「ボランティア活動」とは?

関連ニュース

マイホームを購入して「大失敗」その理由は? - 01月21日(日)20:50 

「子どもの誕生」は、家族の転機。この時期マイホームを購入すべきかどうか悩む方も多いでしょう。ママスタBBSにも「子どもの誕生を機にマイホームを購入した人」からの声があがっています。このママは夫婦共働きということで、「郊外の、子育てを手伝ってもらえる実家に近く」を選んだそう。子どもが生まれてマイホーム購入し、しかも妻の実家に近い環境。一見恵まれているように見えますが、実は大きな後悔があったのです……。 生活費の増加、通勤時間、町内会……頭の痛いことばかり 『ローン以外に光熱費などが倍になりました。 そして夫婦それぞれに車が必要になり、維持管理費は増え、ガソリン代に至っては今までの5倍になりました』 『私の通勤時間は車で15分が55分に。主人は職場まで徒歩で行けたのが車で50分になりました』 『町内会がかなり面倒でした。こんなに大変なのかとビックリしました。 主人まで町内会に駆り出され、ウンザリしていました』 生活費の変動や通勤時間など、きっと夫婦で話し合ってある程度覚悟していたのでしょうが、想像していたよりも大変で、結果的にとても悔やんでいるそうです。町内会については詳しく書かれていませんが郊外ということで、もしかしたらボランティア活動やイベントなどがたくさんあるのかもしれません。 これに対しママスタBBSのママさんからは、冷静で的確なアドバイスが寄せられました。 『これからもっ...more
カテゴリー:

損保ジャパン、イベント熱中症を補償 - 01月18日(木)05:00 

 損保ジャパン日本興亜は17日、イベントの参加者が熱中症になった際に保険金を支払う損害保険を始めたと明らかにした。イベント主催者からの要望に対応した。熱中症の危険性が高まる夏場に向けて売り込む。スポーツイベント、野外音楽ライブ、ボランティア活動などが対象。主催者が契約し、保険料を支払うことで参加者が安心して催しを楽しめるようにする。50人が参加する1日間の野球大会の例では保険料は全体で2万1600円。参加者が死亡した場合は1000万円、入院は1日当たり3000円、通院は同2000円を支払う。
カテゴリー:

【異例】沖縄タイムスが米兵のボランティア活動を記事にする - 01月17日(水)07:35  news

「飛ばす車が減った」 若き米兵が見守る通学路 寒い朝はつらいけど…地域から感謝 沖縄 沖縄県北谷(ちゃたん)町の北玉小学校の子どもたちの登校を見守る交通安全ボランティアに、米軍の若手兵士の有志が地元・北玉区の人たちに交じり活動を続けている。 登校と通勤が重なり、通学路で速度を出す車に悩まされていた地域では、「スピードを出すYナンバーの車が減ってきた。ありがたい」と感謝している。 参加しているのは、キャンプ瑞慶覧の兵士が中心で昨年6月ごろから始まった。 きっかけは、瑞慶覧勤務で町宮城の富村浩子さ...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】“ダサい”ボランティア旧制服、回収受け付けへ - 01月16日(火)22:42  newsplus

TOKYO MX 2018年1月16日18時30分      デザインが「ダサい」などとの批判が広がり、東京都の小池知事の意向で新たなデザインに作り直された東京都観光ボランティアの制服を巡って、東京都は返却を希望する人から前の制服を回収する方針を固めました。 外国人観光客を案内するボランティアの制服は舛添前知事が導入したものです。 しかし、そのデザインを巡って、次に就任した小池知事は「これを着たいという話を聞かない」などと批判し、約8000万円の製作費をかけて2017年9月に一新しました。 前の制服の製作費にも3000万円か...
»続きを読む
カテゴリー:

阪神大震災:元学生ボランティア、教員となり学生と支援 - 01月16日(火)11:10 

被災者に寄り添い23年  阪神大震災でボランティアに従事した神戸大の男子学生が大学教員となり、東日本大震災や熊本地震の被災地で学生とともに支援に駆け回っている。東北大「課外・ボランティア活動支援センター」特任准教授の藤室玲治さん(43)で、「ボランティアだからこそ大変な思いをしている被災者の心を支えられる」と、自らの経験や被災地で学んだ教訓を学生らに伝え続ける。【川口裕之】
カテゴリー:

働きたいけど働けないママ必見!子育て中にできる「キャリアアップ法」3つ - 01月19日(金)06:30 

働きたくても働けないママの実状 総務省の「労働力調査」によると、2014年時点で子育てなどにより就業をあきらめている女性のうち、「可能であれば就業したい」と考えている女性は全年齢で約300万人いることが分かっています。 えっ育休が3年!? 至れり尽くせり「企業の子育て支援制度」3選 子育て中、働きたいけれど働けていないというママにとって心配になるのが職場復帰後のことではないでしょうか。復帰した後は、すでに周りの女性はリーダー格…。 出遅れないためにも、子育て中に、在宅で着実にキャリアアップをするための「自己投資」をしておきたいものです。 そこで、株式会社Warisのキャリアカウンセラー島谷美奈子さんに、具体的な自己投資法や、子育てとの両立法をアドバイスいただきました! 働きたいけど働けないママにおすすめのキャリアアップ法3つ 島谷美奈子さん(以下、島谷)「ブランクが長くなると『もう仕事復帰できないのでは…?』と不安になる方もいらっしゃることでしょう。そんな方向けに、将来の仕事復帰、キャリアアップにつながる3つの方法をご紹介します」 1.「ママボノ」でスキルを磨いてキャリアストレッチ! 島谷「『プロボノ』という言葉をご存知でしょうか。知識・経験を活かして社会貢献するボランティア活動のことです。このプロボノのママバージョンである『ママボノ』が注目されています。 これ...more
カテゴリー:

元陸自幹部が伝授。大震災を生き延びるための「3・3・3の原則」 - 01月17日(水)18:56 

阪神・淡路大震災の現場指揮官として活躍した無料メルマガ『心のビタミン』の著者で、元陸上自衛隊陸将補の作家・池田整治さん。池田さんはあの日から23年を経た今、いざ大地震に遭っても生き延びられるよう「3・3・3の原則」を紹介するとともに、防災のポイントをプロの目線でわかりやすく解説しています。 サバイバルのための「3・3・3の原則」 阪神淡路大震災から23回目の1月17日が来ました。この時から列島は、中央構造線等の地殻変動期に入ったと思われます。東日本大震災に続き、北海道沖大地震、南海トラフ地震、富士山噴火等を経て、やがて落ち着くと見込まれます。 来る来ないを心配するよりも、いつ来てもいいように準備をすることが大切です。今は、産軍複合体の金儲けの仕掛けである北朝鮮ミサイル危機にうつつを抜かすよりも、来るべく大地震にできうる限りの対策を、個人レベルからとっておくべき時になったと、私は考えます。 その意味で、万一のために、私が提唱している「3・3・3の原則」を再度紹介したいと思います。 防災3・3・3の原則 大地震が発生した場合の行動のポイント、それは私の経験からすると、まずは自己責任で身を守り、「30秒、3分、3日」のポイントを踏まえて、行動することが大切です。 1.激しい揺れの30秒(自己責任) 地震の最大の揺れは30秒続きます。30秒間は、自分のことだけで精一杯です。この間は、自...more
カテゴリー:

【青森】高齢者宅の雪下ろしボランティア ポイントが溜まります 1時間1ポイント(100円相当)★4 - 01月17日(水)03:11  newsplus

 東北の雪国で今冬、1人暮らしのお年寄りたちを支えるユニークな取り組みが始まった。地域の中で支え合う輪が広がっている。  ◇ボランティアポイント制度  若い世代を中心に高齢者宅の雪下ろしや雪かきなどのボランティア活動に参加してもらおうと、 青森市が今冬に始めた「市ボランティアポイント制度」は、たまったポイントを商品券やバスカードに交換できる仕組みだ。 登録者は2000人近くに及んでいる。  少子高齢化などで地域の支え手が減る中、住民の助け合いの輪を広げようと導入を決めた。 満18歳以上(高校...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】「依存症 回復支えたい」青森ダルク施設長・笹﨑さん/孤独の苦しみ知っているから - 01月16日(火)13:32  newsplus

1/16(火) 12:40配信 Web東奥  孤独だった。だから薬物の誘いを拒めなかった-。青森市の笹崎正吾さん(45)=大阪府出身=は、覚醒剤所持・使用で2回刑務所に入った経験がある。現在は薬物と手を切り、依存症者の社会復帰支援施設「青森ダルク」の施設長を務め、民間団体主催の懇話会や青森刑務所入所者への講話などで、自身の体験を明かす。依存症になった元恋人、心のしんどさを乗り越えられず自ら命を絶った仲間…。それらの人たちを思い起こし語る。「孤独の中で苦しんでいる仲間に手を差し伸べたい。一緒に回復の道を歩みたい」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「冠番組を!」Sexy Zone メンバー5人が語る新年の決意 - 01月15日(月)06:00 

'18年、1号目の『女性自身』表紙を飾ってくれたのは、Sexy Zone。現在、本誌上でジャニーズ事務所公認『Sexy Zone カレンダー 2018.4-2019.3』(光文社刊)制作裏密着レポートを連載中。そんな彼らが新年の決意を語ってくれた。 【松島聡・20】 「いま、自分がやれることを一つ一つ丁寧にやっていきたい。歌やダンス、バラエティなど、どの現場でも全力勝負。グループではやっぱり冠番組を持ちたいです。僕らは日本に元気がないときに元気づける役目もあると思うので、ボランティア活動などもやりたいという思いがあります」 【菊池風磨・22】 「去年からの抱負ですが、Sexy Zoneの冠番組をやりたいです。そのためにも個人のお仕事、バラエティ番組なども全力で頑張って取り組んでいます。冠番組ができたとしても、そこからがスタートだと思っているので、今年こそいいスタートが切れるようにしたいですね」 【佐藤勝利・21】 「体を鍛えて肉体改造したいです。元々の体力はあるんですが、もっと頑張って持久力や肺活量を高めて、身体能力も上げて、ずっとお仕事できるような体になりたい。グループとしての夢や目標はいっぱいあるので、終わりのない夢に向かってずっと突き進んでいきたいです」 【中島健人・23】 「個人的には、ドラマと映画にもっと出演したいです。傲慢な若社長が、新入社員の女性によっ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ボランティア活動」の画像

もっと見る

「ボランティア活動」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ボランティア...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる