「ホンジュラス」とは?

関連ニュース

【サッカー】<フットボールの真実>中村俊輔落選2カ月前人任せ通告! トルシエ監督は逃げた... - 04月19日(木)12:37  mnewsplus

トルシエ監督が逃げた。02年5月16日。日本代表はノルウェー遠征からパリ経由で成田に戻り、翌17日がワールドカップメンバー発表日だった。パリのシャルル・ドゴール空港のラウンジで指揮官は、日本協会の強化推進本部・加藤彰恒部長を呼んだ。「オレは成田行きの飛行機には乗らない」。突然の通告に、あぜんとした加藤部長は即座に日本にいた木之本副本部長に電話を入れた。「俊輔のことだろう。逃げたいのなら、いいよ。オレが発表するから」。電話の向こうからそう返ってきた。  最大の関心事は当時23歳だったMF中村俊輔...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】コーヒーは浅煎りか中煎りか深煎りかどれぐらいがお好き? - 04月16日(月)22:35  news

深煎りマンデリン セブンステラ 深煎りめのタンザニア ゴールドマイン 中ぐらいのブラジル サントス 浅煎りっぽいホンジュラス HG https://www.jiji.com/jc/article?k=000000037.000005775&g=prt ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ホンジュラス」の画像

もっと見る

「ホンジュラス」の動画

Wikipedia

先コロンブス期

考古学の調査から国内数カ所で紀元前1万年前から同3000年に遡るパレオ・インディアン期から古期の居住痕跡が散発的に報告されている。しかし、人間居住に関する確実な考古学的証拠は定住村落が国内各地で成立するようになってからである。紀元前1600年頃のスラ平原ウルア川河口域近くに存在したプエルト・エスコンディドは、国内最古級の定住遺跡である。 先古典期段階ではオルメカ文明の影響力が強く、例えば、北東部コロン県にあるクヤメル洞窟がオルメカ文明に並行する紀元前1200年から同400年ごろに埋葬がなされ、オルメカ様式の長頸壺や「炎の眉」をもつ蛇を刻んだ鉢などが確認されている。 先古典期中期(紀元前1100~前400年頃)に起源をもつナコは、ホンジュラス湾に注ぐウルア川の支流のチャメレンコ川中流域のナコ河谷にあって、長距離交易によって栄えた都市である桜井・中原、2014、p.66。このナコ河谷流域の特産物は、カカオさまざまな儀式における聖なる飲み物として、またある種のカカオは交換の単位として使われた・ケツァル鳥の羽貴族や王族の頭飾りに使われた・の鉱床鈴や釣り針の原材料となった・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる