「ボーイング」とは?

関連ニュース

JALタッチ&ゴーサービス利用者全員にCoCo壱番屋の券プレゼント - 06月26日(月)16:57 

壱番屋(以下、カレーハウスCoCo 壱番屋)とJALは7月1日~9月30日、JALグループの国内線搭乗時に「QuiC」(JALタッチ&ゴーサービス)を利用すると、もれなくカレーハウスCoCo壱番屋でカレーメニューを注文する際に利用できる「ドリンク無料券」または「トッピングお試し券」をプレゼントする。 「QuiC」は、各空港の保安検査場に設置された「ピっと端末」を用いたサービスで、ICカードや2次元バーコードをタッチすると、搭乗便名や座席番号、搭乗口を知らせる「ご搭乗案内」が発行される。今回のプレゼントは、「ピッと端末」より発行される「ご搭乗案内」の裏面に印字されており、これを店舗に持参すると、対象商品がもらえる。 実施期間は7月1日~9月30日(搭乗日)で、有効期限は2018年1月31日となる。ドリンク無料券の対象ドリンクは、オレンジジュース、アイスコーヒー、アイスカフェ・オ・レ、ウーロン茶、ホットコーヒー(一部店舗を除く)、トッピングお試し券の対象トッピングは、ガーリック、半熟タマゴ、ゆでタマゴ、完熟カットトマト、オクラ山芋、ツナ、コーン、単品ポテトとなる。 【関連記事】 ・JAL、ボーイング787-9に新「JAL SKY SUITE 787」導入--座席数も203席に拡大 ・JAL国内線「ずっとWi-Fi無料宣言!」--機内インターネット接続がずっと無料 ・JAL...more
カテゴリー:

ボーイングと川崎重工業、協力強化に合意 - 06月26日(月)14:03 

ボーイングと川崎重工業は、パリ・エアショーで、先進生産技術や将来航空機事業における共同検討を含む協力強化に合意した。 ボーイングの将来民間航空機事業における協力のあり方を検討するほか、既存事業にかかわるコスト削減活動の推進によるボーイング民間航空機の市場競争力強化、先進的な生産技術を含む共同研究開発、共通の関心事となる分野における共同開発や協業などが含まれている。 両社は40年以上に渡り、767型機、777型機、787型機、777Xなどで協業している。この合意により、「両社の市場競争力を一層強固にするものと確信している。」としている。
カテゴリー:

JAL、高知=羽田線の就航20周年でイベント実施--歴史を振り返る展示も - 06月26日(月)06:00 

JALは7月1日、高知=東京(羽田)線の就航20周年を迎えるにあたり、高知発3便(JAL490/492/494便)にて「高知=東京(羽田)線の就航20周年記念行事」を実施。同路線は平成9(1997)年7月1日ボーイング767で運航を開始した。現在はボーイング737-800(全165席)にて、1日5往復便を展開している。 イベント当日は、搭乗口で特別なアナウンスを行うとともに、搭乗者に記念品を進呈する。また、チェックインカウンター前では、該当路線の歴史関する資料なども展示する。場所は高知竜馬空港2階搭乗口付近となる。 【関連記事】 ・JAL、徳島就航60周年で記念イベント--初便はデ・ハビランドDHC-2 ビーバー ・JAL、航空機の歴史 (1) ・JAL、成田=メルボルン/コナ線を9月に開設--成田=パリ線は10月に運休 ・航空トリビア (26) ・日本の航空会社で好きなCAの制服は?
カテゴリー:

【軍事】あと30年は戦える?米海軍戦闘機「スーパーホーネット」、大規模改修でさらにスーパーな存在へ進化 F-35を上回る部分も? - 06月25日(日)08:53 

米海軍は現行のF/A-18E/F「スーパーホーネット」について大幅に改修する計画を公表しました。 いわばスーパーな「スーパーホーネット」、どのような飛行機なのでしょうか。 さらにスーパーな「スーパーホーネット」誕生へ アメリカ海軍は2017年6月9日、現在保有する主力艦載戦闘機、 ボーイングF/A-18E/F「スーパーホーネット」における大規模性能向上計画を決定しました。 「ブロックIII」と呼ばれるその改修は既存機に対して行われ、ステルス能力などが付加される予定です。 現代の戦闘機の戦闘能力は搭載する電子機器に大き...
»続きを読む
カテゴリー:

【軍事】「核爆発にも耐えられる」空飛ぶ司令部・米軍のE4B、竜巻で2機損傷 - 06月24日(土)17:18 

「空飛ぶ司令部」 米軍のE4B、竜巻で2機損傷 【AFP=時事】米空軍は23日、核爆発の電磁パルスや熱に耐えられるよう特別に強化された空中指揮機E4B2機が、竜巻で損傷したと発表した。  E4Bは冷戦(Cold War)時代の1970年代に製造されたボーイング(Boeing)747型機を改造した航空機。  空中給油も可能な「空飛ぶ司令部」で、危機の際には何日も上空にとどまっていることができる。  米国防長官の外遊に使われることもある。  米空軍は現在E4Bを4機保有しているが、このうちの2機が16日、突発的に発生した竜巻によってネブラ...
»続きを読む
カテゴリー:

大韓航空、トロント線にボーイング787-9型機投入開始 8月にはマドリード・北京へ - 06月26日(月)15:28 

大韓航空は、トロント〜ソウル/仁川線にボーイング787-9型機の導入を6月1日より開始した。 7月には3機目を受領し、8月にはソウル/仁川〜マドリード・北京線への投入を開始する。今後2019年までに10機を導入し、長距離線に投入する計画。 翼端の曲線構造物であるレイクト・ウイング・チップ(Raked Wing Tip)、後方ボディ(Aft Body)、翼構造物であるフラップ・サポート・フェアリング(Flap Support Fairing)は、大韓航空の釜山テックセンターで製造している。 ■ダイヤ KE073 ソウル/仁川(09:35)〜トロント(09:40)/6月1日〜 KE074 トロント(12:40)〜ソウル/仁川(15:10+1)/6月1日〜 KE913 ソウル/仁川(13:00)〜マドリード(18:55)/火・木・土(8月1日〜) KE914 マドリード(21:05)〜ソウル/仁川(16:35+1)/火・木・土(8月1日〜) KE853 ソウル/仁川(19:00)〜北京(20:05)/月・水・金・日(8月2日〜) KE854 北京(21:15)〜ソウル/仁川(20:05)/月・水・金・日(8月2日〜) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

成田からメキシコシティへ一直線! アエロメヒコ航空で極上のフライト体験 - 06月26日(月)07:00 

成田空港からメキシコシティまでは約13時間の長距離フライト。メキシコのグローバルな航空会社、アエロメヒコ航空の「ボーイング787ドリームライナー」は快適性抜群で、自分史上最高のフライト体験が叶いそうだ。
カテゴリー:

【軍事】あと30年は戦える?米海軍戦闘機「スーパーホーネット」、大規模改修でさらにスーパーな存在へ進化 F-35を上回る部分も?★2 - 06月25日(日)23:00 

米海軍は現行のF/A-18E/F「スーパーホーネット」について大幅に改修する計画を公表しました。 いわばスーパーな「スーパーホーネット」、どのような飛行機なのでしょうか。 さらにスーパーな「スーパーホーネット」誕生へ アメリカ海軍は2017年6月9日、現在保有する主力艦載戦闘機、 ボーイングF/A-18E/F「スーパーホーネット」における大規模性能向上計画を決定しました。 「ブロックIII」と呼ばれるその改修は既存機に対して行われ、ステルス能力などが付加される予定です。 現代の戦闘機の戦闘能力は搭載する電子機器に大きく...
»続きを読む
カテゴリー:

核兵器の無力化が可能に? アメリカ「敵基地無力化」作戦の全貌 - 06月25日(日)06:00 

安倍政権が「敵基地反撃能力」として巡航ミサイル「トマホーク」や陸上配備型イージス「イージス・アショア」の導入を検討している。北朝鮮の脅威に乗じる形で、ミサイル防衛体制の強化を進めようとしているのだ。 しかし、これらの兵器の“売り主”であるアメリカは反撃どころか、敵基地を無力化させる工作や兵器を開発していた。『武器輸出と日本企業』(角川新書)で日本の武器ビジネスの現場をレポートした東京新聞記者の望月衣塑子(いそこ)氏が前編に続き、その内実に迫る! ■日進月歩のレーザー兵器 マルウェア以外にも、米軍は敵の攻撃力を無力化させるためのさまざまな研究開発を続けてきた。例えば迎撃ミサイルの研究は、1960年代からスタートしていたが、83年にレーガン大統領がミサイル防衛構想「SDI」を打ち出して以降、「ABL」(Airborne Laser)の開発が一気に進んだ。 ABLとは、発射直後の敵ミサイルを、空中で撃墜する高出力のレーザー兵器だ。そして02年、ボーイング社は、ABLを搭載したジャンボジェット機「YAL-1A」の初飛行を実施。高度4万フィート(1万2000m)から強力な攻撃が可能になると米軍から期待された。 ところが、ABLの強力なレーザー照射には、 ...more
カテゴリー:

【企業】ボーイング、200人削減 トランプ氏が米国の雇用を守ると約束する演説した工場 - 06月24日(土)07:08 

https://www.cnn.co.jp/m/business/35103238.html ニューヨーク(CNNMoney) 米航空大手ボーイングは22日、CNNMoneyの取材に対しサウスカロライナ州の工場で約200人をレイオフ(一時解雇)すると認めた。この工場は今年2月、トランプ米大統領が米国の雇用を守ると約束する演説を行った場所だ。 同工場でレイオフが行われるのは、2009年にボーイング787型機の製造が始まって以来初めて。 2月にこの工場を訪れたトランプ大統領は、組立を行う労働者や管理職、経営幹部らに向かい、「私があなた方の大...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ボーイング」の画像

もっと見る

「ボーイング」の動画

Wikipedia

ボーイング727型機以降の旅客機においては、顧客を区別するために「カスタマーコード」と呼ばれる符丁を型式名に付している。これはボーイングに初めて発注した際に割り当てられるボーイング747ジャンボ p.64。カスタマーコードは数字と英文字で2文字の組み合わせとなるボーイング747ジャンボ p.65が、英文字のうち「I」と「O」は使用されない。

このカスタマーコードは、顧客が発注した機材に正式な型式名として組み込まれる。例えば、カスタマーコード「46」の日本航空がボーイング747-200型機を発注した場合、正式な型式名は「ボーイング747-246」となる。これは、航空機が他社へ譲渡されても変わることはない。また、軍隊などにも同様に割り当てられており、航空自衛隊の場合は「7C」である。

個々の航空会社のカスタマーコードについては各航空会社の記事を参照されたい。ボーイング自身が発注した自社保有機の場合、カスタマーコードは「20」である。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる