、放送日時が発表されました。 初回の公開は年明けの2018年1月27日(土)23:00です。 物語は述懐する「依頼者」とそれを聞く「委員会」によるオムニバス形式で描かれています。誰もが忘れ得ぬ“あの日”の燃やしきれなかった思いを多角的に描いた『やれたかも委員会』は2017年のトレンドコミックとなりました。 作品の発表形式も従来のような出版社を中心としたものではありませんでした。『note』や『cakes』、『pixiv』といったインターネットに軸足を置いた作品発表を行い、書店での書籍販売はそれを追いかける形となりました。多層的な発表形式の成功例となったのもこの作品の特徴と言えるでしょう。 原作者・吉田先生「ネットのおかげで広まった」 今回のドラマ化に際し、原作者の吉田貴司先生は次のようにコメントをくださいました。 「ドラマ化とても嬉しいです。ネットのおかげで広まった漫画なので、インターネットに恩返しという意味でもAbemaTVでドラマ化というのはいいのではないかと思います。素敵なキャストを揃えてくださった監督、AbemaTVのスタッフの方に感謝です。」 『やれたかも』は「ネット発のマンガが、ネットで連...more
カテゴリー:

Microsoftが量子コンピューティング開発キットのプレビューをリリース - 12月12日(火)10:23 

Microsoftは9月のIgniteカンファレンスで、量子コンピューティングへの進出の意思を明らかにした。そして今日同社はその歩みの一歩として、量子コンピューティング開発キットのプレビューをリリースした。 このキットには、Q#言語とそのコンパイラーやライブラリ、量子コンピューティングのローカルなシミュレーター、量子トレースシミュレーター、Visual Studioのエクステンションなど、デベロッパーが手始めに必要とするものがすべて含まれている。 これはプレビューなので、量子コンピューティングのプログラミングの過程がどんなものかを知りたいと思っているアーリーアダプターたちが主な対象だ。それは、従来のプログラミングとはまったく違う。簡単に言うと、従来のコンピューターでは、ビットはonかoffかのどちらかの状態でしか存在しないが、量子のプログラムではキュービット(qubit, 量子のビット)は同時に複数の状態で存在できる。そのため、これまでありえなかったようなプログラムも可能になる。 MicrosoftがIgniteで発表した量子コンピューティングのビジョンはもっと大きくて、9月に同社のKrysta Svoreが本誌の取材に対して語ったところによると、量子コンピューターをコントロールし、そのアプリケーションを書くための完全で総合的なソリューションを提供することが、最終的な目標だ。 その...more
カテゴリー:

ガジェット通信メンバーが考える新しいイベントの形『OMOTENASHI TOKYO 2017 -Winter-』開催決定! - 12月11日(月)22:00 

2017年12月29日に、秋葉原・ガジェット通信フロアにて、『OMOTENASHI TOKYO 2017 -Winter-』が開催される。このイベントは、ガジェット通信メンバーが企画するイベントで、ガジェット通信のスタジオを貸し切って、参加者同士がお互いに楽しい時間を共有・提供し、お互いを“おもてなし”しあうイベントです。 参加者全員が“おもてなし” “おもてなし”という言葉がクローズアップされた、2013年。流行語にもなりましたし、なんとなく意味や雰囲気はわかっているかと思います。辞書を調べてみると、 心のこもった接遇、歓待、サービスなどを意味する表現。 (引用:Weblio辞書 丁寧表現辞書) と書かれています。 『OMOTENASHI TOKYO』は、参加者の皆さん同士でお互いに“おもてなし”しあうイベントです。それはどんな形でも良いです。飲食、ゲーム、小噺、歌など、自分が提供できるものを振舞ってみてください。人は、何かを振舞われると、何かお返しがしたくなるものです。そのお返しもどんな形でも構わないです。自分がが提供できるものを少し返してみてください。そのマインドの積み重ねこそが、“おもてなし”だと考えています。 「とはいえ、何もできないよ」 わかります。何かを披露することや主張することが、とかく苦手なのが日本人。でも、表現というのは人前に出て派手に何かを披露するだけではない...more
カテゴリー:

マシュー・グレイ・ギュブラー主演『68キル』、森久保祥太郎ナレーションの予告編が到着! - 12月11日(月)19:10 

米テキサス州オースティンで行われる大規模フェスティバルSXSWの映画部門で観客賞を受賞した新感覚アクション・スリラー『68キル』が2018年1月6日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われる「未体験ゾーンの映画たち2018」にて、初日上映される。この度、本作の予告編が到着したのでご紹介しよう。【関連記事】『クリミナル・マインド』マシュー・グレイ・ギュブラー主演『68キル』ポスター解禁!公開となった予告編のナレーションを務めているのは、本作で主人公を演じるマシュー・グレイ・ギュブラーの代表作である大ヒットドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』で彼が演じるリード博士の吹き替えを担当してきた人気俳優の森久保祥太郎。予告編では、イケメンだけど気弱な配管工チップが、愛しのガールフレンドに頼まれ押し入った豪邸で、彼女がまさかの殺人鬼に豹変! チップは目撃者のバイオレットと一緒に逃亡を開始するが、彼らが奪った6万8000ドルは、ギャング、サイコパス、メンヘラ、ジャンキーたちを引き寄せ、やがて血も涙もない仁義なき大バトルとへ発展してく...。果たしてチップはこの"ろくでなしどもの底辺バトル・ロイヤル"を生き延びることができるのか!?森久保はIQ180の天才リード博士とは正反対の性格のチップを演じることについて、「『クリミナル・マインド』で、Dr.リード役としてのマシューに10年以...more
カテゴリー:

もっと見る

「マインド」の画像

もっと見る

「マインド」の動画

Wikipedia

マインド()

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる