「ボーイング」とは?

関連ニュース

マレーシア航空、東京/成田〜クアラルンプール線へのエアバスA380型機投入 3月1日からに変更 - 02月21日(水)13:34 

マレーシア航空は、当初の予定より繰り上げ、3月1日(東京/成田発は翌2日)よりエアバスA380型機を東京/成田〜クアラルンプール線に投入する。 運航日は3月1日から4月11日まで。現在運航中のエアバスA330-300型機を置き換える。MH88便はクアラルンプールを午後11時35分に出発し、東京/成田に翌日の午前7時15分に到着する。折り返し便のMH89便は東京/成田を午前10時20分に出発し、クアラルンプールには午後5時5分に到着する。供給座席数は200席以上増えることになる。 マレーシア航空は現在、ボーイング737-800型機、エアバスA330-300型機、エアバスA350-900型機、エアバスA380型機を保有している。エアバスA380型機は6機を保有し、クアラルンプール〜ロンドン線に投入している。 ■ダイヤ MH89 東京/成田(10:20)〜クアラルンプール(17:05)/3月2日〜4月11日 MH88 クアラルンプール(23:35)〜東京/成田(07:15+1)/3月1日〜4月10日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ニュージーランド航空、東京/羽田〜オークランド線を運休 5月4日から7月17日まで - 02月20日(火)11:41 

ニュージーランド航空は、東京/羽田〜オークランド線は5月4日から7月17日まで運休する。 ニュージーランド航空は東京/羽田〜オークランド線に2017年7月に就航。東京/羽田発は月・木・土曜、オークランド発は水・金・日曜の週3便を、いずれも深夜発、早朝着のスケジュールで運航している。機材はボーイング777-200型機を使用している。 大阪/関西〜オークランド線の季節運航は3月26日までとなり、東京/羽田〜オークランド線の運休期間中は東京/成田〜オークランド線の週7便のみ、日本に乗り入れることとなる。 ■ダイヤ NZ92 東京/羽田(22:05)〜オークランド(12:40+1)/月・木・土 NZ92 オークランド(23:05)〜東京/羽田(05:55+1)/水・金・日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エティハド航空、夏スケジュール期間も名古屋/中部〜アブダビ線の週5便運航継続 - 02月20日(火)10:15 

エティハド航空は3月25日以降も、名古屋/中部〜北京〜アブダビ線の週5便での運航を継続する。 機材はビジネスクラス28席、エコノミークラス271席の計299席を配置したボーイング787-9型機を使用する。 運航日は、名古屋/中部発は月・火・木・金・土曜、アブダビ発は月・水・木・金・日曜となる。また、ダイヤを一部変更し、名古屋/中部発は従来より25分遅い午後9時45分発とする。名古屋/中部着のスケジュールはほぼ変更ない。 ■ダイヤ EY889 名古屋/中部(21:45)〜北京(00:05+1/01:30+1)〜アブダビ(06:05+1)/月・火・木・金・土 EY888 アブダビ(21:30)〜北京(08:45+1/09:50+1)〜名古屋/中部(13:55+1)/月・水・木・金・日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スカイマーク、経営再建後初の国際線チャーター便就航 下町ボブスレー関係者乗せ出発 - 02月19日(月)22:55 

スカイマークは、経営再建後初めてとなる国際線チャーター便を2月19日、運航した。 平昌冬季オリンピックに向かう、東京都大田区の町工場が中心となって製造した「下町ボブスレー」の関係者を乗せ、東京/羽田〜ソウル/仁川線を1往復運航する。復路は2月23日午前5時15分に東京/羽田に到着する。「下町ボブスレー」はジャマイカ代表が使用する予定だったものの、別のボブスレーを使う見通し。 東京/羽田発のBC1201便は、特別塗装機「下町ボブスレージェット」(ボーイング737-800型機、登録記号:JA73NT)で午後10時30分頃に出発。ソウル/仁川には定刻では翌2月20日の午前1時10分に到着する見通し。第1ターミナルの20番スポットを使用する。 スカイマークは、1996年にスカイマークエアラインズとして設立。2002年7月には国際運送事業許可を取得し、同年8月に初めてとなる国際線チャーター便を東京/羽田〜ソウル/仁川線で運航した。2015年1月には民事再生手続きの開始を申し立て、2016年3月に民事再生手続きを終結している。 ■ダイヤ BC1201 東京/羽田(22:30)〜ソウル/仁川(01:10+1) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

米軍の戦略爆撃機B52が100年運用される見通しに - 02月19日(月)19:09  news

【ワシントン会川晴之】ベトナム戦争以来、数々の戦闘に投入されてきた米軍の戦略爆撃機B52が、2050年代まで 現役を続ける見通しになった。米国防総省が2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算要求(12日発表)に、 老朽化したエンジンを取り換える費用約3億ドル(約320億円)を計上した。実際に運用が続けば1955年の導入から ほぼ1世紀の長寿命となり、軍用機としては極めて異例だ。 「成層圏の要塞(ようさい)」の異名も持つB52は、米ボーイング社が開発した。米空軍によると2015年末で...
»続きを読む
カテゴリー:

ニュージーランド航空、東京/羽田〜オークランド線を運休 5月4日から7月17日まで - 02月20日(火)11:41 

ニュージーランド航空は、東京/羽田〜オークランド線は5月4日から7月17日まで運休する。 ニュージーランド航空は東京/羽田〜オークランド線に2017年7月に就航。東京/羽田発は月・木・土曜、オークランド発は水・金・日曜の週3便を、いずれも深夜発、早朝着のスケジュールで運航している。機材はボーイング777-200型機を使用している。 大阪/関西〜オークランド線の季節運航は3月26日までとなり、東京/羽田〜オークランド線の運休期間中は東京/成田〜オークランド線の週7便のみ、日本に乗り入れることとなる。 ■ダイヤ NZ92 東京/羽田(22:05)〜オークランド(12:40+1)/月・木・土 NZ92 オークランド(23:05)〜東京/羽田(05:55+1)/水・金・日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エティハド航空、夏スケジュール期間も名古屋/中部〜アブダビ線の週5便運航継続 - 02月20日(火)10:15 

エティハド航空は3月25日以降も、名古屋/中部〜北京〜アブダビ線の週5便での運航を継続する。 機材はビジネスクラス28席、エコノミークラス271席の計299席を配置したボーイング787-9型機を使用する。 運航日は、名古屋/中部発は月・火・木・金・土曜、アブダビ発は月・水・木・金・日曜となる。また、ダイヤを一部変更し、名古屋/中部発は従来より25分遅い午後9時45分発とする。名古屋/中部着のスケジュールはほぼ変更ない。 ■ダイヤ EY889 名古屋/中部(21:45)〜北京(00:05+1/01:30+1)〜アブダビ(06:05+1)/月・火・木・金・土 EY888 アブダビ(21:30)〜北京(08:45+1/09:50+1)〜名古屋/中部(13:55+1)/月・水・木・金・日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スカイマーク、経営再建後初の国際線チャーター便就航 下町ボブスレー関係者乗せ出発 - 02月19日(月)22:55 

スカイマークは、経営再建後初めてとなる国際線チャーター便を2月19日、運航した。 平昌冬季オリンピックに向かう、東京都大田区の町工場が中心となって製造した「下町ボブスレー」の関係者を乗せ、東京/羽田〜ソウル/仁川線を1往復運航する。復路は2月23日午前5時15分に東京/羽田に到着する。「下町ボブスレー」はジャマイカ代表が使用する予定だったものの、別のボブスレーを使う見通し。 東京/羽田発のBC1201便は、特別塗装機「下町ボブスレージェット」(ボーイング737-800型機、登録記号:JA73NT)で、乗客40名を乗せて午後10時28分に出発。午後10時42分にD滑走路を離陸した。ソウル/仁川には定刻では翌2月20日の午前1時10分に到着する見通し。第1ターミナルの20番スポットを使用する。 スカイマークは、1996年にスカイマークエアラインズとして設立。2002年7月には国際運送事業許可を取得し、同年8月に初めてとなる国際線チャーター便を東京/羽田〜ソウル/仁川線で運航した。2015年1月には民事再生手続きの開始を申し立て、2016年3月に民事再生手続きを終結している。 ■ダイヤ BC1201 東京/羽田(22:30)〜ソウル/仁川(01:10+1) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【米軍】B52 100年現役へ 老朽エンジン交換予算計上 - 02月19日(月)21:24  newsplus

米韓両軍の戦闘機とともに韓国上空を飛行する米軍のB52戦略爆撃機  【ワシントン会川晴之】ベトナム戦争以来、数々の戦闘に投入されてきた米軍の戦略爆撃機B52が、2050年代まで現役を続ける見通しになった。米国防総省が2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算要求(12日発表)に、老朽化したエンジンを取り換える費用約3億ドル(約320億円)を計上した。実際に運用が続けば1955年の導入からほぼ1世紀の長寿命となり、軍用機としては極めて異例だ。  「成層圏の要塞(ようさい)」の異名も持...
»続きを読む
カテゴリー:

東京/羽田発沖縄/那覇行きのANA機、エンジン不具合で緊急着陸 - 02月19日(月)19:07 

全日本空輸(ANA)は、きょう2月19日午前11時15分頃、東京/羽田発沖縄/那覇行きのANA469便(ボーイング777-300型機、機体記号:JA757A)が緊急着陸したとして、お詫びを発表した。 ANA469便は離陸上昇中、片方のエンジンに不具合が発生したため引き返した。機材変更後、定刻より3時間10分遅れの午後1時45分に羽田空港を出発し、那覇空港には定刻より3時間遅れの午後4時30分に到着した。 ANAでは、「当該便にご搭乗いただいておりましたお客様をはじめ、ご心配ならびにご迷惑をおかけいたしました全てのお客様、関係者の皆様に対し、深くお詫び申し上げます。」としている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「ボーイング」の画像

もっと見る

「ボーイング」の動画

Wikipedia

ボーイング727型機以降の旅客機においては、顧客を区別するために「カスタマーコード」と呼ばれる符丁を型式名に付している。これはボーイングに初めて発注した際に割り当てられるボーイング747ジャンボ p.64。カスタマーコードは数字と英文字で2文字の組み合わせとなるボーイング747ジャンボ p.65が、英文字のうち「I」と「O」は使用されない。

このカスタマーコードは、顧客が発注した機材に正式な型式名として組み込まれる。例えば、カスタマーコード「46」の日本航空がボーイング747-200型機を発注した場合、正式な型式名は「ボーイング747-246」となる。これは、航空機が他社へ譲渡されても変わることはない。また、軍隊などにも同様に割り当てられており、航空自衛隊の場合は「FK」である。

個々の航空会社のカスタマーコードについては各航空会社の記事を参照されたい。ボーイング自身が発注した自社保有機の場合、カスタマーコードは「20」である。

なお、ボーイング787やボーイング737MAXでは使用されていない。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる