「ボーイング」とは?

関連ニュース

JAL、ハワイ線全便をスカイスイートに 年末年始はファーストクラス設定 - 08月23日(水)09:26 

日本航空(JAL)は、10月よりハワイ線のサービスを強化し、全便を「JAL SKY SUITE」仕様にする。 現在JALは、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西〜ホノルル線を運航しており、9月1日からは東京/成田〜コナ線に就航し、合計4路線7便を運航する。 また、12月28日から30日までと2018年1月2日から4日までの年末年始期間中は、東京/成田〜ホノルル線に1日1便、ファーストクラス8席を設定したボーイング777-300ER型機を投入する。ファーストクラスの販売は、8月28日午後2時より開始する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第82回 特別編・民航機の非常事態を宣言で注目「2次レーダーとスコーク7700」 - 08月22日(火)10:00 

最近、運航中の民航機が「非常事態」を宣言する事案が立て続けに発生した。まず、2017年8月12日に全日空37便のボーイング777-281(登録記号JA703A)が非常事態を宣言して羽田空港に戻った。続いて、2017年8月15日にアメリカン航空280便のボーイング787-9(登録記号N822AN)が非常事態を宣言して、関西空港に緊急着陸した。今回のお題は、そこで出てきたキーワード「スコーク7700」。
カテゴリー:

787搭載のロールス・ロイス「トレント1000-TEN」が型式証明--年内に営業飛行 - 08月22日(火)09:57 

ロールス・ロイスは現地時間の8月18日、 欧州航空安全庁(EASA)より787ドリームライナーの全シリーズに搭載する同社の最新エンジン「トレント1000-TEN」に関し、型式証明を取得したことを発表した。今後、最初のエンジンをシアトルのボーイングの施設に納入し、2017年内にも営業飛行する機体に搭載する予定となっている。
カテゴリー:

【経済】スカイマーク、路線拡大へ 業績回復でボーイングの小型機を3機発注 - 08月22日(火)07:33  newsplus

2017年8月22日7時13分  航空会社のスカイマークが7月、新たに機材を3機発注したことがわかった。市江正彦社長が、朝日新聞の取材に明らかにした。路線網の拡大に向け、2020年3月期までに最大で29機態勢にする計画だ。経営破綻(はたん)から約2年半。再建から成長へと、かじを切り始めた。  15年1月に経営破綻した後、新機材を入れるのは初めて。米ボーイング製の小型機737―800を19年3月期に1機、20年3月期に2機受け取る契約を、7月に海外のリース会社と結んだ。リース料は1機当たり年間で数億円だと...
»続きを読む
カテゴリー:

無料Wi-Fiに旅の手帳! JALの知られざる&知っておきたい機内サービス - 08月21日(月)11:00 

●JALコーヒーは空だけの味--親が欲しくなる子どものおもちゃたち 飛行機の機内サービスと言われて、ドリンクサービスや機内食をイメージする人も多いだろう。確かに、カートが自分の席に近付いてくるのを遠目に見ているのは、なんだか楽しいものだ。しかし、これらのサービスは機内で実施しているサービスのごく一部。そこで今回、JALが機内で提供しているサービスについて、国内線・国際線ともに企画・運営担当者に話をうかがった。 ○全路線が「JAL CAFE LINE」 まず、冒頭で触れたドリンクサービスだが、JALでは特に「JAL CAFE LINE」というネーミングで、国内線・国際線ともにJALオリジナルのコーヒーを機内で提供している。世界中のコーヒー豆を知り尽くしたコーヒーハンター・川島良彰氏と、焙煎・抽出のスペシャリスト・石脇智広氏をアドバイザーに迎えて開発・提供するコーヒーは、機内に搭載されたオリジナルのコーヒーメーカーにて、CAがていねいに淹れて振る舞われる。 特に国際線ファーストクラス/国際線ビジネスクラス/国内線ファーストクラスにおいては、コーヒー豆が3カ月に1度の頻度で変わり、その季節にぴったりのオリジナルブレンドとなる。国際線ファーストクラス/国際線ビジネスクラス/国内線ファーストクラスと、国際線プレミアムエコノミークラス/国内線クラスJ/国内線普通席とで、それぞれ異なるコー...more
カテゴリー:

シンガポール航空とCAE、共同でパイロット訓練センター設立 - 08月23日(水)08:22 

シンガポール航空とCAEは、シンガポールに共同でパイロットの訓練センターを設立することで合意した。 チャンギ国際空港近くのシンガポール訓練センター(STC)にボーイングの航空機用シミュレーターを設置し、シンガポール航空グループやその他の航空会社のパイロット訓練を行う。まずはシンガポール航空が持つフルフライト・シミュレーター4基をジョイントベンチャーに移管し、その後CAEの訓練装置を追加していく。ボーイング737 MAX、ボーイング747型機、ボーイング777型機、ボーイング787型機のイニシャル・タイプレーティング訓練やリカレント訓練に対応する。 シンガポール航空のゴー・チュン・ポン最高経営責任者(CEO)は、「航空業界の今後の見通しは明るく、新たにCAE社と設立する飛行訓練のジョイントベンチャーが、航空業界を牽引するハブとして、シンガポールの地位をさらに向上させると確信しています。シンガポール航空グループのさらなる成長を推し進める保有機数の拡大とともに、今回のジョイントベンチャーは、当社の訓練だけでなく、この地域に拠点を置く他の航空会社の訓練にも対応していきます。また、世界有数の民間航空教育機関であるCAE社との投資は、新たな隣接事業から得られる収益を拡大するための当社の活動と一致しています。CAE 社の専門技術を取り入れたこの訓練センターは、アジア太平洋地域有数のボーイング社製...more
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第82回 特別編・民航機の非常事態を宣言で注目「2次レーダーとスコーク7700」 - 08月22日(火)10:00 

最近、運航中の民航機が「非常事態」を宣言する事案が立て続けに発生した。まず、2017年8月12日に全日空37便のボーイング777-281(登録記号JA703A)が非常事態を宣言して羽田空港に戻った。続いて、2017年8月15日にアメリカン航空280便のボーイング787-9(登録記号N822AN)が非常事態を宣言して、関西空港に緊急着陸した。今回のお題は、そこで出てきたキーワード「スコーク7700」。
カテゴリー:

787搭載のロールス・ロイス「トレント1000-TEN」が型式証明--年内に営業飛行 - 08月22日(火)09:57 

ロールス・ロイスは現地時間の8月18日、 欧州航空安全庁(EASA)より787ドリームライナーの全シリーズに搭載する同社の最新エンジン「トレント1000-TEN」に関し、型式証明を取得したことを発表した。今後、最初のエンジンをシアトルのボーイングの施設に納入し、2017年内にも営業飛行する機体に搭載する予定となっている。 トレント1000TENの「TEN」は「Thrust, Efficiency and New Technology」の略で、同エンジンは「パーフェクトテン」の愛称で親しまれている。トレント1000はANAがローンチカスタマーとなった787-8に搭載されており、2011年より運用。2014年にニュージーランド航空がローンチカスタマーとなった787-9にも搭載されている。トレント1000TENは、そのトレント1000の燃費・推力を向上させたモデルとなる。 【関連記事】 ・エアバス最新機A350XWBのすごさが分かる10のポイント - "ライバル機"のボーイング787と徹底比較 (1) ・世界初の787-9デリバリーフライトに同乗! ボーイングが誇る最新技術とは? (1) ・航空業界ニュースをななめ読み (5) ・JALに見る航空機整備最前線。マイスター整備士はこうして安全を導いている ・ベトナム航空、ハノイ=羽田線にA350-900就航--クラス別機内サービスを披露
カテゴリー:

花巻空港にチャーター便、9月から11月に台北/桃園・高雄・香港から3社 - 08月21日(月)19:40 

タイガーエア・台湾とチャイナエアライン、キャセイドラゴン航空は、花巻にチャーター便を運航する。 タイガーエア・台湾は、9月3日・6日・10日・13日・17日・20日・24日・27日、10月1日・4日・8日・11日・15日・18日・22日・25日に台北/桃園線をいずれも1日1便、エアバスA320型機で運航する。 チャイナエアラインは、10月17日・18日・19日・20日に台北/桃園線、11月1日・5日に高雄線をいずれも1日1便、ボーイング737-800型機で運航する。 キャセイドラゴン航空は、10月19日に香港線を1日1便、エアバスA320型機で運航する。
カテゴリー:

渡り鳥に学ぶ航空燃料の節約法 - 08月21日(月)05:00 

 米ボーイングと米航空宇宙局(NASA)は長距離飛行にたけた渡り鳥からヒントを得て、航空燃料を節約する方法を突き止めた。
カテゴリー:

もっと見る

「ボーイング」の画像

もっと見る

「ボーイング」の動画

Wikipedia

ボーイング727型機以降の旅客機においては、顧客を区別するために「カスタマーコード」と呼ばれる符丁を型式名に付している。これはボーイングに初めて発注した際に割り当てられるボーイング747ジャンボ p.64。カスタマーコードは数字と英文字で2文字の組み合わせとなるボーイング747ジャンボ p.65が、英文字のうち「I」と「O」は使用されない。

このカスタマーコードは、顧客が発注した機材に正式な型式名として組み込まれる。例えば、カスタマーコード「46」の日本航空がボーイング747-200型機を発注した場合、正式な型式名は「ボーイング747-246」となる。これは、航空機が他社へ譲渡されても変わることはない。また、軍隊などにも同様に割り当てられており、航空自衛隊の場合は「FK」である。

個々の航空会社のカスタマーコードについては各航空会社の記事を参照されたい。ボーイング自身が発注した自社保有機の場合、カスタマーコードは「20」である。

なお、ボーイング787やボーイング737MAXでは使用されていない。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる