「ボーイング」とは?

関連ニュース

チェジュ航空、東方神起のラッピング機を公開 日本線を中心に投入へ - 12月14日(木)10:51 

チェジュ航空は、東方神起の2人がラッピングされた航空機(ボーイング737-800型機、機体記号:HL8062)を公開した。 5月にイメージモデルとして起用したユノさんのラッピング機に次ぐもので、その後に合流したチャンミンさんを合わせた2人をラッピングした飛行機となる。特に東方神起の人気が高い日本線を中心に、東南アジアなどを結ぶ主要国際線にも投入する。 今後、ラッピング作業の様子を含む映像を、チェジュ航空の公式YouTubeとFacebookなどで公開し、映像に隠れている東方神起を探すキャンペーンも実施する予定。モデルプレーンなどの機内販売も計画している。 チェジュ航空では、「主力路線である日本は勿論東南アジアなどのアジア地域からチェジュ航空の認知度を高め、企業ブランド強化のため東方神起を活用した国内外マーケティング活動をもっと広げる予定。」としている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ソラシドエア、東京/羽田〜長崎線で年末年始に臨時便 - 12月14日(木)09:45 

ソラシドエアは、年末年始に東京/羽田〜長崎線で臨時便を設定する。 設定日は12月29日・30日、1月2日〜4日の5日間でそれぞれ1往復2便を、ボーイング737-800型機で運航する。バーゲンシリーズや特売り運賃も設定する。その他の運賃は定期便と同額となる。 ■ダイヤ SNA99 東京/羽田(15;10)〜長崎(17:15)/12月29日・30日、1月2日〜4日 SNA98 長崎(18:25)〜東京/羽田(20:00)/12月29日・30日、1月2日〜4日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マリンドエア、ボーイング機での受託手荷物許容量を変更 25キロまでに - 12月13日(水)22:14 

マリンドエアは12月1日以降発券分より、ボーイング機で運航する機材でのエコノミークラスの受託手荷物許容量を25キロに変更した。 11月30日以前の発券分とダッカ、チッタゴン発着便では従来の35キロを継続する。ATR機で運航する機材では従来どおり15キロとなる。インドネシアのバティックエアとの共同運航便も対象となる。 マリンドエアは、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするフルサービス航空会社。オーストラリア、バングラデシュ、インド、パキスタン、インドネシア、ネパール、タイ、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、シンガポール、スリランカ、中国、台湾に路線を展開している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

米と通商摩擦のカナダ、ボーイングからのF18購入を撤回 - 12月13日(水)16:18 

カナダ当局は12日、米ボーイングからFA18戦闘機「スーパーホーネット」18機を購入する計画を撤回し、代わりにオーストラリアから中古の旧型FA18戦闘機を購入する方針を発表した。52億3000万ドル(約5900億円)規模の取引を失ったボーイングにとっては大きな打撃となる。 カナダのサージャン国防相は記者会見で、「オーストラリア政府から正式な申し出を受けた」と言及。この取引を推進する意向を表明し...
カテゴリー:

イースター航空、宮崎〜ソウル/仁川線就航 12月21日から週3便 - 12月12日(火)12:38 

イースター航空は、12月21日より宮崎〜ソウル/仁川線を週3便就航する。 日本の就航都市は、札幌/千歳、東京/成田、大阪/関西、福岡、鹿児島、沖縄/那覇を含めた7都市に拡大する。宮崎〜ソウル/仁川線は現在、アシアナ航空が週5便を運航しており、格安航空会社(LCC)の就航は初めて。 イースター航空は、韓国・清州を拠点とするLCC。エコノミークラス149席を配置したボーイング737-700型機を使用して、韓国、中国、日本、東南アジアに路線を展開している。一部路線では、ティーウェイ航空と共同運航(コードシェア)を行っている。 ■ダイヤ ZE662 宮崎(12:00)〜ソウル/仁川(13:40)/火・木・土 ZE661 ソウル/仁川(09:35)〜宮崎(11:00)/火・木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ソラシドエア、東京/羽田〜長崎線で年末年始に臨時便 - 12月14日(木)09:45 

ソラシドエアは、年末年始に東京/羽田〜長崎線で臨時便を設定する。 設定日は12月29日・30日、1月2日〜4日の5日間でそれぞれ1往復2便を、ボーイング737-800型機で運航する。バーゲンシリーズや特売り運賃も設定する。その他の運賃は定期便と同額となる。 ■ダイヤ SNA99 東京/羽田(15;10)〜長崎(17:15)/12月29日・30日、1月2日〜4日 SNA98 長崎(18:25)〜東京/羽田(20:00)/12月29日・30日、1月2日〜4日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マリンドエア、ボーイング機での受託手荷物許容量を変更 25キロまでに - 12月13日(水)22:14 

マリンドエアは12月1日以降発券分より、ボーイング機で運航する機材でのエコノミークラスの受託手荷物許容量を25キロに変更した。 11月30日以前の発券分とダッカ、チッタゴン発着便では従来の35キロを継続する。ATR機で運航する機材では従来どおり15キロとなる。インドネシアのバティックエアとの共同運航便も対象となる。 マリンドエアは、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするフルサービス航空会社。オーストラリア、バングラデシュ、インド、パキスタン、インドネシア、ネパール、タイ、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、シンガポール、スリランカ、中国、台湾に路線を展開している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ボーイング、787型機や777型機の成長を見込むワイドボディ旅客機の現況と将来予測を解説 - 12月13日(水)16:41 

 ボーイング ジャパンは12月13日、ボーイング 777型機や787型機など双通路のワイドボディ機の市場に関する説明会を実施した。
カテゴリー:

【旅レポ】ニュージーランドの北島で自然満喫ドライブ旅(その1) ニュージーランド航空のボーイング 787-9型機で成田からオークランドへ - 12月13日(水)00:00 

 レポートを3回にわたってお届けしたとおり、旅行商談会「TRENZ 2017」が5月にオークランドで行なわれ、記者はニュージーランド政府観光局が実施したTRENZ取材ツアーに参加した。このツアーではTRENZ 2017の会期終了後、5日間をかけてニュージーランド北島を巡る観光のプランも組まれていた。今回より数回にわたってこの北島巡りの内容をお届けする。第1回目は、実際に北島での観光を紹介するまえに、ニュージーランドへの渡航について触れておきたい。
カテゴリー:

イースター航空、宮崎〜ソウル/仁川線就航 12月21日から週3便 - 12月12日(火)12:38 

イースター航空は、12月21日より宮崎〜ソウル/仁川線を週3便就航する。 日本の就航都市は、札幌/千歳、東京/成田、大阪/関西、福岡、鹿児島、沖縄/那覇を含めた7都市に拡大する。宮崎〜ソウル/仁川線は現在、アシアナ航空が週5便を運航しており、格安航空会社(LCC)の就航は初めて。 イースター航空は、韓国・清州を拠点とするLCC。エコノミークラス149席を配置したボーイング737-700型機を使用して、韓国、中国、日本、東南アジアに路線を展開している。一部路線では、ティーウェイ航空と共同運航(コードシェア)を行っている。 ■ダイヤ ZE662 宮崎(12:00)〜ソウル/仁川(13:40)/火・木・土 ZE661 ソウル/仁川(09:35)〜宮崎(11:00)/火・木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「ボーイング」の画像

もっと見る

「ボーイング」の動画

Wikipedia

ボーイング727型機以降の旅客機においては、顧客を区別するために「カスタマーコード」と呼ばれる符丁を型式名に付している。これはボーイングに初めて発注した際に割り当てられるボーイング747ジャンボ p.64。カスタマーコードは数字と英文字で2文字の組み合わせとなるボーイング747ジャンボ p.65が、英文字のうち「I」と「O」は使用されない。

このカスタマーコードは、顧客が発注した機材に正式な型式名として組み込まれる。例えば、カスタマーコード「46」の日本航空がボーイング747-200型機を発注した場合、正式な型式名は「ボーイング747-246」となる。これは、航空機が他社へ譲渡されても変わることはない。また、軍隊などにも同様に割り当てられており、航空自衛隊の場合は「FK」である。

個々の航空会社のカスタマーコードについては各航空会社の記事を参照されたい。ボーイング自身が発注した自社保有機の場合、カスタマーコードは「20」である。

なお、ボーイング787やボーイング737MAXでは使用されていない。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる