「ボツワナ」とは?

関連ニュース

【CNN】「ナンビア」ってどこの国? トランプ米大統領が演説で称賛 - 09月23日(土)20:52  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/usa/35107635.html (CNN) 米国のトランプ大統領が国連演説の中で、アフリカの国「ナンビア」の医療制度を称賛した。ただ1つ問題だったのは、そのような名の国が存在しないことだった。 トランプ大統領は20日、アフリカ諸国の首脳らを前に、「ギニアとナイジェリアは恐ろしいエボラの流行と闘った」と演説。「ナンビアの医療制度は自立性を強めている」と発言した。 この演説の中でトランプ大統領は、ナンビアという単語を2回口にした。聴衆の中にはガーナやナミビア、ウガンダなどの代表がいた。...
»続きを読む
カテゴリー:

野生ゾウ9頭感電死、電柱なぎ倒し高圧送電線落下 ボツワナ - 09月20日(水)10:46 

【9月20日 AFP】アフリカ南部ボツワナで、ゾウの群れに高圧送電線が落下して、群れの9頭が感電死する事故が起きた。≫続きを読む
カテゴリー:

【ボツワナ】野生ゾウ9頭感電死、電柱なぎ倒し高圧送電線落下 - 09月21日(木)09:09  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3143552?act=all 【9月20日 AFP】アフリカ南部ボツワナで、ゾウの群れに高圧送電線が落下して、群れの9頭が感電死する事故が起きた。電線は、群れの1頭が電柱に衝突したことが原因で落ちたという。地元の当局者が19日、明らかにした。  この群れは、マカディカディパン国立公園(Makgadikgadi Pans National Park)から出て、近くの村デュクウィ(Dukwi)に迷い込んだとみられている。  デュクウィ村の村長によると、群れの1頭が電柱をなぎ倒した衝撃で送電線が落下し、その下にちょうど群れが...
»続きを読む
カテゴリー:

メーガン・マークル、ついにエリザベス女王と面会し婚約にGOサイン? - 09月17日(日)19:04 

ヘンリー王子の恋人、メーガン・マークルがついにエリザベス女王と面会し、いよいよヘンリー王子との婚約発表が近いというしるしではないかとUS ウィークリーが伝えている。同誌によれば、メーガンは9月3日にバルモラル城でヘンリー王子の祖母であるエリザベス女王と対面を果たしたという。 【写真を見る】ヘンリー王子、アフリカ旅行でメーガンにプロポーズ?/写真:SPLASH/アフロ 「良い雰囲気でした。これから2人が何度も対面することになることは疑う余地もありません。彼女は完璧に家族の中にフィットします。出自の違いは、まったく問題になっていません」と関係者が同誌に明かしている。 2人はこの夏、メーガンの36歳の誕生日を祝うためにアフリカのボツワナに旅行し、そこでヘンリー王子がプロポーズしたとも言われている。そして英国に戻ってきたその足で、スコットランドに滞在していたエリザベス女王とチャールズ皇太子夫妻に会いに行ったようだ。 エリザベス女王に紹介されたということは、メーガンは単なるヘンリー王子の恋人ではなく、家族になる可能性を持つ女性だということを意味する。 キャサリン妃は、ウィリアム王子と交際して5年過ぎてから王室のメンバーたちに公式に紹介されたことを考えれば、ヘンリー王子とメーガンの交際は非常に早く発展している。【UK在住/MIKAKO】 【関連記事】 ・ジョージ王子の小学校に40歳の女性が侵...more
カテゴリー:

「ボツワナ」の画像

もっと見る

「ボツワナ」の動画

Wikipedia

ボツワナ共和国(ボツワナきょうわこく)、通称ボツワナは、南部アフリカの内陸に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。南を南アフリカ共和国、西と北をナミビア、東をジンバブエ、北をザンビアに囲まれた内陸国である。なおザンビアとの国境は約150mしかなく、世界で一番短い国境線である。

首都はハボローネで、南アフリカ共和国を構成する一民族でもあるツワナ系の人々が多く住む。

国名

正式名称は英語で ''Republic of Botswana''(リパブリック・オブ・ボツワーナ)。通称、''Botswana''。ツワナ語で 。日本語の表記は、ボツワナ共和国。通称、ボツワナ

国名は「ツワナ人の国」を意味している。なおツワナ人はこの国のみにいる民族...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる