「ポップカルチャー」とは?

関連ニュース

世界的ポップカルチャーイベント「COMIC CON 2018」に体験型スポーツテーマパーク『レジェンドスポーツヒーローズ』出展決定! - 04月26日(木)11:00 

[レジェンドベースボール株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/26972/38/resize/d26972-38-897847-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/26972/38/resize/d26972-38-762940-1.jpg ] 現在、国内での店舗展開を加速させる中、国外での積極展開...
カテゴリー:

アート・音楽・漫画を堪能!GWに訪れたいフェス&展覧会 - 04月25日(水)09:00 

GWは、どっぷりとサブカルチャーに浸かることができる機会。アートや音楽、漫画を堪能しに、展覧会やフェスなどのイベントに足を運んでみては? 【写真を見る】グッズも販売!2018年9月の閉館を前にしたスヌーピーミュージアムの最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる」/(C)Peanuts Worldwide LLC ■ 松屋銀座8Fイベントスクエア(銀座) ウォーリーの絵本の原画が初来日!5月7日(月)まで松屋銀座で開催中の「誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ! 展」では、シリーズ第1作1枚目「In Town」や、日本を描いた「Trouble in Old Japan」など厳選された原画約50点の他、ウォーリーの設定資料や、作者が幼少期に描いた作品など、計150点ほどが公開されている。原画展オリジナルのグッズにも注目しよう。 ■松屋銀座 住所:東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(松屋銀座大代表) ■ 幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール(海浜幕張) 4月28日(土)、29日(祝)の2日間開催する「ニコニコ超会議2018」。同イベントでは、ニコニコ動画の世界観をブースとして会場に再現している。音楽やダンス、ゲームなど、さまざまな参加型コンテンツが楽しめるチャンス!ポップカルチャー、歌舞伎、法要とのコラボレーションも話題になっている。 ■幕張メッ...more
カテゴリー:

スピルバーグ監督「『E.T.』公開もいまだったらヒットしてない」2018年に送りだすべき映画とは? - 04月22日(日)10:00 

イマジネーションあふれる世界を作り出し、常に観客を新しい感動に包んできたスティーヴン・スピルバーグ監督。最新作『レディ・プレイヤー1』(公開中)では、VRワールドを舞台とした冒険物語へと誘う。13年ぶりの来日を果たしたスピルバーグ監督にインタビューすると、「『E.T.』の公開がいまだったら、決してヒットはしていないよ」と意外な言葉を口にする。映画の神様と言っても過言ではない、スピルバーグ監督がいまつくりたかった映画とはどんなものなのか?“想像力の源”までを明かしてもらった。 【写真を見る】『レディ・プレイヤー1』には日本のアニメ、ゲームのキャラクターも続々登場!/ [C]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTSRESERVED 舞台は現在から27年後。多くの人は荒廃した街に暮らし、若者たちはVRワールド“オアシス”にだけ希望を見出していた。誰もがもう1人の自分=アバターになって、別の人生を楽しむことができる“オアシス”で、創始者の遺産と“オアシス”の覇権をめぐる熾烈な争奪戦が幕を開ける…。 登場人物たちがVRワールド“オアシス”に足を踏み入れるや、観客も一気に異世界へと連れて行かれる。没入感を可能にしたのは、どんなトリックがあるのだろうか。「まずストーリーがとってもよかったんだと思う。原作者のアーネスト・クライン、脚本家のザック...more
カテゴリー:

話題沸騰の『レディ・プレイヤー1』より冒頭2分間映像が早くも解禁! - 04月21日(土)12:00 

いよいよ昨日4月20日より公開がはじまったスティーヴン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』より、映画本編の冒頭2分間映像が早くも解禁となった。 本作は今から27年後の2045年を舞台に、自分がなりたいキャラクターになれるVRワールド「オアシス」の天才開発者ハリデーが、死の直前に残した「宝の卵をOASIS内に隠した。最初に見つけた者がOASISの後継者になれる」というメッセージを受け、世界中のプレイヤーたちがハリデーが仕掛けた全ての関門をクリアし、“大いなる遺産”を手に入れようと奮闘する姿を描いたSF大作。 4月18日、19日にはスピルバーグ監督をはじめ、主演のタイ・シェリダン、ヒロインのオリヴィア・クックが来日。日本人キャストの森崎ウィンも加わりジャパンプレミアやトークセッションが行われ話題となった。 解禁となった冒頭2分間映像は、またもや日本だけが特別に公開を許されたもの。シェリダン扮する主人公のウェイドが車のスクラップ置き場となっているような場所を通り抜け、どこかへと向かう映像を背景に、「僕は2027年生まれ。シロップ不作と電波不足の暴動の後、人々は問題解決を諦めるようになった」というモノローグとともにスタート。 そうした中、自分だけの時間を過ごせる秘密基地に到着したウェイドが、専用グローブやゴーグルを装着し、歩行スピードと方向に合わせて自動的にベルトが動く...more
カテゴリー:

製作期間3年!スピルバーグ監督、「レディ・プレイヤー1」は「最も技術的に複雑だった」 - 04月20日(金)20:00 

 巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が、VR(バーチャル・リアリティ)ワールドを舞台にした最新作「レディ・プレイヤー1」(公開中)を携え、約13年ぶりに来日。最新鋭の映像に、世界中のポップカルチャーの要素をあふれんばかりに詰め込んだアドベンチャー超大作について、語りつくした。  舞台は、2045年の近未来。貧富の差が拡大したこの世界で、人々の心のよりどころは巨大なVRワールド「OASIS(オアシス)」となっていた。オアシスでは自分が望む姿(アバター)になることができ、どんな願いもかなう。そんななか、オアシスの創始者が急逝。創始者の総資産約56兆円とオアシスの覇権をめぐり、創始者がオアシス内に仕掛けた“宝”を探す“全人類参加”の争奪戦が幕を開ける。  本作を見てまず驚かされるのは、まるでVR世界が眼前に広がるような圧倒的な没入感だ。スクラップ置き場に作られた暗く、狭い秘密基地に入った主人公ウェイド(タイ・シェリダン)がオアシスにログインし、アバターの“パーシヴァル”へと姿を変えた瞬間、観客もオアシス内へと一気にトリップする。スピルバーグ監督は、「観客が自分もVRゴーグルをしているような、このバーチャル・ワールドの中に存在しているような感覚を味わってほしかったんだ」と語り、「今まで生きてきた中で1番技術的に複雑な映画だった。製作に3年間かかったんだ。これまで、『未知との遭遇』が製作...more
カテゴリー:

「レディ・プレイヤー1」は映画というポップカルチャーを体現した作品だった―CGの向こう側に見えるオタクたちの「オアシス」【レビュー】 - 04月25日(水)20:15 

4月20日より全国で公開されたスティーブン・スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」を観てきたので、その感想・レビューを勝手にお届けします。
カテゴリー:

ついに公開!スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』を観る前に知っておきたい3つの事 - 04月22日(日)10:55 

4月20日(金)に全国公開となった『レディ・プレイヤー1』。アーネスト・クライン原作の大人気SF小説『ゲームウォーズ』(原題はREADY PLAYER ONE)をスティーブン・スピルバーグ監督が映画化し、注目を集めている。 今回は、80年代のディープなポップカルチャーからの影響が随所に見られるこの新作を楽しむ前に、この映画について知っておきたい3つのことをご紹介しよう。1. アーネスト・クラインによる原作『ゲームウォーズ』の素晴らしさ J・K・ローリングにとっての『ハリー・ポッター』のように、2011年に出版されたクラインのデビュー小説『ゲームウォーズ』は圧倒的な成功を収めた。『フィフティ・シェイズ』シリーズや、『ゲーム・オブ・スローンズ』などのような作品と競い合い、NYタイムズベストセラーのトップ10にランクインしていたのだ。 クラインの子供時代に影響を及ぼした80年代の映画や音楽への賛辞とも言えるこの作品は、瞬く間に批評家の反響を呼び、『エンターテインメント・ウィークリー』誌や『ボストン・グローブ』などから好評価を得た。世界での評価も高く、これまで20カ国以上の言語に翻訳された。また、米国図書館協会の目に留まり、プロメテウス賞を獲得した。2. 『レディ・プレイヤー1』は80年代のエンターテインメントファンにとって完ぺきとも言える内容 舞台は、貧困の差が激しい2045年。人々は、...more
カテゴリー:

【映画コラム】素晴らしきお子様ランチ映画の集大成『レディ・プレイヤー1』 - 04月21日(土)17:25 

 近未来のVR(仮想現実)内で繰り広げられるトレジャー・ハンティングの冒険を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』が公開された。  2045年、街は荒廃し、若者たちは、想像したことが現実となり、アバターを通して何者にでも変身できるバーチャルな世界「オアシス」に熱中していた。そんな中、オアシスの開発者ハリデー(マーク・ライランス)が死去。オアシス内に隠したゴールデンエッグを見付けた者に、法外な財産とオアシスの権利を与えるという遺言が配信され、争奪戦が始まる。  スピルバーグの映画を見て育った原作者アーネスト・クラインが書いた小説を、スピルバーグ自身が映画化するという奇跡の合体が実現。それ故、見る者をドキドキワクワクさせる面白さに満ち、温かくて、ユーモアもある、“素晴らしきお子様ランチ映画”を作り続けてきたスピルバーグの集大成とも言えるものになった。  本作は、仮想現実の世界での現実逃避を、めくるめく映像で魅力的に見せながら、同時にその功罪を描き、最後は現実をしっかり生きることこそ尊いと説く。そこには矛盾があるのだが、これは、スピルバーグの映画の特徴の一つである、最新テクノロジーを駆使した映像で失われたものへのノスタルジーを描く、あるいは現代社会に対する警鐘を鳴らす、というスタンスが抱える二律背反故に、常に生じる問題だ。そこが彼の映画の魅力でもあり、...more
カテゴリー:

「レディ・プレイヤー1」冒頭映像&サンリオキャラ集結の場面写真公開! - 04月21日(土)12:00 

 巨匠スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンをとり、VR(バーチャル・リアリティ)ワールドで繰り広げられる壮大なトレジャーハンティングを描く超大作「レディ・プレイヤー1」(公開中)の本編冒頭映像が、公開された。 ・「レディ・プレイヤー1」本編冒頭映像はこちら!  貧富の差が拡大した2045年の近未来。人々の唯一の心のよりどころだったVRワールド「OASIS(オアシス)」の創始者ハリデー(マーク・ライランス)が急逝し、ハリデーの総資産約56兆円とオアシスの覇権をめぐる“宝”の争奪戦が始まる。「X-MEN:アポカリプス」のタイ・シェリダン、「ぼくとアールと彼女のさよなら」のオリビア・クック、「シェリー」の森崎ウィン、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(8月3日公開)のサイモン・ペッグ、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のベン・メンデルソーンらが出演する。  映像は、主人公ウェイド(シェリダン)が、スクラップ置き場を抜け、“秘密基地”ヘと向かうシーンから始まる。暗く、狭い基地の中でウェイドはゴーグルを装着し、オアシスにログイン。すると、これまでの雰囲気は一変し、宇宙空間、人気ゲーム「マインクラフト」の世界といったオアシス内の“ステージ”が大量に出現する。「ピラミッドをスキーで滑る」「エベレストをバットマンと登る」といった夢の空間が展開し、オアシス...more
カテゴリー:

【インタビュー】スティーブン・スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』を語る!「私もこの作品には驚かされているんだ」 - 04月20日(金)16:46 

スティーブン・スピルバーグ監督 公式の資料にも「オタク」と紹介される原作者のアーネスト・クラインが、ありとあらゆるポップカルチャーアイコンを壮大な1908年代の愛で包み込んだ「ゲームウォーズ」を実写化した『レディ・プレイヤー1』。今からそう遠くない2045年の地球を舞台に、荒廃した世界で暮らす人々が...
カテゴリー:

もっと見る

「ポップカルチャー」の画像

もっと見る

「ポップカルチャー」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 大衆文化...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる