「ボーイング」とは?

関連ニュース

日航機出発時に定員超過 パリで飛行前に発覚 - 03月25日(土)00:52 

 日航は24日、パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で21日午後(現地)、羽田行き046便ボーイング777が、定員245人を1人超過しているのに出発したと明らかにした。離陸前に発覚し引き返したが、昨年10月に全日空でも同様のケースが発覚、国土交通省が事前確認を強化するよう指示したばかり。日航は再発防止策を検討する。
in English
カテゴリー:

パリ発のJAL機、定員オーバーで出発 誤って別人の航空券を発券 - 03月24日(金)21:26 

日本航空(JAL)によると、現地時間3月21日、パリ発東京/羽田行きのJAL046便(ボーイング777-300ER型機)で、駐機場から移動を開始した直後に定員超過が判明し、駐機場に引き返したことがわかった。 パリのシャルル・ド・ゴール国際空港を定刻の午後7時に出発。定員超過が判明したため、午後7時25分に引き返し到着し、午後8時9分に再出発した。東京/羽田には定刻から28分遅れの、翌22日午後3時23分に到着した。出発時には座席を使用しない幼児1名を含む乗客246名と、乗員16名が搭乗していた。 搭乗手続き時に乗客1名に、別の乗客の搭乗券を発券。さらに別の乗客へも同一の搭乗券を発券したため、1つの座席に2名の乗客をアサインしたという。搭乗口などでの地上係員の確認が不十分だったことや、出発前に客室乗務員が問題に気づき調査を開始したものの、客室乗務員間の確認が不十分だったことや、1名の乗客が化粧室を使用していたことから誤認が生じ、正確な状況を把握するまでに時間を要したため、駐機場から移動を開始したという。定員超過判明後に駐機場に引き返し、二重に搭乗券を発券した乗客のうち1名が降機し、再出発した。降機した乗客は後続便を利用した。 原因は調査中で、搭乗手続き時の確認や機内での対応が不適切であったと考えているという。今後の調査結果を踏まえて必要な対策を講じるとともに、国際線を取り扱う全空港で...more
in English
カテゴリー:

フィンエアー、エアバスA350XWBを6/5より成田線に導入--関空線にも導入予定 - 03月24日(金)16:53 

フィンエアーは3月26日からの2017年夏期スケジュールにおいて、欧州系航空会社で最大となる週28便、JALとの成田コードシェア便(週7便)を含むと週35便にて、日本と欧州を結ぶ。また、成田線は6月5日から週4便を増便し、エアバスA350XWB(A350-900)を投入。夏期スケジュールでは、関空にもA350XWB導入を予定している。 2017年夏期スケジュールでは引き続き、成田・中部・関空からヘルシンキへの直行便を毎日運航。2016年から新規就航した福岡へは、4月28日より週3便にて再開する。 フィンエアーはヘルシンキ・ヴァンター空港を拠点とし、日本とヘルシンキを約9時間30分で結ぶ。ドイツの首都ベルリン、スウェーデンの首都ストックホルム、ロシアのサンクトペテルブルグなどをはじめとしたヨーロッパの都市に最短最速で到着でき、ロンドンやパリなどの主要都市を含む40都市以上に同日接続が可能となる。 【関連記事】 ・夏ダイヤに見る中東エアラインの戦略--A380導入の狙い、欧州市場への展望 (1) ・ベトナム航空、ハノイ=羽田線にA350-900導入でプレエコ優先指定を開始 ・エアバス最新機A350XWBのすごさが分かる10のポイント - "ライバル機"のボーイング787と徹底比較 (1) ・機内食図鑑 (12) ・マリメッコを採用した理由を、北欧デザイン溢れるフィンエアー本社で直...more
in English
カテゴリー:

日本貨物航空/貨物専用機の導入、2機キャンセル - 03月24日(金)12:00 

日本郵船は3月24日、子会社の日本貨物航空が、貨物専用機導入計画を一部変更を決定したと発表した。 日本貨物航空は、2005年11月15日に発表したとおりボーイング社製747-8F型貨物専用機の導入を順次進めていたが、変化 […]
in English
カテゴリー:

夏ダイヤに見る中東エアラインの戦略--A380導入の狙い、欧州市場への展望 - 03月24日(金)10:30 

●エティハドとルフトハンザの思惑、日本におけるエミレーツの競争優位性 2017年国際線夏ダイヤが3月26日から始まる。ここでは中東を拠点とするエアライン各社に視点を向け、日本路線における各社の思惑・戦略を見ながら、その背景と課題を分析してみたい。 中東エアラインの情勢を考える上で、今回の夏ダイヤでの変更も含めて注目したのは以下である。 エミレーツ航空: ドバイ=成田/モロッコ(カサブランカ)/ブラジル(サンパウロ)線をエアバスA380に大型化、ドバイ=クロアチア(ザグレブ)線の就航 エティハド航空: 成田=アブダビ線を深夜から夕方便に時間変更、機材をボーイング787に小型化、アブダビ=ブラジル(サンパウロ)線休止、ルフトハンザ ドイツ航空との業務提携 カタール航空: 2016年3月に関空線を休止 ○中東エアラインが迎える2つの問題 日本周辺の路線や機材を論じる前に、もう少し大きなスコープで中東エアラインを眺めてみよう。2016年末の航空業界記事では、日の出の勢いで事業を拡大してきた中東各社の戦略がややペースダウンしてきたという論調が目立った。「エミレーツが2018年以降に予定されていた12機のA380のデリバリーを延期」や「エティハドが今後の人員整理を発表」 などだ。 この背景には、世界経済の成長を大きく上回る店舗で事業の拡大を進めてきた中東各社の戦略が一程度飽和状態に近...more
in English
カテゴリー:

日航機、定員超過で引き返す=パリで、離陸前に気付く - 03月24日(金)21:41 

 日本航空は24日、パリ発羽田行きの日航46便(ボーイング777型機、乗客定員245人)が21日夜(現地時間)、定員を1人上回る乗客を乗せたことに離陸直前に気付き、駐機スポットに引き返すトラブルがあったと発表した。手続きミスが重なって同じ乗客の搭乗券を2人に渡したのが原因で、乗客を1人降ろして定刻より1時間9分遅れで出発した。同社は国土交通省に報告した。 日航によると、60代の女性が搭乗手続きをした際、現地委託先の社員がパスポートを十分確認せずに、別の40代女性の搭乗券を渡した。その後、40代女性が搭乗手続きで窓口を訪れたが、手続き済みと誤認し搭乗券を再発行した。 搭乗口で60代女性にエラー表示が出たが、夫と一緒だったため確認を怠り機内に案内。システム上は乗客が定員より1人少ないと表示され、キャンセル待ちの客を出発直前に乗せたため定員を上回った。客室乗務員が十分確認しないまま機体は滑走路に向け自走を始めたが、席に座れない客がいることに気付いて引き返したという。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

日航が定員超過で出発 飛行前に発覚、引き返す - 03月24日(金)19:43 

日航は24日、パリ発羽田行き046便ボーイング777が空港を出発した際、定員245人を1人超過していたと明らかにし...
in English
カテゴリー:

セントレア、中部同士の台中国際空港と友好空港に--定期便開設等で協力 - 03月24日(金)15:53 

中部国際空港(セントレア)は4月6日、日本の「中部」地域の空の玄関である中部国際空港と、台湾「中部」の台中国際空港とで、「友好空港提携覚書」を締結することを発表。同日から、定期チャーター便の運航を開始するなど、官民を挙げての交流が進めていく。 双方の「中部」地域は、2016年3月に中部広域観光推進協議会と台湾側の中台湾観光推動委員会との間で友好交流連携に関する覚書を締結。2017年2月10日には三重県と台中市による国際交流促進覚書、2月23日には下呂温泉観光協会と台中市温泉観光協会による姉妹温泉提携などが進められている。 日台それぞれの中央部にあるという立地が共通し、更に、台中国際空港はセントレア開港と同時期に民用化された経緯もある。また、両空港は、2016年3月から計15往復のチャーター便が運航されるなど、これまで相互協力を深めてきた。今回の覚書締結により、両空港の周辺地域の交流をさらに拡大させ、将来の定期便の開設を目指す。 なお、締結に際して中部国際空港社長ほかで構成される訪問団が台中を訪問。4月6日に台中において締結にかかるセレモニーを実施後、台中国際空港発中部国際空港行きのチャーター便の初便に、両空港の代表者が搭乗する。 「友好空港提携覚書」の締結内容は、定期直行便開設に向けた相互マーケティング活動、両地域の自治体・観光事業者等の交流及び観光推進への協力、両地域への...more
in English
カテゴリー:

中部国際空港と台湾の台中国際空港が友好空港提携 4月6日からチャーター便計22往復運航 - 03月24日(金)11:25 

中部国際空港と台湾の台中国際空港は、4月6日に友好空港提携を行うと発表した。 2016年3月には、中部広域観光推進協議会と台湾の中台湾観光推動委員会との間で友好交流連携に関する覚書が結ばれ、今年になってからは、2月10日には三重県と台中市による国際交流促進覚書、2月23日には下呂温泉観光協会と台中市温泉観光協会による姉妹温泉提携を結んでいる。 台中国際空港は中部国際空港の開港と同時期に民用化されており、2016年3月からは15往復のチャーター便も就航している。台中国際空港の友好空港は初めて、中部国際空港の姉妹・友好空港はミュンヘン空港に次いで2空港目となる。 同日から5月25日まで、両空港間でチャイナエアラインがチャーター便を週3便運航する。機材はビジネスクラス8席、エコノミークラス153席の計162席を配置したボーイング737-800型機で、計22往復を運航する計画。台中発の初便には、両空港の代表者が搭乗する。 ■ダイヤ CI7314 台中(13:00)〜名古屋/中部(16:55)/火・木・土 CI7315 名古屋/中部(18:00)〜台中(20:20)/火・木・土
in English
カテゴリー:

中国国際航空、広島〜大連〜北京線の土曜の運航を再開 週5便を運航 - 03月24日(金)08:12 

中国国際航空(エアチャイナ)は、3月26日より広島〜大連〜北京線の土曜の運航を再開する。 これにより、広島、大連、北京発ともに月・水・金・土・日曜の週5便を運航することになる。機材はボーイング737-800型機で運航する。 中国東方航空の上海/浦東経由成都線の週7便を合わせ、広島発着の中国本土線は週12便を運航する。 ■ダイヤ CA154 広島(14:40)〜大連(15:25/16:30)〜北京(17:55)/月・水・金・土・日 CA153 北京(07:55)〜大連(09:40/10:40)〜広島(13:40)/月・水・金・土・日 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ボーイング」の画像

もっと見る

「ボーイング」の動画

Wikipedia

ボーイング727型機以降の旅客機においては、顧客を区別するために「カスタマーコード」と呼ばれる符丁を型式名に付している。これはボーイングに初めて発注した際に割り当てられるボーイング747ジャンボ p.64。カスタマーコードは数字と英文字で2文字の組み合わせとなるボーイング747ジャンボ p.65が、英文字のうち「I」と「O」は使用されない。

このカスタマーコードは、顧客が発注した機材に正式な型式名として組み込まれる。例えば、カスタマーコード「46」の日本航空がボーイング747-200型機を発注した場合、正式な型式名は「ボーイング747-246」となる。これは、航空機が他社へ譲渡されても変わることはない。また、軍隊などにも同様に割り当てられており、航空自衛隊の場合は「7C」である。

個々の航空会社のカスタマーコードについては各航空会社の記事を参照されたい。ボーイング自身が発注した自社保有機の場合、カスタマーコードは「20」である。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる