「ボランティア団体」とは?

関連ニュース

【群馬】日常的に女児の体を触り、“お気に入り”は自宅まで特定…69歳独身無職男の呆れた登下校見守り 「防犯腕章」入手ルート判明 - 05月29日(月)10:48 

産経新聞 5/29(月) 10:30配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000507-san-soci “お気に入り”女児は家まで特定…69歳男の呆れた登下校見守り 「防犯腕章」入手ルート判明 事件当日、追加された通学路付近。男はここで女児らを待ち伏せていた=前橋市(写真:産経新聞)  前橋市内で下校中の小学1年の女児に触ったとして5月17日、群馬県迷惑防止条例違反(卑猥な行為の禁止)の 疑いで69歳の無職男が前橋署に逮捕された。男は日頃から「見守り」のように街角に立ち、「防犯腕章」まで着用していた。 男はボ...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴与/マッチングギフトで総額230万円を寄付 - 05月24日(水)12:10 

鈴与は5月23日、第24回のマッチングギフト贈呈式で、静岡市社会福祉協議会を通じ、静岡市内のボランティア団体、社会福祉施設に対して総額230万円を寄付したと発表した。 <左から鈴与CI推進委員会 副委員長 浅井 伸祐専務 […]
カテゴリー:

被災、再生した畑で農業体験 - 05月23日(火)06:05 

東日本大震災の津波で被災し、ボランティアらが再生させた仙台市若林区三本塚の畑で21日、「おいもプロジェクト」と名付けた農業体験があった。学生を中心とするボランティア団体「ReRoots(リルーツ)」の
カテゴリー:

【群馬】小1女児触る、腕章男を逮捕 「防犯腕章」どこで入手? - 05月18日(木)14:23 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000011-san-l10 産経新聞 5/18(木) 7:55配信  ■目的は…住民ら戸惑いの声  前橋市の路上で16日、下校中の小学1年の女児(6)の体を触わったとして逮捕された井田敏和容疑者(69)=同市北代田町=は、ボランティア団体などに属していないにもかかわらず「防犯腕章」を身につけていた。着用目的も入手経路も判然とせず、3月に千葉県で登校時の小3女児が遺体で見つかった事件の記憶も新しいだけに、見守り活動を続ける近隣住民からは戸惑いの声が聞かれた。   井田容疑者...
»続きを読む
カテゴリー:

ニコニコ超会議の会場内で募金詐欺が行われてる? 怪しい団体の募金に注意 - 04月30日(日)10:53 

4月29日、30日に千葉幕張メッセにて開催されている『ニコニコ超会議2017』。そんな超会議の会場内で 許可を得ていない募金詐欺が行われているという。 「NPOボランティア団体」と名乗る団体が募金箱を首から下げ、動物救済を名目に募金活動を行っている。 しかしこの会場内の募金は許可を得ているものではなく、勝手にやっているものだという。 いわゆるニコニコ超会議の会場内で無許可で行われているという。 募金したとしても動物救済に使われることも無さそうなので、こういった謎のNPO団体の募金には注意してほしい。 htt...
»続きを読む
カテゴリー:

ディップ、大学生ボランティア団体主催の被災地支援企画を昨年に引き続き協賛「第8回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」参加者の活動時間を時給換算し、全額寄付 - 05月24日(水)18:33 

[ディップ] 【参加人数×1.5時間分の活動時間を時給換算し東海大学へ全額寄付】  「第6回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」は、主催の株式会社クリエイティブPRに所属する、大学生インターンで構成されるボランティア団体「...
カテゴリー:

障害者支援ボランティア団体の擬似体験学習、中国・秦皇島 - 05月24日(水)10:00 

【5月24日 CNS】河北省の秦皇島(しんこうとう、Qinhuangdao)市で18日、図書館職員の指導のもと、障害者支援ボランティアが視覚障害者の生活を体験した。≫続きを読む
カテゴリー:

「セカオワ」ら著名人も支援、犬殺処分ゼロでふるさと納税を集めるNPOの偽善 - 05月22日(月)08:00 

■犬「殺処分ゼロ」でふるさと納税をかき集める「NPO」偽善の履歴書(上)  犬の殺処分――。いやな言葉である。なくなるに越したことはない。だが、「ゼロ」という数字を看板に掲げて資金を得るために、ただ生かされているだけだとしたら。そんな団体が、名立たる日本人大リーガーやロックバンドを広告塔に伸しているとしたら……。  ***  戦争で無辜の民が命を奪われるのはいたたまれないが、多くの人にとって“家族”でもある犬が、無益な殺生の対象になるとしたら、やはり、いたたまれないと感じる人が多いだろう。  昨今、ネット上にかわいい犬の動画があふれ、それが連日、バラエティ番組などで紹介され、視聴者はほっこりしている。だが、その一方で、いまも猫をふくめて年間10万頭近くが全国で殺処分の対象になっていると聞かされれば、なんとかして救えないか、と思うのが人情というものだ。  そこに犬の救世主のごとく現れたのが「ピースワンコ・ジャパン」だった。災害時などに人道支援をするNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(以下、PW)が、東日本大震災後に始めたものだ。  その後、PWの所在地が広島県神石高原町に置かれたのには理由がある。地元の記者の説明によれば、 「人口1万人未満の神石高原町が町おこしにNPOを誘致したのが始まりで、折しも広島県の犬猫の殺処分数は、2011年度が8340頭、12年度が7350頭と全国...more
カテゴリー:

動物愛護団体、6年で猫900匹に不妊去勢手術 鹿児島市 - 05月17日(水)13:00 

 「不幸になる野良猫を減らしたい」と、鹿児島市の動物愛護のボランティア団体が、市内の観光地に生息する野良猫に不妊去勢手術を施す「観光地猫」活動を展開している。市の支援を受けて2011年度に始め、16年度までに約900匹が手術を受けた。
カテゴリー:

「ボランティア団体」の画像

もっと見る

「ボランティア団体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる