「ホームシック」とは?

関連ニュース

「アルプスの少女ハイジ」実写映画化した「ハイジ アルプスの物語」8月から日本公開! - 05月19日(金)17:00 

 スイスの児童文学「アルプスの少女ハイジ」を実写映画化した「HEIDI(原題)」が、「ハイジ アルプスの物語」の邦題で8月から日本公開されることが決まり、主要登場人物の姿をとらえた場面写真が披露された。スイス人監督アラン・グスポーナーがメガホンをとった。 ・【フォトギャラリー】「ハイジ アルプスの物語」場面写真  女流作家ヨハンナ・シュピリ氏が手がけた「アルプスの少女ハイジ」は、全世界で約60の言語に翻訳され、累計発行部数が5000万部を超える名作児童文学。主人公は、アルプスの大自然のなかで、頑固だけど優しい祖父(アルムおんじ)と暮らす少女ハイジ。大富豪のお嬢様クララの話し相手として都会に連れてこられたハイジが、クララとの友情を育む一方で、ホームシックに苦しむ姿を描いた。日本では1974年にテレビアニメ化され、「子どもに見せたい名作アニメ」として親しまれている。  「未来の見えない混迷した時代の今こそ自国の宝であるハイジの物語が必要」という思いのもと、「21世紀版ハイジ」として製作された本作。世界中の人々に愛されてきた主人公ハイジを演じたのは、500人の中から選ばれた新人アヌーク・シュテフェン。アルムおんじ役には、「ヒトラー 最期の12日間」のブルーノ・ガンツが抜てきされた。  グスポーナー監督は、「ハイジの物語は子供のころに3作品を見た。70年代のテレビ版、50年代のモノ...more
カテゴリー:

青天目澄子、祖母を思い出し涙…『ひよっこ』乙女寮は大騒動!? - 05月15日(月)12:00 

有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。有村演じるヒロイン・谷田部みね子が集団就職で上京し、舞台は東京へ。5月15日(月)から第7週「椰子(やし)の実たちの夢」が放送。15日は、青天目澄子(なばためすみこ)が、故郷の祖母のことが恋しくなり、突然姿を消してしまう騒動が。放送後、ホームシックで泣いてしまう澄子の姿にインターネット上では、「うるっときた」という声が上がっていた。同作品は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けた岡田惠和が脚本を担当。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のみね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記だ。<あらすじ>みね子(有村)は綿引(竜星涼)と、失踪した父・実(沢村一樹)が目撃されたという街に行く。実の写真を見せて道行く人に尋ねるが、手がかりは見つからない。そんなある日、優子(八木優希)が家から届いたつくだ煮をふるまうと、澄子(松本穂香)は自分の家からは何も送られてこないので恥ずかしいと言う。ここが楽しいからさみしくないと言う澄子だが、祖母だけは優しかったことを思い出して恋しくなる。仕事にも集中できなくなり、失敗を繰り返す澄子。ライン長の松下(奥田洋平)に「田舎に...more
カテゴリー:

NHK「ひよっこ」みね子ホームシック18・5% - 05月15日(月)10:08 

 女優有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(午前8時)の12日の平均視聴率が18・5%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は22日放送の第18話の20・5%。  同…
カテゴリー:

ティム・ウォーカーが撮り下ろすロンドン・ファッションシーンの豊かな創造性 - 05月17日(水)19:30 

エディ・キャンベルはこう語る「商業主義の欠如が幸いしてなのか、ロンドンのみんなはクリエイティビティや若者に対してとっても協力的。それはお金儲けじゃなくて、おもしろいもの(それは時に美しくもある)をつくることだと思う。だからここを離れると、ものすごくホームシックになるの」。英i-D「Creativity」号のために、ティム・ウォーカーがロンドン・ファッションシーンの豊かな創造性を体現するエディを撮り下ろした。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

青天目澄子、祖母を思い出し涙…『ひよっこ』乙女寮は大騒動!? - 05月15日(月)11:59 

有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。有村演じるヒロイン・谷田部みね子が集団就職で上京し、舞台は東京へ。5月15日(月)から第7週「椰子(やし)の実たちの夢」が放送。15日は、青天目澄子(なばためすみこ)が、故郷の祖母のことが恋しくなり、突然姿を消してしまう騒動が。放送後、ホームシックで泣いてしまう澄子の姿に「うるっときた」という声が上がっていた。同作品は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けた岡田惠和が脚本を担当。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のみね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記だ。<あらすじ>みね子(有村)は綿引(竜星涼)と、失踪した父・実(沢村一樹)が目撃されたという街に行く。実の写真を見せて道行く人に尋ねるが、手がかりは見つからない。そんなある日、優子(八木優希)が家から届いたつくだ煮をふるまうと、澄子(松本穂香)は自分の家からは何も送られてこないので恥ずかしいと言う。ここが楽しいからさみしくないと言う澄子だが、祖母だけは優しかったことを思い出して恋しくなる。仕事にも集中できなくなり、失敗を繰り返す澄子。ライン長の松下(奥田洋平)に「田舎に帰れ」と叱責された後、...more
カテゴリー:

毎日笑顔を絶やさない人はココが違う!今すぐ始められる「9つの新習慣」 - 05月10日(水)18:00 

新しい洋服を着ることや、雰囲気の良いコーヒースタンドに立ち寄るのと同じように、いつもの日常が特別になる方法があります。それは、音楽を聞くこと。懐かしい曲が流れると、当時考えていたことやその場の空気、匂い、懐かしいきもちまで蘇ってきます。家族が車でよく流していた歌でホームシックを感じたり、両親や兄弟に会いたくなったり。目に見えないチカラがありますよね。Spotifyを使ったことはあるでしょうか。無料で使えるストリーミングサービスで、いろいろなアーティストの楽曲はもちろん、気分やシーンに合わせて集めたプレイリストも豊富にあるから、音楽に詳しくなくても大丈夫。すこし試してみませんか。↓↓↓↓左側の再生ボタンをタップすると音楽が流れます朝ってほんとうにあわただしい。アラームがスヌーズで10分毎に鳴り響き、ベッドの中で朦朧としながら、今日は何を着ていこう?スケジュールはなんだったっけ?とモヤモヤしているうちに時間が過ぎていく。タイムリミットと同時に飛び起きては、顔を洗い、口をゆすぎ、化粧をしたりしなかったりしながら会社へ…。バタバタしちゃいますよね。そんな時に音楽を頼ってみてください。忙しい朝にも、清々しいきもちを感じるために。通勤中、頭の中を仕事モードへ切り替えるために。疲れが取れない休日の外出意欲をアップさせるために。きっと、素敵な一...more
カテゴリー:

「ホームシック」の画像

もっと見る

「ホームシック」の動画

Wikipedia

ホームシック

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる