「ポスティング」とは?

関連ニュース

【野球】2戦連続完封!巨人・菅野のメジャー評価急騰 3勝0敗 1.76 - 04月26日(水)16:57 

巨人のエース株が急騰だ。菅野智之投手(27)が25日の広島戦(マツダ)に先発し、コイ打線を圧巻の4安打完封。 チームは1―0で勝利を収め、広島戦の連敗を3で止めた。 2戦連続の完封勝利で今季3勝目を手にした右腕の評価は、WBC以降うなぎ上り。 海外のマーケットでは、現時点でなんと「4倍」にまで値が跳ね上がっている。 これぞエースという姿を敵地で存分に見せつけた。 この日の菅野は、宝刀スライダーに加え、決め球としてフォークを多用し相手を翻弄。終盤まで、まったく攻略の糸口をつかませなかった。 最大...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【音楽】<ももクロ>「爆音」野外ライブに苦情殺到…野外ライブの騒音はどう規制されている? - 04月22日(土)18:23 

埼玉県富士見市が4月8、9日に市第2運動公園で開催したアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のコンサートで、東京都内にまで届くほどの騒音があったとして、市内外から約130件の苦情が寄せられた。 市地域文化振興課によると、約20キロ離れた東京都西東京市や東久留米市からも電話があったという。市民に対しては、市報や近隣住民へのポスティングなどにより、事前に周知を図っていたそうだ。市は多くの苦情が寄せられたことについて、「配慮が足りず、反省している」と話している。 一般論として、野外ライブについては、法律や...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

サンローランが原宿・表参道エリア3カ所でストリートポスティングを実施 - 04月20日(木)13:15 

 「サンローラン(SAINT LAUREN)」が、原宿・表参道エリア3カ所でストリートポスティングを実施している。一部の壁をポスターでジャックする手法で、通行人にダイレクトにプロモーションするのは初めての取り組みだという。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

大谷翔平のメジャー行きに暗雲――故障離脱は人災か? - 04月20日(木)06:00 

4月8日、日本ハムの大谷翔平がオリックス戦でのプレー中に、左太もも裏を負傷。左大腿二頭筋肉離れと診断され、復帰には6週間近くかかる事態となった。 パ・リーグ某球団の関係者が言う。 「大谷の今回の肉離れは、WBC欠場の引き金となった右足首の痛みと無関係ではありません。おそらく、右足首の負担を減らすため、左足に負荷がかかっていたんでしょう。そもそも右足首が完治していないのに、なぜ打者として使い続けたのか。今回のケガは起用し続けた栗山英樹監督の責任も大きいと言わざるをえないでしょう」 これには栗山監督も動揺を隠せない様子だ。 「何かにつけ『僕の責任』が口癖だった栗山監督ですが、今回に関してはよほどショックだったのか、お決まりのコメントも出ませんでした」(スポーツ紙記者) これまで栗山監督は、大谷に限って言えば過保護なまでに大事を取り、慎重に起用してきた。なのに今回の足首痛ではWBCを辞退したにもかかわらず、開幕から指名打者として起用を続けていた。 「専門医師によると、動きによっては痛みが出ないこともある箇所なので、ならば打者でプレーしていこうと本人とも合意していたようです。実際、大谷のいない打線は破壊力も激減しますから、監督としては出場できるなら...more
in English
カテゴリー:

【野球】日本ハム・大谷、なぜ球団は右足首手術を受けさせないのか メジャー移籍で高額年俸&治療丸投げ? - 04月18日(火)06:30 

インフルエンザに感染したため都内のホテルで静養していた日本ハム・大谷翔平投手(22)が14日、千葉県鎌ケ谷市の球団寮に戻った。 感染前の8日・オリックス戦(京セラドーム)で左太もも裏の肉離れを発症しており、今後リハビリに取り組むが、 実戦復帰までには1カ月以上かかる見通しで、球界周辺から「なぜ球団は根本的な治療を受けさせないのか」と疑問の声が上がっている。 肉離れの原因は、昨年の日本シリーズ中に痛めた右足首にあるといっていい。完全に癒えないまま春季キャンプ、 オープン戦で調整して公式戦に突入...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ジム・キャリー、変わり果てた白ひげ顔がまるでホームレス! - 04月24日(月)14:32 

『マスク』(94)で大ブレイクしたコメディー俳優のジム・キャリー(55)が、まるでホームレス!と見る者を驚かせるほど変わり果てている。 【写真を見る】見事な白髭を蓄えたジム・キャリー/写真:SPLASH/アフロ これは映画の役作りではなく、ジムの現在の本当の姿だ。ジムは、ユダヤ教の祭日パスオーバーとキリスト教の祭日を祝って、半分以上が白髪のロングヘアと、真っ白な口ひげを蓄え、ニンジンをもってウサギを抱いて微笑んでいる自身の写真をポスティング。 それらを見たファンらの間では、「これがジムだと理解するのに、5分もかかってしまった」「誰だか全くわからなかった」「目が死んでる」「ウサギに何かしそうで、恐ろしい」「まるでホームレス」といった驚きのツイートが飛び交っている。 ジムといえば、2000年ころまでの全盛期を境に、キャリアは鳴かず飛ばず。そして2015年9月に、当時バツ2だったジムが、2012年からオンオフを繰り返していた30歳のメイクアップアーティストの恋人で既婚者のキャスリオナ・ホワイトが自殺するという痛ましい事件が起こった。 遺書から、ジムとの破局のショックで薬物を過剰摂取していたことなどが明らかになり、夫と母親から訴えらえていたジムは、罪を償うために必死にキャスリオナの親族をサポートしていると言われているが、完全に立ち直ることはできておらず、昨年も、ひげを蓄えて憔悴しきった様子...more
in English
カテゴリー:

ジェニファー・アニストン、加工丸出しのプランジネックドレス姿にも絶賛の嵐! - 04月21日(金)18:04 

ジェニファー・アニストン(48)のスマートウォーターの広告が、フォトショップ丸出しにもかかわらず、美しい!と絶賛されている。 【写真を見る】プランジネックドレスでキメた、ジェニファーのスマートウォーター広告写真/写真:SPLASH/アフロ 日頃から、ヨガや食事、そしてスマートウォーターのおかげで美ボディをキープしているという触れ込みのなか、白と黒の思いきり胸元のあいたプランジネックドレスを着たジェニファーがスマートウォーターを持ってレッドカーペットに立っている写真や、ヴィクトリア・ベッカムデザインの2042ドル(約21万円)の白いドレスを着て、スマートウォーターを持ってスタジオに立っている写真など、さまざまなモノクロバージョンの写真がデイリー・メール紙に掲載されている。 ジェニファーの若々しさとナチュラルビューティーはかねてから高く評価されているものの、今年に入ってからはボトックス疑惑も浮上。ネットユーザーたちも、今回の広告がフォトショップ加工が施されている人工的な美しさであることは認めているようだが、「それでも、やっぱり美しい!」「心の美しさが表れている」「いい歳のとり方をしている」「ブラッド・ピットも今頃後悔しているでしょう」といった好意的な声が寄せられており、日頃の行いによって、今後ジェニファーがひどく劣化しても、バッシングどころか力強いサポートが得られそうだ。【NY在住/J...more
in English
カテゴリー:

【野球】<大谷翔平>メジャー行きに暗雲!故障離脱は人災か?「起用し続けた栗山英樹監督の責任も大きいと言わざるをえないでしょう」 - 04月20日(木)07:35 

4月8日、日本ハムの大谷翔平がオリックス戦でのプレー中に、左太もも裏を負傷。左大腿二頭筋肉離れと診断され、復帰には6週間近くかかる事態となった。 パ・リーグ某球団の関係者が言う。 「大谷の今回の肉離れは、WBC欠場の引き金となった右足首の痛みと無関係ではありません。おそらく、右足首の負担を減らすため、左足に負荷がかかっていたんでしょう。そもそも右足首が完治していないのに、なぜ打者として使い続けたのか。今回のケガは起用し続けた栗山英樹監督の責任も大きいと言わざるをえないでしょう」 これには栗山...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大谷翔平 ケガで投げていないことをメジャーはプラス評価か - 04月18日(火)16:00 

 日本ハムの指揮官・栗山英樹監督といえば、昨季は「1番・投手」で大谷翔平(22)を起用し、史上初の投手による先頭打者ホームランを演出するなど固定観念にとらわれない采配でファンを沸かせた。日本一という最高の結果も残した。栗山采配でなければここまで大谷(パ・リーグMVP)が輝かなかったのも事実だろう。しかし今シーズンの大谷は4月8日、走塁の際に左太もも裏を痛めて途中交代。検査の結果、左大腿二頭筋肉離れと診断された。辛口評論で知られる江本孟紀氏は手厳しい。 「昨年は出来すぎでした。“大谷頼みの戦法”がたまたまハマっただけ。開幕カードで負け越し、低迷するチーム事情が栗山監督の判断ミスを生んだのでしょう」  二刀流そのものについても懐疑的だった江本氏はこう続ける。 「二刀流ではどうしても練習が中途半端になり、ケガをしない体をつくれない。そもそも“投手ができない状態”で、打者を毎試合そつなくこなせるほど、プロは甘い世界ではない。“打者なら開幕OK”という判断が間違いです」  今後、心配されるのは今オフに見込まれていたメジャー移籍への影響である。  昨年、広島からドジャースに移籍した前田健太(29)は、入団時の健康チェックで右肘に問題が指摘され、契約金100万ドル(1億2000万円)、年俸は8年総額2400万ドル(28億8000万円、単年3億6000万円)と低額に抑えられた前例がある。  日本人...more
in English
カテゴリー:

大谷翔平がケガ 栗山監督の起用方法を中畑清氏が疑問視 - 04月17日(月)16:00 

 開幕から驚異の打棒を誇った日本ハム・大谷翔平(22)に思わぬアクシデントが襲った。左大腿二頭筋肉離れで復帰までおよそ6週間──。「たかが肉離れ」とあなどってはいけない。今回のケガは、調べれば調べるほど指揮官・栗山英樹監督の「判断ミス」という側面が大きいのだ。 「お金をいただいて野球を見てもらっている以上、出場するからにはファンの前で最高のプレー、全力プレーを我々はしなければならない。全力プレーができない選手を出さないのも監督の仕事だと思う」  横浜DeNA前監督で野球解説者の中畑清氏はこう断言する。昨秋に痛めた右足首の影響でWBC出場を辞退した大谷は、打者“一刀流”で開幕を迎えた。4割を超える打率を残す一方、4月1日の西武戦では、内野安打時に痛めている右足で一塁ベースを踏んだことで栗山監督を激怒させた。「全力疾走禁止令」が出されていたためだ。  それからまもなく、ついに大谷はパンクしてしまう。4月8日のオリックス戦に3番DHで出場した大谷は、走塁の際に左太もも裏を痛めて途中交代。検査の結果、左大腿二頭筋の肉離れと診断された。 「翌9日にはインフルエンザも発症。体調回復を待ってからリハビリが始まるが、5月30日開幕の交流戦までに一軍復帰できるかは微妙。投手復帰も白紙となった」(スポーツ紙記者)  栗山監督は「すべては僕の責任」と非を認めているが、それが過失であれ故意であれ日本の「ス...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ポスティング」の画像

もっと見る

「ポスティング」の動画

Wikipedia

ポスティングとは、広告宣伝を目的に、ビラチラシを、各個宅の郵便受けへ直接投入する行為。主な利用業種は、飲食店通信販売不要品回収不動産会社介護関係美容室など幅広い。商業目的ではない公共性を有する例として、地方自治体(地域限定の行事案内やお知らせ)や水道局(主に工事による断水やにごり水、交通規制のお知らせ)によって行われる場合も少なからずある。

概要

ポスティングは高齢化が進む日本に置いて再注目されている宣伝広告手法である。一部の迷惑業者によっては問題を引き起こした場合もある。風俗店等によるピンクチラシは様々な法規制で取り締まりが行われたことから2015年現在ピンクチラシを配布している地域は皆無に等しい。

ポスティングの電子版に当たるのが、電子メールによる広告メールで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる