「ポール・マッカートニー」とは?

関連ニュース

P・マッカートニー、ビートルズ著作権返還求めソニー側を提訴 - 01月19日(木)16:02 

【1月19日 AFP】元ビートルズのポール・マッカートニーさんが18日、ビートルズ楽曲の著作権を保有するソニー子会社「ソニーATVミュージック・パブリッシング」に対し、著作権の返還を求める訴訟を米ニューヨークの連邦裁判所に起こした。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

マッカートニーさん 著作権返還の確約求める訴え - 01月19日(木)15:20 

世界的なシンガーソングライターのポール・マッカートニーさんが、ビートルズ時代の「レット・イット・ビー」などおよそ270曲について、著作権を保有するソニーの子会社に対し、著作権の返還の確約を求める訴えをアメリカ・ニューヨークの裁判所に起こしました。
in English
カテゴリー:

マッカートニーさん、NYで提訴 - 01月19日(木)11:33 

米メディアなどによると、元ビートルズのポール・マッカートニーさんは18日、ビートルズの曲の著作権を保有する音楽出版会社に対し、曲の著作権返還を求める訴訟をニューヨークの裁判所に起こした=2016年撮影
in English
カテゴリー:

くりぃむ上田は「司会の達人」! 超一流たちに学ぶ会話の極意 - 01月17日(火)23:20 

コミュニケーションの手段として、SNSやメールでやりとりが増えたものの、やはり面と向かって話すのは最も基本となるコミュニケーションだ。しかし、SNSでやりとりが流暢にできても、実際顔を合わせてスムーズに会話できるというわけではない。そんなコミュニケーション下手の人たち『会話の天才』(ワニブックス刊)では、高倉健さんのインタビュー集を日本で唯一出版したノンフィクション作家・野地秩嘉氏が、ポール・マッカートニーさん、柳井正さん、孫正義さんをはじめ、3000人を超える“超一流”と「会話」をするなかで得た技術やコツを、ポイントを押さえ、わかりやすく紹介している。それぞれの分野の第一線で活躍する人たちは、仕事ができるだけでなく、会話の技術も卓越しているものだ。■くりぃむしちゅー上田が「司会の達人」である理由本書からお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也さんの話し方を紹介しよう。『おしゃれイズム』『しゃべくり007』『Going!Sports&News』など、バラエティ番組やスポーツニュースで司会を務めている上田さん。野地氏はそんな上田さんのことを「司会の達人」と呼んでいる。野地氏が、上田さん司会の番組にゲスト出演した際に、その達人ぶりを見たという。上田さんは、司会者でありながらあまり自分からは話さず、アシスタントやほかの出演者から野地氏にいい質問をするように促していたという。ゲスト...more
in English
カテゴリー:

ブリティッシュ・ロック史上、最もドラマティックな瞬間を記録 - 01月14日(土)08:09 

() 【映画を聴く】『ジギー・スターダスト』/後編 日本にもフォロワーの多い彼の凄さがわかる作品 本作『ジギー・スターダスト』に収録されているハマースミス・オデオン劇場での公演が今も伝説としてファンに語り継がれているのは、そのパフォーマンスの素晴らしさだけでなく、ボウイが突如としてジギー・スターダストというペルソナの封印、つまりグラム・ロック・ブームの終息を自ら告げたからだ。アルバム『ジギー・スターダスト』の主人公を演じ続けることに飽き、次のフェーズへ移る必要性を感じていたボウイにとっての転換点であり、ブリティッシュ・ロック史上においても最もドラマティックな瞬間のひとつと言えるこのライヴがこうして映像で記録されていることの意味は、とてつもなく大きい。 この日のライヴはツアー最終日ということで、ロンドンのファンに熱狂的に迎え入れられている。先述のように、ボウイとスパイダーズ・フロム・マーズのコンビネーションは絶妙で、1年半のツアーの成果をはっきりと感じ取ることのできる仕上がりだ。ローリング・ストーンズの「夜をぶっとばせ」やヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート」のカヴァーを織り交ぜながらステージは大詰めに向かう。そして最後の最後に用意された「ロックンロールの自殺者」を歌い出す直前、突然ボウイの口から発せられた「これが僕らの最後のショー」という言...more
in English
カテゴリー:

新藤恵美さん 熟女ヌードの先駆けとなった写真集の思い出 - 01月19日(木)16:00 

 44歳の時にフルヌードを披露し、熟女ヌードの先駆けとなった往年の大女優・新藤恵美さんが、思い出の写真集『SPLASH』(1993年・竹書房刊/佐藤健撮影)について振り返る。  * * *  今だから言えますが、この写真集の話をいただく前、女性特有の病気がみつかりました。ゆくゆくは手術をするだろうなと思うと精神的に辛かったのですが、手術する前のきれいな体を撮ってもらいたいと前向きに考えて覚悟を決めました。  実は、その10年ほど前の30代初めの頃にイギリスの有名な写真家からヘアヌードのお話があったんですよ。 『SPLASH』が出版されたのは1993年。最終的に20万部を超える大ヒットで、その2年前にヘアヌード写真集を出していた49歳の松尾嘉代さんに次ぐ44歳の時の作品でした。  熟女ヌードの先駆けといわれることもありましたけど、気になりませんでした。評価は見ている人が決めることですからね。  撮影は3月にオーストラリアのパースで2週間、4月に下北沢と相模湖で2週間の計1か月くらいかかりました。パースの時は、経由地の香港で衣装を大量に調達して現地に入りました。宿泊は『バーズウッドリゾート』。部屋の目の前がゴルフ場で、カジノ付きのバブリーなホテルでした。  一番印象深い撮影場所は、ナムブン国立公園内にあるピナクル砂漠。石灰岩でできた石柱が点在する世界有数の絶景地でした。でも、パースから...more
in English
カテゴリー:

【音楽】「ビートルズの著作権返して」 ポール・マッカートニーがソニーを提訴 - 01月19日(木)13:23 

http://www.asahi.com/articles/ASK1M33CNK1MUHBI00Q.html ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニー氏(74)が18日、米ニューヨークの連邦裁判所に、 ソニーの子会社が所有するビートルズの楽曲の著作権を返還するよう求める訴訟を起こした。AP通信などが伝えた。  マッカートニー氏と故ジョン・レノン氏が作った「ラブ・ミー・ドゥ」など、ビートルズのヒット曲の多くの著作権は、 1985年に故マイケル・ジャクソン氏が購入し、現在はソニーの子会社で世界最大の音楽出版会社「ソニー/ATV」が保有している。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ソニー子会社に著作権返還求める=マッカートニーさん、NYで提訴 - 01月19日(木)11:23 

 【ニューヨーク時事】米メディアなどによると、元ビートルズのポール・マッカートニーさんは18日、ビートルズの曲の著作権を保有する音楽出版会社ソニーATVミュージック・パブリッシングに対し、曲の著作権返還を求める訴訟をニューヨークの裁判所に起こした。 返還を求めたのは、1962~71年にマッカートニーさんと故ジョン・レノンさんが制作した「アクロス・ザ・ユニバース」や「ラブ・ミー・ドゥ」など。これらの曲の著作権は、85年にマイケル・ジャクソンさんが買い取り、ジャクソンさんの死後は、同氏とソニーが共同で設立したソニーATVが所有していた。 マッカートニーさんは2008年以降、著作権返還を求めてきたが、ソニーATVが応じなかったため、米国の著作権法に基づき提訴した。マッカートニーさんが勝訴すれば、著作権は18年10月以降、順次返還される。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

大物ミュージシャンたちの"豪快すぎる"エピソードを収録した本「ロック豪快伝説」発売 - 01月16日(月)16:30 

リットーミュージックより、海外大物ミュージシャンたちの、"豪快すぎる"エピソードを41編収録した文庫本『ロック豪快伝説』が1月20日(金)に発売! フレディ・マーキュリーのど派手な女装パーティ! ジミヘンの"ペニスの石膏"が存在した!? 全身の血液を入れ替えたキース・リチャーズ! "破壊王"キース・ムーン! ポール・マッカートニーのスーパー・リッチ・ライフ! シェールのすごすぎる元カレ・メンバー!...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

急逝から一年、出火吐暴威の性を超越した妖しい絡みに狂喜! - 01月14日(土)08:08 

【映画を聴く】『ジギー・スターダスト』/前編 絶頂期のライヴを記録した歴史的パフォーマンス 2016年1月8日、69回目の誕生日にニュー・アルバム『★(Blackstar)』をリリース。そしてその2日後、あまりにも突然の死が報じられたデヴィッド・ボウイ。生誕70周年にして一周忌というタイミングだけに、日本でも彼の足跡を辿る大回顧展「DAVID BOWIE is」が開催中のほか(東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルにて4月9日まで)、さまざまな企画や刊行物、音源のリリースが続いている。 今回紹介するドキュメンタリー映画『ジギー・スターダスト』の再上映も、その回顧モードの一環と言っていいだろう。1972年2月から翌年7月にかけてイギリス、アメリカ、日本を巡ったツアーの最終日、7月3日のロンドンのハマースミス・オデオン劇場での最終公演を収録した作品で、劇場版は74年に60分版が、79年に90分の全長版が公開。84年にVHS/ベータでビデオ化されるとともにサウンドトラックもリリースされ、現在はDVDでも見ることができるが、日本で劇場公開されるのは1999年以来18年ぶりだという。監督はボブ・ディランのドキュメンタリー『ドント・ルック・バック』などで知られるドン・アラン・ペネベイカーが担当している。 1972年から73年にかけてのボウイといえば、アルバム『ジギー・スターダスト』『アラジン・セ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ポール・マッカートニー」の画像

もっと見る

「ポール・マッカートニー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる