「ボーイング」とは?

関連ニュース

アメリカン航空、エアバスA350型機の納入を2年延期 ボーイング787-9型機2機も - 04月29日(土)18:54 

アメリカン航空は、エアバスA350型機の納入を2年遅らせると発表した。 これにより、当初の計画の2018年から2020年後半に納入時期が変更となる。2020年から2024年までに22機を導入する予定で、平均繰り延べ期間は2年となる。また、ボーイング787-9型機2機も2018年第2四半期から2019年第2四半期に納入時期を変更する。 アメリカン航空は機材リニューアル計画の一環として、2017年度には41億米ドルを新機材へ投資する。第1四半期には12億ドルを投じて、17機の主要路線用機材と5機の地域路線用機材を受領した。退役予定の機材を置き換える。 これらの変更などで、設備投資額は2018年は5億米ドル、2019年と2020年は3億米ドル減少する。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

中国国産大型ジェット旅客機C919が5月5日に初飛行!ボーイング737やエアバスA320の競合に - 04月29日(土)11:06 

関係者によると、国産狭胴型ジェット旅客機「C919」は5月5日にも初飛行に臨む見通しだが、 今回は外国メディアやバイヤーが大挙して招かれる。今後20年で2兆ドル(約219兆円)が見込まれる 世界のジェット旅客機市場での競争に向け、中国政府がいかに体制を整えているかを示している。 だが、開発着手からほぼ10年、3年の遅延を経て、ボーイング737型機の競合機となる C919とその開発担当は、米ボーイング(BA.N)と欧州のエアバス(AIR.PA)が牛耳る 世界のジェット機市場にいかに売り込みをかけるか、という...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

那覇空港離着陸トラブル 指示遅れや誤認重複原因 - 04月28日(金)13:19 

運輸安全委員会は27日、那覇空港で2015年6月に起きた、航空自衛隊ヘリコプター1機と民間機2機が関係した離着陸トラブルの調査報告書を公表した。管制官が民間機に出した離陸許可をヘリが自機への指示と誤認したほか、着陸寸前だった別の民間機に向けた管制官のやり直し指示が遅れるなど、複数のミスが重なったと指摘した。 報告書によると、6月3日午後1時25分ごろ、離陸許可を受けた全日空ボーイング737(...
in English
カテゴリー:

中部国際空港、ボーイング787型機初号機を展示する複合商業施設の起工式開催 来夏オープン - 04月27日(木)21:20 

中部国際空港は、2015年6月に寄贈されたボーイング787型機の初号機(ZA001)をメインとした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」の起工式を、4月27日に開催した。 「FLIGHT OF DREAMS」は、南側立体駐車場近接地に建設。地上3階建てで建築面積は約6,500平方メートル、延床面積は約11,000平方メートル。新ターミナルや大規模展示場との連携強化でアクセスや回遊性、機能分担を進めるため、当初の予定を変更している。展示エリアとなる1階は、チームラボがプロデュースし、「見る」「読む」「動く」「触る」「聞く」というインタラクティブな体験ができるコンテンツを配置する。アメリカ・シアトルのハンドクラフトビール醸造所のレストランバー「THE PIKE BREWING RESTAURANT&BAR」もオープンする。 起工式で、中部国際空港の友添雅直代表取締役社長は、「「FLIGHT OF DREAMS」がZA001にとっての新しい空となり、皆さまの夢であふれる空間になることを願っている。」と挨拶した。 今夏には一般客に施設を知ってもらうためのプロモーションイベント、冬には建物内へのZA001の大移動などを経て、2018年夏のオープンを予定している。 ■関連記事 ボーイング787型機初号機が展示される「FLIGHT OF DREAMS」にシアトルのハンドクラフトビール醸...more
in English
カテゴリー:

東京/成田発香港行きANA機、エンジン不具合で大阪/関西に緊急着陸 - 04月27日(木)19:34 

きょう4月27日、全日空(ANA)が運航する東京/成田発香港行きNH809便(ボーイング767-300ER型機、機体記号:JA612A)が、飛行中に片側のエンジンに不具合が発生したため、関西国際空港に緊急着陸した。 同便は午前10時1分に成田空港を出発。午後12時45分に関西国際空港に緊急着陸後、同型機の別の機材(機体記号:JA615A)に変更し、午後4時58分に香港へ再度出発した。香港には定刻から約6時間遅れの現地時間午後7時51分に到着予定としている。 同社のボーイング767-300ER型機をめぐっては、2016年9月25日にも東京/成田発台北/桃園行きの便がエンジン不具合のため成田空港に緊急着陸している。 ■関連記事 台北行きのANA機、エンジン不具合で緊急着陸 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

ANAグループ、2020年度には機材数を25%増 今年度はLCCに5機導入 - 04月29日(土)16:55 

ANAグループは、2016年1月に策定した「2016~2020年度ANAグループ中期経営戦略」を、環境変化や各事業の状況を踏まえた2017年度以降の4年間の施策を取りまとめた、「ローリング版2017」として発表した。 エアライン事業は、国際線とLCCの拡大で安定した収益基盤を築き、2020年の首都圏空港発着枠拡大に向けた備えを強化する。リゾート・プレジャーマーケットの強化に向け、フルフラットとなるビジネスクラスを搭載したボーイング787-9型機をホノルル線に投入するなど、エアバスA380型機の投入に向けた準備を加速する。 LCCは、バニラエアには2017年度中に3機を導入し、15機体制とする。東京/成田発着の国内線の増強を秤つつ、レベニューマネジメントを強化する。中距離線への進出も検討する。ピーチには2017年度中に2機を追加し、20機体制とし、仙台や札幌/千歳など新規拠点の展開を推進する。両社間の連携で効率化も目指す。 2017年度にはエアバスA321neoを4機導入するほか、エアバスA320neo、ボーイング777-9X、ボーイング787-10型機の導入を推進し、グループの総機材数は2016年度末の268機から2020年度には約335機に拡大する。 2017年度と比較し、2020年度には、国内線は需要に応じて適正機材を投入する「ピタッとフリート」の推進や訪日・ミレニアル世代の需...more
in English
カテゴリー:

ノルウェー・エアシャトル、シンガポール〜ロンドン/ガトウィック線就航 9月28日から - 04月29日(土)08:58 

ノルウェー・エアシャトル(ノルウェジアン)は、シンガポール〜ロンドン/ガトウィック線に9月28日より就航する。シンガポール発は翌29日より就航する。 週4便で開設し、冬期には週5便に増便する。機材は344席を配置した、ボーイング787-9型機を使用する。運航は、ノルウェジアンUKが行い、ロンドン/ガトウィック拠点の乗務員が運航する。 これにより、シンガポールとロンドンを結ぶ便数は、最大で週50便に増加することになる。シンガポール〜ロンドン線は、シンガポール・チャンギ国際空港で14番目に便数が多い路線で、2016年には120万人以上が利用している。ノルウェジアンでは、シンガポールからヨーロッパのみならず、大西洋横断路線への乗り継ぎ需要の取り込みも目指す。 ■ダイヤ DI7408 シンガポール(08:50)〜ロンドン/ガトウィック(15:30)/火 DI7410 シンガポール(23:40)〜ロンドン/ガトウィック(06:20+1)/水・日 DI7408 シンガポール(08:45)〜ロンドン/ガトウィック(15:25)/金(9月29日〜10月6日) DI7408 シンガポール(08:15)〜ロンドン/ガトウィック(14:55)/金(10月13日〜27日) DI7407 ロンドン/ガトウィック(10:30)〜シンガポール(06:15+1)/月 DI7407 ロンドン/ガトウィック(10:3...more
in English
カテゴリー:

中部空港、787展示の複合施設着工 - 04月28日(金)05:00 

 中部国際空港会社(愛知県常滑市)は27日、米ボーイングの最新鋭旅客機787の初号機を展示する空港内の複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」の起工式を開いた。旅客ターミナルビルの南側に建設し、2018年夏に開業する予定だ。施設は3階建てで、1階の高さ約24メートルの吹き抜け部分に787を展示。機体の製造工程を学べるエリアに加え、ボーイングのロゴが入った衣類や雑貨の販売店も設ける。2、3階は旅行関連商品の店舗や、787を眺めながら食事を楽しめるレストランが入るという。
in English
カテゴリー:

商業施設:建物内に航空機 18年夏開業へ起工式 愛知 - 04月27日(木)21:12 

 ボーイング787初号機を中央に展示する複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」の起工式が27日、愛知県常滑市の中部空港であった。2018年夏に開業予定だ。  式には、中部国際空港会社の友添雅直社長ら関係者約50人が参加。友添社長がくわ入れをし、工事の安全を祈願した。友添社長は「建物内に航空機を取り込んだ商業施設は、世界にも例がない。空への夢をかきたてるような施設にしたい」とあいさつした。
in English
カテゴリー:

ボーイング787初号機をメインとした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」の起工式を開催 - 04月27日(木)19:20 

[中部国際空港株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/24522/18/resize/d24522-18-574033-0.jpg ] セントレアでは、ボーイング787初号機(ZA001)の屋内展示をメインとした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ボーイング」の画像

もっと見る

「ボーイング」の動画

Wikipedia

ボーイング727型機以降の旅客機においては、顧客を区別するために「カスタマーコード」と呼ばれる符丁を型式名に付している。これはボーイングに初めて発注した際に割り当てられるボーイング747ジャンボ p.64。カスタマーコードは数字と英文字で2文字の組み合わせとなるボーイング747ジャンボ p.65が、英文字のうち「I」と「O」は使用されない。

このカスタマーコードは、顧客が発注した機材に正式な型式名として組み込まれる。例えば、カスタマーコード「46」の日本航空がボーイング747-200型機を発注した場合、正式な型式名は「ボーイング747-246」となる。これは、航空機が他社へ譲渡されても変わることはない。また、軍隊などにも同様に割り当てられており、航空自衛隊の場合は「7C」である。

個々の航空会社のカスタマーコードについては各航空会社の記事を参照されたい。ボーイング自身が発注した自社保有機の場合、カスタマーコードは「20」である。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる