「ポートフォリオ」とは?

関連ニュース

SAP、Leonardoのマシンラーニング機構をアップデート、Google Cloudとの連携強化も発表 | IT Leaders - 11月20日(月)09:00 

SAPは2017年11月14日、テクノロジカンファレンス「SAP TechEd 2017」において、マシンラーニングポートフォリオ「SAP Leonardo Machine Learning Foundation」アップデート、ならびにGoogle Cloudとの連携強化などを発表した。主要なトピックを報告する。
カテゴリー:

特徴的な製品でワークステーション市場のシェア獲得を狙うレノボ - 11月14日(火)18:15 

既報の通り、レノボ・ジャパンはワークステーション「ThinkStation」シリーズの新製品として「ThinkStation P920」と「ThinkStation P720」の販売を開始した。製品ポートフォリオを拡充することで、日本国内におけるワークステーション市場のシェアを獲得したいという。
カテゴリー:

第18回「1_WALL」公募におけるグラフィック部門の作品受付が11月24日からスタート - 11月10日(金)11:26 

第18回「1_WALL」 株式会社リクルートホールディングスが運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン」は、第18回「1_WALL」を開催。2017年11月24日(金)〜12月1日(金)までグラフィック部門の作品を募集し、写真部門の作品受付は2018年1月11日(木)〜1月18日(木)に実施される。「1_WALL」は次世代の若手クリエイターの発掘を目的とした企画で、年齢が35歳以下の個人制作に募集を限定。グラフィック部門では、グラフィックデザイン / イラストレーション / タイポグラフィ / オブジェといった絵 / 図 / 文字 / 記号 / 写真などの視覚要素で構成された作品を対象としている。 「1_WALL」は、新しい表現を追求し続けている若い才能からの作品を募るコンペティションだ。応募作品のテーマや手法は自由で、指定のスペースに展示できる作品であることが条件。一次審査はポートフォリオによって行われる。グランプリ受賞者には「1_WALL」展の1年後の個展開催の権利を贈呈。合わせて個展制作費として20万円が支給される。 この公募は、流行りに流されず、地に足がついた作品を作り続ける人たちと一緒に新しい表現を考える場を目指しており、募集されているのは“5年後、10年後を見てみたくなる”ような可能性を持った人の作品。グラフィック部門の審査員は、アートディレクターの川上恵莉子氏、グラ...more
カテゴリー:

フライングカーは輸送の未来か?それとも膨れ上がっただけの夢か? - 11月09日(木)16:38 

【編集部注】著者のValery KomissarovはSkolkovo Foundationのポートフォリオマネージャーである。そこで彼は航空宇宙産業やドローンのスタートアップたちのビジネス開発と資金調達をサポートしている。またロシアの宇宙機関であるRoscosmosの、次世代宇宙技術に関する顧問を勤めている。 いよいよフライングカーのスタートアップたちが、Twitterのようなお馴染みのテクノロジー企業としてみなされるようになり始めたようだ。EUを拠点とし、オール電化の自律フライングタクシーを手がけるスタートアップのLiliumは、Tencentが主導し、多くの著名なVCたち(Atomicoを含む)が参加したシリーズBで、9000万ドルを調達した。フライングカーが魅力的なコンセプトから成熟したテクノロジーへと変化し有望な投資対象になりつつあることは明らかだ。 しかし、私たちは世界でフライングカーを見ることになるのだろうか?そして、市場環境はどのように進化して行くのだろうか? これらの質問に答えるために、まず現在のフライングカーのエコシステムを眺めてみよう。 会社名 国 創立年 調達額( 単位:100万ドル) 代表的な投資家 Lilium Aviation ドイツ 2014 101.4 Tencent, Atomi...more
カテゴリー:

アクティブ・ラーニングアワード2017、受賞はLB技研「TJ‐Link」ほか - 11月08日(水)19:45 

 日本アクティブ・ラーニング学会は2017年11月3日、「アクティブ・ラーニングアワード2017」の結果を発表した。ICT部門では、LB技研の「モバイル実物投影セット TJ‐Link(学校向け)」が金賞を受賞。そのほかICT部門で銀賞2点、非ICT部門で金賞1点・銀賞2点が選出された。 アクティブ・ラーニングアワードは、アクティブラーニングの円滑な実施に役立つ製品・サービスを、日本アクティブ・ラーニング学会に所属する教員や研究者らの投票により選出し表彰するもの。 対象となる商品は、ソフトウエア、ネットワークなどのシステム、デジタル機器、デジタル教材、什器・備品、紙などの教材・書籍、その他のサービス。今回は「ICT部門(システム、機器、教材)」で6点、「非ICT部門(什器、備品、教材、書籍など)」で10点のエントリーの中から、各部門金賞1点・銀賞2点が選出された。 評価方法は、新しい概念の商品・サービスであるかという「新規性」や、アクティブ・ラーニング授業の実施をサポートできるかという「補助性」、誰にとっても使いやすい「簡便性」、深い学び、主体的な学びが実現できるかという「有効性」、学習者に思考の多様性を促すことに有効かという「多様性」の5つの観点を基準に、総合点によって選考された。 ICT部門で金賞を受賞したのは、LB技研の「モバイル実物投影セット TJ‐Link(学校向け)」。付...more
カテゴリー:

テラデータ、柔軟性、コスト効率性、拡張性のある分析エコシステムを実現する包括的なソフトウェア・ポートフォリオ「Teradata IntelliSphere」を発表 - 11月16日(木)16:09 

[日本テラデータ株式会社] [2017年10月23日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]  テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、企業が柔軟性の高い分析エコシステムを構築する際に...
カテゴリー:

「第4次安倍内閣相場」の上昇第1幕は、11月9日の 高値でいったん終了! だが短期的な調整局面なので 日経平均はいったん底入れしたあと、再び上昇へ!? - 成り上がり投資術 - 11月14日(火)13:10 

11月9日の日経平均株価は、一時2万3382.15円を付けた後、2万2522.83円まで一気に急落、そして急激に戻すなど、乱高下しました。日中値幅は859.32円です。この乱高下は、リスクパリティ・ファンドからの先物・現物売りが加速した結果とみられています。リスクパリティとは、ポートフォリオに占める債券、株式などの各資産のリスクの割合をおおむね均等に配分させることにより、資産全体のリスクを低減させようとする運用手法のことです。11月9日の日経平均VIの始値は17.65、高値は24.22、終値は21.25で、取引時間中に「20」を大きく超えました。これが、リスクパリティ・ファンドが売りを出す要因となりました
カテゴリー:

本当か!?「株価3万円」の現実味 マネックス証券が解説 - 11月09日(木)19:20 

東京株式市場の日経平均株価が、取引時間中として約26年ぶりに2万3000円を上回るなか、マネックス証券が予測する株価「3万円」は本当に実現可能な水準なのだろうか――。2017年11月9日、「日経平均3万円への道」をテーマに、マネックス証券がセミナーを開催。同社の松本大社長とチーフアナリストの大槻奈那氏、チーフ・ストラテジストの広木隆氏が見解を語った。 今後は株価上昇が国民のコンセンサスになる 松本大社長は、「日経平均株価は2019年3月末までに3万円に達するだろう」という。 理由は3つ。安倍晋三首相の続投で、金融緩和が続く。「まず、これが株価上昇にとって最重要」という。次に、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のポートフォリオの日本国債の比率が小さくなり、日本株比率が高くなっており、これからさらに高くなることも重要な意味合いがある。「株価上昇的な施策は今まで、金持ち優遇だと批判、敬遠されがちだったが、今後は国民的なコンセンサスとなっていきやすい。つまり、米国化していくだろう」と説明。 最後に、1987年のブラックマンデー後から、日本株の時価総額は約2倍になったが、日経平均はほぼ変わっていない。一方、米国では、時価総額もダウ平均も約12倍になっている。「日経平均は入れ替えが少なくて経済の成長をよく表していない。しかしこれが最近では、上場企業のインデックスからの強制退場という形で...more
カテゴリー:

3カ月で3DCGデザイナーを目指す集中講座 無料だけどやる気が必要!? - 11月09日(木)15:48 

 ゲームやアニメが好きなら、3DCGデザイナーを目指してみない? クリーク・アンド・リバー社は、ゲームや遊技機業界への就職や3DCGデザイナーを目指す20代を対象に、Autodesk社の3Dアニメ制作ソフトウェア「Maya」の基本スキルの習得と各業界への就職を目的とした無料の「Maya3D講座」をスタートさせた。 3Dアニメ制作ソフトウエア「Maya」は現在、ゲームや遊技機、映像など、さまざまな業界の多くの企業で導入されており、アニメーションからモーショングラフィックス、バーチャルリアリティー、キャラクターなどを作成することができるツール。3DCGデザイナーとして就職するためには、必須のスキルといえる。 今回、開講した「Maya3D講座」は、3カ月間で「Maya」の基本スキルを磨いて、3DCGデザイナーとしてゲームおよび遊技機業界への就職を目指す短期集中の無料プログラムだ。全くの未経験者も含め、これまで受講した人の8割がゲーム、遊技機業界への就職を決定しており、この世界で働く近道となりそうだ。 ただ、3カ月という短期間で、就職できるまでのスキルを身につけるためにはそれなりの覚悟が求められる。まずは週に一度開かれている説明会に参加し、簡単な筆記試験と面接を受ける必要があるという。無料とはいえ、やる気は必要ということなのだろう。詳細・申し込みはWEBサイトを参照のこと。 「Maya3D...more
カテゴリー:

座高検査廃止の理由とは? - 11月08日(水)18:00 

学校空間には、いつの間にか消えてしまったものが多くあります。その一つが座高検査です。椅子のような検査装置に座って、頭の上にスケールを当てて座高の高さを図るものです。しかし、2016年からこの座高検査は廃止されています。 なぜ廃止されたのか? 座高検査が廃止された理由は、意味がないからというシンプルなものです。あれほどしっかりとした機械を使って測定していながら意味がないとはなんともあっけないものですが、座高検査をはじめとして、学校にはムダが多いと言えるのかもしれません。 かつてはどういう意味? 今では無意味と判断されてしまった座高検査ですが、かつてはどういう意味が見出されていたのでしょうか。まずひとつとして、座高は高い方が、内蔵の発達がしっかりとしており良いとされていました。むしろ座高が低い方が足が長いということになるため、スタイルとしては評価が高いように思えるのですが、かつては座高にはある程度の高さが求められていたのです。 人それぞれ しかし、身長がバラバラなように足の長さもバラバラです。短足な人もいれば、脚長も人もいます。いわばそれは人それぞれであり、成長に大きな違いはないというのが「意味がない」と結論付けられてしまった理由でしょう。元記事をビーカイブで確認!■関連記事製品系列ポートフォリオ管理「PPM法」。商品の切り捨て方と伸ばし方したたかな男の養子 藤堂高吉名画座とは何か...more
カテゴリー:

もっと見る

「ポートフォリオ」の画像

もっと見る

「ポートフォリオ」の動画

Wikipedia

ポートフォリオ(Portfolio)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる