「ボランティア団体」とは?

関連ニュース

【栃木】道路沿いの花壇から花が根こそぎ持ち去られる被害相次ぐ、ボランティアら落胆 那須塩原市 - 09月24日(日)10:23  newsplus

栃木県那須塩原市のボランティア団体「自然塾・みちくさの会」(若松東征(はるまさ)代表)が、 「花いっぱい活動」の一環として同市鍋掛の道路沿いに整備した花壇から、花が根こそぎ持ち去られる被害が相次いでいる。 同会は「会員が手塩にかけて育てているので、持ち去らずに現場で楽しんでほしい」と訴えている。 花壇は、国道4号の陸橋の側道や交差する県道沿いに整備。みちくさの会は春から秋にかけて パンジーやキク、ヒマワリ、コスモスなど季節の花々を並べてきた。 若松代表によると、カンナ約50本▽ユリの球根20~...
»続きを読む
カテゴリー:

災害時の聴覚障害者への対応学ぶ 「小さな情報も伝えて」 - 09月19日(火)10:01 

 災害発生時の聴覚障害者への対応をテーマにした講演会が18日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで開かれた。山形県のボランティア団体「HAPUNE(ハプネ)」の佐藤万美代表(40)が、聴覚障害者に情報…
カテゴリー:

【サークル体験談】付加価値を生み出せ! ボランティア団体「青山学院ボランティアセンターROOTE」【学生記者】 - 09月23日(土)10:00 

こんにちは、青山学院大学3年のぶんぶんです。みなさんは、ボランティアに参加したことはありますか? 最近は震災や大きな自然災害が頻繁に起こっていますよね。そんなときには、やはり大学生など若者によるボランティアの手助けが必要となります。今回は、私が所属していた大学内にあるボランティアセンターの学生スタッフの活動についてご紹介します。■基本情報団体名:青山学院ボランティアセンターROOTE系統:文化系大学の公認:公認インカレ:他大NG団体の規模:80人程度■活動内容・活動頻度サークルは国際協力部、災害支援部、地域連携部、東北部の4つの部から成り立ち、そのどこかにスタッフは所属します。それぞれが企画から運営まで行っています。また部とは別に総務管理課、広報宣伝課、企画渉外課という3つの課があり、これにもスタッフは所属します。ミーティングは部も課も週一回あり、参加は必須です! ミーティングで企画を練り、年に一回から3回程度現地へ行き実際にボランティア活動を行います。ちなみに私は国際協力部のフィリピンプロジェクトで課は総務管理課の名刺担当に所属しています。■会費について入会費はありません。サークルではなく学校のボランティアセンターの学生スタッフという立場なので、サークル費はないです。かかる費用は部ごとに異なりますが、私が所属する国際協力部は渡航費一回当たり13万円ほどです。国内だと3万円程度です...more
カテゴリー:

九州北部豪雨:農林漁業ボランティアを支援 福岡県 - 09月12日(火)07:00 

 福岡県が、九州北部豪雨の被災地で農林漁業の復旧に取り組むボランティア団体の支援に乗り出す。農林漁業の復興は国や自治体の補助制度を活用するのが一般的だが、自力復旧や補助対象外の小規模復旧にはボランティアの力は大きい。NPO任せだった取り組みを自治体が応援するのは珍しく、専門家も一定評価している。
カテゴリー:

「ボランティア団体」の画像

もっと見る

「ボランティア団体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる