「マイヤー」とは?

関連ニュース

G・マイヤーが4年ぶりのシニアツアーV 大病乗り越え「チャンスがあれば優勝したかった」 - 04月20日(金)18:46 

<ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント 最終日◇20日◇箱根カントリー倶楽部(7,056ヤード・パー72)> 「ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント」最終日が20日(金)に行われ、6アンダーの首位タイからスタートしたグレゴリー・マイヤー (米国)が7バーディ・1ボギーの「66」で回り、トータル12アンダーで優勝。2位に4打差をつける快勝で、2014年の「マルハン太平洋シニア」以来となるシニアツアー2勝目を挙げた。 【写真】シニアツアー 注目選手のスイング分析 4年ぶりに優勝カップを掲げたマイヤーは、「去年は優勝争いを3回くらいしていたけど、今日はずっとボードを見ないでプレーしていた。このコースは皆スコアを取ってくるから、自分もアグレッシブに行った」とプレー中を振り返った。最後に優勝した14年には心臓の大動脈瘤手術を受けるなど、困難にも見舞われた。それ以来の優勝とあって、「チャンスがあれば優勝したかった」と感慨深げに勝利を喜んだ。 トータル8アンダーの2位タイには室田淳、金鍾徳(韓国)、同7アンダーの4位タイに杉山直也、高見和宏が続いた。 昨季賞金ランク2位の米山剛はトータル4アンダーの10位タイ。川岸良兼、倉本昌弘はトータル3アンダーの18位タイだった。また、レギュラーツアー通算2勝で今大会がシニアツアーデビュー戦の小達敏昭は、1...more
カテゴリー:

高見とマイヤーが首位=男子シニアゴルフ - 04月19日(木)19:18 

 男子ゴルフのシニアツアー、ノジマチャンピオンカップは19日、神奈川・箱根CC(パー72)で第1ラウンドが行われ、高見和宏とグレゴリー・マイヤー(米国)が66で回り、首位に立った。1打差の3位は溝口英二ら3人。 羽川豊は69で8位。倉本昌弘、尾崎直道は72の32位で初日を終えた。 [時事通信社]
カテゴリー:

電子ドラッグと評されるほど中毒性の高い戦略ゲーム「シヴィライゼーション」はどのようにして誕生したのか? - 04月15日(日)19:00 

「シドマイヤーズ シヴィライゼーション」シリーズは実在する文明をモチーフとしたストラテジーゲームで、学校の教材として利用されたり、4作目のテーマ曲がゲーム音楽として初めてグラミー賞を受賞したりと世界的な人気を誇ります。シド・マイヤー氏がどのようにして初代「シドマイヤーズ シヴィライゼーション」を設計したのかを、コンピューターのエンターテインメントの歴史を記したブログ「The Digital Antiquarian」が説明しています。続きを読む...
カテゴリー:

2年連続賞金王が不在、開幕戦「金秀シニア」を制するのは? - 04月14日(土)06:45 

4月14日(土)、日本男子シニアツアー第1戦「金秀シニア オープンゴルフトーナメント2018」が開幕。2018年のシニアツアーは、前年度から3試合増、2試合減。今大会から11月末の最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」まで年間19試合の日程で開催される。 【写真】注目シニアプロのスイング連続写真一覧はこちら ここ2年、シニアの絶対的な存在として連続賞金王を獲得しているのは、プラヤド・マークセン(タイ)。デビュー年の16年から2年連続で4勝。17年は7000万円以上を獲得し、歴代最高額を塗り替えた。また同年は国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」で優勝し、賞金ランクは18位(50,389,244円)。レギュラーツアーシードを獲得する鉄人ぶりを見せた。 その圧倒的な優勝候補が不在となる18年開幕戦での注目は、昨年賞金ランク2位の米山剛。17年は「ファンケルクラシック」でシニア初優勝を果たすと、次戦「広島シニア」も制し、2週連続勝利。今季も中核選手としての期待がかかる。 初日の主なペアリングは以下に記載(※はアマチュア)。 第7組(8:40/OUT)米山剛、F・ミノザ、G・マイヤー、小柴正浩(※) 第8組(8:50/OUT)川岸良兼、寺西明、鈴木亨、夏山永吉(※) 第9組(9:00/OUT)久保勝美、飯合肇、室田淳、仲村達也(※) 【関連リンク】 ・金秀...more
カテゴリー:

アダム・サンドラー、マーティン・スコセッシ製作のインディペンデント映画に出演決定 - 04月09日(月)07:15 

アダム・サンドラーが『Uncut Gems(原題)』というインディペンデント映画に主演することになった。本作の製作総指揮者のひとりにはマーティン・スコセッシも名を連ねておりる、監督と脚本を担うのは、東京国際映画祭グランプリと最優秀監督賞をW受賞した『神様なんかくそくらえ』(14)や、ヘロイン中毒の話を独特の世界観で描いた『グッド・タイム』(17)で話題になったジョシュア・サフディ、ベニー・サフディ兄弟だ。 【写真を見る】夢のコンビ再び!新作『The Irishman(原題)』撮影現場でのデ・ニーロ&スコセッシ監督!/写真:SPLASH/アフロ 『Uncut Gems(原題)』のストーリーは明かされていないが、ニューヨークのダイアモンド街が舞台になっているそうだ。脚本はサフディ兄弟に加えて、『神様なんかくそくらえ』のロナルド・ブロンスタインが手がける。 アダム・サンドラーは、去年Netflixによって配信されたインディペンデント映画『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』の演技が高い評価を受けており、今回の『Uncut Gems(原題)』でもサフディ兄弟がアダム・サンドラーのいままでにない魅力と演技力を引きだす作品になるのでは、と期待されている。(Movie Walker・LA在住/小池かおる) 【関連記事】 ・アカデミー賞監督が“世界のミフネ”を描く!スピルバーグ、役所広司ら出演の...more
カテゴリー:

高見和宏、G・マイヤーが首位発進!シニアデビューの小達敏昭は25位タイ - 04月19日(木)19:18 

<ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント 初日◇19日◇箱根カントリー倶楽部(7,056ヤード・パー72)> 国内シニアツアー第2戦「ノジマチャンピオンカップ」が開幕。初日、6アンダーで高見和宏とG・マイヤー(米国)が首位に立った。 【連続写真】注目シニア選手のスイングを紹介 「昨年シードを落としたので、今回のこの出場チャンス(主催者推薦)を生かして返り咲きしないとね」(高見) 1打差の3位タイに寺西明、溝口英二、スティーブン・コンラン(オーストラリア)。開幕戦優勝の山添昌良は、PGA会長の倉本昌弘と同じくイーブンパーの32位タイ。また、レギュラーツアー通算2勝で今大会がシニアツアーデビュー戦の小達敏昭は、1アンダーの25位タイにつけている。 「50歳まで生きてきてよかったですね(笑)。いったん35歳でレギュラーツアーを退き、その後は銀座でクリニックを開きながらドラコンの大会に出ていた。こうやってツアーに戻ってこられてうれしいですよ」(小達) 大会は2日間で行われ、明日20日(金)が最終日となっている。 【関連リンク】 ・「スタートラインに立てた」米初優勝の小平智 一問一答 ・谷口徹も小平智を祝福「小平やなくて、もう“大だいら”でしょ!」 ・米ツアーチャンプになった小平智は、なぜ千載一遇のチャンスをモノにできたのか?【舩越園子コラム】 ・【WITB...more
カテゴリー:

国内メーカー、電気自動車技術への多額の投資が必要=独経済相 - 04月16日(月)16:04 

[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツのアルトマイヤー経済相は国内の自動車産業について、世界の競争相手についていくために、電気自動車技術に多額の投資を行い、バッテリーの製造施設を開発していく必要があるとの考えを示した。
カテゴリー:

ジェニファー・アニストン&アダム・サンドラー、Netflixの新作コメディで夫婦役 - 04月15日(日)12:00 

 2011年の映画「ウソツキは結婚のはじまり」に主演したジェニファー・アニストンとアダム・サンドラーが、Netflixの新作コメディ「Murder Mystery(原題)」で再共演することがわかった。  米ハリウッド・レポーターによれば、本作はニューヨーク市警の警官(サンドラー)が、昔から約束していたヨーロッパ旅行にようやく妻(アニストン)と出かけ、飛行機内で知り合った年配の億万長者から船上パーティに招かれるが、その金持ちが殺害されたことから、夫婦は殺人の容疑者となる、というストーリー。脚本は「ホワイトハウス・ダウン」のジェームズ・バンダービルトが執筆した。  本作はサンドラーにとって、「マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)」(ノア・バームバック監督)に続いてNetflixと組む6本目の作品。アニストンにとっては初のNetflix作品となる。監督はまだ正式発表されていないが、カイル・ニューアチェックがメガホンをとるものとみられている。 【作品情報】 ・ホワイトハウス・ダウン 【関連記事】 ・米アップル、リース・ウィザースプーン&ジェニファー・アニストン共演ドラマにゴーサイン ・ジェニファー・アニストン&リース・ウィザースプーンの新ドラマをアップルが獲得 ・ジェニファー・アニストン&ジャスティン・セローが破局 Photo by Marc Piasecki/WireImage、...more
カテゴリー:

Netflixとカンヌ映画祭の対立が激化 - 04月11日(水)12:30 

 カンヌ国際映画祭のラインナップ発表を目前に控え、映画祭と米ストリーミング大手Netflixの対立が激化している。米バニティ・フェア誌が報じた。  Netflixは、昨年の同映画祭コンペティション部門にオリジナル映画「オクジャ」(ポン・ジュノ監督)と「マイヤーウィッツ家の人々」(ノア・バームバック監督)が選出されたが、フランスの映画業界が激怒。フランスの法律では劇場公開からストリーミング配信まで36カ月待たなければいけないルールだが、Netflixは自社作品を劇場公開することなく配信を行っていたためだ。  昨年5月、映画業界の圧力により、同映画祭は劇場公開しない作品はコンペティション部門に入れないという新ルールを制定。その知らせを受けたNetflixのテッド・サランドスCCO(チーフ・コンテント・オフィサー)は、ストリーミング開始まで3年も待たされるフランスの法律を批判し、新ルールによりカンヌの魅力が減退したとコメントしていた。  そして今年3月、ティエリー・フレモー総代表は新ルールによりNetflix作品はコンペティション部門に入れることはできないと声明を発表。するとNetflixのサランドスCCOは、エントリー済みの5作品を引き上げる対抗措置をとることを明言した。アルフォンソ・キュアロン監督の「ローマ(原題)」やポール・グリーングラス監督の「ノルウェイ(原題)」など注目作...more
カテゴリー:

【宇宙開発】NASAはなぜSpaceXの低コストなロケットを使わずに「SLS」の独自開発に莫大な費用を投じるのか? - 03月28日(水)08:18  scienceplus

かつてはNASAやESA、JAXAといった国家レベルの組織に限られていた宇宙開発の分野に、 近年はイーロン・マスク氏の「SpaceX」や、ジェフ・ベゾス氏の「Blue Origin」などの民間企業が入るようになり、 しかも画期的な結果を残すに至っています。民間企業のロケットは非常に高いコスト効率が特長で、 性能も十分に優れているにもかかわらず、 NASAは並行して独自のロケット「Space Launch System」(SLS)の開発を継続しています。 一説によると「SLSの年間開発費用でFalcon 9が17基から27基買える」ともいわれるほどの金食い虫なSLSで...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「マイヤー」の画像

もっと見る

「マイヤー」の動画

Wikipedia

マイヤーマイアー(Meier, Meyer, Maier, Mayer, Meir, Meyr, Mair, Mayr, Myre, Meijer)は、主に欧米に見られる英語読みするとメイヤーまたはメイア。由来は2つあり、互いに無関係である。

Maier

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる